いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 02月 16日

大人の休日 初の大平宿 -1

f0016656_23332010.jpg

2月14〜15日に仙丈ヶ岳で知り合ったおじさまこと・・・尾澤さんに招待されて木曽の大平宿で素晴らしくかけがえのない時間を過ごしてきました!

 ・・・その時の一日目前半のレポです。



f0016656_23374311.jpg

 前日の退社後に夜行列車で岡谷まで行って、岡谷駅でプチビバークをして飯田に着いたのが朝9時20分。

 飯田駅に着くとわざわざ尾澤さんが車で迎えに来てくれて熊除けに・・・と、熊の歯をプレゼントしてくれて、「熊の歯〜?」
・・・その事にまずビックリしました。

 そして囲炉裏を囲んでの料理のメニューに熊、猪など、自分が今まで食べた事が無い素材に対してまたまたビックリ!
 
 ・・・そしてたくさんの材料を背負って途中まで車で行って、そこから歩いて大平宿を目指しました。


f0016656_23453123.jpg

 先頭を歩くのが尾澤さんと小林さんで、女性の奥ちゃんが一番大きな荷物を背負っていて、男性の自分はちょっと情けなかったかも・・・

 それにしても、2月とは思えない暑さで自分の思い描いていた雪道を歩くといった感じでは全く無く、尾澤さんが言うには去年はガードレールが隠れるくらいに雪が積もっているらしいです。



f0016656_23541813.jpg

 歩く事一時間くらいで大原屋に到着しました。


f0016656_235712.jpg

 そして家の中はこんな感じで、昭和の香りが漂う素晴らしい雰囲気です!


f0016656_23585430.jpg

 尾澤さんが囲炉裏に火をつけて・・・


f0016656_001345.jpg

 まずはかんぱ〜い!
・・・と冷やされたグラスでビールを頂きました!

 昼間っからこんな素晴らしいシチュエーションで飲むビールの味は格別です!


f0016656_021332.jpg

 おつまみは芽キャベツ、写真を撮り忘れたけれど分厚いベーコン・・・など、いろんなものを尾澤さんがこだわって自分たちに出して頂き、とても贅沢な気持ちで美味しくお酒を頂きました。


f0016656_064612.jpg

 そして、このパンが絶品!
ホテルで出されているパンらしく、ベーコンと一緒に食べると素晴らしく美味しかったです!

 ・・・しばらく寛いで、尾澤さんは夕食の準備をするから自分たちは大平宿を探検しに出掛けました。

f0016656_7335083.jpg

まずは紙屋に行きましたが二月とは思えない景色です。
 ・・・本当は、雪に屋根が押し潰されそうな景色だったら趣があって良かったと思うけれど・・・

f0016656_7365357.jpg

 中は囲炉裏の煤で黒光りする見事な造りでした。

f0016656_7384140.jpg
f0016656_7395662.jpg

 いろいろ探検して、小林さんに説明をしてもらいました。

 奥ちゃんは、「光が漏れるって事は、隙間風ビュービューだから住むにはすごく寒そう・・・」

 確かにそう思うけれど、重厚感のある柱とかで、都会育ちの自分は夢中で見入ってました。


f0016656_7434629.jpg

 中には、自分の生まれる前の雑誌もあって雑誌の中の広告などを見ると、今現在との物価の差が感じられて面白かったです!

f0016656_7464031.jpg
f0016656_7465593.jpg

 自分も古い家などに興味があって民家園とかに見学に行っても触れてはいけない場合が多いけれど、ここでは小林さんの解説があって勝手に中を覗く事も出来て貴重な体験でした!


f0016656_7493647.jpg

 床から冷たさが伝わってきて、これだけ広いとホントに寒そう・・・
囲炉裏の暖を中心に生活している姿が目に浮かびます。


f0016656_7525581.jpg

 ここに来るまでの大平街道は冬季閉鎖か?ゲートが閉まっていて尾澤さんの特権でゲートを開いて来たので冬の大平宿を貸し切りです。


f0016656_8273660.jpg

 ホント、いい感じのひなびっぷりです!

f0016656_8284682.jpg
f0016656_829130.jpg

 映画の舞台みたいで、侍が決闘していてもおかしくないような雰囲気に、その時代にタイムスリップって感じです。


f0016656_831128.jpg
f0016656_8312935.jpg

 しばらく探検して大平宿を堪能してお腹が空いたので尾澤さんがいろいろ準備をしてくれている大原屋に戻りました。


f0016656_8331143.jpg

 大原屋の中でいろいろ興味をもって眺めていると尾澤さんが「その時計、ネジ巻いて時間を合わせといて・・・」

 ・・・って、作品で描いた事はあるけれど、実際触れるのは初めてで、どうやっていいのかわからないでオロオロしていたら、尾澤さんに教えてもらって、すごくいい体験をさせてもらいました。


f0016656_836342.jpg

 電化製品とかも、レトロ好きの人にとったら宝の山かも知れません。


f0016656_8374086.jpg

 山男であり、紳士なおじさま尾澤さん。
囲炉裏を囲んでの飲み会は後編に続きます。


f0016656_8392615.jpg

 素晴らしいもてなしの料理と素敵なみなさんと美味しいお酒を飲む時間は、例えようのないくらい貴重な体験でした。

 続きはのちほど・・・

by amitsuka1210 | 2009-02-16 08:46 | 中央アルプス/木曽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://amitsuka.exblog.jp/tb/10366773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大人の休日 初の大平宿 -2      T君の奮闘 >>