いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 06月 11日

お花見山歩 朳差岳

お花見山歩 朳差岳_f0016656_22521997.jpg
ど~も嫁です。6/6(日)〜7(月)の1泊2日でカッチャンと朳差岳に行ってきました♪





♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










【朳差岳(えぶりさし岳)】
飯豊連峰北部にある新潟の山。日本二百名山。










《 6/5(土) 》

関越道→北陸道経由で日本海東北道・豊栄SA(新潟/新潟市)にて車中泊。
翌日に備え即就寝zzz










《 6/6(日) 》

カーナビを〈奥胎内ヒュッテ(新潟/胎内市)〉にセットし出発。
日本海東北道・中条IC(新潟/胎内市)で高速を出て、5時頃着いたら相当な車の数。
ハクサンイチゲ(白山一華)最盛期だもの、当然だわね。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22470402.jpg
でも今回は休暇を取っての山中泊♪駐車さえ出来たら急ぐ事はない。
日帰り装備の方がドンドン出発して行く中、5時半頃、歩行開始。








これが〈奥胎内ヒュッテ(350m)〉。洒落てるわ♡
傍には綺麗な公衆トイレ(水洗/洋式)もあり驚いた。有難い。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22471240.jpg
日帰り入浴(@600)もしてるらしいから帰りに入るか♪








奥胎内ヒュッテを過ぎたら、まずは1時間弱の車道歩き。。。またかよ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22472026.jpg
自転車で行く人が結構いました。
羨ましいと思いつつ、この装備で自転車には乗れないな。








左手に足ノ松沢の見事な滝が見えると登山口はすぐそこ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22472718.jpg
涼しげ~♪








6時過ぎ、登山口に到着。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22473587.jpg
登山届のポストもあり。自転車はここまで乗り入れ可能。








それでは参りましょう!
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22474396.jpg
6時過ぎ、〈足ノ松尾根登山口(460m)〉出発。








その名の通り、ひたすら〝足ノ松尾根〟を登り上げて行きます。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22475140.jpg
ブナの森が眩しい☆コチラは〝あがりこ大王〟風。








根ッコもなかなか見事。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22480099.jpg
でも車の割りには人も少なく歩き易い。
皆さんとっくに出発済or既にお泊まり中なんでしょうね。








にしても急登。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22481067.jpg
飯豊ですもの。いや、新潟ですもの。想定内。








7時頃、〈姫子ノ峰 780m〉に到着~。大休止。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22481765.jpg
ゆっくり行きましょう。








ちなみに今回はテン泊装備。去年の三ノ沢岳山行以来10ヶ月ぶり。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22483418.jpg
相変わらずの大荷物、ご苦労様。








行動範囲には頼母木小屋と朳差小屋があるから基本、小屋泊予定。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22482545.jpg
でも時期が時期なので、人が多ければテン泊にする、
という事で克ちゃんは大荷物な訳です。








8時前、〈滝見場〉に到着。
ここで大休止中、タイツの上からブヨ?に3ヵ所も刺された。。。
歩いてる時はマシだけど止まると虫がうるさい。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22484200.jpg
で、滝は何処ぞと覗き込むと、これまた足ノ松沢の立派な滝。
登山口で見た滝と繋がってる訳だ。








そこから少し登ったら〈英三ノ峰 940m〉。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22485001.jpg
まだまだ続く急登。








8時半前、雪も現れ始めた〈ヒドノ峰 1,080m〉辺りでは
イワウチワ(岩団扇)や今季初のカタクリ(片栗)の群落も♪
虫も多い。防虫ネットを被ったり、脱いだり忙しい。
ただ荷物も重く、花の向き・形も相性が悪く、採用されたお花写真は無し。。。








そんな中、ついに捕らえた後ろ姿!8時半過ぎ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22485813.jpg
シマシマ夫婦。お久しぶり~!
車中泊もせず、私達より1時間程早く歩き始めたそうです。








でもこの日、ケーコちんは絶不調だったらしい。
早々に奥胎内ヒュッテに泊まりたいと言ってたとか。
ちなみにこれはタムシバ(田虫葉)。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22490642.jpg
実は私も2日前にプチぎっくり腰したばかりだから、
女二人で奥胎内ヒュッテにすれば良かったね。
美味しい物を食べて、温泉でゆっくりしたい。








9時頃、〈イチジ峰 1,265m〉で大休止。
bebeKECO、どうやら知り合いと遭遇したらしい。お兄ちゃん。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22491434.jpg
これ以降、bebeKECOは色んな知り合いと出会ってた。顔広いな。








10時前、〈西ノ峰 1,525m〉到着。何処に泊まるか作戦会議。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22492245.jpg
右(東)に見えるこの頼母木小屋か、








左(北)に見えるこの朳差小屋か。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22493803.jpg
どう見ても頼母木の方が近いし、アップダウンも少なそうだし、
水も豊富だし、ケーコちんもお疲れだし、頼母木でいいんちゃう?
明朝、小ザックで朳差岳ピストンにした方が絶対楽だよ。








でも頼母木はその便利な分、混雑率が高いし、宿泊料も要るし。。。
bebeKECOの初心貫徹で朳差小屋に泊まる事になりました。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22493186.jpg
コチラは西の日本海。








という事で分岐の〈大石山 1,567m〉にデカザックをデポ。犬がいた。10時半前。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22494846.jpg
頼母木小屋に水を汲みに参ります。








目的は水だけではなくコチラも。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22495737.jpg
ハクサンイチゲ(白山一華)♪








朳差小屋の水場が不安という事もあるけど、
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22504908.jpg
大石山~頼母木小屋間の群落が見事だと聞いていたので、








私達は最初から水汲みがてら頼母木小屋には行く予定でした。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22501342.jpg
いやぁ~、見事ですね。








しかも荷物が無いって最高!
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22502215.jpg
ビバ、小ザック♡








このロケーション、シャッターを押すだけの私でもこんな写真が撮れる。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22503178.jpg
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22503985.jpg
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22500546.jpg
可愛いな♪








撮影を楽しみながら11時頃、〈頼母木小屋(たもぎ小屋)1,623m〉到着~♪
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22505869.jpg
バイオトイレもあるし、








何より冷たい美味しい水がジャバジャバ出っ放しなのが素晴らしい♡
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22510591.jpg
まさに〝飯豊のオアシス〟。大昔、初飯豊時に泊まりました。








小休止後、ケーコちんの待つ大石山へ来た道を戻る。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22511408.jpg
そのbebeさんの歩くのが早い事、早い事。ビックリした。
愛するケーコちんが舞ってる、いや待ってるからね。








それでもついつい足止めを食らう。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22512268.jpg
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22512958.jpg
だって見頃だもの。








おじさん達も夢中。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22513904.jpg
来て良かったね。








その作品。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22514788.jpg
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22515719.jpg
イチゲ愛が凄い。








キリがない。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22520414.jpg
ケーコちんが待ちくたびれるよ。








12時前にケーコちんと合流し、
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22521207.jpg
再びデカザックを背負って朳差小屋を目指す。
かなりのアップダウンが待ち受けてるんだよなぁ、コレが。








登山道脇にはハクサンイチゲがチョロチョロ咲いていて嬉しい。
虫も多くてケーコちんと克ちゃんは数匹召し上がったみたいだけど。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22521997.jpg
でも増えた水の分だけ肩にズシリときてバランスが取り辛い。
私だけ3回もコケた。完全に歩荷能力のキャパオーバー。








12時半過ぎ、〈鉾立峰 1,573m〉到着~。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22522793.jpg
登りがキツかったぁ~。大休止、大休止。
ただここは本当に虫が多かった。たまらず虫除けネットを装着。








ノンビリしていると登山道の無い西の〈アゴク峰1,467m〉から人が。しかも作業服。13時頃。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22523648.jpg
これがなんとbebeKECOの知り合いってんだから、どこまで顔が広い。Sさん。
奥胎内ヒュッテの方から?10時間掛けて来たんだとか。ひゃ~っ。
どんだけ藪漕ぎが凄いんだろ。虫も凄いんだろな。ムリムリ。
お二人が到着を祝って?美味しそうにビールを呑まれていたので、








私達も先を急ごう!
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22524392.jpg
ビールっ、ビールっ♪








目の前に捕らえた、朳差小屋♪
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22525147.jpg
問題はどれだけ宿泊者がいるかだな。
そんな話をしながら進んでいると、








遠目にもかなり鮮やかでファンキーな人がいた。お花畑も霞む。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22525997.jpg
この界隈では有名な人?らしい。車もファンキーだった。
お泊りかと思いきや、「六合吞んだんで下山する」って仰ってた。お気を付けて~。








そして13時半頃、〈朳差小屋(えぶりさし小屋)1,620m〉到着~♪
キツかったとはいえ、この時間から寛げるならOK牧場。
克ちゃんとなら16時タイムリミットでトコトン歩かされるもん。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22530727.jpg
小屋を覗くと1Fにソロ男性しか居なかったので安心して2Fを占拠♪
玄関から直接2Fに上がれる造りだから気兼ねなくて良い。
ドアの開閉は注意しないと爆音が響くから要注意だけど。








そのまま乾杯と行きたいところだけど酒類を冷やす時間を頂戴する。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22531621.jpg
残雪でコロコロさせたり、








鍋で雪を持ち帰ったり。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22532577.jpg
美酒の為には余念が無い。








お待たせ~。カンパ~イ!14時頃。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22533658.jpg
沁みる~♡








日本酒も登場~♪
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22534365.jpg
こんな物持って来るから重いんよ。








ケーコ夫人から美味しいキュウリの浅漬けも出てきて酒が進む♪
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22535222.jpg
野菜が嬉しいよね~。








毎度のウインナー祭りも開催。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22540103.jpg
bebeさんお手元のNICKTSUCAMが眩しい☆
面白い物よく見つけるよな。ウチも買おうかな。








克ちゃんお手製の野菜炒め祭りもスタート。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22541125.jpg
ケーコちん持参の極太アスパラに、








ベーコンやら、キノコ類やら、ニンニクの芽やらを
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22542243.jpg
にんにくバター醤油で焼き焼き。








完成。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22543113.jpg
美味いに決まってる。








あとは餃子やら麻婆春雨を。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22544038.jpg
我が家の毎度のメニュー。さすがに炙り蛸刺しは無い。








bebeKECO持参の〝すだち酎〟と共に。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22544966.jpg
マイルドで美味しかった。さて、そろそろ行くかね。








散々呑み食いして、ようやく〈朳差岳(えぶりさし岳)1,636m〉登頂~♪18時過ぎ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22545874.jpg
克ちゃんだけ初登頂。おめでとう。私は2002.9以来、ぶりぶり。
変わった山名だけど〝えぶり(柄振・朳)〟っていうのが農具で、
それを担いだ人の雪形が田植えの頃に現れるというのが由来だそう。








ほな撮影会開始。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22550694.jpg
虫もいなくなって快適♪








山頂から見下ろす朳差小屋。可愛い。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22551526.jpg
左横の小さな建物がトイレ(和式2基)。
管理人はいないけど定期的に掃除されているらしく、
バイオトイレではないけど、とても綺麗でした。有難い。
ちなみに小屋の中も頼母木小屋よりは新しそうで綺麗。








コチラは飯豊本山を意識して撮った図、らしい。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22552466.jpg
よく解らないけど、石転び沢、門内沢、北股沢・・・
まだこの週でも滑ってる人がいるみたい。凄いよなぁ。








コチラは我がご亭主・克ちゃん。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22555371.jpg
今日は歩荷から料理からご苦労様。








ほな今宵の宿に帰りますか。18時半頃。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22560969.jpg
結局この日、ソロ男性2名(1F)と私達4名(2F)の計6名のみの宿泊。
2Fを広々と使う事が出来ました。朳差小屋で大正解。
グッジョブ、bebeKECO!ありがとう。








コチラは19時過ぎのお空。小屋の窓から撮った図。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22561958.jpg
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22563593.jpg
沈む夕陽は見られませんでしたが綺麗な夕焼けでした。








宴は続く。ラーメンやらチーズを食べたみたい。ワインと共に。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22564422.jpg
もうあまり記憶にない。。。








ワイン2本も呑み干し、ウイスキーに移行した模様。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22565197.jpg
何時まで呑んでたんやろ。ちゃんと歯磨きをして寝たらしい。
ご迷惑をお掛けしていない事を願いたい。。。










《 6/7(月) 》

山時間は早い。4時半起床。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22565934.jpg
bebeリーダーに「6時半出発」と言われてたので逆算して行動。
それでも朝のうがいは欠かせない。








それぞれ朝食(我が家は朝ラー)を摂って、片付けをし、
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22570805.jpg
行きますか。お世話になりました。








快晴を期待してたけど雲多し。。。あれぇ~。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22571535.jpg
夜中もガスって全く星は見えなかったとか。残念、克ちゃん。








6時半前、下山開始!来た道を戻るだけ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22573240.jpg
定番ショットを収めようとする人々。








一般的な構図。シャッターを押しただけ。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22574223.jpg
なるほどね~、撮り方なんだ。もっと一面に咲いてるのかと思った。








克ちゃんが撮るとこう。
アーティスティック。








見納めとばかりに最後尾を陣取って粘って撮ってらっしゃいました。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22575269.jpg
減ったとはいえ、荷物も重いだろうに。








ズンズン進む。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22580184.jpg
稜線は風が強くて虫は全くいない♪








花撮り人は大変だろうけど、虫嫌いな私には風は大歓迎。
早くトンボが乱舞する季節になればいいのに。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22580906.jpg
閉じ気味のハクサンイチゲ。








ハクサンイチゲとイワベンケイ(岩弁慶)。シラネアオイ(白根葵)も結構咲いてた。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22581634.jpg
キツイ登り返しを終え、7時頃、鉾立峰を通過。
次第に擦れ違う人も現れ始めました。








聞くと頼母木小屋に泊まっていたんだそう。
前夜は小屋に8名、テント3張って言ってたかな。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22582309.jpg
コチラはツバメオモト(燕万年青)かな。








スミレ。物凄く大ぶりだった。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22583024.jpg
7時半過ぎ、大石山まで登り終え、これからの激下りに備え大休止。
行動食に喉の渇きそうなカステラを食べてたbebeKECOに驚く。
傍には沢山のデポザック。擦れ違った頼母木小屋泊の方々のかな。








ほな参りましょう!8時前、大石山より本格的に下山開始。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22583770.jpg
ケーコ → bebe → 雅 → 克の順で進む。








克ちゃんは行きに撮り逃した花の撮影に余念がない。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22584598.jpg
タムシバ(田虫葉)








前日絶不調だったというケーコちんは快調そのもの。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22585475.jpg
かたやbebeさんは何処かで捻ったのか左膝を気にしてた。








それにしてもブナの森が美しい。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22590362.jpg
いいやねぇ〜、ブナは。








でもさすがに樹林帯は蒸し暑く、たまに吹く風が有難い。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22591591.jpg
採るに値しないコシアブラを見つける等、
気を紛らわしながら歩いていました。








前日に撮り損ねたイワウチワ(岩団扇)もGET!
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22592411.jpg
その頃、bebeさんの左膝はいよいよ調子が悪そうで
サポーターをつけたり、薬を飲んだり。大丈夫か。








登山口まで下りてしまえば車道歩きだからユックリ行こう。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22593278.jpg
そうしたら姫子ノ峰で大休止後は意外と早かった。








11時頃、登山口に到着〜。良かった〜。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22593946.jpg
結構休憩したけどほぼコースタイム通り。








あとはまたひたすら1時間弱の車道歩き。。。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22594712.jpg
日蔭も風も無く、ただただジリジリ暑い。。。








途中の水場で頭から水浴び。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_22595575.jpg
冷たくて美味しくて気持ち良かった〜♪
けどそれも一瞬。まだまだ車道歩きは続く。。。








濡れた髪もスッカリ乾き、12時頃、無事下山~。お疲れ様〜。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_23000333.jpg
ノンビリと片付けしてたらまたbebeKECOに知り合いが登場。
仕事中?わざわざ会いに来てくださった模様。Kさん。
相変わらずの人脈ぶりにただただ驚いた。

あとはオススメのスーパーがあるというので一般道をひたすら南下。
その名も〈エスマート(新潟/五泉市)〉。
普通のスーパーではなく、こだわりの品を置いているようで、
普段激安スーパーしか行かない我が家的にはちょっとお高いけど、
興味を惹く物が多く、どれもこれも美味しかった。
イカメンチ、かぼちゃコロッケ、五目稲荷、塩辛、しそ南蛮味噌、納豆、塩ホルモン等々GET。
何より店員さんの対応が素晴らしく、歓迎感がとても嬉しかった。
また行きたいオススメの店です。

bebeKECOとはここで解散。

ここから我が家は節約真骨頂。
エスマートで買った物を食べながら一般道でひたすら南下。
運転を交代しながらコンビニや道の駅に寄りつつ、
関越道・小出IC(新潟/魚沼市)から高速に乗り、洗車もして、21時頃、帰宅しました。
深夜割引の往路より、復路(平日)の方が高速代が安く上がった♪








毎度の地図等。
お花見山歩 朳差岳_f0016656_09090913.jpg
GPSは途中で電池切れ。往復20km程かと。
車道歩き(往復6km強?)を覚悟すれば日帰りする人が多いのも納得。
日帰り装備なら自転車も使えて楽だし。我が家は自転車が無いけど。








最後に動画。


今回の朳差岳山行、本当は去年の同じ頃に実施予定でした。コロナめ。
今年もお流れと思っていたけどbebeKECOが行く事を知り、
急遽我が家が合流を願い出て実施に至った次第です。

快晴とは言い難いけど、まずまずの天気の中、
念願のハクサンイチゲ山行が出来て良かったです。
仲間と囲むお酒、食事の美味しい事♪

ただ飯豊は、いや新潟の山は本当に手厳しい。
今回の〝足ノ松尾根〟は飯豊では楽な方だと思うけど
普段、軽い荷物ばかりなので久々のテン泊装備は堪えました。
下山後、久々に左膝が腫れたし、アチコチ筋肉痛。。。
かたや克ちゃんは筋肉痛も全く無し。
「身体が出来上がってきたよ♪キープしていこうね!」と意気揚々。
ま、今回散財したから暫くはご近所節約山行しか出来ないけど。

そんな私も山行中は「もうテン泊は無理」と言ったけど
こうして安全地帯で呑気に写真を見ていると
「次は何処かでテン泊を(条件付き)」と思ったりする。
喉元過ぎれば熱さを忘れる、です。ボケてる?
でも今年も山で泊まるのは大変そう。
相当値上がりしてるみたいだし。

それでも普段の日帰り山行から水でも多めに持って歩荷力UPを目指すかな。



以上、《夏休みは何処に行けるかな♪》レポでした~。オリンピック断固反対!


by amitsuka1210 | 2021-06-11 22:22 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/32311083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2021-06-13 16:15 x
朳差岳、行って来たのですね。
ハクサンイチゲが満開、すごいですね。
写真の腕前も良いから尚更、綺麗で素敵です。
私は繰り越しばかりでなかなか行けません。
素敵な写真とレポをありがとうございます。
Commented by amitsuka1210 at 2021-06-13 23:24
chiakiさん、こんばんは。   克です。

やっと念願の朳差岳に行くことが出来ました♪
ハクサンイチゲは大好きな花で、凛として可愛いですよね♡
時期的に見頃でしたが、結構花付きが悪いらしく、葉っぱだけのも多かったです。

久しぶりの泊まり装備で、バテバテでしたが、稜線上で過ごす夕方、夜、明け方の移り変わりは、やっぱり良いものですね♪
山小屋、テント場料金等の値上がり等で、小屋泊・テン泊の敷居が高くなりつつありますが、一期一会の景色を求めて、これからも楽しい山行をしていきたいものですね♪

chiakiさん、コメントありがとうございました。
Commented by フルシン at 2021-06-13 23:40 x
こんばんは。
いいですねぇ〜朳差岳!
なんとなく聞いたことがある山でしたけど、こんなに魅力的だとは!!
登りたい山の候補にあがりました(^_^)b
その後、膝は大丈夫ですか?
きつい山行の後は一週間間隔を空けて、膝を労ってくださいね(^_-)
Commented by amitsuka1210 at 2021-06-14 12:23
フルシンさん、こんにちは、雅です。
あら、フルシンさんともあろうお方が朳差岳をご存知ないとは。
絶対好きだと思いますよ。是非。
ハクサンイチゲは今年は少なめ?年々減少傾向?とか。
それでもお初の私達には大石岳~頼母木小屋間は見事でした。
お気軽ご所望なら東焼石岳(岩手県)も見事、超オススメです。
運転がお手軽じゃないけど(笑)。
とりあえずこの週末は天気がイマイチっぽかったので
久々の映画鑑賞で膝を休める事が出来て良かったです。
お気遣いありがとうございました。
Commented by nandakadays at 2021-06-15 07:50
おはようございます、豆男です(←しつこい)。
 ◇◇◇
そういえば以前、飯豊情報を調べていたとき、たまたま目に留まったのがコチラへお邪魔するきっかけだったのに、
せっかく遠方まで足を延ばすのだからと、毎度よくばりな計画を立て、結局天候不安定とかで未だ行けずじまい…。
そっか、1泊2日でもこんなステキな出逢いがあるのなら、今後は考え方を切り替えないとと、思い直しております。
Commented by amitsuka1210 at 2021-06-15 22:39
こんばんは、豆男さん。豆子改め豆美です。(←どうでもいい)。
解ります〜、遠方となると欲張りますよね〜。
しかも休みが少ないとなるとそれが顕著に。我が夫の得技です。
同類ですか?奥様に嫌われますよ(笑)。
梅雨入りしたし、高速は未だに休日割引だし、
なかなか行動し辛いですが、素敵な風景との出会いを求めて
ソーシャルディスタンスで楽しみましょうね。
Commented by amitsuka1210 at 2021-06-15 22:40
↑間違い、休日割引〝無し〟です。酔ってます。


<< 梅雨時の出来事      花と山菜 仙ノ倉山周回 >>