いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 28日

W杯序章 奥白根山

f0016656_07305128.jpg
ど~も嫁です。6/24(土)にカッチャンと奥白根山(日光白根山)に行ってきました。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 6/23(土) 》

20時過ぎに自宅を出発。
車中泊地は日光宇都宮道路の日光口PA。トイレがとても綺麗でした。

翌日はそんなに時間のかかる山行ではないのに
「5時には歩き出そう!」とカッチャンはヤル気満々。

ではなく、翌日のサッカーW杯《日本vsセネガル》をテレビ観戦する為、
早々に帰宅して準備万端で臨みたいというのが理由です。めんどくさい。

という事で早々に就寝zzz










《 6/24(日) 》

日光宇都宮道路の終点・清滝ICで高速を出て、
コンビニで買い出しをしつつ、日光湯元温泉の無料駐車場へ。
f0016656_07233372.jpg
途中の戦場ヶ原の気温が6℃、この駐車場が8℃だったかな。
土地柄か、かなり冷え込んだ朝でした。
車は思った以上に少ない。百名山なのに意外。








今回はカッチャンのトイレトラブルも無く、予定通り、5時前、歩行開始。
f0016656_07233993.jpg
湯元温泉登山口より、まずは湯元スキー場を突っ切って行きます。








スキー場を抜けると急登が待ち受けてます。
f0016656_07234630.jpg
あれぇ~、こんなに急やっけ?








お花に癒されながらゆっくり進みます。
f0016656_07235267.jpg







イワカガミ(岩鏡)
f0016656_07235884.jpg
f0016656_07243086.jpg
f0016656_07243667.jpg








サラサドウダン(更紗灯台)
f0016656_07240579.jpg








伝わりますかね?かなり急です。
f0016656_07241269.jpg
私は今回を含め、奥白根山には4回登りに来ているのですが
ここからしか登った事がありません。
でも全て積雪期だったので今回のこの急登っぷりには驚きました。
直近では昨年の4月に登っています。途中撤退しましたが。








シャクナゲ(石楠花)
f0016656_07241823.jpg








はて?
f0016656_07242475.jpg








新緑が綺麗。
f0016656_07244257.jpg








7時前、天狗平通過。
f0016656_07244935.jpg
テントが張れそうな広々とした気持ちのいい場所。








急登も終わり穏やか。
f0016656_07245692.jpg
イワカガミはアッチコッチに咲き誇ってます。








天狗平から前白根山までは明るい森歩き。
f0016656_07250273.jpg








印象的な5つに分かれた樹。
f0016656_07250945.jpg








そして7時過ぎ、《前白根山(まえしらねさん)2,373m》到着~♪
f0016656_07251507.jpg
目の前にド~ンと聳え立つ主峰・奥白根山。またの名を日光白根山。
手前の五色沼が青い。初めて見た~♪いつも雪で隠れてたから。








積雪期だとこうなります。
f0016656_22203319.jpg
写真だけ撮って先へ。
そばでソロ男性が休憩されていました。
ここまでで唯一会った人だという、意外にも静かな山行。








足元にコケモモ(苔桃)?
f0016656_07252216.jpg







きのこ
f0016656_07253069.jpg







ツマトリソウ(褄取草)
f0016656_07253679.jpg







左後方(南東)に男体山。雲海の下は中禅寺湖。
f0016656_07254291.jpg







若葉って感じの新緑が綺麗ですね~♪
f0016656_07254906.jpg
《目には青葉 山ほととぎす 初鰹》ですよ、カッチャン。








で、私達、素直にこの主峰には向かっておりません。
f0016656_07255535.jpg
ちょっと寄り道♪








キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)かな?
f0016656_07260831.jpg







ハクサンチドリ(白山千鳥)
f0016656_07262167.jpg
そんな花探しをしながら、








ちょっと気になっていた稜線を歩いています。
f0016656_07260157.jpg
右手に奥白根を見ながらこのピークを目指す。このピークとは、








《白根隠山(しらねかくしやま)2,410m》。8時前、到着~♪
f0016656_07261468.jpg
穏やか~♪目の前に奥白根。ここで大休止。虫もいなくて快適。








ほな、奥白根に行きますか。来た道を戻ります。
f0016656_07262935.jpg
素直に五色沼避難小屋との分岐に戻るべきところを
「ここを下れば小屋には寄らずに近道出来るんじゃない?」とカッチャン。
GPSの地形図を確認すると先もなだらかそうなので、ほな行ってみますか。








こんな感じ。特に問題無かったけど、
f0016656_07263615.jpg
前を行くカッチャンが「熊の糞が結構ある」と物騒な事を言ってた。
勿論、熊鈴はジャンジャン鳴らしてます。








ね、タンポポ。
f0016656_07264461.jpg







お陰様でドンピシャでした。一般道に復帰。
f0016656_07265179.jpg







さぁ、行きますか。
f0016656_07265878.jpg
あの奥が奥白根ピーク。








ツガザクラ(栂桜)
f0016656_07270558.jpg







正面の岩あたりが昨年撤退したポイント。
f0016656_07271216.jpg
実際登ってみて、あの時はとてもとてもピークには行けなかった。撤退して正解。








なにリンドウかな?よう解りません。
f0016656_07271976.jpg







黄色の花はもひとつサッパリ解りません。
f0016656_07272997.jpg
何故だろう、黄色の花に関しては覚える気も無い。
キナマサ(黄色い雅美)と呼ばれた頃もあったのですが。
かたや花を愛する男は何か特徴を見つけて覚えているようです。








で、出たぁ~♪第一発見者はわたくし。
f0016656_07273625.jpg
何を撮っているのか。








コマクサ(駒草)。高山植物の女王。
f0016656_07275007.jpg
時期がちょっと早いかなと思ったけど見る事が出来ました♪
遠目にも結構咲いていました。








ぽく、ご機嫌♪
f0016656_07274390.jpg
流れる雲が凄いですね~。








こんな感じ。
f0016656_07275661.jpg
歩いている分には大した風は吹いてないんですけど。








ここまで来ると人の往来が。
f0016656_07280399.jpg
西からはロープウェイで比較的楽に登れるそうですし、
なんせ百名山ですしね。








爆裂火口っぽい浸食。利尻っぽい。行った事無いけど。
今年は行くつもりだったけど無理っぽい。
f0016656_07281001.jpg
雪もまだ少し残っているのが見える。登山道には全く無かったけど。
そんなこんなで、








9時半、《奥白根山(おくしらねさん)2,578m》到着~♪
f0016656_07281728.jpg
関東以北(北海道含む)で最高峰だそうです。








この数日前(6/20)に山開きしたらしく、
狭い山頂はもっとごった返すかと思ったけど、
少し待っただけで証拠写真。これにて、
f0016656_07283070.jpg
日本百
夫婦一緒に : 72座
    克 : 72座
    雅 : 84座(変化なし)

私は2003年2月以来、2度目の登頂。
カッチャンはこの奥白根と鳥海山のピークに立てなかった事を
面白く思ってなかったのでリベンジ達成。次は鳥海山やね♪








山頂から見る五色沼、前白根越しの日光の名立たる山々。
f0016656_07282457.jpg
女峰山~男体山を縦走してみたいけど交通機関がなぁ。
カッチャンの食指が動かないという問題も。








次第に混んできたので山頂を後に、少し下ったランチポイントへ移動。
f0016656_07283718.jpg
風も無く、虫もおらず、快適♪








丸沼、菅沼越しの、パッと解るのは右の双耳峰、尾瀬の名峰・燧ヶ岳。あ~未踏。
f0016656_07284385.jpg
となると、左の大きなのが至仏山で、後ろの白い山は。。。
クリックすると拡大します。








中ノ岳~平ヶ岳~越後駒ヶ岳のアップ、かな?
f0016656_07284967.jpg







これだけは解る、テーブルマウンテンの苗場山。
f0016656_07290256.jpg
その手前の稜線は谷川連峰。








今から向かう弥陀ヶ池と奥に菅沼。
f0016656_07291044.jpg
菅沼にはコテージ?があるんですね。
船も浮かんでいるようです。








振り返る山頂。結構な賑わいに。
f0016656_07285529.jpg
W杯もあるし、そろそろ下山しますか。








飛ぶんだそうです。
f0016656_07291623.jpg
「チミなら出来る」とヨイショしたけど、10時半、一緒に歩いて下山開始。








凄い岩峰。
f0016656_07292223.jpg
写ってないけどドンドン登山者が登って来ていました。
W杯のお陰で早く行動して良かった。








11時、弥陀ヶ池に到着~♪思ったより物凄く綺麗。
f0016656_07293018.jpg







そこから見る奥白根。
f0016656_07293771.jpg
所々に電気柵があったのは鹿の食害からシラネアオイ(白根葵)を守る為らしい。








五色沼近くにやって来ました。
f0016656_07294476.jpg
五色沼から前白根に戻る事も出来るけど、折角ならと五色山にも登ります。








五色山に登っている途中、振り返って見る五色沼。
f0016656_07295092.jpg







コチラは振り返って見る奥白根。
山頂直下の浸食が激しいのがよく解る。
f0016656_07295710.jpg







目には青葉です♪
f0016656_07300391.jpg









急登を終え、なだらかに。雲が凄いな~。
f0016656_07301027.jpg







12時前、《五色山(ごしきやま)2,379m》到着~♪
f0016656_07301690.jpg
ここから国境平を経て湯元(中ッ曽根登山口)に戻る周回コースもあるけど
笹藪がうるさい、登山道が荒れている等々、嫌な情報が多かったのでヤメ。
何故なら私がキレるから。








五色山から見る五色沼と奥白根。
f0016656_07302259.jpg
ここでは数組休憩していたし、ガッツリ昼寝をしている方もいました。








さぁ、前白根経由で下山しましょう!
f0016656_07302890.jpg
写真中央部の湯ノ湖左手の町並みが車の置いてある湯元温泉。
湯元スキー場を経由してあそこまで戻ります。背後は女峰山等。
「雪の時期なら滑って下りれそうだね」と能天気なカッチャン。








途中、LINE用の写真を撮るカッチャン。好っきゃねぇ。
f0016656_07303661.jpg







さっきまでいた五色山をバックに。
f0016656_07304465.jpg







ハイ、前白根に戻ってきました。この景色も見納め。
f0016656_07305128.jpg
あとは来た道を戻るだけ。








天狗平付近までは快適なんですけどね~。
f0016656_07305987.jpg







随分色の濃いサラサドウダンかな?
f0016656_07310620.jpg







急ですね~。標高差400m程だけど西黒尾根より随分急だと思う。
f0016656_07311435.jpg
だ~れも歩いていません。








ようやくスキー場まで帰還。太陽ジリジリ。
f0016656_07312281.jpg
鹿の糞を避けながら駐車場に戻ります。








14時前、湯元駐車場に帰還。登山終了~。
f0016656_07312997.jpg
車は朝より随分増えていました。
登山というよりは避暑にいらっしゃってるんでしょうね。
太陽ジリジリだけど日蔭はとても爽快でした。








駐車場を出た後は多少買い食いをしただけ。来た道を戻る。
f0016656_07313836.jpg







車4台が絡んだような事故渋滞に巻き込まれたけど、18時半前に帰宅出来ました。
f0016656_07314611.jpg
で、この日のプライオリティNo.1はサッカーW杯《日本vsセネガル》戦。
入浴、夕飯後は仮眠を取り、万全を期してTV観戦に臨みました。
いい試合でしたね~。勝てると思ったんですけど。

一番期待していたMF柴崎岳選手、凄いですね。
愛媛出身のDF長友佑都選手も素晴らしい。
半端ないFW大迫勇也選手等々、皆さん大活躍ですが、
個人的にはFW武藤嘉紀選手、GK中村航輔選手の活躍を見てみたい。

そして今夜は更に大事な《日本vsポーランド》戦。
夫婦でわぁ〜わぁ〜応援したいと思います。








コチラは毎度の万歩計等。
f0016656_07582805.jpg
f0016656_14555732.jpg








以下は奥白根とは無関係の《いろはにほへと》。
日光の《いろは坂》走行中に車内で話題になったのでカッチャンの為。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色は匂へど 散りぬるを
我が世誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

「そらで言えるよ」という事で車内で御披露したけど漢字や意味は覚えてなかった。
ま、「今が大事」という事ですよ、カッチャン。



以上、《がんばれ!ニッポン!》レポでした~。


by amitsuka1210 | 2018-06-28 07:30 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/29895705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< おっと、危ない危ない崩落登山道...      父の日の甲斐駒周回時計回り。 >>