いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 13日

2018GW後半は鳥三昧 焼き鳥と鳥海山BC

f0016656_22502464.jpg
ど~も嫁です。GW後半(5/3(木)〜6(日))に天気とニラメッコしつつ、
カッチャンと鳥海山に行ってきました。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 5/3(木)憲法記念日 》

この日は全国的に天気が悪いとの事で端から山はヤメ。
『困った時のbebeKECO』という事で、bebeさんオススメの焼き鳥屋さんへ。
f0016656_22424960.jpg
西日暮里の《鳥臣(とりおみ)》さん。
随分昔からの行きつけのお店なんだそうで。








私は焼き鳥が大好きで、関西時代は近所の焼き鳥屋さんに友人JCとしょっちゅう行ってました。
f0016656_22425643.jpg
私的にはチェーン店ではない、久々のちゃんとした?焼き鳥屋さん訪問♪








えぇ、美味しかったですよ♪楽しかった♪
f0016656_22430466.jpg
でも結果、何を話したか、あまり記憶に無い。。。
毎回それの繰り返し。同じ質問をし、同じ回答を貰い。
新鮮っちゃあ新鮮だけど、進展が無い、進歩の無い私達(私だけ?)。








で、ガンガン飲むもんだから、結局ボトルで頼んだりして。。。
f0016656_22431002.jpg
気付いた時にはテーブルに突っ伏し状態。頭が上がらない。
開店と同時に入店し、時間的には17時〜22時位まで呑んでたのかな。
私だけ千鳥足、相当なリバースモード。
家に辿り着くまでの電車がかなり辛かった。
何回電車を降りてトイレに駆け込んだか。。。








アンタ、呑み過ぎ!
f0016656_22431701.jpg
ごめ〜ん。。。

終電でなんとか家には帰れたけど、
お会計はbebeさんが済ませてくれてた。何やってんだ!カッチャン!

翌日からの山行用に変わりダネどら焼きを頂き、
カッチャンに来季用bebe香り付きダウンジャケットまで頂き、
ご馳走までしていただいて。完全なタカリ。。。
どうもありがとね。肝心の焼き鳥は私の胃袋に残らなかったけど。










《 5/4(木)みどりの日 》

この日は移動日。二日酔いは無し♪ずば抜けたアルコール分解能力。懲りない性分。
風は強いけど天気も良く、朝イチで干した洗濯物が昼には乾く勢いでした。
のんびりと身支度をし、昼過ぎに自宅を出発!
f0016656_22432438.jpg
東北道・羽生PAで食べた昼食のうどん。
美味しかったけどこんなの載せてどうする。
日記だからいいんだそうです。








山形道を下りると虹が!かなりデカイ。しっかしまぁ、寒かった。
東京を出た時は半袖だったけど、こちらは10℃とか。
山を想定しているので防寒着はあるけど、まさか平地でここまで寒いとは。
f0016656_22433190.jpg
で、私はラジオを聴きながら運転するのが好きなのですが、
地元の放送によると『山形はラーメン消費量が日本一』なんだそうで。








それなら食べとかにゃいかんでしょ。
急遽、カッチャンが調べた新庄市のラーメン屋《麺武者》さんで夕飯。
f0016656_22433824.jpg
19時過ぎに私達が入店した直後、暖簾が外されました。ぎりぎりセーフ。
かなりこってりな魚介系。濃厚で麺がツルツル。美味しゅうございました。

食後、傍のスーパーで色々買出しをした後はひたすら走り続け、
この日の車中泊地《道の駅 清水の里 鳥海郷(秋田県由利本荘市)》へ。
自宅から約500km。よく走りました。何だか疲れ切って早々に就寝zzz










《 5/5(木)こどもの日 》

目覚めると土砂降り。雷も光っていました。山は無理やろ。
でも次第に天気が良くなると克天(克己天気予報)が言うのでとりあえず登山口へ。
で、7時頃、猿倉口の駐車場でこれ。
f0016656_22434427.jpg
直径1cm程の雹が打ち付けていました。風も物凄く強い。
ノーマルタイヤなのでかなり冷や冷やしながら辿り着きました。

唯一停まっていたこの白い車の男性(宮城ナンバー?)曰く、
この上の矢島口(祓川駐車場)には20台くらい停まっているんだそう。
男性もノーマルタイヤだし、この天気だし、この日の行程を悩んでいる様子でした。

私達はとりあえず7時半まで様子を見ながら朝ごはん。
その間も数台、矢島口方面に走って行きました。すっごいな〜。
結果、この白い車も上に行きました。








で、私達は。
キャインと尻尾を巻いて速攻退散。
山は翌日に延期し、この日は観光!と割り切りました。
f0016656_22435136.jpg
だって先日の野口五郎岳で気分は《山=暑》だったし、
こんな寒さ&強風なんて辛いし、楽しい訳ないし。
ちなみに見えてる裾野が鳥海山。ピークは見えていません。








道の駅からの移動中の早朝にも積乱雲が発達していたから
「そりゃ雷や雹に見舞われるね」とはカッチャン。
f0016656_22435810.jpg







目まぐるしい雲の動き。
f0016656_22440460.jpg
さぁ、これから何処行く?
この日は宿を予約しているので遅くても16時にはチェックインしたい。








地図を手にふと目に付いたのが《男鹿半島》。
ちょっと遠いけどなんとかなるでしょ、という事で北上決定!
f0016656_22441007.jpg
日本海沿いの道を走るとすんごい荒波。








遠くに目指す男鹿半島。
f0016656_22441739.jpg







風は強いけど青空が広がる。
f0016656_22442509.jpg







なまはげもお出迎え。
f0016656_22443279.jpg
かわいい♪








GWだというのに交通量も程々で走りやすかった。
f0016656_22443991.jpg
でもパトカーがやたらウロウロしてたし、ねずみ捕りもしてたので速度には要注意。








ふらっと寄った観光スポット。
f0016656_22444712.jpg







何を目指しているか。
f0016656_22445898.jpg







何だか解ります?
f0016656_22450775.jpg
わっかんねぇだろうなぁ。ミーヤキャットではない。
夕方だとハッキリするみたい。








答えはコレ。
f0016656_22451652.jpg
《ゴジラ岩》








相変わらず風は強い。
f0016656_22452538.jpg







風が強いからこの白波なのか、いつもこうなのか。
f0016656_22453387.jpg







瀬戸内海を見て育った私には波の勢いに圧倒される。
f0016656_22454719.jpg
高台で見るに“いい波”っぽかったけどサーファーは全くいませんでした。









なまはげ。
f0016656_22455587.jpg
迫力〜。








ひた走る。
f0016656_22460323.jpg







ひた走る。
f0016656_22461297.jpg









そして12時前、男鹿半島の西北端《入道崎》到着〜。
f0016656_22472273.jpg
北緯40度なんだそうです。沢山の人がいました。








ここでランチ。本当は石焼き料理が食べたかったけど我慢。
f0016656_22472927.jpg
秋田という事で《ハタハタ三色丼(フライ、天ぷら、焼き)》なるものをシェア。
カッチャン的にはフライがお好みだそうです。








食後向かったのが《寒風山》。四国にも寒風山はあるけど。
f0016656_22473848.jpg
ここが世界三景?何を基準に?誰が決めたの?他の2ヶ所は何処?
よく解りませんが、








三角点タッチ。
f0016656_22474539.jpg
本日1座目。








世界三景は別にして、八郎潟と湾曲した海岸線がとても綺麗でした。
f0016656_22475272.jpg
海岸線だけ見たらハワイみたい。








次なる目的地を目指して。
f0016656_22475946.jpg
菜の花と桜が綺麗♪








辿り着いたのは。
f0016656_22480539.jpg
日本一低い山。《大潟富士(0m)》なんだそうです。
天保山(大阪)じゃなかったの?って感じだけど、








とりあえず本日2座目。
f0016656_22481297.jpg







登頂記念に秋田名物《ババヘラアイス(@200)》購入。
f0016656_22481967.jpg
素朴なお味でした。








あとは高速で南下。日本酒を調達しつつ今宵の宿へ。
f0016656_22482777.jpg
16時過ぎにチェックイン。鳥海山は見えず。。。








温泉で汗を流して、かんぱ〜い♪
f0016656_22484833.jpg
この数日前に偶然空室を見つけたので急遽予約したのですが、
露天風呂は雑草ボウボウ、満腹にはなったけど料理もイマイチ。かなり残念でした。
この日も疲れで?持ち込んだ日本酒を飲む事なく、21時には就寝zzz










《 5/6(日) 》

4時半頃、宿から見た鳥海山。今旅初お目見え。
f0016656_22490368.jpg
「風も無いし、鳥海山も月も見えてるよ♪」と朝からご機嫌なカッチャン。








7時開始という宿のバイキング朝食をいの一番に頂いたけど
期待が大きかった分、これまたかなり残念な朝食。。。
食べ過ぎず良かったという事かな。
f0016656_22491086.jpg








チェックアウト後、昨日と同じルートで登山口へ。
f0016656_22491802.jpg
前日は全く見えなかった鳥海山もくっきり♪別名《出羽富士》。

田植えを知らせる雪型として鳥海山の山肌に《種まき爺さん》が現れるそうですが、
今年も無事に?種まき爺さんが現れて、
米所の庄内地方は今(5月中旬)が田植えの最盛期だそうです。

ちなみに私は2004.5.2以来、14年ぶりの訪問。
何登山口から登ったのか記憶に無いけど。








今回は歩行距離の短い矢島口(祓川)を目指していたけど、
その手前の猿倉口にも既に結構な数の車が。まだ7時半過ぎ。
f0016656_22492682.jpg
「猿倉でこれなら祓川はもう停められないでしょ」と猿倉口スタートに変更。
しっかしまぁ、まさかの強風。これだと山頂は暴風じゃない?登山は無理だよ。








でも「行けるとこまで行こうよ」とカッチャン。
f0016656_22493513.jpg
渋る私の前を女性を含む何組ものスキーヤーが出発して行くので
とりあえず8時過ぎに私達も出発。








鳥海山は見えています。
f0016656_22494335.jpg








周囲には誰もいないし、トレースもよく解らないので
スマホGPSを頼りに前進。
f0016656_22494984.jpg







しっかしまぁ〜すんごい風!
f0016656_22495648.jpg
カッチャンでもこんな感じ。風が痛い。
時折小さな雪の塊が飛んで来るし。








暫く進むと先行者も見えてきた。ちょっとひと安心。
f0016656_22500380.jpg
でも地吹雪が凄い。








こんな強風なのに皆さん前進しているのに驚き。
f0016656_22500972.jpg







早々に「撤退しよ!」と言うつもりだったけど
f0016656_22501617.jpg







こうやってチラホラと登ってるんです、皆さん。
f0016656_22502464.jpg
私達の猿倉口からはこの程度のパラパラッとした人影ですが
右手(西側)の矢島口(祓川)からの入山者は結構登ってました。
東北の皆さんは強靭やな〜。撤退しようにも撤退し辛い。
カッチャンはそんな私を見てシメシメでしょう。








背後には何だか悪天候を思わせる雲。
f0016656_22503297.jpg
う〜ん。。。








救いは強風だけど全く寒くなかった事と、
時間が経つにつれ、朝イチ程の暴風ではなくなった事。
f0016656_22504079.jpg
しかしず〜っと風は強いんです。








そして気付けば周囲には誰もいないという。。。
f0016656_22504844.jpg
え?皆さん、撤退したの?








山頂部分はガスって見えなくなってきたけど、
GPSによると山頂はあとひと登りらしい。
f0016656_22505555.jpg
時間は11時半。
最後の急坂をシールで登るより、板を担いだ方が早いとカッチャン。
試したけど、それはそれで風に煽られてとても不安定でした。
結局、板をデポし、空荷のストックとキックステップで山頂を目指す事に。








そんなこんなで12時前、鳥海山到着〜♪
f0016656_22510381.jpg
ではない。。。
鳥海山の最高峰《新山(しんざん)2,236m》は向かいのこのお山。








ここは鳥海山の外輪山《七高山(しちこうさん)2,229m》。
男性が3人、滑走準備をされているところでした。
f0016656_22511226.jpg
最高峰の新山に行く気は毛頭ございません。
アイゼンもピッケルも持ってないし。

という事でカッチャンの百名山更新は、ハイ、消えた〜。

ここには記せないスッタンモンダが色々ありましたが、
とにかく安全にゆっくり、板をデポした場所に戻りました。








デポ地に戻ると周囲は完全にガス。。。どうやって滑るだがや。
f0016656_22511855.jpg
そこにお犬さま登場。








秋田犬?かわいい♡
f0016656_22512571.jpg
飼い主さんも後からやって来ました。お話はしなかったけどホッコリ。

さてこのガスの中、どうやって滑り降りる。シールを履いたまま滑るか。
試したけどあまりにも滑らない。逆に怖いのでやっぱシールを外そう。








そんな事をしていたら下界が少し見える様に。
f0016656_22513379.jpg







今だ〜!とばかりに13時前、滑走開始!
f0016656_22514148.jpg
これがいわゆるザラメ雪?快適にスイスイ滑る事が出来ました。








カッチャンも快調、快調。うん、楽しい♪
f0016656_22515025.jpg
ただ、周囲には誰もいないので、お互いが離れ過ぎないように、
再々立ち止まってはGPSを確認し、慎重に下りました。
GPSが無いと無理だわ。








振り返って見るシュプール。
f0016656_22515861.jpg
黒っぽい雪の方が断然滑り易かった。
白い雪がいわゆるストップ雪と言うのかな。
ガクッとスピードが落ちてつんのめりそうになった。








途中でランチをするつもりが、視界もイマイチだという事で一気に下り、
13時半過ぎ、登山口到着〜♪
f0016656_22520744.jpg
f0016656_09072997.jpg
この日は8時〜13時の山行中、ジュースをひと口飲んだだけ。
どエライ省エネ山行でした。
でも私はシール登高が好きだから結果的に今回の猿倉スタートで良かった。








片付けをしながらようやく口にしたのがbebeKECOに貰ったどら焼き
f0016656_22521759.jpg
とても健康的な食材とは思えない奇抜な色。チョコミント味。
ノーマルな粒餡からチョコミントまで4種類を食べ比べたけど
意外や意外、チョコミントが斬新でまた食べたいと思った。

下山後の温泉は登山口に近い《猿倉温泉 鳥海荘(@300)》にて。
泉質は私好みのぬるぬるタイプ、シャンプー等も付いてるし、前日の宿より断然安くて良かった。
次回、是非泊まってみたい。








入浴後は山形道の山形北ICに向け南下。
f0016656_22522600.jpg
途中、山形での食べ納めという事で、
夕飯には17時と少しばかり時間が早いけど、またしてもラーメン。
カッチャンが選んだのは《新旬屋 麺》さん。
極太のモチモチ縮れ麺に鶏の出汁が絡み、あっさりと美味しゅうございました。

GW最終日なので高速の渋滞を心配しましたが
山形道、東北道共に大した事はなく、22時半頃無事帰宅。
これにて2018GW終了〜。いやぁ〜、片道530kmは遠かった。





鳥海山BC、今回は経験した記憶が無い程の爆風で、
「ほんとに行くの?」って感じでしたが、
周囲の空気に流されて登る事が出来、怪我なく下山出来て良かったです。

雪質が良かったせいか、強風を除けば登高も滑降も楽しく、
条件のいい時にまた是非BCで訪れたいと思いました。
えぇ、七高山で十分です。

カッチャンはずっと「百名山は興味ない」と言ってたのに
今回悔しかったのか、下山後、ラーメンを召し上がりながら
「違う季節にでも新山には登る!俺も百名山を目指す!」と高らかに宣言されてました。
はぁ〜?我が家にチミの百名山に協力する金銭的余裕はねぇずらっ!
私の百名山サポートで十分ずらっ!このタコっ!



これにて我が家の今季の冬靴登山&BCは終了、な筈。
怪我なく軽快に登山を続けられたらなと思います。


おまけ


以上、《やっぱ東北はええなぁ〜♡》レポでした〜。


by amitsuka1210 | 2018-05-13 08:38 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/29773164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2018-05-13 11:20
ダイナミックな鳥三昧。
いいなぁ、いいなぁと拝見しました。
鳥海山は、花の咲くころもとってもいいですよ。
でもたぶんその頃お二人は北アか南アで、
なかなかこちら側へは行けないだろうなぁ(^^ゞ
Commented by amitsuka1210 at 2018-05-14 08:01
palletさん、おはようございます、雅です。
鳥海山はさすが独立峰、風が物凄かったです。
あの日、あの状況でよく登ったもんだと自分に感心します。
今度は花の時期に西から登って鳥海湖とか見てみたいです。
Commented by フルシン at 2018-05-15 00:53 x
こんばんわ
GW後半の東北は荒れてましたかぁ
男鹿半島までのロングドライブとソフト好きな自分としては「ババヘラ」がナイス!
東北がと〜っても気になってるので、
今年は予定に入れてみようと思います。
Commented by amitsuka1210 at 2018-05-15 21:50
フルシンさん、こんばんは。   克です。

GW後半は、天気は良かったけど、強風、雹など、見た目では伝わらない荒れ模様の天気でしたよ。
「ババヘラアイス」は、こんなところに人が来るの?
って様な所や、いたるところで地元のおばちゃんが座ってお店を出していました。

東北の日本海側はほとんど行った事が無かったので、目に映る景色が新鮮で、
食べ物(いぶりがっこ大好き♪)、温泉、懐深い山々や、それと共に生活している人々など、
方言も含めて自分にとっては遠い異国でした♪

時間を作って、いろんなものを見てみたいと思います♪

フルシンさん、コメントありがとうございます。


<< 変化に富んだ新緑の前飛龍周回      2018GW前半は鳥(帽子岳)... >>