いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 30日

きらきらグリーンシャワー 荒島岳

f0016656_22160793.jpg
ど~も嫁です。5/25(土)にカッチャンと荒島岳に行ってきました♪




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 5/24(金) 》

GWの休日入替でこの翌日から3連休♪
という事で、20時前に自宅を出発。
中央道→東海環状道を乗り継ぎ、車中泊地は美濃加茂SA(岐阜県)。
想像以上の寒さに驚きながらも翌日に備え即就寝zzz










《 5/25(土) 》

5時過ぎに美濃加茂SAを出発!
f0016656_22143201.jpg
まずは東海環状道→東海北陸道を乗り継いで。








いい天気♪
f0016656_22143803.jpg
気分良く走っていたのに、誤って白鳥ICで高速を出てしまい、
変な山道を走る事になったのには朝から参った。








そんな事がありながらもR158をひたすら西へ。
f0016656_22144547.jpg
道中、こんな幻想的な景色も広がったので、
「今頃、越前大野城は天空の城になっとるかもよ」なんて言いながら走りました。








道の駅 九頭竜や仏御前の滝の看板等、見覚えのある景色を通過し、
6時過ぎ、登山口の《カドハラスキー場跡駐車場(福井県)350m》に到着。
f0016656_22145511.jpg
既に30台近く車が停まっていました。さすが百名山。水洗トイレもあり。
ちなみに白鳥ICからここまで30km程?にコンビニは無し。
そんな事もあろうかと、珍しく行動食等は用意していたので
今回は問題無かったけど、怖いわ~。








車内で朝食を摂りつつ出発する方々を見送り、
7時過ぎにノンビリと歩行開始!
f0016656_22150212.jpg
今回から夫婦揃って新しい登山靴デビュー。
カッチャンは嬉し気にこんな写真を撮ってらっしゃいました。
今後はしっかり靴のメンテナンスをしてくれる事でしょう。
なんならこの写真、待ち受けにしたら?








私がカメラを忘れて駐車場に戻るハプニングがありつつも、
f0016656_22151006.jpg
ていうか、「別に無くてもいいや」と思ったのに、
「初めての百名山なのにカメラが無くてもいいの?」と見つめられ
渋々取りに戻りました。








駐車場からはいきなりの急坂。
2010年頃までスキー場のゲレンデだったらしい。
f0016656_22151660.jpg
登り始めは風も強く、冷たく、寒かったので上着を羽織って。
これなら虫の心配も要らないね、なんて言いながら。








お、タニウツギ(谷空木)かな?
f0016656_22152364.jpg
沢山咲いていました。








BCも終わり、花を撮る季節になった我が家。
f0016656_22153037.jpg







8時前、スキー場施設の残骸?を通過すると、
f0016656_22153871.jpg







登山口の標識現る。ようやく登山道っぽくなってきた♪
f0016656_22154505.jpg
荒島岳には主に4つのコースがあり、
今回は《ブナ原生林が美しく大人気》と記されている
《勝原(かどはら)コース》ピストン。








早速、ブナのグリーンシャワーを浴びる♪ぶしゃー!
f0016656_22155283.jpg
他の3つはこんな感じ↓。
《中出(なかんで)コース》深田久弥が歩いた百名山ゆかりのコース
《佐開(さびらき)コース》荒島岳の「裏道」コース
《新しもやまコース》  2012年に誕生した健脚向けコース








カッチャンは《中出コース》ピストンを予定してたけど、
f0016656_22155927.jpg
幅広い人脈をお持ちの御方が間に立ってくださり、
ここが地元のごにLINEで色々アドバイスを頂き、
今回の勝原ピストンになった次第。








決め手はやはりブナ原生林。
f0016656_22160793.jpg
立派ですね~♪キラキラしてます。








朝5時過ぎに勝原駐車場に着けたら
電車(勝原~下唯野(@190))利用で中出IN→勝原OUTが出来たけど
東京から福井はさすがに遠かった。。。
f0016656_22161378.jpg
ちなみに勝原~下唯野間は電車で数kmなので
地元民は自転車利用で周回してるんだそう。なるほどね。








今回は超久々の登山だし、新しい靴の試し履きでもあるし、お手軽に。
f0016656_22161913.jpg
とはいえ、結構、急登です。
アッという間に暑くなり、すぐ上着不要に。








8時過ぎ、《トトロの木(820m)》という樹のそばに到着。
f0016656_22162636.jpg
樹齢300年は越す立派なブナだったそうですが、
昨年9月の台風21号で倒れてしまったそうです。残念。








ブナ林の急登は続く。
f0016656_22163343.jpg
写真は爽やか~♪ですが、この日は全国的に真夏日、
東京31.9℃、福井33.9℃だったそうです。








その猛暑、山でもご多分に漏れず。
登山口ではあんなに寒かったのに。
f0016656_22164145.jpg
オマケに時間が経つにつれ、虫が鬱陶しい!!!
何回も虫除けスプレーを噴射しました。風が吹けばいいのに。








そんなイライラを癒してくれるお花。
f0016656_22164750.jpg
途中、沼地のでっかい蛙に驚きながら、蛙苦手








9時過ぎ、《シャクナゲ平(1,204m)》到着~♪
f0016656_22165414.jpg
荒島岳まで1.5kmとな。あと約1時間だそう。








という事でまずは寄り道。
f0016656_22170200.jpg
9時半前、《小荒島岳(こあらしまだけ)1,186m》到着~♪
このド~ンと聳えるお山が目指す主峰・荒島岳。
別名、大野富士(福井県大野市)。

時間も早いし、折角ならどんなお姿か拝見してから登りたかったので
先に寄り道しました。
ほなシャクナゲ平に戻って山頂に行きますか。








なんちゃらツツジや、
f0016656_22170963.jpg
f0016656_22171571.jpg







ブナに励まされ、
f0016656_22172165.jpg
《もちが壁》という荒島岳名物の急登を終えると、








前荒島や荒島岳はすぐそこ。
f0016656_22172848.jpg







10時半過ぎ、《荒島岳(あらしまだけ)1,523m》到着~♪白山クッキリ。
f0016656_22174042.jpg
f0016656_22173441.jpg
こんな風に白山が見えてるんだそうです。








これにて、
f0016656_22175945.jpg
日本百

夫婦一緒に : 77座
    克 : 77座
    雅 : 86座

わ~いわ~い♪








山頂から見る大野市街。
f0016656_22174738.jpg
山頂は広く、30人弱いたのではないでしょうか。








ほな私達もランチをば。祝令和。
雅子様の活躍を期待しつつ、お身体が心配。雅美様だけに。
マサコサマもマサミサマもマサエサマもマサオサマもマサシサマもみんな
上から読んでも下から読んでも同じ。仲間意識強し。
f0016656_22175321.jpg
念願叶って久々の山カップ麺。ホントはBCで食べたかったけど。
温度計が32℃って表示になったけどホンマか?
なんにせよ、ビールが無くて残念。








荒島岳から見る大パノラマ。全体的に霞んでるけど、
f0016656_22180562.jpg
槍~穂高。








白山のパノラマ。
f0016656_22181132.jpg







乗鞍岳
f0016656_22181815.jpg







夫婦未踏の御嶽山。
f0016656_22182553.jpg







ゆっくりランチを堪能し、11時半前、下山開始!
f0016656_22183278.jpg







お~、カタクリ(片栗)♡
f0016656_22183952.jpg







わぉ、イワウチワ(岩団扇)♡
f0016656_22185122.jpg







登って来た道を戻るだけなので花を愛でながら下山。
f0016656_22185985.jpg
白山が白くて綺麗。








シャクナゲ平までは急なので念の為、ストックは収納。
f0016656_22190549.jpg
久々のストック無し歩行にリズムが狂い、急坂で危うく大転倒しそうになり焦った。
気をつけましょう、わたし。








ん?サンカヨウ(山荷葉)。虫付きやけど。
f0016656_22191293.jpg







下山中にもドンドン人が登ってきました。
f0016656_22191861.jpg
団体さん(40人位?)も登ってたから山頂は大賑わいでしょうね。








清々しいわぁ~♪
f0016656_22192583.jpg
しかし実際はかなり暑く、それより何より、虫が鬱陶しい!!!








虫除けスプレーもあまり効果なく、
サングラスにまでピタリと止まるし、黒いのがお好き
顔周辺、耳の辺りがなんだか痒いし。
f0016656_22193217.jpg
またそんな嫌な季節がやって来たのね。








写真ではこんなに爽やかやのに。
f0016656_22193847.jpg







あまりの鬱陶しさに我慢しきれず、今季初、防虫ネットを被りました。
f0016656_22194615.jpg
車中泊地選択も悩ましい季節到来です。








そんなこんなで13時半前、無事下山~。疲れた~。
f0016656_22195361.jpg
トイレに寄って車に戻るとフロントワイパーに白い紙。
んっ?駐車料の請求書?ないない、無料です。

開いてみると。なんとkoji&mie夫婦からのお手紙。
「え~!mieさん、来たんじゃ~。」
前述の福井のの嫁さんのほう。夫kojiさんはお仕事。

手紙の内容は。
差し入れという名の貢物を車の下に置いてあるという。
覗き込むと結構でかいシマシマの保冷バックがあるではあ〜りませんか。
引っ張り出すとメッチャ重い!
中には保冷剤をガンガンに詰め、
ギンギンに冷えた日本酒、ビール、ジュース、お菓子・・・。
こんな凄いサプライズは初めて。
恐縮です、mieさん。どうもありがとう。








で、下山後に向かったのは越前蕎麦屋の《八助》。
koji&mie夫婦にLINEで事前に情報を得ていました。が、
f0016656_22200698.jpg
ガーン!昼は14時までの営業。只今14時半、ざんね~ん!
次なる越前蕎麦屋さんを探して移動開始。








傍にある《一本義久保本店》をチラ見したり、
f0016656_22201272.jpg







《羽二重くるみ》で有名らしいお店に立ち寄ってみたり。
f0016656_22201938.jpg








そんな寄り道をしながら辿り着いたのは、
カッチャンの旅のバイブルに載っていた《そば処まつや》。15時頃。
f0016656_22202542.jpg
福井名物おろしそば(@600)。
アッサリと美味しゅうございました。空腹のカッチャンには量が少な過ぎたけど。
店の窓が大きく、窓越しに見る苔の庭がとても綺麗でした。

卑しい私達は蕎麦しか眼中に無かったけど、
ここまで来るなら傍の苔寺・平泉寺白山神社を散策すべきでした。
どうりで車も多かった訳だ。ま、また今度。








次に向かったのは《福井県立恐竜博物館(@720)》。
f0016656_22203242.jpg
駐車場無料ってのがまず素晴らしい。








2000年開館らしいけど、そうは感じない素晴らしい施設。
f0016656_22203805.jpg
てか、規模がデカい!








フラッシュを使わなければ撮影自由。
f0016656_22204483.jpg
大昔、地元愛媛でこの様なものは見た事あるけどスケールが全く違う。








カッチャンはこの手の博物館は初めてらしく、
f0016656_22205118.jpg
「これってホントなの?見た人なんて居ないのに何で解るの?」とまぁ、そんな感想でした。








恐竜に興味が無くても、周囲には公園?もあるし
散歩するだけでも良さげな感じ。駐車場無料だし。
f0016656_22205878.jpg
ただこの日は異常に暑く、
登山後の疲れた身体で更に外を歩く気にはならなかった。








諸々散策後、《勝山温泉センター水芭蕉(@600)》でようやく汗を流す。17時半頃。
f0016656_22210643.jpg
ここでも随分と恐竜押し。さすが恐竜王国・福井。
翌日に備え、お風呂でシッカリと膝をストレッチしました。








夕飯は《8番らーめん》で。19時頃。
f0016656_22211275.jpg
この人のブログにチラっと書いてたから。
福井発祥かと思いきや、本社は石川。国道8号線由来。
行列が出来てました。地元で人気みたい。
懲りもせず餃子を美味しく頂きました。








車中泊地は《道の駅 瀬女(せな)(石川/白山市)》。20時頃。
f0016656_22211970.jpg
貢物の冷えた《一本義 伝心》等を美味しく頂きました♪
勿論、あっさり完飲し、翌日に備え22時前には就寝。健康的だわ。健康的か?
さてその翌日の行き先は。ま、解りますわな。








毎度の万歩計等。というか、久々登場の万歩計。
恐竜博物館等の観光も含んだ“いちにち”のものだから大した事はない。
f0016656_22212575.jpg
f0016656_20543096.jpg
荒島岳は夫婦揃って今回初登頂でしたが、
私は関西在住時にBCで荒島岳“山頂付近”に2回来ています。
その2回目(2006.2)に荒島岳東稜1,410mから滑走中に左膝を怪我し、
たまたまその時は屈強な方がいらっしゃったので
途中、背負われたりして何とか下山出来ましたが
なかなか大変な“いちにち”だったし、
その後も一人暮らしだったので何かと何かと。
勤め先にもかなりご迷惑をお掛けしました。
それなのにまさかBCを再開するとはですが。
今回、改めて何処を滑ったんだろうと地形図を見直したりしました。
当時はボーっとついて行ってただけなんで、未だによく解らないけど。叱られる。
そんないいも悪いも何かと思い出のある荒島岳にようやく登る事が出来て大満足です。
また違う季節に登ってみたいな。



以上、《次はボルガライスを食べてみたいな》レポでした~。



by amitsuka1210 | 2019-05-30 21:21 | 北陸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/30617995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 憧れのブルーアイ 白山      昔を想像してのぶらり皇居内散歩 >>