いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 14日

合コン赤岳からの阿弥陀岳

f0016656_22515298.jpg
ど~も嫁です。3/11(日)にカッチャンと南八ヶ岳の赤岳〜阿弥陀岳に行ってきました。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 3/10(土) 》

朝イチでカッチャンとdocomoへ。私のスマホが壊れた為。
有償で丸ごと交換し、朝マック後、カッチャンはお仕事へ。
私は家でスマホの諸々更新作業に勤しみました。LINEが全部飛んだ。

で、20時頃、今宵の車中泊地・美濃戸口に向け自宅を出発。
人気の山域なので駐車場確保の為、登山口駐車場泊です。

何の因縁か、美濃戸口に来るのは2013年2月以来、5年ぶり。

んまぁ〜、噂には聞いてたけど、
綺麗にライトアップされたお洒落なカフェもそばにあるし、
八ヶ岳山荘の休憩所には暖炉もあって暖かいし。

ワインを持ち込んで23時頃までノンビリさせていただきました。
f0016656_22492040.jpg
外は満天の星空♪翌日の好天に期待大です♪










《 3/11(日) 》

八ヶ岳山荘の休憩所で朝食を摂りながら身支度。
f0016656_22492994.jpg







私達には珍しく、ヘッデンを点けて5時頃、歩行開始!
暫くは林道歩き。美濃戸まで車で行く気は更々ございません。
ちなみに美濃戸口の駐車料金は@500。
f0016656_22493729.jpg
林道はボブスレーコースの様に凍った斜面が深くえぐれてて
前を行くカッチャンもツルッと滑り始めたので
早々にチェーンスパイク装着。








美濃戸の美濃戸山荘でトイレをお借りし、6時頃、南沢コースへ。
f0016656_22494550.jpg
行者小屋を目指します。








カリッカリ。
f0016656_22495392.jpg
花粉症の薬を飲んだからか、とにかく眠かった。
カッチャンと会話も無く、う~んと距離が離れたまま進む。








何人かの下山者と擦れ違いつつ、
7:45、大勢の人が居る行者小屋に到着~。
f0016656_22501562.jpg
テントも数張りありました。ここのテン泊は寒いやろな~。
小屋は休業中みたいだけど、中は電気が点いていて何やら人の気配も。
以前は無かった?簡易トイレが外に数台設置されていました。








「あ~、間に合わなかったぁ。先に行かれちゃったな。」とカッチャンはションボリ。
7時半着を目指してたので15分遅れた事を悔やんでました。
「大丈夫よぉ、きっとどっかで会うよ」と12本爪アイゼンに履き替えてたら、
f0016656_22502261.jpg
待ち人来たる♡のは最近毎度~!のbebeKECO
ではなく、その後ろからやって来た、福井からお越しのkoji&mie夫婦。

今回(前日)、bebeKECOとkoji&mieが赤岳鉱泉で一杯やるという事で、
一緒に呑む事は出来ないけど、是非お目にかかりたい♪とbebeさんにお願いして
コッソリと、ざっくり行者小屋~赤岳間で合流する事にしていたんです。

koji&mie夫婦とは初めまして~♪と言いたいところですが、実は2度目まして。
bebeKECO同様、2013年に本沢温泉~硫黄岳で遠目に擦れ違ってます。
そう、5年ぶり。

本当は先月某所で酌み交わす予定が流れてしまったので
念願叶ってのご対面であります。








ふたりをビックリさせる為、内緒で合流する予定が
mieさんの高山病のせい?でドッキリ合流にはならなかったけど、
mieさんも行けるとこまで一緒に登るという事で、
8時頃、赤岳に向け6人で歩行開始!
f0016656_22503039.jpg







阿弥陀岳が輝いてる。
f0016656_22503818.jpg







まずは地蔵尾根の登り。急坂です。
一気に標高を稼げるからこういう登りは嫌いではないけど
上の方は狭くて怖いのよね。。。
f0016656_22510955.jpg
登り始めはカッチャンを先頭に、ケーコちん、bebeさん、私と続く。
mieさんは体調不良なので最後尾でkojiさんがサポートしながら。








果敢に進む黒ヘルのキノコ隊長(ケーコちん)。
f0016656_22511661.jpg
ヘルメットとバラクラバ(目出し帽)の相性が何やら滑稽で笑えた。
可愛いって意味よ。








標高が上がるにつれ、強風に見舞われるように。
f0016656_22512451.jpg







見上げるとこんな感じ。メッチャ強風。
f0016656_22513416.jpg
やぁ~ねぇ~。








それでも6人揃って順調に進む。
f0016656_22514384.jpg







で、狭いところ等、危険なところに差し掛かると
f0016656_22515298.jpg
最後尾にいたkojiさんがケーコちんのサポートの為、前に。
「恐かったらロープを出すから言って」って。私、怖いんですけど。








当のケーコちんは急登にメッチャ喘ぎ声を発してたけど、楽しかったようで。
ちなみに写真は北側の二十三夜峰?
f0016656_22520022.jpg
あぁ~、カッチャンがkojiさんみたいにロープを使えるんやったら
わたしゃ何処でも行くのにさ。
「頑張って♪」「気を付けて♪」だけでは無理。








白ヘルbebeさんは雪の赤岳に登るのを目標にしていて
随分前からkojiさんにガイド役をお願いしたんだそう。
f0016656_22520760.jpg
この雪は数日前に降ったものらしく、
それまでは地面が露出していたんだとか。
タイミングよく、雪の赤岳登山を堪能してらっしゃいました。
前の日は赤岳鉱泉名物のステーキだったらしいし~。
わたしゃ相当羨ましいよ。








気付けば体調不良のmieさんが先頭に。カメラマン克除く。
f0016656_22521561.jpg
登山も5年ぶりだとか。
blogも登山も休止中って一体何やってんだ?








突風の地蔵ノ頭を通過し、9時半前、赤岳天望荘に到着。営業してません。
一度、バイキングを食べてみたいんやけど。
f0016656_22522350.jpg
ここで休憩するのかと思いきや、
アドレナリン出まくりのケーコちんにより、そのまま山頂に進む事に。








その割にメッチャ喘いでたけど。
f0016656_22523056.jpg







カリッカリでテッカテカ。
f0016656_22523786.jpg
カッチャンとふたりなら結構不安に駆られるけど、
今回の様に女性がいると「頑張んなきゃ」と気合が入ります。
いかに普段、カッチャンが私に不安を与えてるか。








随分登ってきました。bebeさん背後の横岳~硫黄岳。
f0016656_22524517.jpg
赤岳天望荘があんなに下に。








この寒い中、カッチャンとbebeさんだけ写真を撮ってました。
好っきゃね~。こちらはmieさんを撮るbebeさん。
f0016656_22530433.jpg
そういや今回カッチャンは「最近の俺の写真はマンネリ化している」と、
レンズを厳選して挑んでいます。
皆さんの目にどう映りますかな。








山頂までもうちょい!
f0016656_22531751.jpg







10時、八ヶ岳連峰の最高峰《赤岳(あかだけ)2,899m》到着~♪
f0016656_22532441.jpg
風が強ーいっ!








けど、写真だけ撮ってもらいました。誰が誰だか解らんけど。
左上から、克・mie・bebe
左下から、雅・koji・KECO
f0016656_22533276.jpg
って、カッチャン。
写真のロゴ、bebeさんは小文字のbebeよ。








残念ながら富士山は雲の中。
f0016656_22533923.jpg
でも満足、満足♪ほな下りましょう!








慎重に。
f0016656_22534744.jpg
キノコ隊長(ケーコちん)が行く。緑の人。








キノコ隊長が行く。
f0016656_22535754.jpg







キノコ隊長が行く。
f0016656_22540590.jpg







気付けばmieさんは常に「うさぎさんチーム(koji、mie、bebe)」に。
f0016656_22541286.jpg
体調不良は何処へ。








こちらは「かめさんチーム(克・キノコ・雅)」。
f0016656_22542034.jpg
一番後ろの人はよその人です、念の為。
ここの下山でカッチャンのカメラケースが谷底に転落していった。。。








10時半頃、文三郎尾根との合流点に到着。
f0016656_22542769.jpg
ここで「今度、ゆっくり呑もうね~」と、この4人とはお別れ。
左からmie・koji・キノコ・bebe。








何故なら、私達は、
f0016656_22543503.jpg
今からこの阿弥陀岳に登るから。。。








私は今回、koji&mie夫婦に会いたかった岳。
一緒に赤岳登って、下山後カフェで一緒にランチをしたかった岳。
f0016656_22544246.jpg
だけどカッチャンは、
「赤岳だけでは嫌!阿弥陀にも登って御小屋尾根を下ってみたい」と譲らない。








御小屋尾根の下りは怖いところは無いというので、
渋々阿弥陀に行く事を了承した次第。もぉ~。
f0016656_22545013.jpg
ちなみにこれは中岳。
これを登って〜、下って〜、阿弥陀岳を登ります。








その中岳を登っているところ。
f0016656_22545981.jpg
bebeさんに激写されてました。凄いね、望遠。
4人で大声援を送ってくれてたそうな。
わたしゃそれどころではない。








中岳ピークに着いたところのようです。
f0016656_22550769.jpg







さぁ、本命の阿弥陀へ。
f0016656_22551550.jpg







こういうところ、怖いのよねぇ。。。
f0016656_22552251.jpg
それなのにカッチャンがまた調子に乗ってドンドン先に行ったので
「ちゃんと私が着いたのを見届けてから先に進みやねっ!このタコっ!」
とブチ切れました。ほんとヤダ。








迫力ありますね~、阿弥陀岳。
f0016656_22552910.jpg
中岳のコル付近で数組休憩していたけど私達はそのまま先へ。








急なんです、結構。背後は赤岳。
f0016656_22553796.jpg
登りなんでまだいいですけど。








これなんて結構迫力ありません?
f0016656_22554641.jpg
この先に前回登った時、オーバーハング気味のところがあって、
登り下り共に物凄く怖い思いをしたのですが、今回は割と普通に登れました。
雪の着き方でこうも変わるのか。
あ、前回レポにそんな記述はございませんので悪しからず。
克レポなんでそんな私の恐怖心など全く触れておりません。








比較的安全地帯に到着。
f0016656_22555347.jpg







ふぅ~。
f0016656_22560176.jpg
もうひと息。








11時半前、《阿弥陀岳(あみだだけ)2,805m》到着~♪
f0016656_22560844.jpg
赤岳と違って殆ど風はありませんでした。








人も少ない。
f0016656_22561615.jpg
意外にも?これから下る御小屋尾根から登って来る人が多かった。
それでは撮影タイム。








6人で立った赤岳。
f0016656_22562303.jpg







横岳の縦走路のパノラマ。
f0016656_22563113.jpg







北八ヶ岳の天狗岳。
f0016656_22564090.jpg







それらを撮る人。
f0016656_22564764.jpg







私には印象的だった風を遮る権現岳。
f0016656_22570140.jpg
写真を撮りながらパンをぱくついて、








ほな下りますか。
f0016656_22565462.jpg
阿弥陀で仁王立ち。威風堂々まさみさま。








11時半過ぎ、下山開始。
f0016656_22570933.jpg







お初のルート、御小屋尾根を下ります。
f0016656_22571811.jpg







山頂直下に短い梯子があったりしたけど問題ありませんでした。
f0016656_22572574.jpg







見た事の無い角度から見る阿弥陀岳。
f0016656_22573135.jpg







ほぉ~、新鮮。
f0016656_22573961.jpg







こんなロープも1ヵ所ありました。
ロープが埋まってたらどんな感じなんやろ。
f0016656_22574562.jpg
見るからに後はなだらかな尾根。








樹林帯突入。暑い。
f0016656_22575311.jpg







登り返して、13時前、《御小屋山(おこやさん)2,137m》到着~。
f0016656_22580099.jpg
展望無し。








で、ここから大チョンボ。
f0016656_22580757.jpg
何故だか立入禁止に突っ込み、トレースの全く無い、
氷に薄っすら雪の乗っかったカリッカリの急坂を下るハメに。

途中でおかしいと思い、
「これ、間違っとるんちゃう?GPS確認してよ。」
と言ったらカッチャン、明らかにムッとしながら、
「間違ってないよ、北西に行けば美濃戸口につくんだから!
(GPS見て)あれ?ずれてる。。。」
だってぇ。
私は凍った急坂に耐え切れず3回も大ゴケしてアザを作りましたよ。








そんなこんなで13時半過ぎ、美濃戸口ではなく美濃戸に到着。
f0016656_22581415.jpg
正規の南沢ルートに乗っかる手前で柵に阻まれた時は
どうやって乗り越えるんだ!?と焦りました。
丁度、他の登山者もいる目の前で正規ルートに乗っかったので
「コイツら、何処から来たんだ!?」と驚かれた筈。
こっぱずかしい。。。

ここからカッチャンは私を置いて加速。何故なら、








bebe御一行様がここでランチをしている筈だから。
f0016656_22583541.jpg
私も遅れて15時頃、美濃戸口到着~。登山終了。








皆さんは既にランチやデザートを食べ終え、まったりタイムだったので、
私達はソフトクリーム(@500)を頂きました。
f0016656_22582358.jpg
さて。

~カッチャンが急いで下山した理由~
折角koji&mieさんが遥々福井から来たのに、あれでお別れでは申し訳ない。
阿弥陀が意外に早く登れたので、急げばゆっくり話が出来るかも♪
ってか、私達に会う為に来た訳ちゃうし。

~私が急がなかった理由~
中途半端な時間に下山して、中途半端に会おうとすると、
無駄にkoji&mieさんを待たせる事になるかもしれないし、
それで帰宅が遅くなっては申し訳ない。
その為に上で「今度ゆっくり呑みましょう♪」と挨拶したんだし。

あなたはどちらの気遣いがお好み?
本能のまま行動する方が裏表が無さそうで好まれるんでしょうかね。

で、結果的には短い時間だけど座って話が出来て、楽しかったし良かったんですけど。
ってか、出来れば一緒にランチしたかった。
そもそもそんなに話がしたけりゃ阿弥陀に行かなんだら良かったんちゃうん。

解散後は中央道の事故渋滞に阻まれたけど、
夕飯(うどん)を摂っても19時前には帰宅出来ました♪








毎度の万歩計等。
f0016656_22584300.jpg

f0016656_17342697.jpg
破線が下山したかった予定のルート。アホや。

久々のちゃんとした登山で筋肉痛になりました。
カッチャンに至っては久々のコシタマに逆戻り。お腰を大事にね。

天気に恵まれ、メンバーも面白く、楽しい登山になりました。
ま、阿弥陀も天気と状況が良かったんでヨシとします。



以上、《最近、下山がバシッと決まらんね》レポでした~。
西吾妻でもミスったし、2度ある事は3度ある。
悪い流れはカメラケースに持ってってもらって安全登山に努めましょう!


by amitsuka1210 | 2018-03-14 23:34 | 八ケ岳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/29646817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 畑中葉子(本物) at 2018-03-15 19:16 x
後ろから前からサポートをありがとうございました。お陰で安全登山ができました。いや〜よくこんなに写真撮ってたわね。臨場感たっぷりで、今見ると少し怖いかも。あんなとこ歩いてたんだ‥‥でもやっぱりチャレンジ山は最高に楽しい!思い出深い山行となりました。感謝。mieさんの女優魂にはやられたわ。
Commented by amitsuka1210 at 2018-03-15 20:16
もぉ〜、調べちゃったじゃない、畑中葉子ぉ。ど〜も、きのこ隊長。
こういうの、ホント、カッチャンには通じんから。

後ろから前から最強のサポートを受けて最高だったわね。
私なんて誰も後ろにおらんし、
前からは変な喘ぎ声がずっと聞こえてくるし。
えぇ、私も楽しい山行でございましたわよ♪またどっか行こうね♪
Commented by 女優(本物) at 2018-03-16 12:50 x
朝方、頭痛が酷くて寝起きにロキソニン2錠を飲みました。
貧血症状がありつつ食堂に行って、食卓に着いた途端
焼き魚の匂いで吐き気を催しもうダメだと思いました。
雅ちゃん克ちゃんが来ているって聞かなかったら間違いなく下山してました。

そもそもたいした基礎体力もないので、年中登ってたってしんどいものはしんどい。
結局、4年や5年のブランクなんてわたしにとってはあんまり関係ないんだなって再認識。

またそのうち山で会いましょうね。
出来れば温泉あるとこで。
Commented by amitsuka1210 at 2018-03-16 19:54
ど〜も、嫁よ。
今回はポルノ女優に、女優に、珍しい方からコメント頂き
ウチの克己も隅に置けないわ。ジェラシー。
まさか私達如きが人にヤル気を与えるとは思いもよらず、
mieさんの登頂に一役買ったのなら良かった。
折角やもん、6人で登りたかったしね〜。
まぁ、山はやめたと言わず、
出来れば山と温泉セットで遊びましょ。
じゃないとウチの克己、合コンは苦手なんで。
Commented by chiaki at 2018-03-19 18:02 x
日帰りで赤岳、阿弥陀とはさすが健脚。
阿弥陀は御小屋尾根の往復なら、私もいけるかな...。

西吾妻のモンスターも羨ましい~。
2月の三連休の土日で計画しましたが、天気が悪くて流れました。

私は歩けるメンバーがそろわず、最近軽い雪山ばかりです。
Commented by amitsuka1210 at 2018-03-20 07:54
chiakiさん、お久し振りです。   克です。

久しぶりに美濃戸ベースの赤岳に行きましたが、すごくコンパクトで見所満載のこの場所は良いですね♪

今回みたいなコラボ登山じゃない限り、雅ちゃんに赤岳行こうよ! と言っても、なかなか首を縦に振ってくれません。。。
逆に西吾妻山のような場所は、雅ちゃんはとても行きたがっていましたが、あまり触手がわかない自分にとって優先順位が低め。。。
コラボ登山のおかげで、お互いの行きたかった場所に楽しく行くことが出来ました♪

今年は雪解けが早そうですね。
自分も基本的に土曜出勤なので、土日休みの時を楽しみに残雪期の雪山を楽しみたいと思います♪ (今からGWの事を妄想してますが♪)

chiakiさん、コメントありがとうございました。


<< 大絶景の白馬乗鞍岳BC      福島で スキー、盃 樹氷群 >>