2016年 05月 07日

二兎追う者は?二転三転のGW Day 1 男体山編

f0016656_22125278.jpg
ど〜も嫁です。5/3(火・祝)〜5/5(木・祝)の2泊3日で
カッチャンと2016GWの旅に行ってきました♪




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 5/2(月) 》

ようやくやって来たGW。本当は北アルプスに出掛ける予定でした。
が、「稜線上は台風並みの風が吹くし、連休の中日(5/4)が雨も降るし最悪」という、
ヤマテンならぬ我が家のカツテン(克己天気予報)により、行き先決まらず。。。

それならばテント泊は諦め、中日を下界での移動日(観光)に充て、
「3連休で百名山を2座登ろう!」と、下記のプランを立て、21時過ぎに自宅を出発。

5/3 男体山 (栃木県日光市)
5/4 話題の上田辺りを観光がてら車で移動
5/5 高妻山 (新潟と長野の県境。戸隠連峰)

この日の車中泊地は東北道の大谷PA(宇都宮)。
ワイン片手に打ち合わせをし0時前に就寝zzz










《 5/3(火・憲法記念日) 》

起きたら超曇天。カッチャン、いつになくかなりのテンションダウン状態。
「これは100%雨になるよ。こんなんで山に行ってもつまらないよね。」と仰る。

「ほんなら帰る?」と吹っかけたら、そうしかねない程の落ち込みっぷり。

そもそも百名山に全く興味の無いカッチャンは男体山にも興味無し。
今GWの主目的はまだ雪山が楽しめそうな後半の高妻山。しかも百名山だから私が喜ぶ。

ただ、私が先日の甲斐駒でかなりの筋肉痛になり、この時点でも癒えておらず、
「初日は軽めでないと無理」という事で、ご機嫌取りに男体山を選択した筈。
だから超曇天に気の乗らないカッチャン。

「じゃ、このまま帰るのも高速代が勿体無いけん、
日光東照宮を見て、宇都宮餃子を食べてから帰ろうや」と言うと、

「東照宮の開門には時間があるから、中禅寺湖までドライブに行こう!」
と、車を走らせていたら、








ぐんぐん晴れてくるじゃ~あ~りませんか~♪ いろは坂にて
f0016656_22114613.jpg
な~にが100%雨やねんっ!








悩んでいた分、予定より少し遅れて、6時半頃、登山口の二荒山神社駐車場に到着。
f0016656_22115631.jpg
第一駐車場でも先客10台程。GWなので心配したけど余裕で駐車出来ました。








身支度を整え、二荒山神社へ。
f0016656_2212681.jpg









記帳をし、入山料@500を払うとお守りを頂けました♪
f0016656_22122163.jpg









天気もまずまずの模様♪
f0016656_2212321.jpg









ほな行きますか!7時過ぎ、ご登拝開始!
f0016656_2212424.jpg
2日後の高妻山を想定して、無駄に重い冬靴での登山。。。
勿論、雪はほんの少し残っていた程度でアイゼンも要りません。








で、いきなり2時間後の写真にワープ。興味が無いとはいえ、この扱い。。。
f0016656_22125278.jpg
背後は中禅寺湖。








簡単に登山道を説明すると、始めだけ神社の階段歩き。ここはすでに九合目辺りの写真ですが。
f0016656_2213228.jpg
一合目、三合目・・・等、頂上まで割と頻繁に各合目の表示がありました。
無人の荒廃気味の小屋も何箇所か。








三合目~四合目は工事用道路(舗装路)歩き。行きは長かった。。。
f0016656_22131227.jpg
舗装路が終わったら樹林帯やガレ場をぐんぐんと。
で、次第に富士山みたいな火山っぽいザレた赤土の道に。みたいな感じ。
結構、急登が続きます。








コチラは山頂直下の鐘。大きな音が鳴り響きました。
f0016656_22132453.jpg









10時前、《男体山 2,486m》到着~♪立派な剣の山頂標識。周囲にはだ~れも居ません♪
f0016656_2213349.jpg
日本百名山
夫婦一緒に : 49座
    克 : 50座
    雅 : 65座

カッチャン、丁度半分登ったんやね。










からの~










パシッ!見事な真剣白刃取り❤
f0016656_22135194.jpg
やれ足を曲げろ、やれ腕を伸ばせ、もっと腰を入れて・・・さんざん指示しました。とぅばらてぃ❤








出会った声の高い男性に「山頂にはライブカメラがあって10時に記録される」との情報を頂き、
f0016656_2214128.jpg
丁度数分前だったので、わざわざ写ってみました。








山頂は風が強く冷たかったので、荒廃した小屋を風除けにしてランチ。
f0016656_22141691.jpg









10時半過ぎ、山頂の神様にご挨拶をして下山開始。
f0016656_22142634.jpg









日光白根山。無雪期にもう一度登ってみたい。
f0016656_221436100.jpg









燧ヶ岳。いつ登れる事になるんかな〜。尾瀬方面は全く行った事がありません。
f0016656_22144913.jpg









中禅寺湖。晴れていれば中禅寺湖越しの富士山が拝めるみたい。。。
f0016656_2215496.jpg









中禅寺湖と日光白根山。戦場ヶ原も青々と。
f0016656_22151452.jpg









来た道をそそくさと下山する私
f0016656_22152614.jpg









階段が出てきたという事は、もう登山口も近い♪写真の進展も早い。
f0016656_22153867.jpg









絶滅危惧種のシラネアオイ(白根葵)との事。脇道に逸れて柵越しに見学。
f0016656_22154968.jpg









12時半前、無事下山~♪
f0016656_2216264.jpg









境内のアカヤシオ(赤八汐)とシャクナゲ(石楠花)が綺麗。
f0016656_22161594.jpg









ここから予定を大きく変更する事に。
f0016656_22162644.jpg
当初は男体山を下山後、観光しつつ西へ移動し、5/5に高妻山の予定でしたが、どうにも風が。。。
ワカンも持ってきたけど、甲斐駒の事もあるし、最近の高温で雪の踏み抜きも心配。








あ~だこ~だと協議を重ねた結果、リスクが高いので今回は高妻山はヤメ。
f0016656_22163666.jpg
でもこのまま帰宅するのも連休&高速代が勿体無い。
とりあえず西進せず、いろは坂を下り、東照宮参拝駐車場待ちの?大渋滞の続く日光市街を抜け、
目星をつけたガッスガスの霧降高原を調査。何の調査?







再び大渋滞の日光市街に戻り、16時に「やしおの湯(@510)」でサッパリし、
f0016656_22164714.jpg
スーパーでしこたま買い出しをし、事前調査を終えている霧降高原に逆戻り。
目的は・・・。








高原で宴&車中泊♪何処が高原やねん!
f0016656_22165761.jpg
嬉し気に湯葉を切る湯葉好きカッチャン。








車中泊なんてトイレの心配が無ければ何処でも・・・とも思いますが、その辺はA型カッチャン。
f0016656_2217833.jpg









快適な宴をする為にキッチリと下見をした次第。
f0016656_22171851.jpg
ま、確かに下見したお陰で、楽しく・美味しく・騒がしく・宴が出来ました。








かんぱ~い❤宿代を節約した分、いつもよりちょっぴり高価な宴♪
f0016656_2217321.jpg
ま、GWやしね。








カッチャンは去年GWが無かったので、
今GWの雪山に掛ける意気込みは並々ならぬものがありました。
f0016656_22174374.jpg
それが今年は雪が少ないと行き先に悩まされ、天気に振られ。。。
追い打ちをかける様に今朝の超曇天。そりゃもう朝イチは凹んでいました。
でももう諦めがついた模様。今GWは観光モードに切り替えです。







馬刺しと湯葉刺し。
f0016656_22175528.jpg









夕方から雨になるかなと心配したけど、神様もそこまで冷たくはなく、
f0016656_2218514.jpg









18時~20時過ぎまで外で音楽をかけながらワイワイ騒ぎました。
f0016656_2218155.jpg
車に戻ってからもワイノワイノ騒いでいた様ですが、私は全く覚えていません。。。








そして毎度の万歩計。ボチボチでんな。
f0016656_22182624.jpg
以上、男体山と霧降高原宴レポでした。高原らしさは全く写ってないけど。。。



2日目以降に続きます。

by amitsuka1210 | 2016-05-07 07:37 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/25195247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-05-07 08:20
男体山は中禅寺湖側と裏手?の志津側とは全く様相が違うので
再訪するときはそちら側へ下りてみては?
ただ、足がないので車道をてくてく歩かなくちゃならないのがネックですが(^^ゞ
これからの季節はシャクナゲやイワカガミがきれいかと思います。
Commented by amitsuka1210 at 2016-05-07 13:19
palletさん、こんにちは、雅です。
そうなんだ~、男体山でも色んなコースがあるんですね。
裏コース、気になります。機会があれば次に。
本当は中禅寺湖や華厳の滝なんかもゆっくり見たかったけど、
さすがにGW、車は渋滞が酷かったです。


<< 二兎追う者は?二転三転のGW ...      昭和の日に甲斐駒ヶ岳へ。。。 >>