いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 15日

2018体育の日連休-2 浅草岳編

f0016656_23084308.jpg
ど~も嫁です。10/8(月)にカッチャンと浅草岳に行ってきました♪





♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 10/8(月・祝)体育の日 》

車中泊地《道の駅 山口温泉きらら289(福島/南会津)》を4時前に出発!
真っ暗な空にはオリオン座も見えていました♪

目指す山は表題通り、浅草岳。
新潟と福島の県境の山。カッチャンの提案です。

「浅草岳ぇ~?ヒメサユリ(姫小百合)の山じゃん!」
数年前にヒメサユリを知り、見たい!と何回も提案してるけど、
遠い、人が多いと理由をつけられ登れずにいる山。

「なんで浅草岳?そんなんヒメサユリの時期(初夏)にしてよ。」
ただその時期はブヨやらハエやら物凄いらしいけど。

すると何やら浅草岳は今まさに紅葉の最盛期だと。
それなら参りましょう♪となった次第。





数ある登山口から選んだのは道の駅から50km強走った、
六十里登山口(新潟/魚沼)。トイレなし。駐車30台。

道の駅からその登山口に辿り着くまでのR252沿いには
別の田子倉只見沢登山口(福島/只見)もあり、
そちらの方が近いし、トイレもあるし、駐車場も広いし(100台強可)。
なのに不便な六十里登山口を選んだのは。

「景色が良さそう(克談)」。シンプル。

まぁ、えぇでしょう。
自転車がありゃ田子倉と六十里を上手く周回出来そうなんやけどな。
四国の時はよくやってました。
MTBを車の屋根に積んで下山口にデポして周回って。





5時過ぎに辿り着いた六十里登山口はまさかの車ゼロ。。。
途中の田子倉只見沢登山口も覗いたけど車数台。
ホンマに紅葉してんの?
不安になりつつノンビリ身支度していると
ようやく1台(赤い車)やって来ました。
f0016656_23045019.jpg
明るくなった6時頃、駐車場を出発!








道路脇の登山ポストが目印(標高約750m)。熊鈴必須。
f0016656_23045707.jpg
私達の登山届はWeb提出済なのでスルー。便利な世の中です。








のっけから急で驚く。
f0016656_23050442.jpg
飯豊みたいなんが続くんやろか。。。








と思ったら始めだけ。
f0016656_23051196.jpg
ずっと平坦な道が続くので、いつ標高を上げるの?
またとんでもない急坂が待ってんの?と不安になりました。








見上げると鉄塔。
f0016656_23051848.jpg
星空は何処へやら。残念ながらガスっています。








でも紅葉目的なので青空でなくてもOK牧場。
f0016656_23052551.jpg
そりゃ青空に越した事はないんですけど。








克情報によると、ブナ(橅)の原生林が凄いらしいし。
f0016656_23053216.jpg







カッチャンにこにこ。
f0016656_23053949.jpg
途中で後から来た赤い車の若い女性(ソロ)に抜かれました。
この後、彼女とは山頂まで抜いたり抜かれたり。
ここを女性でソロって凄いな、地元の方かな。








7時前、マイクロ中継局とやらがある原っぱに到着。(標高1,125m)
f0016656_23054624.jpg
これが2基向かい合って建ってたけど何を受信してるんやろ。








更にはこんな三つ子の鉄塔も。
f0016656_23055397.jpg







マイクロ中継局からはまたなだらかな道。
f0016656_23060134.jpg
「ジムニーなら走れるんちゃう?」なんて言いながらお山歩。








上空はガスってるので身近な紅葉を。
f0016656_23060816.jpg







だ~れもいないし気ままです。
f0016656_23061512.jpg
ドンヨリだけど左手には守門岳がクッキリ。








車道のような道からようやく登山道らしい登りに。
f0016656_23062250.jpg
最初のピーク、南岳も近い。








7時半頃、《南岳1,354m》到着~♪でもガッスガス。
f0016656_23062806.jpg
ところが小休止しているとガスがドンドン動きだした♪








うっわぁ~♪
f0016656_23063442.jpg







いいタイミングでガスが抜けてる♪
気分良くして歩行再開。
f0016656_23064114.jpg
南岳からは稜線歩き。
とはいえ、結構アップダウンがあります。








見事な紅葉じゃ~ん♪
f0016656_23064794.jpg
風も無く穏やか。
ていうか、とっくに半袖やもんね、カッチャン。








こちらが北西の守門岳(すもんだけ/新潟)。
f0016656_23065460.jpg
これが下でクッキリ見えていたので
「コッチもいずれガスが抜けるんちゃう?」
と思ってました。大当たり♪








いいですね~♪
f0016656_23070102.jpg







ようやく紅葉登山。
f0016656_23070871.jpg







目の前に聳える鬼ヶ面山。
f0016656_23071503.jpg







ガシガシ登る。背後のピークが南岳。
f0016656_23072199.jpg
東はまだガスが抜けない。








8時半前、《鬼ヶ面山(おにがづらやま)1,465m》到着~♪
f0016656_23072986.jpg
もうちょい先まで行ってみようとここはスルー。








うおぉ~、浅草岳もクッキリ見えてきた♪
f0016656_23073557.jpg
ちょっとぉ~、かなり男前じゃないですか、浅草岳♪








鬼嫁がずんずん鬼ヶ面山を下る。
f0016656_23074227.jpg







ただこの六十里登山口からのルート、
この様に右側(東)は切れ落ちた崖なんです。
f0016656_23074840.jpg
崖越しの浅草岳のなんとカッコイイ事♡
なんてボンヤリこけたら場所によってはヤヴァイので
そこは注意力散漫な私、景色を見る時は立ち止まる、
歩く時はとにかく集中!と初心に戻って進みました。
苦手なのよね、右側が崖のルート。








凄くないですか~♪
f0016656_23075632.jpg
ヒメサユリ、ヒメサユリとしか思ってなかったので
まさか浅草岳がこんなに男前山だとは。かなりいい♪








但し右側(東)はず~っと崖。
f0016656_23080478.jpg
景色に感動しながらも帰りはこれが下りと思うと
ちょっと嫌やな~と思いながら歩いていました。








素晴らしい♡
f0016656_23081184.jpg








東の谷を覗き込むと利尻のような特徴的な岩が。
f0016656_23081764.jpg
利尻、結局行けなんだな~。








こんな洞窟チックなところも。
f0016656_23082362.jpg
遠めに「洞窟みたいなんがあるな~」と気付いたけど
まさか入れるとは。








9時前、《北岳1,472m》到着~♪
ピークはルートより少し外れた場所。
行ってみたけど特に標識らしきものは無かった。
f0016656_23083031.jpg
ここで大休止してこの浅草岳を見ていると
前方からガンガン走ってくる男性2人組が見え、
あっという間にこの北岳まで登って来たのに驚いた。早いよな~。
でもここを先の鬼ヶ面山と勘違いしていたようで
ガックリされてたのに笑ってしまった。
爽やかなイケメン2人組でした。
そういやこの連休、ハセツネやな。








ほな後は一気に参りましょう!
f0016656_23083643.jpg
南東に見える田子倉湖。十字に見える。








振り返って見る歩いて来た道。絶景です。
f0016656_23084308.jpg







浅草岳も随分近づいてきた♪
f0016656_23085088.jpg







前岳への最後の登り。
f0016656_23085778.jpg
前岳まで登ってしまえば浅草岳ピークはすぐそこ。








10時前、《前岳1,568m“付近”》に到着~♪“付近”て。
でも前岳は地図を見てもGPS軌跡を見ても巻いてた。
f0016656_23090378.jpg
ここでネズモチ平登山口(新潟/魚沼)等のルートと合流。
急に人が沢山現れました。
ネズモチ平からが最短で浅草岳に登れるようです。








浅草岳ピークは目前。
f0016656_23091043.jpg
ただ、この木道が曲者。かなり滑って油断ならない。
私は何回もコケかけたし、カッチャンは木道から滑落。
上手く着地したので無傷だったけど、
後ろから飛んだ瞬間を見ていたので超ビックリ。
あれをコケんのだから凄いバランス感覚。







他人との離合に時間を掛けながら、
10時過ぎ、《浅草岳(あさくさだけ)1,585m》到着~♪
f0016656_23091782.jpg
調べたら浅草岳って色んな称号?があるんです。

・日本三百名山
・新・花の百名山
・一等三角点百名山 こんなのもあるのね。
・東北百名山
・新潟100名山

確かにいいお山。人気があるのも納得。








山頂には20人弱の方がランチをしたりと寛いでました。
f0016656_23092417.jpg
少し戻ればウッドデッキ風の休憩ポイントがあるけど
山頂のちょっと外れたところで私達もランチ。








と言っても、前日の女峰山の事もあり、ビールもカップ麺も車に残置。
コンビニパンを食べた岳。。。
f0016656_23093099.jpg
皆さんが美味しそうにカップ麺を食べているのが裏山Cかった。








10時半頃、下山開始!
f0016656_23093507.jpg
山頂から見る前岳方面。
木道を続々と登って来る人が見えます。








黄金色ですね~。
f0016656_23094221.jpg
2日連続で天空回廊って感じ。








誰も写ってないけど離合に何回も立ち止まりました。
f0016656_23094986.jpg
まだお昼前だしドンドンやって来るでしょうね。








振り返って見る浅草岳ピーク。
またいつか、今度はヒメサユリの時期に来たいな。
f0016656_23095643.jpg
帰宅してビックリしたのがそのヒメサユリの事。
何処に咲くのかと思いきや、今回のルートがまさにそれ。
メインは南岳~鬼ヶ面山間で、
その時期は六十里登山口~鬼ヶ面山ピストンの方が多いらしい。
別ルートを歩きたかったんやけどなぁ。
その時は長袖、長ズボン、防虫ネット&スプレー、
更に強力蚊取り線香持参の完全防備で挑みたいと思います。








ちょっとガスが掛かってきた黄金色越しの守門岳。
f0016656_23100365.jpg
ここも行ってみたいけどな。やっぱ東北サイコ~♪








下山なので左に見る田子倉湖。
f0016656_23100952.jpg
下山時に滑る事を心配したけど無問題、気楽に歩けました。

私は歩くのが下手で、バランス感覚が悪く、
右側の崖は超苦手、左側の崖は割と平気なんです。
利き手(右)、利き足(右)、あと弱い左膝の問題かと。
最近それに気づきました。

下山中、それを初めてカッチャンに伝えたら、
「サッカーをやれば矯正されるんじゃない?」と。
今からサッカーですか。。。

ちなみにカッチャンは利き手(右)、利き足(左)、利き目(左)だそう。
利き目まで意識した事なかったけど私は全て生粋の右利き。








またしても紅葉越しの守門岳。
f0016656_23101571.jpg
手前真ん中のポコンとしたピークが嘉平与ボッチ(かえよボッチ)、
下の小ピークの剥げたところが桜ゾネ広場、尾根が桜曽根かな?
東のムジナ沢登山口(新潟/魚沼)に下る方面。
最短のネズモチ平登山口からも周回出来るみたい。
突然決まった山なのでブログを作りながら地図を確認。
ある意味復習。








絶景ですね~。これらの山々を下って行くのです。
f0016656_23102227.jpg
いつもならピストンの下山は足も気分も重いけど
今回は登りでガスってる時間があったので、
下りでこの絶景を見られる訳だし、まだ11時だし。
足取りは天空回廊(女峰山)の事もあって軽くはないけど
気分はかなり良うございました。








振り返って見る前岳。
f0016656_23102737.jpg







何度も立ち止まって見入ってしまいます。
f0016656_23103466.jpg







浅草岳、ナイスセレクトでした♪
f0016656_23103930.jpg
カッチャン、グッジョブ!
あとはビールとカップ麺がありゃあなぁ。








利尻みた~い。行った事ないけど。
f0016656_23104615.jpg
今年の北海道は大変でした。(9月/北海道胆振東部地震)
今も観光客が物凄く減ってるとか。まだ余震も多いし。
減ってる今なら観光がお役にも立つし、
行くチャンスかもしれないけど秘密の財布が無い。。。








紅葉の谷越しの田子倉湖。
f0016656_23105357.jpg
ずっと見えてたんや。








黄葉。
f0016656_23105907.jpg







私も時々撮ってるんですけど。
f0016656_23110698.jpg
シャッターを押すだけだから色がボンヤリ。
でも山のフォルムは凄い。








カッチャンが撮るとパキッとこうなる。
f0016656_23111356.jpg
さすがやね。








背後に鋭い岩峰。あの傍も歩いた事に。
f0016656_23111961.jpg
あれが《貉沢カッチ(むじなさわカッチ)1,452m》かな?
カッチって。なんか親近感あるね。

貉(むじな) ・・・ 主にアナグマ。タヌキやハクビシン。
カッチ   ・・・ 沢の源頭?水源?








ふぅ~、綺麗♪
f0016656_23112598.jpg







12時前、北岳まで戻ってきました。
振り返って見る浅草岳。
f0016656_23113210.jpg
今日2回目の北岳。ピストンなので当たり前。
あの北岳を合わせると今年3回目の北岳。どうでもえぇ。
今年の目標の漢字は北海道の「北」だったけど
この北岳3回でヨシとするか。どうでもえぇ。








見下ろす利尻っぽい岩。
f0016656_23114035.jpg








鬼ヶ面山への登り。背後は北岳。
f0016656_23114698.jpg
鬼ヶ面山で休憩するつもりが、








南岳の方が景色がいいかなとそのまま先へ。
f0016656_23115574.jpg







そしてもうすぐ南岳。背後は鬼ヶ面山。
f0016656_23120149.jpg







南岳への最後の登り。守門岳は隠れてしまった。
f0016656_23120895.jpg







12時半過ぎ、南岳到着~♪
狭い山頂にオジサマが3人、寛いでました。
f0016656_23121492.jpg
そこから見る田子倉湖。ここだとハッキリ十字の形。
狭いのに私達もここで大休止。
結局、登山口~前岳間で見掛けたのは10人弱でした。








ほな帰りましょう。
f0016656_23122166.jpg







振り返って見る浅草岳。見納めかな。
f0016656_23122736.jpg







車道チックな水平道を歩き、
f0016656_23123317.jpg







マイクロ中継局を通過し、
f0016656_23123913.jpg







ブナを愛で、
f0016656_23124649.jpg







法螺貝を吹き、
f0016656_23125211.jpg
それ葉っぱ。








14時前、六十里登山口に帰還~♪
f0016656_23130002.jpg
車は増えてたけど満車には程遠い。
あんなに早く起きる事もなかった。








けど早起きは三文の徳♪
f0016656_23130722.jpg
《鬼面そば(ざる・天麩羅・小鉢)@1,200》

土日祝の15時迄しか営業していないお蕎麦屋さんに14時半に入店♪
閉店間近なのにほぼ満席、でも並ぶ事なく座れ、
かなりコシ強めの美味しいお蕎麦を頂きました♪
天ぷらも揚げたて熱々で美味だけど、特に小鉢が良かった♡
これの《どぶろくセット@1,600》があったけど運転があるので断念。
でもこれなら日本酒を呑みたくなる納得の美味しさでした。
店員さんもお店の雰囲気もとても良かったし、
機会があれば、いや、機会を作って是非また伺いたい。

手打ちそば 平石亭
新潟県魚沼市 JR只見線 大白川駅2F

駅の2Fってのがまた面白い。いつになく熱い食レポ。





食後は温泉《見晴らしの湯こまみ(JAF割@500)》へ。
魚沼なので道中は新米を山積みにしたトラックや、新米のノボリが。
「魚沼はいいね〜。お米もお酒も旨いし。ぽく達は東京に帰るのかぁ。。。」
とカッチャンは助手席で伸びてました。
早いとこ温泉で温めてストレッチしてください。

遠征帰りはいつも「旅に出たい、旅に出たい」と仰るカッチャン。
「これが旅じゃがね。毎週、旅しとるようなもんじゃがね。」
と私は言うのですが。旅もいいけど家もいい。
旅ばっかりもしんどいよ。うちは車中泊ばっかやし。

温泉後は小出IC(関越道)から家路に。
渋滞30kmが出たけど、それなりに走れて20時には帰宅出来ました♪





毎度の万歩計等。
f0016656_23131537.jpg
f0016656_16582521.jpg
いんや~、急遽決めた日程でしたが、いい連休になりました♪
2日とも山・食・温泉が楽しめて。やっぱ食が大事。
美味しい地の物が食べられたら最高。



この翌週10/14(日)は山はお休み。
色々あって楽しみにしていた家族旅行は流れてしまったけど、
弟の家に姉弟一家揃って楽しく過ごしていました。そのレポは無し。



以上、《山+蕎麦+温泉=完璧な“ふつかめ”》レポでした~♪問題は宿。


by amitsuka1210 | 2018-10-15 18:42 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/30095135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 92robin at 2018-10-15 23:48
や、浅草岳!
すごくいいですね!
山自体も美しいし、紅葉もすばらしい~。
またガスがかかっている画がこれまたガスがいい演出。
これは行かずにいられない。

これはヒメサユリの頃、六十里登山口と田子倉只見沢登山口で車を置いてピストンじゃなしにご一緒させて・・・
なんて考えがよぎりますが、絶望的に足が遅い自分を
思い出しチーン(撃沈)
お二人とも健脚ですもんね。

私、山をやる前は生粋のバイクバカ。
それゆえ歩くなんてこと100mだってイヤという
人としてどうなんだ?的な感じだったんです。
なので山を始めた今だって相当に歩けない。
や、もちろん自分的には随分歩けるようになった
つもりで誇らしくもあるのですが、普通の山の人からすると
相当なダメっぷりなんですよね。(T-T)

ま、それはそれとしていいもの見せてもらいました!
守門もいいなと思っていたのですが、こりゃ先に浅草岳だわ~。
Commented by amitsuka1210 at 2018-10-16 07:46
くにさん、おはようさんです。雅です。
いいでしょ、浅草岳。私達もびっくりしました。
花の山だと思いきや、ほんと立派な山容なんです。
2台で周回♪待ってました、そんな立候補(笑)。
是非是非、喜んで♪
大丈夫ですよ〜、そんな健脚でもないし、
楽しくワイワイ歩くのも大好きですよ。

バイク、そんなに好きなんですね。
私は免許を取ったのにまともに路上を走った事のない、
ほんとにペーパーで。
でも通勤用にカブが欲しいんですよね。
これから寒くなるんで足踏み中、と言いつつもう何年。
Commented by フルシン at 2018-10-17 01:15 x
こんばんわ雅ちゃんさん、克さん。
女峰山、そのルート往復で6時間って、、やっぱり超健脚です!ヾ(^^へ)
浅草岳はいつか登りたいと、ぼんやりおもってましたが、もの凄くいいですね!!
燃える山!紅葉は東北の山が最高!来年登ってみるか真剣に考え中です。

「きらら289」、19時以降でも居酒屋メニューがあって、締めに食べたヅケ丼が美味しかったなぁ(^_-)

今更ジローにOK牧場、、、GOOOOD(^_^)b
Commented by amitsuka1210 at 2018-10-17 07:38
フルシンさん、おはようございます。   克です。

浅草岳良かったですよ♪
女峰山も十分良かったんですが、その女峰山が霞んでしまうくらい気持ちの良い浅草岳でした。

やっぱり紅葉の北アルプスとか憧れますが、今回は天気優先で快適に歩ける場所を掲げての行き先探しでしたが、
そのお陰で未知の山域にも目が入って、嬉しい驚きの発見がありました!
日本は広いし、地域によって景観も変わって豊かな四季がありますからね♪

自分たちは基本的節約登山なので、道の駅に温泉&飲める場所がベスト!
「きらら289」は好印象なので、次回は是非ヅケ丼を食べたいと思います♪

フルシンさん、コメントありがとうございました。


<< これぞ富士見峠 三ツ峠山      2018体育の日連休-1 女峰山編 >>