いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 18日

行ったぜ、東北。こりゃたまらんらん♪ 月山編

f0016656_23504669.jpg
ど~も嫁です。10/9(月・体育の日)にカッチャンと山形の名峰・月山に行ってきました。



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










最近、雨ばっかですね。先週11/15(日)は山には行けませんでした。。。
でも山ばっか行ってしまう生粋の山バッカ夫婦(山バカ夫婦)なので
今回の雨で諸々の用事を済ます事が出来たし、
吉祥寺イタリアンランチも、克餃子(夕飯)も美味しかったし、
それはそれでいい週末を過ごす事が出来ました。そのレポはございません。

という事で遅ればせながら大朝日岳の翌日以降のレポです。










《 10/9(月・体育の日) 》

車中泊地《道の駅 寒河江(さがえ)チェリーランド》の朝焼け。
東の空はこの様にとても綺麗な山並みが見えていました。
f0016656_23472431.jpg
前日はこれ以上に雲ひとつ無い見事な夕映えでした。
オレンジ色の複雑なグラデーションの空の下に、ぐるり360度広がる黒い山並み。

「山小屋にいる人は素晴らしいマジックアワーを楽しんでるだろうね」
「明日にも期待やね♪」
そんな事を言いながら、下界でもそれはそれは綺麗なマジックアワーを堪能しました。

ところが。
期待して迎えた朝、私達がこれから向かう西側の山間部には分厚い雲が垂れこめていました。。。








6時頃、登山口の姥沢口に到着。
どよ~んとした天気のせいか、車が予想以上に少ない。本当はここから月山も見えるようです。。。
f0016656_23473105.jpg
広々とした駐車場にはこんな早朝なのに既にオジサマの誘導係もいる。
それなのに無料。皆さん朝早くから働き者ね。








トイレも物凄く綺麗(洋式・暖房便座・ウォシュレット)な上に、更衣室、靴の洗い場まで完備。
f0016656_23473811.jpg
それなのに無料。好きな言葉『無料』♪








感動の中、6時半過ぎ、歩行開始!
f0016656_23474775.jpg
8時からペアリフト(往復@1,030)も運行されるようですが我等は歩いて。
登りは牛首を経由して月山山頂へ、
下りは姥ヶ岳を経由して駐車場へ、というのが今回のルート。








途中で《環境美化協力金(@200)》をお支払いして本格的に入山。
f0016656_23475463.jpg
色んなものが無料で使えるのに200円で登山が出来るだなんて。
偶然かもしれないけどこの近辺の日帰り温泉も300円というのをよく目にしたし。
凄いぜ、山形♡こりゃたまらんらん♪








登山口周辺でもすっかり秋色♪
f0016656_23480041.jpg
見えている施設は下山後に訪れる気満々の《リフト下駅》。
私達のようにリフトを使わず歩いて登る人はこれとは逆の右手へ。








登り始めは巨木が多い明るい森。
f0016656_23480800.jpg
意外や意外、歩いている人が全くいなくて静か。








途中には水場も数カ所。
f0016656_23481450.jpg
とても冷たくて美味しかったです。








素晴らしい紅葉♪
f0016656_23482212.jpg
でも標高の高い部分はガッスガスぅ~。。。これ、抜けるんかいね。








ひたすら木道。
f0016656_23483009.jpg
植生保護っていうのが木道の最大の目的なんでしょうけど、
雪深い山ではこれがないと自分達の足元も泥っドロにもなるんでしょうね。
前日の大朝日岳を歩いていて改めて思いました。








その木道をひたすら水平移動。
f0016656_23483794.jpg








歩き始めて1時間経っても出会ったのは数人。
こちらは何か無いかな~と探してる図。チングルマの穂は結構ありました。
f0016656_23484439.jpg
こんなに静かな百名山でいいの?と一瞬思ったけど、
リフトがまだ動いてなかっただけなんです。








振り返って見る登山口方面。
f0016656_23485104.jpg
う~ん、まさかこんな天気だとは。








標高1,600mを越える頃には周囲は完全なガス。。。
f0016656_23485890.jpg
下から見てた通り、全くガスが抜ける気配無し。傾斜も増してきました。








そんな真っ白な中、黙々と歩いて月山神社到着。既に閉山。
f0016656_23490582.jpg
開山していればここで御祓い(@500)とかしていただけるみたいです。
その鳥居を抜けて、








8時半過ぎ、《月山(がっさん)1,984m》到着~♪
f0016656_23491300.jpg
月山だけにお賽銭を入れるところが三日月の形。
山頂標識らしきものが見当たらなかったので、少し戻って、








再び鳥居のそばで証拠写真。
f0016656_23492038.jpg
これにて、

日本百
夫婦一緒に : 69座
    克 : 69座
    雅 : 82座








にしても風が強くて寒い。
f0016656_23492614.jpg
神社を風除けにパンだけパクついて9時前、下山開始。








ぎょえーっ、メッチャ風つよーっ!!!
向かい風が痛い。暴風でございました。
f0016656_23493479.jpg

この天気にカッチャンはすっかり気分萎え萎え月山。苗場山ジャナイヨ。
「どうせ景色も見えないし、姥ヶ岳に寄っても何も見えないよ。
ピストンで戻って、標高の低いところでゆっくり紅葉を撮りたい」と仰る。腰抜け腰卵。

この日は下山後、温泉宿に宿泊予定なので、
どんなに遅くても14時には下山したいとは思っていたけど、
こんな時間にピストンで下山したら、あっという間に駐車場に着いてしまうし、
これくらいの天気は想定内だし、美味しい夕飯を食べる為にお腹を空かせたいし。

どうしたもんかいね~と思いつつ下山してたら、
タイミング良くオジサマふたりに追い抜かれ♪
そのお二人とも迷う事無く姥ヶ岳方面に進まれたので、
「ほらぁ~、あのオジサン達も姥ヶ岳行ったよ!ほらっ、行くよっ!」
と、乗り気じゃないカッチャンを無理矢理引き連れて、
当初の予定通り姥ヶ岳に向かえました♪シメシメ♪








そしたらどうよ!
ハクサンイチゲ(白山一華)じゃあございませんか~♪
f0016656_23494179.jpg
勿論、第一発見者はわ・た・し♪
前を行くサッサと下山したいタッタカタ~野郎を呼び止めて写しました。
にしても花びらが多いし、細い、気がする。まさみさま新種発見?








こちらはまさにハクサンイチゲ。
f0016656_23494896.jpg
よくぞ残っていてくださいました。カッチャンも大喜び。
どうよ、周回して良かったやろがね~!と恩着せがましく言っときました。








こ、こ、これは?!
f0016656_23495592.jpg
ハクサンイチゲっぽいけど、花びらの先っぽが緑色。
色々あるんですね。








ただ、ハクサンイチゲは見れたけど、
残念ながらずっとこんな感じで景色は見えておりません。
f0016656_23500347.jpg
それでも続々と人が登ってきました。やはり百名山、人気の山です。
リフトが動き出したんですね。








10時頃、《姥ヶ岳(うばがたけ)1,670m》到着~♪
f0016656_23501073.jpg
ここからの景色を楽しみにしてたのに何も見えず。残念。。。








さ、下山しましょ。
f0016656_23501861.jpg
ただ、標高の高い部分は全く見えなかったけど、








下るにつれ、紅葉が鮮明に♪
f0016656_23502528.jpg









「最高だね~♪こんな紅葉、なかなか関東では見られないよ♪」とまたしてもカッチャン大喜び。
f0016656_23503281.jpg
その時々を純粋に素直に感動して楽しめるのがカッチャンのいいところ。








時間を掛けてアッチャこっちゃ撮りまくってらっしゃいました。
f0016656_23503962.jpg








お手軽にこういう景色を見られるって最高。
f0016656_23504669.jpg
素晴らしい、東北の紅葉♪








残念ながら山頂は全く見えなかったけど、わたしゃ満足ですよ♪
f0016656_23505347.jpg








紅葉に気分も高揚してきたので鶴のポーズなんぞ。
f0016656_23510282.jpg
カッチャンが嬉し気にそれを唯一のLINE仲間に送ったら、
ケーコ師匠から「腕の上がりがまだまだじゃ」と注意された。。。
そもそも手首は下向きじゃないといけなかったのね。
まさか教本(教DVD?)があると思わなかったので師匠の視野の広さに改めて脱帽。精進致します。








リフト乗り場との分岐(牛首下)にあった看板。
f0016656_23510921.jpg
こんな広々としたところでも熊さん出るんや。。。
ってか、気付くの遅過ぎ。登りこそ人も少なく危険やったのに。








こんな平坦なとこで追いかけられたら逃げられない。
f0016656_23511841.jpg








リフトを使う方が多いようで分岐からはまた静かな山に。
f0016656_23512719.jpg








周囲に気遣う事なく、気ままに止まってゆっくり撮影。
f0016656_23513575.jpg








明るいもこもこの山肌。
f0016656_23514371.jpg








満足したとはいえ、これで山頂付近も晴れてたらなぁ。。。
山はやっぱ晴れでないと。
f0016656_23515172.jpg
また時季を変えて晴れた日に来る事が出来たらいいな。








こちらは遠くのダケカンバ(岳樺)を意識して撮ったのかな。
f0016656_23515934.jpg
白い幹の樹って目を惹くね。








オオカメノキ(大亀の木)の紅葉。
f0016656_23520733.jpg








再びモコモコの紅葉。

f0016656_23521430.jpg








そろそろ展望も無くなる樹林帯に突入。
f0016656_23522238.jpg








とはいえ、樹も大きく明るい森。
f0016656_23523155.jpg
朝より光も強く色鮮やか♪








いいですね~。
f0016656_23524035.jpg








ブナの森。
f0016656_23524901.jpg








リフト下駅が見えるところまで戻ってきました♪
f0016656_23525735.jpg
真っ直ぐ駐車場に戻ればいいものを、あの建物までわざわざ登り返します。
何故なら。








11時半、リフトに乗らないのに《リフト下駅》到着~♪
f0016656_23530522.jpg
“玉こんにゃく(@150)”と“いも煮(@350)”を頂きたかったからです。
お安くてとても美味しかった。ケチなのでふたりで半分こ。
ではなく、これも夕飯を美味しく頂く為。








あ、月山にはこんなキャラクターがいるんですね。
f0016656_23531257.jpg








「来シーズンは山スキーデビューしたい!」と仕切りに仰るカッチャン。
最近、どこの山に行っても「あの斜面は気持ちよく滑れそうだね♪」とイメトレされてます。
どうなりますやら。
f0016656_23531954.jpg
そんな寄り道なんぞをしつつ、12時、駐車場に帰還~。
有難く靴も洗わさせていただきました。








毎度の万歩計等。
f0016656_23564175.jpg

f0016656_14430712.jpg
下山後はカッチャンの探してくれた山形・鶴岡市の湯野浜温泉に移動♪








コンビニでアルコール類を買い込んで、14時過ぎ、そのお宿に到着〜♪
f0016656_23532624.jpg
まずはガラッガラの温泉でひとっ風呂浴びて綺麗さっぱりし、








浴衣で乾杯〜♪
f0016656_23533465.jpg
早く宿に着き過ぎて時間を持て余すかと思ったけど、
NHK朝ドラ《ひよっこ》総集編をチラ見しながら翌日の計画。
かたわらにはカッチャンの旅のバイブル、バイクツーリングマップ。








外は竜巻でも起こりそうな空模様。
f0016656_07212159.jpg
そんな日本海を横目に、








優雅に地元のお酒を頂く。
f0016656_23534896.jpg
コンビニで買った何処でも手に入る普通のお酒ですが、雰囲気重視という事で。








凄い空の色。そして凸凹の無い一直線の海岸線。広過ぎる。
f0016656_23535670.jpg
瀬戸内海を見て育った私には、ポコポコと島が浮かんでないとちょっと落ち着かない景色。








待ちに待った夕飯は18時からお食事処で。
f0016656_23540325.jpg
玉こんにゃくといも煮を食べてから何も食べてないので超ペコペコぷぅ。








乾杯~♪
f0016656_23541312.jpg







翌日が結婚記念日という事でお花をくださいました。
f0016656_23542081.jpg
去年の妙高山後の宿のように「グラスワインの方が良かった」とは言ってませんよ。花よりなんちゃら。








雰囲気のいい場所で美味しい物を頂きました。
f0016656_23542836.jpg
ただ空腹にし過ぎたようで、カッチャンには量が足りなかったみたい。
部屋に戻って買い込んだ乾き物で呑み続け、気付いたら寝ていましたzzz










《 10/10(火) 》

朝風呂に入って、7時から朝食。
つきたてのお餅が自慢の宿で、中国の?社員旅行の方々が次々と餅つき体験されていました。
f0016656_23543685.jpg
朝風呂といえば、カッチャンが前のレポで軽く触れてたけど、
ここで言葉の壁にぶつかりました。

おばあちゃん達が先に7~8人居て、皆さんで会話をしていたのですが、
それを小耳にした瞬間、
「おっとぉ~、中国人の団体さんばっかだわ~。どないしよ。」
と一瞬、ひるんだんです。「あっちゃあ~」と思いました。

そしたら言葉の端々に日本語らしき言葉も聞こえてきて、
「ん?それも中国語なの?あれ?」と更に聞き耳を立てていたら、
「いや、これは日本語だ。方言だ。日本人だ!♪」となりまして。
いんやぁ~凄い♪
同じ日本人なのに何をしゃべっているのかサッパリ解らない状態に初めて陥りました。
何弁やったんやろ。








この日、巷は平日♪我等はノンビリ帰京するのみ。
宿を8時過ぎにチェックアウトし、克ナビで日本海沿いの道の駅巡りをしながら南下。
とりあえず雨は降ってなかったのでひと安心。
f0016656_07232477.jpg
心残りは《鶴岡市立加茂水族館クラゲドリーム館》に行かなかった事。。。
宿と凄く近かったのにその存在を知らなかったので。あ~、とてもとても行きたかった。
今思えば9時OPENみたいだし、それを見てから移動しても良かったのに。かなり後悔。








で、それには行かずに道の駅巡りをして撮った写真がこれ。
f0016656_23545194.jpg
どっかの道の駅。こんなソフトクリームのメニューを載せてどうする。
勿論、食べてはおりません。








山形を出て新潟・村上市に突入。
f0016656_23545853.jpg
《笹川流れ》という海岸景勝地。塩作りも有名なようで見学。無料♪








NHK朝ドラ《まれ》のガンジさんが作るタイプのものとは製法が違ったけど、
興味深く見る事が出来ました。
f0016656_23550515.jpg
「今度“炙り蛸刺し”をこの塩で食べてみたい」と仰るのでお土産にひとつ購入。

ちなみに《笹川流れ(ささがわながれ)》とは。
新潟県村上市の海岸(約11km)。国の名勝、天然記念物。日本百景。笹川集落の名に由来。
碧い海と白砂のコントラスト、荒波の浸食により出来た奇岩、怪石などの岩礁や洞窟など、
変化に飛んだ風景が広がっている。

だそうです。まさにそうでした。








で、この日の主目的はコチラ。11時頃、入店。
f0016656_23551375.jpg
我が家の旅マイスター克己が見たがっていた景色を見せてくれるお店。








天井から鮭、鮭、鮭。
1,000~1,200匹干しているって言ってたかな。全て地元の三面川で取れたもの。
f0016656_23552386.jpg
前日、「天井からぶら下がった鮭を見たくない?」って聞かれて、
「あ~、旅番組でなんか見た事あるな。面白そうやな。」と思ってやって来ました。
村上市だったんですね。








いや~、圧巻でした。
日本酒にぴったりの匂いが広がっていました。熱燗吞みたい~♡
f0016656_23553127.jpg
この中央に写っているピンクのシャツを着た
美人で凄く感じのいいガイドのお姉さんが色々教えてくださいました。無料。








塩をまぶして1年かけて干すそうで、今がほぼ干し上がった状態。
もうすぐ新しい鮭と入れ替えだそうです。
f0016656_23553901.jpg
そうなると景色はこの黄金色からまた銀色に。
毎日、お店の匂いが違うと仰ってました。
匂いが嫌いな人は辛いでしょうけどね。夏場とかキツイのかな?








驚いたのが塩以外、何もしていないという事。ここでこの様に干しているだけ。
室内に入る自然な風、空気でひたすら1年かけてここで干しているだけ。
f0016656_23555659.jpg
あと、その昔は献上品だったという事もあり、
打ち首の意味になってはいけないので、頭は取らない、
切腹の意味になってはいけないので、腹を横には切らない等、
この姿にも色んな意味があるんだそうです。








お店の中も雰囲気がある。
村上市あげて屏風まつりをしているって言ってたかな。
f0016656_23554719.jpg
その自慢の屏風の前に飾られたその家の逸品かな?
色んな町屋さんもそれぞれ展示しているので覗いて回れるんだそう。








ここで食事は出来ないので「今度、これで日本酒を呑もう」というお土産だけ買って退店。
f0016656_23560561.jpg
でも家に帰って調べたら鮭料理を味わえる系列店も近くにあった。。。あ~、残念。
突発的にやって来るとそんな残念な事もある。またの機会に。








その後はガイドのお姉さんオススメの近場を少しだけ散策。
f0016656_23561775.jpg
古い町並みを復元したりして、町を上げて景観維持に取り組んでいるようです。








村上市を後にすると雨も降り出し、なかなか思った昼食にありつけず、
どっかの道の駅でラーメンを食べたり、
f0016656_23562842.jpg







どっかの道の駅で栃尾揚げを食べたり。
f0016656_23563592.jpg
そんなつまみ食いをしつつ、ひたすら一般道を走り続け、
関越道・小出IC(新潟・魚沼)でようやく高速に乗り帰路に。
都内に近づくにつれ雨も上がり、毎度の渋滞に阻まれながらも19時半に帰宅しました。





今年は何処も紅葉の当たり年の様で、我が家も素晴らしい紅葉を見る事が出来ました。
去年の妙高、雨飾はかなり残念な登山だったから大満足。
ていうか、あの時のカッチャンの腰痛はひどかった。
一年経って随分良くなりました。


それはさて置き、大朝日の山容が紅葉よりも素晴らしかった♡
是非いつか人の少ない時期に小屋泊であの稜線を縦走してみたい。

この時期は特に私を喜ばせようと色々と考え、気を遣ってくれる
カッチャンのプランニングには大変感謝しております。

ただ、この体育の日絡みの連休に百名山というのは
物凄く混雑するという事をシッカリ覚えておこうと思いました。
大朝日の駐車場に着いた時の混雑ぶりにはどうなる事かと。。。
小屋泊にしてなくて良かった。
それを踏まえて来年は何処をプランニングしてくれるかな♪

で、前述通り、先週は雨で山に行けず、今週も用事で山には行けません。
最近、筋肉痛をおこさない、山慣れた状態だったけど“ふりだしに戻る”って感じ。。。
次は月末に1泊2日で何処かに行けたらいいなと思ってます。



以上、《月山と鮭》レポでした~。


by amitsuka1210 | 2017-10-18 22:59 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/28211545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by フルシン at 2017-10-19 00:04 x
こんばんわ
大朝日岳ににつづいて山が燃えまくってますね〜
これは来年行かねばなるまいと密かに誓いましたよ!
お二人が辿ったルート参考にさせてもらいます。

ひよっこ総集編が放映されてたとは・・・
前編を録画するの忘れてガックシです↘
今週末の後編は録画しておかなきゃ!
Commented by でん at 2017-10-19 16:04 x
こんにちは。
雨がよく降りますね、しかも寒いし(>_<)
それにしても大朝日岳に続いて、月山の紅葉も素晴らしいものでしたね。
ガスで眺望は得られなくても下は視界良好だったようで、楽しめたのは羨ましい限りです。

お二人の山行きは、ムダが無いというか効率的に歩いてる気がします。
下山後のプランも盛りだくさんだし・・・
これもしっかりとプランニングをして出掛けるからでなのでしょうね。
見習わなくては(^^;)
遅ればせながらご結婚記念日、お誕生日とおめでとうございます。
Commented by amitsuka1210 at 2017-10-20 17:15
フルシンさん、こんにちは、雅です。
紅葉、素晴らしかったですよ~。
東北は山も観光も楽しいし、温泉も食事もいいし、
月山は特にお手軽ですし、来年は是非に~。
私達は朝日連峰を小屋泊縦走でいつか再訪したいです。
一番のネックは自宅から登山口までの距離ですけどね。
Commented by amitsuka1210 at 2017-10-20 17:17
でんさん、こんにちは、雅です。
旅のプランニングをお褒め頂きありがとうございます。
文句担当大臣のお陰で、プランナーも腕を上げておりますが、
まだまだツメが甘く精進中です。
でも実際、大枠を決めて出掛けてるだけなので、
結構、ケチケチ行き当たりばっ旅なんですよ。
Commented by chiaki at 2017-10-22 11:26 x
大朝日の紅葉は素晴らしいですよね。
10年ちょっと前にいって、私の中では今まででナンバーワンの紅葉です。
東北の紅葉は赤が多くて綺麗ですよね。
月山の紅葉も綺麗。
お誕生日、結婚記念日、おめでとうございます。
観光編の写真も素敵です。
Commented by amitsuka1210 at 2017-10-23 08:46
chiakiさ〜ん♡ご無沙汰です、雅です。
紅葉は綺麗でしたけど、日暮沢から大朝日〜竜門を周回したかったってのが本音です。
見るからに向こうの方が紅葉が素晴らしかったです。
それにしても最近のchiakiさん、アグレッシブ復活ですね。
私達も行きたいと思ってるとこにドンドン行ってる感じです。
最近、天気の巡り合わせが悪いので今週末に期待ですね。


<< 行くぜ、東北。  行ったよ♪一...      赤い絨毯広がる雄大な大朝日岳 >>