いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 17日

雪遊びと囲炉裏の大平宿♪ -1

f0016656_2375333.jpg
今年も、尾澤さんに毎年恒例の大平宿囲炉裏ツアーに誘っていただいたので、雅ちゃんと大平宿に行ってきました♪



f0016656_23115194.jpg
出発は朝一の高速!
途中立ち寄った諏訪湖SAでは諏訪湖の湖面が凍っている程の寒さ!
 でも南アルプスを西側から眺める事の無い自分にとっては新鮮な景色で、脇見運転も程々に、思ったよりも早く飯田に到着する事が出来ました!
f0016656_23143153.jpg
尾澤さん家で合流して、去年はラッセルして疲労困憊になりながら大平宿に到着したけれど、今年はなんと!…車で大平宿まで行く事が出来ました!
 …ちょっと楽しちゃったかな?

しか〜し、尾澤さんの結構攻める運転に車内では頭をぶつけたりとスリリングなドライブでした!
f0016656_23175793.jpg
そして大原屋に到着!

 ここへは、秋のスズメバチ騒動以来で、雅ちゃんと同居してから二人揃って訪れる事は初めてで、二人にとっては重要な思い出の大原屋です!
f0016656_23231645.jpg
去年の大雪の印象があったから、今回の車で大原屋に到着にはちょっと不思議な感じ。。。
f0016656_23244489.jpg
いろんな準備をして、尾澤さんは料理の支度があるから、自分と雅ちゃんは雪道をスノーシュー・トレッキングに行く事にしました♪
f0016656_23262630.jpg
山スキーはこなす雅ちゃんですが、意外にもスノー・シューは初めて!

 フィー先輩に譲ってもらったスノー・シューで雪面を気持ち良く歩いて行きました♪

1時間くらい歩いて結構疲れたので大原屋に戻ると…
f0016656_23292175.jpg
囲炉裏を囲んだ宴は始まっていて、しぃちゃんもご覧の笑顔♪
f0016656_23302643.jpg
不思議と心がほっこり暖まる囲炉裏の炎でいろんな食材を炙って♪
f0016656_23315050.jpg
親土楽の法被を着て、美味しいお酒を頂いて♪囲炉裏の大原屋に戻って来た実感に酔いしれます♪
f0016656_23331344.jpg
竹重さんも、すごい良い顔で微笑みかけてくれます♪

 囲炉裏を囲むと煙で目はショボショボするけれど、現代社会に置き忘れてきた便利な空間とは反比例する、なんだか幸せマジックに掛かった気分♪
…この笑顔が物語ってくれますね!
f0016656_23385588.jpg
いつもお世話になっている大平の天狗様の尾澤さん!

 ちょっとした、いろんな偶然の出会いが重なって、このような場所にいる自分!
繋がりが繋がって、自分自身の人生も変わったので感謝を感じながら、身が引き締まる思いです!
f0016656_23453825.jpg
ホント、囲炉裏を囲むとやんちゃな大人の笑顔♪

 こうやって本気で遊ぶのにはそれなりの労力がいるけれど、一生懸命遊ぶ皆さんのような魅力的な大人を目指して生きたい!
f0016656_2349218.jpg
火の番人の尾澤さん。
…時は流れて。。。
f0016656_23494111.jpg
…ついつい良い雰囲気でお酒も進んでしまいますね♪
f0016656_23505793.jpg
飲んで、食べたりして、尾澤さんが馬肉ステーキを振る舞ってくれるので台所に行ってボリューム満点の馬肉をパシャリと♪

こんな肉、見た事ありません!
f0016656_23525473.jpg
…その間に囲炉裏に戻って熱燗から冷の臥龍梅を開封♪
f0016656_23543112.jpg
さすがは尾澤さん!
馬肉ステーキを作りながらも、熱燗は手放しません♪
f0016656_2356623.jpg
バターの良い匂いが食欲をそそります♪
f0016656_2357166.jpg
めっちゃ美味い馬肉ステーキ♪

 尾澤さんにお土産に頂いたので、暫くは贅沢にお昼のお弁当のおかずにさせて頂きました♪
f0016656_05411.jpg

今回は大平宿到着から昼食までで、続きの夜食&翌日トレッキングレポはのちほど。。。

by amitsuka1210 | 2012-02-17 00:07 | 中央アルプス/木曽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/17206113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 雪遊びと囲炉裏の大平宿♪ -2      《速報》今年も大平宿へ。。。 >>