いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 14日

気ままに日帰り山行 Day 1 平標山

f0016656_23444252.jpg
ど〜も嫁です。2/11(木:建国記念日)〜2/12(金:休日入替)の1泊2日で
カッチャンと“気ままに日帰り山行2連発”をしてきました♪



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 2/10(水) 》


またしても
突然訪れた連休。今回は1泊2日バージョン。
本当は去年みたいな雪中宴会テン泊山行がしたかったけど、あまりにも急過ぎて準備出来ず。。。

それでも「この天気予報でこの機会、滅多に無いから」という滅多に無い事が続いてる?のを無駄にも出来ず。
1日目は平標山(新潟県)、2日目は白毛門(群馬県)という、一日一善もとい一日一座をする事に。
バタバタと21時過ぎに自宅を出発。

ところが新潟が近づくにつれ、想定外に大雪に。
それでもカッチャンの頑張りで23時時過ぎ、車中泊地・土樽PAに到着。
私は疲れてて助手席でほぼ寝てたzzz

珍しくガソリン注入する事無く就寝zzz










《 2/11(木:建国記念日) 》

5時に起きたら車は真っ白。
f0016656_23402311.jpg
PAでは一晩中、チェーン規制のアナウンスが流れていた為、カッチャンはあまり寝られなかったらしい。








雪の舞う中、コンビニ珈琲片手に6時過ぎ、いつもの駐車スペースに到着したらほぼ満車。
f0016656_23403339.jpg
10台位停まっていたかな。かろうじて一番左端に駐車。








雪は止んだけど、かなりドンヨリ。。。6時半過ぎ、歩行開始。
f0016656_23404150.jpg
カッチャンの情報によると9時からは晴れるらしいけど、さて。








車道でスノーシューを装着し、ほな行きまっせ!といきなり急登のラッセル。
f0016656_23405042.jpg
松手ルートをヨジって行きます。








車道を歩いている感じでは「去年より雪が少ないね」なんて話してたけど、
f0016656_2341049.jpg
この日は降雪直後の様で、登山口からずっと猛ラッセル。








はぁ~。どないして進めっちゅうねん。雪壁&木の枝を前に二人で右往左往。
f0016656_2341910.jpg
勿論、殆どカッチャンがTOP。
でも嬉っそ~にニッコニコしながら「青春だね♪」とスノーシューを蹴り込んでらっしゃいました。
暴れん坊・克己現る。写真は私ですが。








のえ~っ!最近の我が家の流行語。
f0016656_23411754.jpg
所々で雄叫びを上げて自分を鼓舞。









おっ!巨大鉄塔(1,411m)が見えてきた。でもまだまだでんな~。
f0016656_23412637.jpg









暫く行くと右手からズサッと変な音が。何事っ?!
f0016656_23413429.jpg
前を行くカッチャンの右横から一気に雪庇が崩れ落ちビックリ。超ヒヤッとした。








ようやく青空も見えてきた。
f0016656_23414377.jpg
しかしまだまだ雪深い。。。








ラッセーラー、ラッセーラー。
f0016656_23415125.jpg









全身使って前進あるのみ。
f0016656_23415961.jpg









巨大鉄塔まですぐそこ。あそこで休憩しよう!
f0016656_2342783.jpg









この辺りはあまり風もなく晴れているけど、写真右手の目指す平標方面は雲の中。
f0016656_23421594.jpg
しかもかなり風が強そう。。。








10時前、鉄塔に到着し休憩。久々に食べた《舟和の芋ようかん》。
f0016656_23422398.jpg
昔から大好きで、松山時代、デパートの催し物があると会社帰りに一目散に買いに行ってました。








変わらぬ美味しさ。素朴な味わい。あんこ玉も意外と美味い。
でも最近は大手デパート等で常時買えるから有難みが無くなった。
f0016656_23423221.jpg
そういう意味では今の私のNo.1和菓子は《出町ふたばの豆餅(豆大福)》♡
逢えない時間が愛育てるのさ~♪京都行かなな~。








さ、とりあえず目の前のピーク(松手山(1,613.6m))へ!
f0016656_23424070.jpg









ラッセルは続く。
f0016656_23424956.jpg









でも景色が開けるのでさっきの鉄塔までより断然楽しいし、ティモティ~(気持ちい~)♪
f0016656_23425818.jpg









あの右下の駐車場傍のトンネルからここまで登ってきました。この写真では解り辛いけど。
f0016656_2343712.jpg









青と白の世界♪
f0016656_23431695.jpg









ノートレースだけど程よく雪も締まっていて歩き易い♪
f0016656_23432566.jpg









我が道。
f0016656_23433525.jpg









この日は先週と違ってカッチャンも元気。こちらは前を行くカッチャンの我が道跡。
f0016656_2343435.jpg
腰痛野郎のくせに、今回は人の入ってない山で猛ラッセルをしたくてここを選んだ模様。








だからラッセルの充実感とこの景色に終始ご機嫌なご様子でした。
f0016656_23435543.jpg









でも私はこの先は風が強そうなので、先週みたいに風の無い景色のいい所でラーメンランチして、
f0016656_2344427.jpg
早々に引き返すってカッチャンが言わんかな~と思って歩いていました。








でもこの浮かれ具合、今回はそうではないみたい。でも後ろの平標方面の雲。。。
f0016656_23441354.jpg
めっちゃ左から右に流れてるんです。風、痛そやな~。








そんな私の気持ちを知らずにガシガシ進む推しメン。
f0016656_23442313.jpg









綺麗やね~。
f0016656_23443249.jpg









が、再びズサッとっ!!
f0016656_23444252.jpg
また右手の雪庇が一気に崩れ落ちた。巨大な雪塊。さっきより規模がデカい。怖~っ。








振り返った図。晴れとるから雪庇もまだ解りやすいけど。。。
f0016656_23445132.jpg









気を付けて行きましょう。
f0016656_23451100.jpg
協議の上、13時をタイムリミットとして進む事に。








振り返る西側には点々と続く我が道の向こうに苗場山等。
f0016656_23451170.jpg









極力、樹林帯近くを進む。
f0016656_23452041.jpg









平標山が近づくにつれ、案の定、風が強い。
f0016656_23453032.jpg









とりあえず黙々とカッチャンのトレースに乗っかって進むけど、
f0016656_23454084.jpg









我慢ならずにバラクラバ(目だし帽)装着。
f0016656_23462870.jpg









意外と伸びてる飛行機雲。あれ?天気悪なるの?
f0016656_23463646.jpg









バラクラバするとサングラスが曇るし、でも風が痛いし。
f0016656_23464675.jpg
どうにか対策を考えんとなあ。皆さん、どうしてるんやろ。








シュカブラ(雪紋)
f0016656_23465549.jpg
アブラシュカブラ。特に意味無し。








写真の爽やかさとは真逆で、この辺りは強風と曇るサングラスにイライラ。
f0016656_2347463.jpg
はよ山頂(写真右端のピーク)に着かんかな~。








ビッシリと発達したエビのしっぽ。地面も小さなエビのしっぽだらけ。
f0016656_23471345.jpg
前を行くカッチャンも風除けの為、少し尾根を外して歩いていました。








朝の曇天は何処へやら。背後のテーブルマウンテン・苗場山もクッキリと見え始めた。
f0016656_23472275.jpg
苗場山も行ってみたいな~、カッチャン。








去年撤退した小ピークを過ぎ、
f0016656_23473174.jpg









最後のひと登り!
f0016656_23474086.jpg









13時、平標山(たいらっぴょうやま 1,983.7m)に到着~♪
なんやかんやと毎年登っています。(2014年2015年)
f0016656_23474928.jpg
強風につき今回はピストンをやめ、風の影響の無さそうなお初の《平標山の家》方面へ下山する事に。








シャーッ♪
f0016656_23475985.jpg
な訳ない。これはスノーシュー。でも辺り一面、スキーヤーのシュプールだらけ。
ちなみにこの日で荒島岳へ、今で言うバックカントリースキーに行って大怪我(前十字靭帯と半月板)をしてから丁度丸10年。
そろそろゲレンデでいいけん、スキーに行きたい、カッチャン!








左手に見えるのは異様に白い仙ノ倉山 。
f0016656_2348890.jpg









富士山も見えています♪勿論、発見者は私。
f0016656_23481783.jpg









見事なテーブルっぷりの苗場山。
f0016656_23482748.jpg









ひと際白かった少し噴煙の見える浅間山。
f0016656_23483832.jpg









振り返って見る仙ノ倉山。
f0016656_23484845.jpg









暫くして「明日も休みだし、急ぐ事無いからホットワイン飲もうよ♪」と言われ大休止。
f0016656_23485660.jpg
気ままでございます。








ピャーっと飛行機雲。
f0016656_2349659.jpg









食後は《平標山の家》まで行かず、その手前の尾根に乗っかって西の方へ下山。
f0016656_23491637.jpg









方角(目標物)を決めて、ツボ足跡・シュプール跡を見ながら樹林帯を適当に。
f0016656_23492544.jpg









きら~ん♪
f0016656_23493394.jpg









こういう樹林帯の斜面の下りはスノーシューの醍醐味♡
f0016656_23494285.jpg









そろそろ展望も無くなり、雪も重くなる中、さよなら苗場山。
f0016656_23495189.jpg









なだらか~な林道に合流。これが長くて疲れた。。。
f0016656_2350180.jpg









そして15時半、ガラッガラの駐車場に到着~。行程中、誰にも会わない登山終了。
f0016656_2350942.jpg
殆どが山スキーヤーだから、皆さん、下山が早い、早い。








ここで再び協議。

「充分、雪山を満喫したから、明日は山じゃなくていい」とカッチャン。
挙げ句の果てには「日光東照宮にでも行く?」と言う。予習もしとらんのに。

「山にも行かんのに車中泊なんか嫌じゃ、そんなら家帰ろ」と私。

「それじゃ休みも交通費も勿体無いし。谷川岳はロープウェイが高いし。。。」と、
何故か当初の白毛門から谷川岳に話をすり替えたカッチャン。

そこで「ロープウェイ使うなら、行った事無い上州武尊山に行きたい」という私の希望で、
翌日の行き先が決まりました。








そうと決まれば温泉、温泉♪猿ヶ京温泉(群馬)にやって来ました。
f0016656_23502113.jpg
急ぐ事無いので何時になくノンビリと温泉(3時間@670)を堪能し、
露天風呂が気持ちよかった❤








そのまま夕飯。カッチャンは贅沢に《上州麦豚と白菜のすき焼き定食(@1,242)》。
かなり美味しかったらしい。
f0016656_23503014.jpg
「これぞ大人って感じだよね♪」との事。はて~?








私は大好きな《モツ煮定食(@810)》。豚モツも大きくて薄味で・・・超美味しかった❤
f0016656_23503860.jpg









食後は群馬県沼田のマックで翌日の打ち合わせをし、車中泊地《道の駅・田園プラザ川場》へ移動。
コンビニで買いこんだ芋焼酎を呑みつつ、ウダウダし就寝。焼酎720mlを一晩で飽けるなんてやり過ぎじゃろ。。。
f0016656_2350476.jpg

f0016656_16141962.jpg

上記はこの日の歩行距離等。どれだけ合ってるのかよう解りませんが。
でもあのキック、キックのラッセルをどうやってカウントしとんやろ。謎です。





以上、我が家にとってはある意味、記念日となるバレンタインデーの本日なのに、
先日の休日入替で只今、日曜出勤中のカッチャンに代わり《ラッセル祭りの平標山レポ》でした~。
お勤めご苦労様♡

つづき(翌日)の上州武尊山レポはコチラ。

by amitsuka1210 | 2016-02-14 18:06 | 上信越/谷川 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24955943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2016-02-14 19:02 x
上州武尊は一日違いでしたね。
11日はとにかく凄い人数の登山者が登っていました。
静かな山を楽しめて良かったですね。

平標は8、9年前にGWに登っただけで、厳冬期は登った事はないです。
私は逆回りで、平標山の家の辺りをめがけてラッセルした記憶があります。
雪庇の張り出しが凄いですね。
ラッセル、お疲れ様でした。

三ツ頭から権現も雑誌に載ってから、最近は混んでいて登りたいけれどパスしています。
Commented by amitsuka1210 at 2016-02-14 22:10
chiakiさん、こんばんわ。    克です。

平標山の松手山コース、雪の時期オススメです♪
入山者もいないし、コースもあと2時間歩けと言われたら厳しいですが、頑張れば何とかなる距離なので、思う存分樹林帯ラッセルを満喫できます!

なんだかんだ言って3年続けてのこのコースですが、今年は降雪直後という事もあって、苦しめられましたが思いっきり青春出来ましたよ♪

季節はヘンテコリンな状態ですが、もう少し雪山を満喫したいですよね♪
chiakiさん、コメントありがとうございました。


<< 気ままに日帰り山行 Day 2...      《速報》  小春日和の中を雪満... >>