いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 05日

「水の山」 尾白川渓谷歩き

f0016656_22414267.jpg
ど~も嫁です。10/2(日)にカッチャンと尾白川渓谷(おじがわけいこく)に行ってきました♪
今の今迄、オジガワだと思ってた悲しい夫婦。

「水の山」プロジェクト
南アルプスが2014年にユネスコエコパークに登録されたのを機に、
山梨県北杜市と企業が「水の山」として北杜市の地域活性化を狙った
ブランド推進プロジェクト、なんだそうです。
その《「水の山」スポット》にこの名水百選・尾白川渓谷も選ばれています。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 










《 10/1(土) 》

この週末も天気はよう解りまへん、でした。どうなってんだ、最近の週末。
で、行った事あるので「そう展望が無くてもいいから」と下見がてら?
甲斐駒の大展望地・鞍掛山に行く事に。えぇ、表題通り、行ってまへん。

自宅を20時過ぎに出発。目的地に近づくにつれ、まさかの雨。。。

車中泊地はこの界隈の定番地《道の駅はくしゅう(白州)》かと思いきや、
双葉SAにしようとカッチャン。

今月、来月と何かとイベント目白押しなので、ゆっくりSAで調べ物したかった、らしい。
腰痛で車にじっと座ってるのがシンドイけん、椅子のあるSAでゆっくりしたかったんちゃうの。

雨を心配しながら23時頃、就寝zzz










《 10/2(日) 》

残念な雨の朝。本来ならここ「尾白の湯べるが」辺りから甲斐駒がドカンと見えとるのに。
《尾白川渓谷P→渓谷道→錦滝→鞍掛山→日向山→矢立石P→尾白川P》の予定を、
f0016656_2237399.jpg
「時間が経てば雨が上がるかも」と渓谷道はcutの短縮ver.にし、車で標高300m上(5km先)の矢立石Pへ。








道が狭いので私達はここを車で行く事は殆ど無いけど。
f0016656_22374816.jpg
こんな天気だし一番乗り。6時頃の話。が、こんな天気なのに続々と車が。超驚き。
「7時半まで待機」とコンビニ珈琲飲みながら時間潰し。








その間、周りも誰も出発せず。皆さん、車中で雨脚が弱まるのを待ってる模様。
f0016656_22375762.jpg
で、私達は「もうえぇんちゃう?下道で家に帰ろうよ。」という結論に。
カッパを着てまで歩きたくないと完全に萎え萎え。








でも下るにつれ明るくなってきたので尾白川Pに寄り道。
そしたら雨も上がりカッパも不要な状態。車は30台以上停まってました。
f0016656_2238742.jpg
「都内で反省ジョグするよりは」と急遽、萎えた気分を立て直し、渓谷散策へ。







8時過ぎ、歩行開始。
f0016656_22381641.jpg









竹宇駒ヶ岳神社にお参りを済ませ、
f0016656_22382861.jpg









黒戸尾根ではなく、私はお初の《尾白川渓谷道》へ。
f0016656_22385355.jpg









この様な鉄梯子や階段がシッカリ整備されています。
f0016656_2239276.jpg
でも滑りそうなんで慎重に。








15分程で千ヶ淵に到着。水が随分、緑色に見える。何処も全体的にそう。
f0016656_22391370.jpg
って、ここ、映像を見ると今話題のCMに使ったんちゃう?とカッチャン。確かに。








「緑の川」で思い出した事。誤情報の可能性大だけど。
f0016656_22383794.jpg
その昔、友人と屋久島縦走後、小雨の中、屋久島の川でカヌー&シュノーケリングをしました。
その川は見るからに緑色で、とても綺麗だとは思えませんでした。








でもガイドさんに「緑に見えるけどそれは葉緑素?が溶け出ているから」と聞いたんです。
f0016656_22393732.jpg
「だからこの水は綺麗だから飲めるし栄養もある」とも。やっぱ騙されたか?ウブな私。








そのガセネタは別にして。
f0016656_22394645.jpg
ここの緑の水はサントリー《南アルプス天然水》の故郷だし、
《シングルモルトウイスキー白州》のマザーウォーター。
高級過ぎてウイスキー白州を口にする事は無いけど。








《南アルプス天然水》といえば宇多田ヒカルさんのCM「水の山」が今話題。ロケ地は栗沢山(2,714m)。
f0016656_22395741.jpg
私達も2度(2009年,2013年)登りましたが、あそこをロケ地に選んだ方、目の付け所がさすが。
登り易いし、絶景だし、人気沸騰、間違い無し。あの山を早々と教えてくれた尾澤さんに感謝です。








で、この渓谷道。この様に色んな滝があるのですが、
f0016656_2240758.jpg









意識して写真を撮っていないので、どれがどれやらよく解りません。。。
f0016656_22401641.jpg









道は結構アップダウンあり。
f0016656_2240253.jpg









経験者カッチャンに「舐めてると怪我するよ」と脅されたけど、ホント結構しんどかった。
f0016656_22403546.jpg
正直、西沢渓谷くらいかなと思ってた。








で、ね、緑色でしょ?ここは多分、旭滝。左手奥に滝があるらしい。
f0016656_22404549.jpg









ね、急でしょ?
f0016656_22405683.jpg









お、これは立派。神蛇滝。
f0016656_2241557.jpg









そしてこれがメインの不動滝のアップ。
f0016656_22411499.jpg









この橋で対岸に渡って左のあの不動滝の傍へ。
f0016656_22412494.jpg









橋から尾白川を見下ろした図。
f0016656_22413318.jpg









不動滝そばまで行った図。岩がヌルヌルして滑り易かった。
f0016656_7115771.jpg









凄まじい飛沫を浴びてアッという間にびしょ濡れ。カメラが大丈夫かと心配した。
f0016656_22414267.jpg









大きいですね~。でもここに辿り着くのに大岩を越えねばならず、私は難儀しました。
f0016656_22421595.jpg
カッチャンのサポートがあったから来られたけど。








こんな感じ。これは下りの図。
f0016656_22464684.jpg
ロープがあるけど降雨直後のせいもあるのか、なんせ岩がテカテカぬるぬる。
もし足が滑ってもロープさえシッカリ握ってりゃアザで済むでしょうが、
着地は間違い無く大きな水溜まりにドボンしてびしょ濡れ。。。
「こりゃ無理じゃ」と思ったけど行けて良かった。カッチャンありがと。







あとは最後の錦滝を目指して、
f0016656_224701.jpg









鉄階段を這い上がり、
f0016656_224711100.jpg









急坂を這い上がり。
f0016656_22471980.jpg









勿論、この不動滝~錦滝間は誰も歩いていません。
f0016656_2247467.jpg
天気のせいか、あまり気持ちのいい道では。








特にこの廃道?の尾白川林道に合流してからは「う~ん」といった感じ。
f0016656_22475753.jpg
平坦なのは助かるけど不気味。小心者なんで一人なら丁重にお断り。








10時半過ぎ、錦滝に到着~。
不動滝を見た後なので水量の少なさにちょっと。。。冬は凄いのかも。
f0016656_2248623.jpg
超空腹だったので、ここの東屋でラーメンを食べようと思ってたけど、
こんな天気なのに意外や意外、どんどん人が来るので断念。
カッチャン、大荷物でご苦労様でした。








私達ですか?表題通り、ここから日向山にも行ってません。ピーク無し。
f0016656_22482036.jpg
だってこんなに真っ白なんですよ。強いて言えば《渓谷散策をした岳》。








朝、待機していた矢立石Pに着くと車は更に増え、20台は停まってたかな。
f0016656_2248325.jpg
凄いっす、さすがっす、日向山。
私達の駐車場は更に下の尾白川Pなので更にここを30分程下り、








12時頃、下山~♪
f0016656_22484255.jpg

f0016656_2251345.jpg

f0016656_15431100.jpg
「駐車場で天然水ラーメンでも作るか」と思ってたら、カッチャンより「ランチに行かない♪?」と。








ほぼ満車状態の中、タイミングよく駐車して訪れたのはここ。もってる♪
f0016656_22134867.jpg
この山梨県北杜市の地酒・七賢(しちけん/山梨銘醸)直営レストラン臺眠(ダイミン)。








お水がこれ。素敵ですね~❤日本酒も頂きたい❤車やから無理やけど。
f0016656_2249454.jpg
「七賢の仕込水」といえば甲斐駒の伏流水。








ちなみにお酒のリスト。ええね~❤
f0016656_22493858.jpg









ランチは11:30~15:00。
f0016656_2249181.jpg
私達が訪れた12時半頃はほぼ満席だったけど、ここでも待つ事無く着席。もってる♪








う~んと待って出てきた《麦とろ定食》。美味しそ~❤
f0016656_22495218.jpg
超空腹で満腹になるかと心配したけど十分でした。








味も雰囲気も文句なし。とても美味しかった。結構いい値段するけど。
f0016656_2250192.jpg
ただ、我が家はこの界隈(甲斐駒)に来るとアホ程歩かされる傾向にあり、
こんな昼日中に観光するチャンスが無いので「いい機会♪」と訪れた次第。








食後は傍の七賢の施設を散策(無料)。
f0016656_22501421.jpg
日本酒の匂いは全くしなかったけど、








色んな日本酒の試飲も無料で出来るという夢の様な素敵な施設。
f0016656_22502386.jpg
勿論、泣く泣くお断り。








涙を拭き拭き撮ったカッチャンのアート写真をば。
f0016656_22503499.jpg

f0016656_2250431.jpg
大正浪漫風?でもこの山梨銘醸さんは大正どころか江戸時代創業の老舗だそうです。








あとはひたすら帰路に。中央道からは先週登った富士山が見えていました。
こちらとは真逆から登ったんですけど。
f0016656_22505321.jpg
若干、渋滞に巻き込まれたけど16時過ぎに帰宅。早々に“おうち居酒屋”を堪能しました。
カッチャンは久々に買った辛子明太子に大喜び。呑み残していた日本酒をクイクイ呑んでらっしゃいました。





そして山ではあんな天気だったのに、この日の都内は晴れてたらしい。
しかもカッチャン曰く、あの日、甲斐駒山頂は晴れてたそうな。ホンマかいな。
私達といえば鞍掛山偵察の目的も果たせず、なんだかな~。

今週末は我が家も巷の皆さん同様3連休(10/8土~10/10月)。
台風一過の青空を期待してワクワクしてたのですが、どうも風向きが。。。
カッチャン、何か隠し事あるんちゃうん?どんな悪い事したん?
ゆぅとぉみぃ(言うとうみぃ=言ってみなはれ)。



以上、「水の山」散策レポでした~。

今回、知らずに偶然訪れた《「水の山」スポット》
・道の駅はくしゅう(白州)
・竹宇 駒ヶ岳神社
・名水百選 白州・尾白川
・臺眠(ダイミン)
・金精軒(信玄餅)
・山梨銘醸 七賢

by amitsuka1210 | 2016-10-05 22:42 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/26216768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 記念日を含めた悪天3連休の妙高...      大迫力 超ド級のてっぺん漫歩 >>