いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 11月 05日

やっと 白馬鑓温泉

やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265392.jpg
ど~も嫁です。あれから4年。10/30(日)〜31(月)の1泊2日で
〝やっと〟bebeDECOのbebe家と我が家で白馬鑓温泉に再訪出来ました♪
文化の日(11/3)との休日入替勃発ダス。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 10/29(土) 》

15時過ぎに自宅を出発。
中央道・小淵沢IC(山梨/北杜市)で高速を出て、
買い出しをしつつ一般道を北上。
テンホウで夕飯を済ませ〈八方第2駐車場(長野/白馬村)〉で車中泊。










《 10/30(日) 》

朝から快晴♪白馬三山もバッチリくっきり見えてた。
そんな中、付近の宿に前泊してたbebeさん、K子ちん登場!8時頃。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22213229.jpg
ハロウィン間近だから「ふたりがどんな仮装するか楽しみ♪」
なんて冗談で無茶振りしたけど、
まさかの格好での登場に朝から大爆笑♪








可愛い♡
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254861.jpg
仮面ライダーのこんなのあるのね。ヒーローマフラーだって。








この格好で車に乗って現れんだもの。違和感無いわ~。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254850.jpg
ジムニーのフロントガラスにこの赤色が映えて可愛いやら可笑しいやら。
この遊び心、見習わねばの。








8時半頃、登山口〈猿倉荘(長野/白馬村)〉に到着。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254849.jpg
道中の紅葉がとても綺麗だったな~♪








ワイノワイノ言いながら準備をし、
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254802.jpg
9時前、〈猿倉荘 1,235m〉より歩行開始!








冬季閉鎖の筈のトイレは何故か開いてた。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254843.jpg
でも下山時は鍵が掛かってたから偶然だったみたい。








ではノンビリ参りましょう!
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254844.jpg
いざ、4年ぶりの白馬鑓温泉へ!








天気もいいし、紅葉も綺麗だし、最高だね。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254964.jpg
ふたりに会うのは日光澤温泉以来、約9ヶ月ぶり。








なんやかやと話をしながら進む。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254985.jpg
でもLINEしたり、blogを見たりしてるから、
お久しぶり感は無いんだけど。








お、霜柱。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22254916.jpg
温泉が激アツらしいから寒いのは大歓迎なんだけど。
一応、我が家は冬靴、12本爪アイゼン携行で挑んでますが、さて。








途中、縞々夫婦から出た高級行動食にビックリ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261817.jpg
ナルゲンボトルに入ったシャインマスカット。美味かった~♡
こういうパッキング方法もあるのね。
ま、我が家がシャインマスカットを買う事なんて無いと思うけど。








シャインでシャキンとして行動再開。
ちなみにこの日、擦れ違ったのは10人弱。全て男性。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261807.jpg
温泉はかなり熱いらしいけど入れなくはない、
食材を冷やすような雪は無い等の情報を得た。








ちっ、12本爪アイゼンはオーバースペックだったか。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261819.jpg
それより残念なのが天気。あんなに快晴だったのにドヨ~ン。。。








なんでかねぇ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261813.jpg
標高の高い場所だけ見えなくなるという。








11時過ぎ、〈小日向(おびなた)のコル 1,828m〉に到着。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261969.jpg
この先からは鑓温泉も見える筈が全く見えなかった。。。








青空無くとも澄んだ心で風景を切り取る、ってか。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261902.jpg
ダケカンバ(岳樺)を意識して撮ったのかな?








12時半前、〝見晴らしのいい岩場〟で大休止。1,850m辺り。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261932.jpg
天気は相変わらず。
あの落石ポイントは気をつけないとね。








そうそう、落石注意。滑落注意。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261925.jpg
前回はこのトラバース初っ端でコケたもんで。
今回は雪も無くスイスイ。








何度か橋を渡る。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22261930.jpg
有難い。








ふと見ると下界は晴れてる。上だけガスっちゃってさ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22263918.jpg
なんでかねぇ。








それでも幻想的な景色に満たされる、ってか?
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22263917.jpg
心を浄化中の克ちゃん。








最後の橋を渡り切ったら、
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22263926.jpg








〝♨まで20分〟の岩に到着~♪13時過ぎ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22263951.jpg
思った以上に早く着いた。
前回が雪で如何に大変だったという事か。








ほなラストひと登り、参りましょう!
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22263982.jpg
温泉の川がゴォゴォ流れるすぐ脇を黙々と登って、








13時半頃、〈白馬鑓温泉 2,017m〉到着~♪
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22264040.jpg
やったぁ~、誰もいない♪ベスポジ確保!








デカザックを放り投げ、まずは湯温の確認。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22264098.jpg
予想はしていたけどかなり熱い。入れた手がすぐにピリピリする。

小屋のHPによると、

・源泉は小屋裏の巨大な岩の割れ目から出ている
・43.1℃の源泉かけ流し
・標高日本一の天然湧出量(毎分760L)
・泉質は炭酸水素塩温泉
・硫黄、マグネシウム、カルシウム含有
・硫黄のにおいが強く、少しとろみがあるのが特徴
・適応症は、神経痛、冷え性、疲労回復、皮膚病や筋肉痛、五十肩など

しかしまぁ、この湯温で入れるのか?








考えてたって仕方ない。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22264038.jpg
やる事をやっていこう!まずは、








ウェルカムビール♪カンパ~イ♪14時頃。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22264015.jpg
喉を潤したらテントを設営し、








水汲み。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22264036.jpg
意外と遠かったけどキンキンに冷えてて美味しい。そして、








念願の温泉♪そこにヒーロー現る。15時頃。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265207.jpg
温泉はやっぱメチャクチャ熱かった。
でもどうにかこうにか入れてひと安心。
熱過ぎて入れなかった時もあったから心配したけど主目的達成。
今思うとあの時も頑張れば入れたのかもな。








温泉に入りながら日本酒とお刺身♡
bebe家からは花畑牧場のカマンベールチーズとオリーブの実。美味かった♪
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265279.jpg
でも定番の〝炙り蛸刺し〟が無~い!!!ざんね~ん!

この前日、克ちゃんが生蛸を〝盗んだバイク〟で買いに行ったけど
入荷していないとの事でGET出来ず。

でも保冷材もまだ凍ってて代用品でも美味しく頂けたし
気温が低いお陰で日本酒も冷えてて美味しかった。
ありがとう、克ちゃん。








熱い!痛い!と言いながらもコツを掴んでなんとか温泉も堪能。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265216.jpg
泳ぐな、K子。








温泉をシッカリ堪能したら宴会第2部。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265239.jpg
我が家の定番になりつつある〝山賊焼き〟を炙ったり、
bebe家定番の?タコ焼きを炒めたり、








bebe家特製ビーフンを頂いたり。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265256.jpg
何もしていないのは私だけ。








17時も回るとトップリと日も暮れた。結局誰も来ず♪
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265220.jpg
でもこの辺から私の記憶は曖昧に。








克ちゃんが鍋を作ってくれたのは覚えてる。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265353.jpg
それを散々こぼしたという噂。
でもそれは克ちゃんの鍋の取っ手の出来が悪かったから。








で、気付けば殿方は夜の部でも温泉に入っていたという。19時半頃。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265378.jpg
これは記憶に無かったので写真を見てビックリした。
そういやヘッデンを強弱しながら写真を撮ったような。








で、お互いのテントの間で宴会第3部。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265382.jpg
多分21時にはお開きになったんではないでしょうか。
私は敬語で騒がしかったらしい。。。










《 10/31(月) 》

bebe家の話し声で目が覚め、暫くして外に出ると満天の星☆
オリオン座も北斗七星も、対岸の山並みまでクッキリ見えてた。3時半頃。
出発前に「星空を撮るんだ!」と息巻いていた克ちゃんを一応起こした。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22265392.jpg
渋々起きて?撮った作品。温泉に星が映ってる。








天の川も。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270018.jpg
人工衛星が流れているのも見える。








テントと星空。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270163.jpg
面倒くさかったらしいけどよく頑張りました。
それにしても明け方は結構寒かった。
克ちゃんの寝袋+シュラフカバーでは寝られなかったらしい。
イビキかいてたけどな。








夜は明けてまずは温泉。またしてもヒーロー現る。6時頃。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270162.jpg
相変わらずの激アツだけど入らない訳には。
どういう訳だか特に痛熱いのが膝から下なので
可能ならばK子ちんスタイルで入るのがベスト。








振り返ると山が焼けてきた♪
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270193.jpg
綺麗~♪








ヒーローと記念写真なんか撮ってみたりして。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270169.jpg
誰もいなくて良かったね。








朝のうがい。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270166.jpg
若干シャリシャリ、冷え冷えで超美味い。








目の前にはこの絶景。ビールの美味さも倍増。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270191.jpg
焼山~火打山~妙高山~高妻山








ぼ~っと眺める贅沢な時間。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22270190.jpg
もう少し湯温が低けりゃね。








温泉を心ゆくまで堪能したらそれぞれに朝食。
温泉で温まったとはいえ、陽が射し込むまでかなり寒かった。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271022.jpg
bebe家はカップ麵と食後の珈琲、
我が家は〝汁なしカレーうどん〟と食後の味噌汁。








あとはテントを乾かしながらノンビリと片付け。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271150.jpg
その間、もう登って来た人がいて驚いた。








9時過ぎ、下山開始!
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271125.jpg
またいつか。はあるのか?








往路をピストンするだけ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271142.jpg
でも前日に全く景色を見られなかったので、この有難さたるや。








今回に限ってはピストンで本当に良かった。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271141.jpg
bebeさんはかなり名残惜しそうだったけど。








いやいや、怪我なくサッサと帰りましょう。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271110.jpg
ゆっくりお風呂に入って髪を洗ってサッパリしたい。








今日は下界も山並みも綺麗に見えてる。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271189.jpg
確かにこれが昨日だったらね。








いつも休憩する〝見晴らしのいい岩場〟が見えてきた。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271155.jpg
こうして見るとなかなかの断崖絶壁。
気をつけて休憩せねばの。








にしても青空が濃い。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22271270.jpg
無風快晴とはまさに今日みたいな状態だな。








その〝見晴らしのいい岩場〟で大休止。10時過ぎ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272032.jpg
鑓温泉の位置を確認したりしてた。








更に進んで振り返って見る白馬鑓ヶ岳と杓子岳
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272137.jpg
ダケカンバと共に。








坦々と進んでたけど〝小日向のコル〟への登り返しがキツイ。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272188.jpg
それさえ登ってしまえば後はほぼ下り一辺倒。








結局、この日登って来たのはソロ男性3人だったかな。泊りは1人?
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272181.jpg
今日は最高の天気だろうな。明日は知らないけど。








〝小日向のコル〟を過ぎると白馬岳がド~ン!
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272108.jpg
荒涼とした景色。「武田菱が沢山ある」とはK子ちん。確かに。









絶景やね。見られて良かった。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272115.jpg
黙々と下る。








しかしそこからが思いの外、長かった。。。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272284.jpg
登山口までこんなに長かったっけ?








みんな、温泉で足が低温火傷気味なのか、どこかしら痛い、痛いと。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272210.jpg
朝風呂はやめた方がいいのかも、でも入らない選択肢は無いし。
同じ様な事を前も書いてた。








下るにつれ、紅葉が綺麗なんだけどそれどころではない。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272226.jpg
登山口はまだか、まだか。








にしてもやっぱ綺麗だな。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272934.jpg
秋はいいね!








そんなこんなで13時前、〈猿倉荘 1,235m〉に到着~♪無事下山。
雪が無い分、やっぱり早い。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_22272914.jpg
bebe家とはここで解散。

我が家はコンビニで買い食い後、上信越道・長野ICから高速に。
平日でも立派に渋滞があったけど
毎度の丸亀製麵に寄って19時前に無事帰宅した次第。

残念な事に今回、克ちゃんは風邪をひいたようで
帰りの車内でも殆ど寝てたけど、いつもの事だけど
帰宅後も20時過ぎには御就寝zzz

そのお陰で重症化せずに済んだようだけど
ダウンパンツが要るな、と思った次第。

更に残念なのは克ちゃんの冬靴。
なんとソールが剥がれてた。。。
中間層?が経年劣化でボロボロになってて
ソールは綺麗なのにありゃもう駄目だ。
早いとこ修理に出さないと日光澤温泉に行けないよ。
夏靴もツルツルで要張替状態なのに大変な事です。
お金はお金が好きだから克ちゃんには寄ってこない。

経年劣化といえばテントもヤヴァ目。
テントも冬靴も買って10年強の代物だもの、そりゃあねぇ。








毎度の地図等。
やっと 白馬鑓温泉_f0016656_16093882.jpg
再訪したいと言い続けて4年。
登山道崩落に、コロナに。色々阻まれ続けてようやく実現。
行きたい、やりたいと思っても
タイミングを合わす、チャンスを掴むのはなかなか大変な事で。
もう4年も経ったのか。人生は短い。

それはさて置き、
愉快な仲間との登山は本当に楽しかった。
暫くは楽しいイベントがありそな予感♪



以上、〈わたしもいつかヒーローになる!〉レポでした~。


by amitsuka1210 | 2022-11-05 23:05 |    ( 後立山連峰 ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/32866398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2022-11-06 13:36 x
白馬鑓温泉、源泉かけ流しで良いけれど、
この時期は熱くて入れないのですね。
橋は撤去するのかと思ったら、設置したままなのですね。
トイレはテントの方用の外トイレが使えるのですか?
私が行った時より季節は大分進んで、
晩秋、いや初冬かな。
素敵な景色を楽しませて頂きました。
Commented by amitsuka1210 at 2022-11-07 08:46
chiakiさん、おはようございます、雅です。
白馬鑓温泉、今の時期は激アツで入るのが本当に大変です。
今度はchiakiさんのように小屋の開いている時に快適に入りたいです。
ちなみに今回、橋は架かってました。トイレは無いです。
残り少ない紅葉を楽しみたいですね。
コメントありがとうございました。


<< 歴史ある建物探訪 @ポタリング      リベンジ 鷹ノ巣山 >>