いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 23日

海の日連休 Day 1 瑞牆山編

f0016656_2325163.jpg
ど~も嫁です。7/17(日)~7/18(月・海の日)にかけて、カッチャンとウロチョロしてきました♪

瑞牆山(みずがきやま)
山梨県北杜市にある標高2,230mの山。奥秩父の主脈。日本百名山。
「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)のこと。





♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 










ようやく訪れた我が家にとって貴重な連休。
本来は北アルプスを1泊2日でテン泊縦走する予定でした。
が、またしても天気が不安定。海の日の連休っていつも天気が悪い印象。

それでもテント泊に拘るカッチャン。
「学習能力が無いのか!」と去年のブログを見返すよう指示し、
新潟方面に日帰り山行2連発する事で決着し、準備を進めました。

んが、出発直前の予報で初日7/17(日)が悪天候に変わっている事に気付き大慌て。
比較的天気の良さそうな地域を求めての山旅となりました。
こういう時、同じ屋根の下に住むシェアメイトだと臨機応変に対応出来て有難い。










《 7/16(土) 》

翌日は軽~く瑞牆山をピストンするだけ。短い行程だし車中泊の必要も無い。
でも、恐らく天気は午前中勝負、連休で駐車場確保に困るかも、という事で、毎度の車中泊(双葉SA)。








《 7/17(日) 》

朝イチに韮崎ICで高速を降り、登山口の瑞牆山荘へ。
f0016656_2305245.jpg
思った以上に車が少なく、アッサリ好位置に駐車。5時過ぎ、歩行開始。








こんなに急やっけ?と重い身体を引きずって、30分程で富士見平小屋に到着。
f0016656_231272.jpg









駐車場はアッサリ確保出来たけど、やはり連休。テントも30張強?。とってもカラフル。
f0016656_2311852.jpg
登山口から近いし、小さなお子様連れのグループも多数。








この日は《分水嶺トレイル》という大会のチェックポイントにもなっていた模様。
f0016656_231163.jpg
分水嶺トレイル (距離120km 累積標高差12,000m)
4つの百名山(雲取・甲武信・金峰・瑞牆)と
4つの分水嶺(多摩川・荒川・富士川・千曲川)を3日以内で踏破するんだそう。驚愕。








いい雰囲気の富士見平小屋はメニューもオシャレ。小屋前は富士山も見えてました。
f0016656_231932.jpg
ま、節約山行の我が家はチラ見しただけ。今回の行動食は自作の冷えたおにぎりのみ。








小屋でトイレ休憩(@100)をし、さ、行きましょう。
f0016656_2314424.jpg









微妙なバランスで立ってる石や、
f0016656_2315117.jpg








巨岩(桃太郎岩)を支える枝を横目に、
f0016656_232164.jpg









グングンと。途中、鎖場も。滑りやすい岩質。
f0016656_232984.jpg









突然ぬおっと現れた巨岩。大ヤスリ岩というみたい。
f0016656_2321728.jpg









ちなみに私、瑞牆山に登るのは2度目。カッチャンは5~6回はあるんだそう。
f0016656_2322565.jpg
前回は関西在住時、カッチャンと甲斐駒に登る為に早めに北杜市にやって来て、
車中泊の待ち合わせ時間までの時間潰しにカッチャンに勧められて一人で登りました。








名前も百名山という事も知らずにやって来たので、駐車場のごった返しに人気ぶりを知り、
f0016656_2323515.jpg
これらの巨岩奇岩の多さにもビックリし、忘れられない山行となりました。かなりお手軽だし。







そんなこんなで7時過ぎに《瑞牆山(みずがきやま) 2,230m》到着~♪
f0016656_2324367.jpg
これで日本百名山夫婦一緒に51座目。








上から見る大ヤスリ岩が圧巻。
f0016656_2325163.jpg
思った以上にいい天気♪まだ富士山も見えとる。








その富士山のアップ。
f0016656_2331661.jpg









雲海が素晴らしい♪
f0016656_2325971.jpg









電柱が浮いとる~。
f0016656_2332535.jpg









八ヶ岳を始め、名だたる山々の稜線は殆どガスで見えなかったけど、
f0016656_2334326.jpg









この時間は雲がとても綺麗でした。
f0016656_2335190.jpg









カッチャン語だと「雲がドラマティック♥」と訳されるところ。
f0016656_234367.jpg









朝イチで来て良かったね~♪
f0016656_234119.jpg









人も少なかったし。
f0016656_2341924.jpg









入れ替わりがあっても山頂には7〜8人程。
f0016656_234281.jpg
ちなみにこれは甲斐駒方面。








いいタイミングで登れた♪
f0016656_23437100.jpg









とりあえず記念撮影。
f0016656_2344693.jpg
左に立ってる棒はカメラらしい。分水嶺トレイルの登頂証明用かな?
いずれにしてもこれが盗まれないのだから日本は平和。








アモ〜レ
f0016656_2345413.jpg









金峰山方面。コチラはいい天気。
f0016656_235336.jpg









富士山とカッチャンの足。
f0016656_2351197.jpg
連休だからと気合い入れてワックス掛けしたのに、
ずっと天気の巡り合わせが悪く、テン泊縦走に辿り着かない我が家。。。








8時、下山開始。何撮りよん?
f0016656_2352031.jpg









トリアシショウマ(鳥足升麻)と大ヤスリ岩
カッチャン!なんと!トリアシショウマの若芽はおひたしとかにして食べれるみたいよ。
f0016656_2352964.jpg
私達が下っていると、どんどん人が登ってきました。ナイスタイミング!








下山は小屋もスルーして水場へ。冷たくて美味しかった。
f0016656_2354925.jpg









そして9時半、無事下山~♪
f0016656_236775.jpg

f0016656_11293517.jpg
下山後は下道で長野県伊那市に向けひたすら移動。振り返ると瑞牆山は雲の中。

走行中、山間部で土砂降りになり「車で良かったね~」、「山は絶対雨やね~」、
「ナイスチョイスやったね~」、「明日は絶対天気がいいよね〜」なんて、
自分達の選択は間違っていなかった筈と鼓舞しながら移動しました。

ホント、あまりの急変ぶりだったので、峠で慌ててカッパを着ている何組ものライダー達が気の毒でした。








早めに目的地に着いて観光をしようと思ったけど、雨が降ったりやんだり。萎えるよね〜。
f0016656_2362226.jpg
なので観光は諦めてコチラの温泉(@650)に入り、スーパーで宴会用の買い出しをして、








車中泊地《道の駅 大桑》へ。
f0016656_236327.jpg
外は結構な雨が降り続いていたので施設は全く見学せず、車中で17時、宴会開始。








明日に備えてハヨ食べて、ハヨ寝にゃ~。
f0016656_2364115.jpg









19時には雨も上がったので外で宴会を。というか、もう2時間も呑んどる。。。
f0016656_2365075.jpg
明日はバッチリ好天の筈やからね~♪この雨上がりはいい兆候♪
ご機嫌にも日本酒4合とワイン2本空けて就寝zzz
何時に寝たのか記憶に無い。。。





以上、アッサリ瑞牆山レポでした〜。

ちなみに我が家、カッチャンがまた休日返上で激務に突入。。。暫く山はお休みです。
という事で、大量の写真の処理にも手が付かない為、つづきは暫〜く勿体ぶって、また後日。

by amitsuka1210 | 2016-07-23 08:32 | 奥秩父 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/25470416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 越智 at 2016-07-23 15:39 x
秋元さん、こんにちは。秋元さんのブログを拝見して私も7/18に大天井に行ってきました。さすがに、日帰りはきつかったです。
Commented by amitsuka1210 at 2016-07-24 22:01
越智さん、こんばんは。
越智さんも日帰りで行かれたんですね。
大天荘のインディアンランチ食べましたか?

今回は、普段なかなか思う様に山に行かれなかったので、好天予報も味方して、行くなら夏山を思いっきり冒険しよう!  …ってノリで行きました♪
陽も長いですし、暗くなる前に帰れればという感覚だったんですが、越智さんみたいに地元では無いので、車での帰宅の方が渋滞との戦いで核心でした。。。

やっぱり松本は良いところですね♪
都会の雑踏を忘れて、こういう場所で過ごしてみたいものです。。。

越智さん、コメントありがとうございました。


<< 海の日連休 Day 2 越百山...      行くぜ、大天井岳!インディアン... >>