いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 28日

ゲレ練とバーゲンと

f0016656_22292226.jpg
ど~も嫁です。3/25(日)にカッチャンとまた乗鞍岳方面に行ってきました。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 3/24(土) 》

20時過ぎに自宅を出発。
出発時、丁度TVで「ちびっこ向けスキーレッスン」をしていたので
後ろ髪を引かれる思いでした。最後まで見たかった。録画出来たらなぁ。

車中泊地は最近よくお世話になってる諏訪湖SA。
休憩所でTVを見ながらワイン片手にスキー談義をし、23時過ぎ就寝zzz










《 3/25(日) 》

5時過ぎに諏訪湖SAを出発し、松本ICで高速をおり、コンビニに寄りつつ、
f0016656_22273343.jpg
6時過ぎ、Mt.乗鞍スノーリゾート(乗鞍スキー場)に到着。
快晴だけど強風。。。風がぐるぐる舞っているのがゲレンデ下からも見えます。

さて、この乗鞍岳界隈に来るのは今年3回目。

ちなみに先週登った白馬乗鞍岳と今回の乗鞍岳とは乗鞍繋がりですが別物です。
誰に対して説明してる。









いずれにしても「乗鞍が好っきゃね~」と映るでしょうが、
そういう訳ではありません。たまたまです。
f0016656_22274161.jpg
今回の目的はスキーの練習とバーゲン。ボーゲンジャナイヨ。








前回は歩行距離が短い休暇村からシール登高したのですが、
それだとゲレンデを滑るには物足りなかったので、
f0016656_22274786.jpg
今回は敢えて若干歩行距離の長い山麓駐車場に車を停めて
7時過ぎ、ハイクアップ!物好きやね~。提案したのは私ですが何か?








物怖じする事なくシール登高するカッチャン。
f0016656_22275459.jpg
シール登高に関しては私よりも早いし安定感があります。さすが。
それがシールを剥がしたら別人に。。。








そもそもシール登高しながら、
「ここは滑って下りられるか」ってのを考えておられないようで。
f0016656_22280137.jpg
先週の白馬乗鞍もガンガン前を行くので「やる気満々じゃん♪」と思ったら、
滑走になった途端、「無理ぃ~!怖ぇ~!」となり、いつまで経っても斜面を下りてこない。








でも今回は前夜のスキーレッスンTVのお陰で気合い十分。
f0016656_22280875.jpg
お手並み拝見♪楽しみ、楽しみ♪
ちなみにこの写真、足元がドライアイスのようにモヤっているのは
強風のせいで雪煙が上がっている為です。








順調にシール登高。
f0016656_22282221.jpg
見える山頂方面は爆風が吹いている様子。
あんなとこまで行かんけどね。








何なんですかね~、昔っから大好きなんですよね~、このシール登高♪
f0016656_22282882.jpg
滑るのが得意だったらもっと楽しいんでしょうけど。








8時頃、かもしかリフト下に到着~。
f0016656_22283467.jpg
既に休暇村から入山したと思われる数人の登山者が取り付き中。








私達も続いてハイクアップ!
f0016656_22284168.jpg
前回は途中でクトー(スキーアイゼン)を装着しましたが、今回は無しで。
雪質が良かったからか、登りきる事が出来ました。ストックの付き方がポイントかな。








で、8時半にはゲレンデトップに着いたのに、もう滑ってる。
というのも。
f0016656_22284710.jpg
「その日の滑走1本目があんな急斜面だと硬直する」と
カッチャンが白馬乗鞍でちびってたので、足慣らしにリフト1本分だけ滑走。
山行中にシールを貼ったり剥いだりも練習になるしね。








という事で再びゲレンデを登り返し、ようやくBCエリアへ。
f0016656_22285412.jpg







始めの急斜面。登山者のみ。スキーヤーはいません。
f0016656_22290118.jpg
カッチャンは安定感抜群にサッサと進んで行きました。
ま、このう~んと先で撮ってる写真がそれを物語ってますわね。








雪質は凸凹のガリガリ。前回の方が断然良かった。
ひょいと覗いた標識3〜4番間の樹林帯はノートラックだったので、
ちょっと分け入って登高。
f0016656_22290799.jpg
ま、これだけ風が吹いてるし、前日(土)も入山者が多かった筈だし
一般ルートがガリガリ凸凹なのは致し方なし。








登る分には問題無いので、寄り道しつつ、
とりあえずツアーコース終点を目指して進みます。
f0016656_22292226.jpg







10時頃、そのツアーコース終点に到着。凄い風。。。
f0016656_22294339.jpg







とりあえず大休止。風除けに樹林帯に逃げパンをぱくつく。
後ろではテントを張ってますね。数張り見かけました。
f0016656_22292957.jpg
ちなみに。
きっと皆さんに反感を買っているであろう我々の山行中の飲酒。
スキー中に関してはゲレンデですら全く吞んでおりません。自慢するところか!
それだけスキーに自信が無いという事であります。
ある意味、分をわきまえております。胸を張るところか!








食後、この急斜面だけ滑って帰る事に。
f0016656_22293644.jpg
登高準備をしていると、カッチャンの新品カメラケースのボタンがまた外れ、
強風で吹っ飛んで行きました。
それをスキー靴で必死にガコガコ猛然ダッシュで追いかける姿を見て大爆笑。
相変わらず身体を張った笑いが得意。無事回収出来て良かったね。
はよ改良せにゃ、今週末困るよ。








再登高開始した直後、
f0016656_22295121.jpg
前を行くカッチャンのすぐ右上で雪崩が発生。
解りますかね、写真右上でパシッと雪面が切れてるのが。








私達の上前方のこの雪面をスキーヤー(単独)が横切って滑った直後、雪崩ました。
f0016656_22295898.jpg
そのスキーヤーの存在も知らずカッチャンの後を黙々と登ってたら、
上の方から「気を付けてくださぁーい!!!」との叫び声が聞こえ、
見上げるとカッチャン越しに雪崩に乗った叫び声の主(スキーヤー)が目に入りビックリました。








違う角度から引いて見るとこんな感じ。
f0016656_22300552.jpg
近くにいたこのボーダーさん達は負けずに登っていましたが、
私達はそそくさとここで撤退。








敢えて書きませんが色々勉強になりました。
f0016656_22301315.jpg
それにしても続々と登っていますね。
あれだけ少なかったBCスキーヤーも私達が滑っていると続々と登って来ました。
皆さん、雪が緩む時間を見越して入山されるんですね。
私達は登山者気質なので行動が前のめり気味。








下山時もなかなか雪が緩まずガリガリ凸凹を必死で滑走。
f0016656_22302113.jpg
途中で見た槍穂高。








ゲレンデは適度に雪が緩んでて超快適♪
f0016656_08075141.jpg
貴重な1本を色々試しながら、大ゴケしつつ滑って、








12時前には駐車場に到着~。早っ。
f0016656_22303410.jpg
f0016656_11292073.jpg
まだお昼前だし「回数券でも買ってゲレンデを数本滑る?」と申し上げたけど
カッチャンはちびっこスキーヤーTVのお陰で満足滑走出来たようで、
これにて練習終了。早っ。








スキー場を後に向かったのは、
恐らくカッチャン的にはこの日の主目的・バーゲン。ボーゲンジャナイヨ。
f0016656_22304153.jpg
本当はこの日、都内のバーゲンを覗いてからお花見の予定でしたが、
物凄く天気が良さそうだったのでスキー練習を絡めてバーゲンに突撃した次第。
店内は何だかアウトドア派のオシャレな人が多かった。素敵ね、松本(長野県)♪

意識が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

という事ですよ、カッチャン。








そのカッチャンの戦利品。
f0016656_22310854.jpg
貴重なお小遣いで、ボッロボロの無雪期用の日帰りザックや
だぶだぶボワボワてろんてろんの靴下等を買い替えられました。
全品20%オフ。良かったね。








ルンルンな買い物の後は定番にしつつある山賊焼き定食(@820)を。
f0016656_22304963.jpg
前回は物凄く美味しかったのに、今回は食べ進むにつれ塩辛く感じた。
なのにカッチャンは醤油までかけてた。塩分大魔王ドバドバーン現る。








帰りの中央道はアッチコッチで事故渋滞。。。
f0016656_22305957.jpg
山なんかより物凄~く疲れました。でも洗車も済ませ、20時頃帰宅した次第です。








今回で今季スキー6回目。

 1. 白樺高原スキー場
 2. 乗鞍岳 肩の小屋口BC
 3. あだたら高原スキー場
 4. グランデコスノーリゾート
 5. 白馬乗鞍岳BC
 6. 乗鞍岳 ツアーコース

ふたりともBC滑走は散々だけど、シール登高はそれなりに出来るようになりました。
カッチャンは白馬乗鞍の教訓からか、今回はビビリ過ぎる事なく積極的でした。
バランス感覚も運動神経もいいし、あっという間に上手になるでしょう。
ゲレンデとBCは別物やし、あとは場数でしょうか。
こないだの白馬乗鞍は楽しかったけどな~。また行きたいな~。
ゲレンデ登高が異常に長かったけど。

今季、あと何回スキーに行けるか、それともこれで終わりだったのか。
暫く予定が詰まってるのでスキーはお預け。でももうこの乗鞍は暫くいいかな。



以上、《私は靴下しか買ってないんやけどな》レポでした~。ど~でもえぇ。




〜おまけ〜
カッチャンが四苦八苦しながら動画編集に初挑戦。
シリーズ化出来るか乞うご期待。




by amitsuka1210 | 2018-03-28 22:56 | 北アルプス | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/29676751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Oba at 2018-04-02 18:06 x
和歌山のObaといいます。
ふとしたことから福井大野のMさんから聞きました。
このブログの雅ちゃんがPOちゃん(旧ハンドルネーム)なんですね。
それにしても懐かしや~。POちゃんずっと消息不明だったのでね。
ご夫婦幸せそうに暮らしていて、相変わらず元気に山も登っていて、
最近は山スキーも再開されたようで、
それがわかって良かったです。
小生はもう還暦は遙かに超えて70歳が目の前の爺ですが
なんとかまだ細々と山スキーを続けております。
機会があればご一緒したいですね。
細々と拙いブログもやってますのでまた見てやってください。
では、また~。
Commented by amitsuka1210 at 2018-04-02 21:14
うわっ、obaさん!見つかっちゃった。
POこと、雅です。大変ご無沙汰しています。
その節は大変ご迷惑、ご心配をお掛けしました。
2006年に怪我をして消息不明状態になってから、
流れ流れて2011年から東京で暮らしています。
obaさんは相変わらずアグレッシブにスキーをされてますね。
まさかまたobaさんと繋がるなんて。
福井のkojiさん(Mさん)といい、SNSの力に驚いています。
いつかまた夫婦で山スキーをご一緒出来たら本当に嬉しいです。
それには私達が相当練習しないと。。。それを目標に頑張ります!
ご連絡ありがとうございました。
Commented at 2018-04-06 07:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< リベンジ 雪の絶景宴山行 中遠見山      大絶景の白馬乗鞍岳BC >>