いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 03日

ふらり温泉旅行♨ 一日目 @恵那山

f0016656_1426071.jpg
10月31日〜11月1日に雅ちゃんと中の湯温泉ベースでの山歩きドライブに行ってきました♪

天気にも恵まれ、その気持ちを具体的に表現するとしたら、秦基博のGirlで、頭の中でエンドレスに流れていました♪



《10月30日 金曜日》





f0016656_0124928.jpg
自分の退社後の21時前に自宅を出発して諏訪湖SAにて車中泊。


中の湯温泉を予約していたので、逆算して31日の16時までに旅館に到着出来る山歩きを。。。
…との思惑から乗鞍岳を考えていたら、31日の山の天気によると強風25mらしい。


25mの強風では顔が剥ぎ取られるような痛々しさが想像出来たので、考えた結果、なかなか行く機会の無い恵那山(百名山)に行き先を決定!
…今回はとにかく穏やかな登山&卜伝の湯が目的なので、期待を胸に夢の世界へと誘われました。。。









《10月31日 土曜日》






f0016656_013553.jpg
朝は早く4時半起き。  5時出発。


快調に走っていて我が家のナビ子が飯田山本 ICで高速を降りる様なナビをしてきました。
地図を見るとその先の園原ICの方が登山口に近かったので、飯田山本ICをスルーしました。。。    (ナビ子も結構アホなナビをする事が多かったので、今回は軽く聞き流していたんです。)



…しかし、下り車線には園原ICは存在していなく、気が付くと恵那山トンネルを強制的に走る結果になりました。

ナビ子、疑ってスミマセンでした。。。    いきなりの大失敗に出鼻を挫かれました。




…って事で、7時に恵那山登山口の駐車場に到着。

そこは想像以上の車で、ギリギリ最後の駐車スペースを確保できました。   









f0016656_0131614.jpg
続々、後続車が来る中、準備を済ませて7時15分に出発!








f0016656_0132898.jpg
空気はちょっとひんやりとしていて、秋の黄葉が目に飛び込んできます♪








f0016656_0133912.jpg
今年は秋まで殆ど充実の山歩きがありませんでしたが、黄葉、紅葉の時期は家族旅行含めて充実の山歩きが出来ています♪








f0016656_0134972.jpg
神様はちゃんとバランスを取っていてくれているんですね。




これから良い方向に進むんでしょうか?
この景色の中を歩くと、休みがあるだけ有り難いし、この場に居られる幸せを感じます。








f0016656_014073.jpg
暫く林道歩きをして、広河原にて川を渡りました。








f0016656_0141192.jpg
登山道は笹が刈られ、良く整備されていて非常に歩き易かったです。








f0016656_0142178.jpg
途中にこういう看板があり、自分の位置を把握出来て励みになります。








f0016656_0143088.jpg
暫く続く急登を過ぎると、開放的な空間が開けてきました♪  カラマツが綺麗。








f0016656_0144118.jpg
色彩に溢れ、風も無く、気持ち良い♪








f0016656_0145177.jpg
振り返ると南アルプスが全部見えます♪     …ここでも心の中で秦基博のGirl♪









f0016656_015131.jpg
青空最高〜♪
この何処までも続く様な空間に、気分が上がります♪








f0016656_0151188.jpg
再び樹林帯に突入して。。。








f0016656_0152255.jpg
9時30分 恵那山山頂。

日本百名山
克 : 47座目
雅 : 62座目

リモコンセンサーが届かず、展望台にカメラを三脚にセットして駆け足で標識の前に戻っての記念撮影。  ちょっと落ち着きが無い。。。







f0016656_0153319.jpg
記念撮影後、避難小屋に移動。
展望はイマイチで、途中の登りの所が一番展望が良かった。








f0016656_0154260.jpg
聖岳と富士山。








f0016656_0155324.jpg
仙丈と甲斐駒さん。

七丈小屋に遊びに行きたい♪








f0016656_016240.jpg
荒川〜赤石〜聖〜富士山。








f0016656_0161211.jpg
避難小屋でおやつタイムを済ませて、下山していきます。








f0016656_0162132.jpg
途中に向かい合った祠があったり。。。

自分たちが山頂に着いた時は貸切でしたが、下山時の山頂はごった返し。   人気の山なんですね。








f0016656_0163270.jpg
下山では絶景を見ながらの歩きで良い気分なんです♪

緑とオレンジの補色が景色を引き立たせますね♪








f0016656_0164233.jpg
中央アルプス〜南アルプスのパノラマ!

クリックすると拡大します。








f0016656_0165299.jpg
行きの園原ICの大失敗の時はどうなる事かと思いましたが、思ったよりも早く下山出来そうです♪

雅ちゃん曰く「やっぱり穏やかな登山が一番やな♪」   …だって。。。








f0016656_01756.jpg
写真には人が映っていませんが、老若男女の多くの登山者が笑顔で登ってきて、初めての山でしたが、青空、カラマツの黄葉など、気持ちの良い恵那山の印象です。








f0016656_0171559.jpg
朝は日陰でキラキラと輝いていませんでしたが、下山時の林道歩きは黄葉が輝いていました!








f0016656_0172690.jpg

f0016656_17365561.jpg
12時前に駐車場に戻ってきました。

狭い道での車の擦れ違いを気にしていましたが、この時間に駐車場にやって来る車はいなく、安心して駐車場を後にしました。








f0016656_0181465.jpg
恵那山駐車場から中の湯までは木曽〜奈川経由の初めて通る道でしたが、非常に紅葉&黄葉が輝いていて、里山風景も心に刺さりました!



運転していたから写真はありませんが、この時期のドライブは最高です♪


時間さえあれば何処までも行けるし、何処までも続く景色、移り変わっていく風景にいろんな感情が付着して豊かな気持ちになります♪
好きな音楽(最近は秦基博、雅ちゃんはPerfume)を口ずさんでの信号の無い快適ドライブに気持ちが若返りました!

いつか雅ちゃんと時間を気にしない北海道の、道央、道東ドライブを楽しみたい♪   …そんな気持ちにさせられました。







f0016656_0185925.jpg
そんな有意義な時間を過ごして15時30分に中の湯旅館到着!    チェックインが15時からなので、我ながら完璧な時間配分です!








f0016656_0191037.jpg
受付を済ませて、楽しみにしていた卜伝の湯の予約をして、まずは登山の汗を流しに内湯へ直行。

その後、卜伝の湯まで時間があったので持ち込みのお刺身と醸し人九平次での晩酌タイム♪








f0016656_0192241.jpg
16時前にテェックイン。

17時〜17時30分までが卜伝の湯の予約時間。

19時からが夕食の時間なので、ちょっと飛び飛びの中途半端なスケジュールになってしまいました。








f0016656_0193389.jpg
中の湯温泉からの送迎で卜伝の湯まで送ってもらいました。
浴衣で行ったので外はめっちゃ寒かったです。


そして、以前からずっと気になっていた卜伝の湯へオープン・ザ・ドア♪








f0016656_0194733.jpg
当たり前ですが貸切なので、写真を撮りましたがすぐにカメラのレンズが曇ってしまいます。








f0016656_0195725.jpg
階段を下ると洞窟風呂。

う〜ん、過剰に期待していただけに。。。。。

卜伝の湯入浴には、どうしても中の湯宿泊客優先のお風呂なので、中の湯旅館に泊まるのが今回の目的でした。
それくらい最優先項目だった為にちょっとテンションダウン。。。








f0016656_020745.jpg
あっという間に30分が過ぎて、送迎小屋に移動しました。

卜伝の湯の泉質が良いのか? 気温は相当低いですが、身体はぽっかぽかで汗が噴き出してきて夜風が気持ち良かったです。








f0016656_0201834.jpg
送迎待ちで小屋の中で休憩していましたが、ストーブが点いていたので暑くて外で涼んでいました。








f0016656_0202860.jpg
その後、中の湯旅館に戻り夕食まで時間があったので、またしても刺身をアテに部屋呑み♪








f0016656_0203831.jpg
やっぱり風呂上がりはビールでしょ♡

こういう時間も非日常的で新鮮な気持ちになりますね。








f0016656_0204946.jpg
普段は雅ちゃんとなるべく一緒に食べているつもりですが、改めてこうやって向かい合っての食事はちょっと緊張しますし、ドキドキな気分にさせられます。








f0016656_02127.jpg
まぁ、個室ではなく周りの目線も気にしながらの空間なので、良い意味で刺激的でした。








f0016656_0211457.jpg
でもちょっと残念だったのが、この日の中の湯旅館は満室で、食事も大回転らしく、自分たちは指定された時間よりちょっと早く行ってしまった為にローテーションの関係なのか?  本来の食事スペースではないバーでの食事になり、旅館の食事としての雰囲気の面ではイマイチでした。。。








f0016656_0212491.jpg
その後、またしてもワインで部屋呑み。

フィギュアの羽生君などのTVを見ながらの普段とは違った家吞み?   …をしました。








f0016656_0213472.jpg
0時前までチビチビ飲みながらの窓の外の星空を眺め、東京では無い山の旅館での空間を実感しながら夢見心地に誘われました♪

穏やかで有意義な、大人のいちにちを過ごす事が出来ました♪





…二日目に続きます。

by amitsuka1210 | 2015-11-03 22:45 | 中央アルプス/木曽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/24633762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-11-04 09:54
>神様はちゃんとバランスを取っていてくれているんですね。
そう思えることがあったってことですよね、よかった~。
大人の時間、羨ましい(^^ゞ
Commented by amitsuka1210 at 2015-11-05 07:30
palletさん、おはようございます。

今回は本当に大人のゆとり? …の温泉・山歩きができて非常に穏やかな気持ちになりました♪

秋までが精神的にしんどかったけれど、何を基準に物事を考えるかなんですね。。。
その時に比べたら、時間もあるし、全てが恵まれている最近の自分です。

時間があり過ぎて遊び回っていたらこんな心情にはなりませんが、そういう意味で今回の温泉山歩きは、ホント、びっくりポンな幸福感に包まれましたよ♪

palletさん、コメントありがとうございました。


<< ふらり温泉旅行♨ 二日目 @焼岳      富士山に乾杯♪ 自前ビアマウン... >>