2016年 04月 28日

二兎追う者は? 新潟の名峰・火打山と妙高山

f0016656_2316066.jpg
ど〜も嫁です。4/23(土)〜4/24(日)の1泊2日で
カッチャンと新潟の名峰、火打山と妙高山に行ってきました♪



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 4/22(金) 》

この4月からカッチャンの勤め先の就業規則が変わり、月に1回、土曜日が休みになりました♪
初の適用日、カッチャンは「テント泊に行こう♪」と随分前から張り切っていました。

行き先は南アルプス・・・の筈が、天気が悪いという。。。

スッタモンダあって、結局、行き先を決めて家を出発したのは予定時刻を大きく回った21時過ぎ。
ま、スッタモンダするのは大概私のせい。ゴメンね、カッチャン。

車中泊地・黒姫野尻湖PAに着いたのが0時前だったので、
この日はガソリン注入せず、カッチャンをムッとさせたまま就寝zzz










《 4/23(土) 》

異様に朝焼けが綺麗な朝。5時半頃、登山口《笹ヶ峰駐車場》に到着。車は10台位、停まってたかな?
f0016656_23134980.jpg
6時過ぎ、登山届を提出し歩行開始!一晩寝て、カッチャンはいつものご機嫌モードに変わっていました。








天気はまずまず。私達の様な普通の登山者は誰も居ません。殆どがBCスキーヤー。
f0016656_2314462.jpg
でもBCスキーヤーも雪が少ないと嘆いていました。








おっ!北アルプスが見えてきた♪ここは富士見平かな?
f0016656_23141333.jpg
鹿島槍や白馬三山がクッキリと。








日差しジリジリ。焼ける~。
f0016656_23142245.jpg









シールを付けたスキーヤーにガンガン追い抜かれていきます。
f0016656_23143896.jpg









私達は5ヶ月ぶりのデカザック山行。しかもギックリ明けなので腰に違和感も。
f0016656_23145069.jpg
まさか夫婦揃ってギックリとはねぇ。。。私は軽傷ですが。








大絶景とは裏腹に「はよ小屋に着かんかな~」としか思ってませんでした。
f0016656_2315282.jpg









んが、突然、「何あれっ?!」。噴煙を上げてるじゃ、あ~りませんか~。
f0016656_23151268.jpg
火打山の西隣りにある活火山の《焼山 2,400m》です。
前夜21時に行き先を決めたので、そんな予備知識は持ち合わせていませんでした。








樹々の間から見える今日の目的地《火打山》が見えてきました。
f0016656_23152334.jpg
黒沢岳をトラバースして進むと、








10時半過ぎ、今宵の幕営地・高谷池ヒュッテに到着~♪
f0016656_23153233.jpg
4時間半の歩行でしたが十分疲れました。。。でかザックからようやく解放♪








まずはテント設営。一番乗り♪
f0016656_23154267.jpg
幕営料は1人100円と超良心的。トイレ代という事かな?
傍にテーブル?ベンチ?も有り、かなり快適♪







ふと南東上空を見ると虹色がっ!?
f0016656_23155268.jpg
《環水平アーク》というんだそうです。初めて見た。

環水平アーク
虹が太陽の反対側に見えるのと違い、太陽方向の低空に見えるのが特徴。
太陽がある程度高い位置にあり、上空の薄雲で氷の粒が太陽光をプリズムのように屈折して色がついて見える現象。
太陽から約46度離れたところに現れる。低空に雲が無い時でないと見られない。

・・・だそうです。









テントも設営し、11時半、まずはビールで乾杯っ!ランチ開始。
f0016656_2316915.jpg









今山行はBCスキーヤーばかりで誰も居ないと踏んで、スピーカーを持ち込んだカッチャン。
f0016656_23161956.jpg
今山行の為?ご購入された模様。また無駄遣いして。








ランチはこんな感じ。完全にアテですな。
f0016656_23162814.jpg
よせばいいのに調子に乗ってワインも1本空けてしまった。。。








ランチ後は重い体を引きずって火打山へ。
f0016656_23163873.jpg
12時半、ほな行きますか。








無雪期は池や木道がある様ですが、一面雪なので適当に。
f0016656_23164750.jpg
ざらめ雪なのでひたすらツボ足。








なだらかだし、広々としてるし、「ここならオレもスキー出来そう♪」とカッチャン。
f0016656_2317048.jpg









左が目指す火打山。遠い。。。この時間、登っているのは私達以外にスキーヤー1人だけ。
f0016656_23179100.jpg









ツボツボと。
f0016656_23172142.jpg









カッチャンもいつになく、しんどそう。ツボツボと。
f0016656_23173173.jpg









背後には明日登る外輪山越しの妙高山。
f0016656_23174220.jpg









あ~、ちょっとガスってきた。
f0016656_23175393.jpg









15時前、《火打山 2,462m》到着~♪
f0016656_2318250.jpg
日本百名山
夫婦一緒に : 48座
    克 : 49座
    雅 : 64座

急遽、やって来た今回の山行。
カッチャンの謳い文句は「雅ちゃん♪今回は1泊2日で百名山を2座も登れるんだよ♪」。
明日は空荷で妙高山の予定です。








火打山から見る西の焼山を中心としたパノラマ
f0016656_23181393.jpg









写真だけ撮ってすぐさま下山開始。宴っ、宴っ♪
f0016656_23182224.jpg









テクテクモクモク。ちなみにわたくし、今山行よりカッパのズボンを新調。
f0016656_23183326.jpg
前のが尻セードのし過ぎで補修シール貼まくり千代子だったんで、
冬用として安いのをバーゲンで買ったんです。








新品だから尻セードは暫く封印!が、カッチャンに釣られて懲りずに滑っちゃいました。。。
f0016656_23184621.jpg









カッチャンもビャ~ッと。ザラメなんであまり滑らなんだけど。
f0016656_23185819.jpg









のぇ~っ!
f0016656_2319862.jpg









帰りは早い早い。16時前にテントに戻れました。ほな宴を始めようかいね♪
f0016656_23192099.jpg
結局、テン泊は私達だけ。小屋の宿泊者は結構、多かったみたい。
小屋前にはスキー板がズラッと並んでたし、賑やかな声が聞こえてました。








小屋宿泊者しか水は提供されないので、まずは水作りから。
f0016656_23192940.jpg









夕飯のメインはこちらの賞味期限切れのモツ煮込み。
f0016656_23193863.jpg









温めるだけ。
f0016656_23194689.jpg









長葱、七味、ニンニクをトッピングして完成。一瞬でペロリ。
f0016656_23195768.jpg
その他諸々、音楽聴きながらご機嫌に平らげました。








「小屋で寛ごうよ」という寂しがり屋のカッチャンに付き添い、18時過ぎに小屋見学へ。
f0016656_23205524.jpg









[缶ビール@500 + 休憩料1時間@100×2人 = 700円]を払ってビデオや天気予報を見ました。
f0016656_2321432.jpg
小屋で買ったビールの空き缶は「買った人お持ち帰り」というシステム。
トイレの使用済の紙はテン泊者分も処分してくれました。








小屋に居ても寒いし、する事が無いので1時間待たずにテントに帰還。あったか~い♪
f0016656_23211379.jpg
ダラダラ過ごして就寝zzz










《 4/24(日) 》

ドンヨリした中、5時過ぎ歩行開始。夜中は小雨が降っていました。
f0016656_23212367.jpg









「朝イチの雪が締まった状態で距離を稼ごう」という目論見は外れ、ノートレースをツボツボと。
f0016656_23213464.jpg
妙高山まで行けるんじゃろうか。。。写真右奥がその妙高山。








かなりドンヨリ風ですが、前夜の天気予報ではこの日も好天らしいので進みます。
f0016656_23214525.jpg









黒沢池ヒュッテから大倉乗越への登り返し。背後には昨日登った火打山。
f0016656_23215471.jpg









帰りはかなりいい尻セードポイントになりそうね。
f0016656_2322480.jpg









6時半頃、大倉乗越を登り切ったところにドッカ~ンと妙高山。
f0016656_23221433.jpg
かなり下ってから相当登り返すみたい。。。








何処を下るにしても雪庇の残骸で下り始めが急そう、
f0016656_2322233.jpg
帰りにこれを登り返すのもザラメ雪で大変そう、








登頂後は高谷池ヒュッテに戻ってテントを畳まんといかんし、
f0016656_23223285.jpg
「今回はこれ以上行かんでもええんちゃうかな~。」と思ってました。








突っ込み気味のカッチャンも珍しく同じ考えだった様で、
f0016656_23224232.jpg









「ちょっとあの高台まで行って様子をみようか。でも今回は撤退も有りうるよ。」と。
f0016656_23225193.jpg









「撤退むしろOKよ~♪ハヨ小屋に戻ってラーメンランチしようや♪」という事で、
f0016656_232308.jpg









見晴らしのいい高台で記念撮影を済ませ、残り少ない行動食を摂り、
f0016656_2323922.jpg









「今回は準備不足だし、また今度は紅葉を狙って温泉とセットで登りに来よう!」という事にしました=撤退決定。
f0016656_23231840.jpg









7時半頃、撤退開始。
f0016656_23232744.jpg









天気は段々良くなってきました。ジリジリする~。
f0016656_23233649.jpg









あの火打山の麓に戻ります。
f0016656_23234667.jpg









何を探しているかというと、
f0016656_2323586.jpg









尻セードポイントです。びゃ~っ!
f0016656_2324648.jpg









びゃびゃ~っ!
f0016656_23241885.jpg









ずっしゃ~っ!とカッチャンも。
f0016656_23242875.jpg
我ながら、なかなか躍動感のある写真が撮れました。








時間がタップリあるので気ままに遊びながらの下山。
f0016656_23243731.jpg
時間に追われるとこんな事も出来んから、たまにはこんなんもえぇでしょ?








黒沢池ヒュッテからは登り返しなので、自分達の作ったトレースに乗っかってひたすらツボツボ。
f0016656_23244646.jpg









だ~れも居ません。
f0016656_23245833.jpg









上空は飛行機がバンバン飛んでいました。私もどっかに高飛びした~い!
f0016656_2325955.jpg









ミニチュアモード?で撮った写真。お好きね。
f0016656_23252033.jpg









ジリジリや~。
f0016656_23252970.jpg









雲海が広がってきました。でもこの2日間、風も無くて比較的穏やかでした。
f0016656_23253799.jpg









雲海と火打山
f0016656_23254647.jpg









男前と火打山
f0016656_2326458.jpg









さ、後は高谷池ヒュッテに向かって下るだけ。ラーメン、ラーメン♪
f0016656_23255556.jpg









9時半前、高谷池ヒュッテに帰還~♪
f0016656_23261388.jpg
残った具材でラーメン調理開始。








ワインもすこ~し残ってたんで完飲♪
f0016656_23262221.jpg









ラーメン完成。不味そう。。。実際は美味しかったんですけど。
f0016656_23263716.jpg
食後はノンビリとテントを撤収。10時半過ぎに小屋を後にしました。








さよなら、火打山。焼山は雲の中。
f0016656_23265655.jpg









駐車場への下山はBCスキーヤーを羨ましく横目に見ながらモクモクツボツボと。
f0016656_232759.jpg
かわいいフキノトウ。天婦羅食べた~い!
ちなみに笹ヶ峰駐車場の下にある笹ヶ峰牧場の道路脇はフキノトウだらけでした。
残念ながら全部開いてたけど。








写真は一気に飛んで、12時半に無事駐車場に帰還~。
f0016656_23271480.jpg

f0016656_16432897.jpg
下山届も提出し、お疲れ様でした~。








温泉はスマホで調べたのに2軒も振られて、結局、2軒目の方に教えてもらったここへ。
f0016656_23272341.jpg
空いてたし、シャンプー等も付いて@450とお安く、よ~ございました。
カッチャンは高谷池ヒュッテで会った埼玉の方と遭遇し、色々話をしてたみたい。
女湯からも声が聞こえていました。









で、ここ。帰りの小布施PA。カッチャンの「たっての願い」を渋々聞いて、
ハイウェイオアシスまで移動して食べた《栗ソフト @300》。
f0016656_23273225.jpg
ソフトクリームなんて久々に食べたけど、美味しかったです。
カッチャンは独身時代、アッチコッチのソフトクリームを食べ比べしてたんだそう。無いわ~。








そして毎度の歩行距離と歩数。よ~歩きました。そうでもないか。

1日目:火打山
f0016656_23274174.jpg









2日目:妙高山撤退
f0016656_23275243.jpg









帰りは関越道で若干の渋滞があったけど、ポッドキャストのAVANTIに聞き耳を立てながら
19時頃に帰宅出来ました。ハヨ下山して良かった~♪
f0016656_2328134.jpg
で、帰宅途中の道端で見たフキノトウ大群落で天婦羅モードになってしまい、
小布施PAで150円だったコチラのウドを購入し、早速、天婦羅にして食べました。
揚げたてはやっぱ美味しかった~❤





急遽決めた為、下調べ不足もあり、《二兎を追う者は一兎をも得ず》ではないけれど、
結果、2座狙って1座になりましたが、天気にも恵まれ楽しい宴会山行が出来ました。
山はやっぱ天気じゃわいね。

近頃のカッチャンは「GW♪GW♪」とそればっかりですが、
天気予報と予想混雑具合とのバランスを見て、行き先を決められたらと思います。

ちなみに我が家のGWは何処に行っても激混みが予想される5/3(火)~5/5(木)のみ。あ~あ。



以上、《二兎追う者の結果》レポでした。

by amitsuka1210 | 2016-04-28 07:23 | 上信越/谷川 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/25159626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 山大好き at 2016-04-28 12:21 x
初めてメールします。
いつも楽しく拝見しています。
ご夫婦揃っての山行羨ましい限りです。
最新登山ブログを期待して毎日オープンして確認させていただいています。
火打・妙高良いですね。
当方66歳この冬から雪山に目覚め、1月から4月までに蓼科山、横岳、天狗岳、硫黄岳(北八)、木曽駒、谷川岳、金峰山、大菩薩、唐松岳、浅間山、西穂と雪山初心者コースを登ってきました。
すべて日帰りです。
ここらでそろそろ雪山テント泊を始めようと思います。
そこで教えていただきたいのですが雪山テント泊のペグはどのような材質のぺグをどのように使えばいいのでしょか?
カチカチで抜けなくなったとか、雪が解けペグがむき出しになって風で飛ばされたとか、をよく耳にします。
突然このようなメールを差し上げて失礼とは存じますがよろしくお願いします。
Commented by amitsuka1210 at 2016-04-30 10:03
山大好きさん、はじめまして。
66歳にして雪山に目覚めてって、すごい青春でアクティブな方なんですね!

自分も雪山テント泊の経験は浅いので参考になるかどうかわかりませんが、テントが風に飛ばされない為のペグと思っていまして、基本、風が強そうでしたら雪壁を作れば凌げると思います。
風が弱そうでしたら、雪壁は無くて、ペグを十字にして面積を広くして埋めて踏み固めます。
…でも、雪の締まった朝はカチカチに凍って、ペグの回収には苦労しますが、そんなに風の心配の無い時は重要な場所にピッケルやストックで固定して、今のところ問題はありません。。。

あまり参考になりませんが、少しずつ経験の中から改善して現在に至ってます。

山大好きさん、楽しい雪山テント泊を満喫してください♪    コメントありがとうございました。
Commented by 山大好き at 2016-04-30 14:30 x
早速のA有難うございました。
まずは雪山テント泊を体験してきます。
試行錯誤しながら自分スタイルを作っていきます。
有難うございました。


<< 昭和の日に甲斐駒ヶ岳へ。。。      見つけもの。 >>