いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 28日

カリカリ暴風平標山BC & 満腹新東洋飲み会

f0016656_23061761.jpg
3月23〜24日の連休は平標山BCと上野での飲み会を楽しみました。













《3月23日 土曜日》




規則的な日々を仕事等に追われるように過ごし、唯一、週末だけは変化に富んだ胸高鳴る自由な時間を過ごす事が出来ます♪

この日は本来会社出勤ですが、裏技の21日(春分の日)祝日出勤と入れ替え休日により連休になりました。
当初、雪上テント泊予定でしたが冬型の気圧配置により断念。   寒いテント泊は嫌だからね。。。

どこさ行こか?
・・・と考えて、23日は軽めのBC、24日は山屋SALE買い出し&街飲みって感じで、22日金曜日の退社後、関越道を走らせ休日割引を得るために土樽PAにて車中泊。
夜通し交通案内の放送がうるさくて眠れなかった。





f0016656_23045174.jpg
朝、コンビニで珈琲を買って、いつもは三国小学校前の駐車スペースに停めますが、平標山登山口駐車場が整備されていたので、そこに駐車。
トイレは閉まってますが、かなりの車が停られます。

準備を済ませて7時半過ぎに出発!










f0016656_23050024.jpg
この日の天気は昼過ぎから回復するとの事から、午前中の天気は悪いものだと思ってたけど、そんなに悪くはなさそう。。。
ほな、張り切って行きましょう!










f0016656_23050953.jpg
始めから板を履いての歩行。
風もあって気温も低く指先がちょっと痛い。










f0016656_23051874.jpg
同じ時間に3人パーティーが二組とソロの登山者がヤカイ沢を登ってました。










f0016656_23052575.jpg
平標山山頂はご覧の通り真っ白。
足元もカリッカリです。










f0016656_23053425.jpg
途中で帽子が強風で飛ばされ、追いかけての必死のダイブもあり、それ以外はトラブル無く順調に高度を上げました。

稜線が目視出来たので、雅ちゃんに「あそこを詰めて登って行こうか?」
と相談して、他の皆さんとは別の方向に進みました。










f0016656_23054041.jpg
なにしろカリッカリの足元に傾斜が増すとシール歩行とはいえ後方に滑ってしまいます。

って事でクトー装着。











f0016656_23054740.jpg
クトー装着後も効き目が薄く、滑らないようにジグザクに登って行きます。










f0016656_23055410.jpg
振り返っての山々。

気になるのが足元のカリカリ具合。
状況からヤカイ沢を滑るのは無理っぽく思え、
・・・となると、来た道を滑る?  ここを?

こんなカリカリバーンでは自分には無理っぽそう・・・と不安になりました。











f0016656_23060187.jpg
樹林帯になると足元は凸凹のカリカリ状態になり、クトーが効かなくなったので板を担いでの登り。

しかも雅ちゃんに「アイゼン、ピッケル要る?」
と出発前に聞かれ、要らないだろうと言ってしまい、アイゼン等を車に置いてきてしまった。。。


人によっては板を担いだら負け という拘りがあるみたいだけど、
自分はちゃんと滑れもしないので、BCでのそういうプライドは全く無く、
スキーというよりもスノーシューの延長って意識の方が高いのかな?  いまのところ。。。

なのでスキーでの登りも、どちらかというと尾根筋直登の意識が高く、今回のここもそんな感じになってしまった。












f0016656_23060928.jpg
足元はカリッカリですが、トラバースではなく重心を前にしての直登なので気にならなかったけど、
ふと振り返ってみると結構な傾斜です。

ちょっとでも滑ってしまうと止まる手段は無く、どこまでも滑ってしまいそうな気配。。。










f0016656_23143405.jpg
地味ですが安全な方向を怠らずにステップを刻みながらの亀の歩行が続きました。

まぁ、硬いのなんのって(驚)
一歩のステップにいろんな角度から7回ほど蹴り込んで、やっと写真くらいのステップが刻めます。










f0016656_23061761.jpg
途中、男女ペアが登ってきましたが、先頭の男性はアイゼン無しで後方の女性はアイゼン装着。
あっという間に見えなくなりました。

自分たちはそれくらい慎重に進みましたが、これからは保険の為にアイゼンは必ず持ってくると胸に刻みました。
・・・っていうより、自分のルート選択ミスでした(泣)










f0016656_23062435.jpg
稜線手前でも足元はアイスに近い状態になり、地道なステップを刻み稜線に出ました。

稜線は傾斜が緩くて広いので安全地帯ですが、なんせ風が強すぎ!
耐風姿勢に顔が痛くなり、場所を探してバラクラバ装着。
・・・その時またしても帽子が飛ばされ、瞬時に追いかけ必死のダイブ!   本日2回目。

丁度その時、先程の男女ペアが下山してきて、登山口からほぼ一緒だった3人パーティーがスキーで降りてきました。









f0016656_23063177.jpg
11時半、強風で真っ白な平標山山頂。


風よけの場所も無く、だましだまし凌ぎながら滑降の準備をします。

指先が痛く、やっぱりこういう状況だと行動が雑になってしまい、
自分はシール着脱の時に板のブレーキをせず、置いた板が勝手に滑り降りた時はかなり焦りました。
・・・ここでも必死のダイブにてなんとか回収。   本日3回目。










f0016656_23064139.jpg
そして恐る恐る滑るものの、足元はカリッカリのアイスで、板が壊れるんじゃないかって心配になるほどの状況。

それでもしばらくすると、硬いけれどなんとかなる状態に。。。
でも視界は悪く、まめにGPSで確認しながら滑ってました。










f0016656_23064880.jpg
しばらく下るとガスが抜け、視界が開けます。










f0016656_23065575.jpg
状況が把握できないので斜面をトラバース。










f0016656_23070247.jpg
皆さんはこの尾根の右側から登ってきたみたいでトレースがありました。










f0016656_23071063.jpg
左側はちょっとした谷でその奥に尾根が伸びています。
地図で確認して、この谷を少し滑って尾根に向かう事にしました。

自分は谷を素早く通過する事が出来ないので、
今まで谷は危険な認識の尾根スキーヤーでしたが、
この距離での尾根までの滑降ならなんとかなりそうなので行ってみる事にします。


スキーでは雅ちゃんをリードできないヘタレなので、これくらいは先行しなければという責任感から、
珍しく自分から進んで滑りました。











f0016656_23071681.jpg
見た目はパウダーぽくていけそうだったけど、いろんな雪質がありビビリで腰が引けてもたもたしてしまった。










f0016656_23072474.jpg
始めは自分が先行してましたが、すぐに雅ちゃんが滑り降りてきて、一気に離されてしまいました。










f0016656_23073145.jpg
谷はだんだん狭くなり、下に行く程雪質もカリッカリの上に積もったパウダーで、嫌な感じがした為に尾根方面にトラバースしていきました。










f0016656_23073888.jpg
尾根は特別滑りやすくはないけれど、この前の三岩岳のような感じでは無く、
ターンも出来て転びながらだけど楽しく滑る事が出来ました♪










f0016656_23074502.jpg
あとは平坦なノートレースの登山道をノルディックスキーの真似をしながら滑り・・・










f0016656_23075282.jpg
13時半過ぎ 駐車場に戻ってきました。

出発時にあった車は殆どありません。
皆さん行動が早いのね。










f0016656_23075936.jpg
その後、まんてん星の湯で遅めのランチを済ませ、関越道赤城ICからほどほどの渋滞の中帰宅。
丁度フィギュア世界選手権の羽生君の演技に間に合ったけど、ネイサン・チェンの得点にはびっくりした!

いろいろあったけど楽しかった平標山BCでした♪











《3月24日 日曜日》




山から帰ってきた翌日も休みって最高〜♪
って、ぐーすか寝てたら何やら騒がしい!

???

なんと、働き者マサミサマが今回の遠征道具やらを洗濯&干したりして、ゆっくり寝ていた自分はプレッシャーを感じて起きる事になりました。
もっとのんびりしてたかったんだけどね(悲)



f0016656_23080588.jpg
その後、自分は散髪に行き、昼過ぎに高田馬場カモシカスポーツで買い物。

上野に移動するも、花見客の影響か? 街中は凄い人で歩いてるだけで疲れてしまった。
小腹が空いたのでランチタイム(焼き鳥半額)のお店でちょっと早めの乾杯♪   良い感じ♪










f0016656_23081278.jpg
ランチ後、とらやスポーツに行って雅ちゃんの靴購入。
決まっているものなのでそんなに時間が掛からずに済みました。

自分の新しいALASKA GTXもまだ箱の中なので、雅ちゃんと一緒の履き下ろしになるかな?










f0016656_23081981.jpg
17時からbebeさん・ケーコちんと合流して新東洋にて乾杯♪










f0016656_23082629.jpg
お二人行きつけのお店なので、大船に乗った気持ちで寛がせて頂きました♪










f0016656_23083210.jpg
そして以前ケーコちんにお願いして、首を長くして待っていたカメラケースとの御対面♪

ひらひらがハーレー乗りっぽくってイカしてて、ちょっと格好良いんじゃない!


自分はいつもカメラケースに困ってて、丁度良い純正のものは無く、他メーカーのものを代用していても不具合があったりして、
今回のも気に入ってたけれど、マジックテーブが一年でダメになってしまい、また買い替えか?
・・・と思った時に革職人ケーコちんにお願いして、カメラケースに新しい命が宿りました!

なにしろ完全オリジナルってのが最高にCOOL!!










f0016656_23083906.jpg
良い感じでビールを飲み干し、紹興酒へと移行
自分が紹興酒を飲んだのは、人生で3回目くらいかな?

イメージとして氷砂糖を入れて飲むと思ったけど、ロックでも飲みやすかった♪










f0016656_23084559.jpg
焼き鳥を食べた後でもいくらでも食べれるくらい美味しかった。










f0016656_23085203.jpg
こちらは10年ものの紹興酒。
まろやかで美味しかったです♪

結局紹興酒をボトル?4本飲んだみたい。










f0016656_23085946.jpg
話の途中で雅ちゃんが「ところでケーコちんは今まで何個おにぎり握った? 3000個は握った?」

と話を振ると「えっ! なんで知ってるの? イチローの引退会見で弓子夫人がおにぎり2800個っていうから、私は何個握ったんだろうって考えたけど・・・」
・・・と単純計算でこれまで10000個以上おにぎりを握ってたらしい(笑)  さすが啓子夫人!











f0016656_23090784.jpg
それにしても仲良しなお二人に甘えっぱなしで、感謝の気持ちでいっぱいです。
たかり夫婦と思われてしまうけれど、これからもよろしくね♪   












f0016656_23091494.jpg
17時から飲み始めて、千鳥足で店を出たのが22時前。
bebeさん、ゴチになりました!










f0016656_23092180.jpg
危うく寝過ごしそうになりながら帰宅して、再びカメラケースを見つめてニンマリ♪
啓子夫人、ありがとうございました!










f0016656_23092841.jpg
今週末も連休だったので、みんなで雪上飲み会テント泊を考えてたけど、
気温も低く風も強そうで、絶景を目の前にした快適外飲みが出来そうでない為に中止となりました(泣)

昨年は楽しかったな♪









f0016656_09174013.jpg
今シーズンのBCは、なんとか滑れる形にしたかったけど、今のところ想像していたよりもダメダメなのが現状です。

でも下手なりに雅ちゃんとのBCは景色が違って見えるし、なによりも新鮮で楽しい!
もっと滑れたら機動力も発揮出来て世界が広がりそうな予感♪











毎度の動画です。

今回もカメラケースが無く、カメラ雪まみれでの動画はAFが安定しない為に自分の撮った雅ちゃん動画は殆ど撮れてませんでした。
次回からは生まれ変わったカメラケースがあるので、ちゃんと撮れそう。


以上、平標山BC&新東洋飲み会レポでした。


by amitsuka1210 | 2019-03-28 19:14 | 上信越/谷川 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/30485311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フルシン at 2019-03-28 22:53 x
こんばんわ。
克さん、風邪は治ったようですね!
土曜、平標でしたか!?日曜登る予定だったんですよぉ〜
悪天のため中止にして通称「年金山」に変更しました(^_^;
※日曜、仙ノ倉で遭難者がでたようです。。。中止にしてよかった・・・
今週末も天候悪く(身内の事情もあって)山行きは中止となりました。
残念ながら、もう雪山もおわりかもですね、、、
そろそろ新緑の春山へ気持ちが移りつつあります(^_-)
Commented by amitsuka1210 at 2019-03-29 22:41
フルシンさん、こんばんは。   克です。

今週末の天気、上信越は全滅ですね!
平成最後の思い出の山行、BCを楽しみにしていたけど、二週続けての悪天候には落ち込んでしまいますよ(泣)

フルシンさんも日曜日に平標山予定でしたか?
自分たちは土曜日で、とにかく足元カッチカチの強風で稜線では展望ゼロ。
あの稜線を歩き続けるのには、相当のメンタルが要りますし、条件的に厳しかったです。

山はやっぱり穏やかに歩きたいですからね。
自然に逆らうと痛い目を見る典型のいちにちでした(悲)

今年は雪が少ないですが、あと一ヶ月は残雪期のザラメBCを求めて行きたいと思います♪
4月〜6月までは日も長いし湿気も無く気持ちの良い時期ですからね♪
フルシンさんも、まだまだ残雪期雪山はてんこ盛りですから楽しんでくださいね。

フルシンさん、コメントありがとうございました。


<< 撤退武尊山      苦行修行滑走 三岩岳 >>