いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 28日

穴があったら入りたい。。。今年最後のテント泊 @鑓温泉

f0016656_22273365.jpg
11月21〜22日に雅ちゃんと波乱の鑓温泉に行ってきました。



《前置き》

師走は逃げると言う様に、12月の予定は埋まっておりおそらく今回の連休が年内最後のテント泊になりそう。。。

何処さ行くべ?

…今年は暖かい日が続いており積雪も少ない事から、通年ならば無理と思われる場所も行けそうだったので縦走テン泊も考えましたが、どうも天気が良くないらしい。。。
おまけに、日常生活にお疲れの二人だったので、のんびり宴会登山(いつも?)でもしようか?  …と白馬鑓温泉に行き先決定♪







《11月21日 土曜日》
自分は代休で3連休でしたが、昼過ぎまで予定があり出発は15時過ぎ。
関越道を走らせると、助手席の雅ちゃんがオレンジに染まった富士山のシルエットに大喜び♪
旅のテンションは上がっていきます!


19時半 白馬八方到着。
スーパーにて買い出しをして、八方の湯駐車場で車中泊。
目の前がコンビニという事もあり、追加でアルコール、アテ等を買ってしまい、結局出発前の車中泊にてワイン二本空けてしまった。。。     
…どうかしてるよ 最近の自分たち。。。










《11月22日 日曜日》





f0016656_7404878.jpg
この日は見た目の積雪状況から大雪渓経由での鑓温泉も考えましたが、寝起きの稜線は分厚い雲の中。。。

この時点で完全に鑓温泉のみに切り替え、チョイ二日酔い気味を解消するべく二度寝zzz。。。








f0016656_7405971.jpg
猿倉移動中、猿倉の名前通り猿の群れに道を塞がれつつ静かな猿倉荘駐車場に到着。

三台の車が停まっており、準備を済ませて8時過ぎに出発しました。









f0016656_741963.jpg
気温は寒く無く、むしろ歩き出すと汗をかく感じ。








f0016656_741206.jpg

林道を少し歩いて鑓温泉分岐。
鑓温泉を目指します。








f0016656_741315.jpg

雪の少ない事が予想出来たけれど、何が起こるのか分からないので一応雪山装備での歩きになります。









f0016656_7414096.jpg


f0016656_7415058.jpg

前日までの雨なのか?  雪が全く無く雰囲気は晩秋の登山道です。。。







f0016656_742063.jpg
振り返って雲海。








f0016656_7421036.jpg
少しだけ雲の隙間から小蓮華方面が姿を現します。








f0016656_7421893.jpg
歩き出して1時間40分程で小日向のコル。

尾根を横切ると杓子、白馬鑓方面が姿を現しました。








f0016656_7422885.jpg
先程まで真っ白の世界でしたが、まるで自分たちの到着を歓迎してくれているかの様に、ガスが抜けていきテンションあ〜っぷ♪








f0016656_742378.jpg

…、でも、見た感じ、アイゼン、ピッケルはただのお荷物に。。。

まぁ、歩荷トレ&冬靴慣らしと考えれば良いんですけどね。。。








f0016656_7424695.jpg
ちょっと色彩が淋しい感じがしますが、雲海を含めたこの重厚な感じが良い雰囲気でした。








f0016656_7425577.jpg
丁度、真ん中の雲の上に鑓温泉が見えますね。

見た感じ、テントは張っていない模様。。。








f0016656_743483.jpg

これほど雪が無いと逆に心配事が頭を過ります。。。

2年前の小屋締め後の鑓温泉は、少々湯温が高かったけれど入れましたが、状況によっては熱くて入れないんじゃないか? という心配。







f0016656_7431493.jpg

元々源泉は熱いみたいですし、残雪期も雪で湯温を下げての入浴との情報から、ちょっと嫌な予感。。。


…見事的中する事になります。。。








f0016656_7432411.jpg
こんなに雪が無いこの時期なので、連休って事もあって入山者が多いんじゃないか?
…と心配しましたが、ここまで人と会う事は無く、天気もイマイチでしたので結局二日間で二人としか会いませんでした。









f0016656_743357.jpg
杓子沢の滝。









f0016656_7434587.jpg
スキー&スノボーの人が雪の扚子沢を滑っている写真を見ますが、ホント、びっくりポンなスケールに尊敬、憧れ…いろんな感情が沸き上がります。








f0016656_7435586.jpg
鑓温泉も目視出来て、天気もイマイチなので、この日の行程は鑓温泉までにして、雅ちゃんが「あの滝、滝の下が空洞になってるの?  行ってみよう!」


…って、あの滝に興味津々。








f0016656_744425.jpg
でも、よーく見ると空洞では無く、岩陰でそう見えるんですね。









f0016656_7441673.jpg
時間があるので荷物をデポしてちょっと寄り道。

足場はガレガレでズルズル崩れます。









f0016656_7442721.jpg

途中まで行きましたが、登れても下りでツルッとしてしまうので、途中から眺めるだけ。

ちょっとした寄り道だけど、新鮮な気分になります♪








f0016656_7443736.jpg
来シーズンは沢デビューの許可が下りる様に頑張ります。     よろぴこ雅ちゃん!








f0016656_7444797.jpg
気を取り直して鑓温泉を目指します。









f0016656_7445740.jpg
小日向のコルでは一瞬晴れましたが、後は真っ白のガスガスです。








f0016656_745817.jpg
温泉まであと20分♪









f0016656_7452145.jpg
写真から分かる様に、至る所から温泉の煙が沸き上がり、体感温度も高めかな?








f0016656_7453153.jpg
11時半過ぎに誰もいない鑓温泉に到着。

湯温を確かめてみると、突っ込んだ手がヒリヒリするくらいに、ちょっと高めです。
オマケに浴槽には藻がビッシリ張り付いていました。










f0016656_7454158.jpg
まぁ、時間もたっぷりありますしテント設営後に軽くランチ&醸し人九平次で乾杯♪

写真では温泉に足を突っ込んでいますが、ヒリヒリしていて痩せ我慢なんです。








f0016656_7455156.jpg
昨日の車中泊でワイン2本。
今回持ち込んだのがワイン2本、日本酒四合。     どうかしちゃっている最近の吞み助夫婦。








f0016656_746161.jpg

まだ12時前なので、登山者が来るかもしれないから入浴はせず(熱くて入れないけれど)、ダラダラと飲みながらのんびりとした時間を満喫♪







f0016656_7461159.jpg

銭湯での足の爪先のヒリヒリ感を感じる温度が46度なので、この日の鑓温泉の湯温は48度くらいと自分なりに分析。







f0016656_7462498.jpg

この日は気温が高かったので、夜〜明け方には外気が低くなり湯温が下がる事を前提にお掃除開始!







f0016656_7463327.jpg

とにかく藻が凄くて足元がヌルヌルするので、快適に入浴出来る様にデッキブラシでゴシゴシと掃除しました。







f0016656_7464553.jpg

ひと段落して休憩&お刺身モード♪
保冷剤をこれでもか! …と利かせたので、無事美味しく頂く事が出来ます♪







f0016656_7472959.jpg

「雅ちゃん笑って〜」

…と言うと、無理矢理な作り笑いをしてくれましたが、どこかぎこちない。。。
後で心の底から笑う事になります。。。







f0016656_7474276.jpg

時間がたっぷりあるので、再び気合いを入れての掃除。   …働く男の図

なんとも無さそうですが、めっちゃ熱いんですよ!







f0016656_7475320.jpg

その後、チョイ散歩。

登山者は見当たりません。








f0016656_748292.jpg

風も無く、寒過ぎず、これで温泉に入れれば最高なんですが、まだ熱過ぎて入る事が出来ません。。。







f0016656_7481259.jpg

「コッチの方が湯温が低いんじゃない?」
…って、あらゆる所を一生懸命掃除する雅ちゃん。








f0016656_7482469.jpg

自分も触発され、ズボンを脱いで温泉を一生懸命掃除しました!

一生懸命…一生懸命。。。






















f0016656_7483469.jpg

…その成れの果て。。。







「どうしたの僕ティン(笑)   ピヨピヨッ♪」
「普段の会話の返しはつまらんけど、たまに身体を張った面白い事をやってくれるわい(笑)」

…と、嬉しそうに先程の作り笑いではない笑顔で、腹を抱えながら大笑いする雅ちゃんと、と縮こまった自分。。。


温泉内の藻ですっ転んでしまい、服を着たままダイブ!
その時の映像がスローモーションの様に脳裏に残っています。







f0016656_7484248.jpg

オマケに足三カ所強打&流血。

痛みが優先して、先程まで熱くて足湯すら出来なかった感覚が、今では全く気にする事無く足を突っ込んでいられました。
…その痛みの麻痺した感覚のせいで、のちのち膝下を火傷する始末。   トホホのホ。。。







f0016656_7485252.jpg

雅ちゃんは「寒い〜!」

…と、震えながら湯船に足を突っ込むと。。。







f0016656_749214.jpg

「熱い〜!!」

…の繰り返し。
寒い、熱いの繰り返しで、中間は無く温泉はお預け状態です。。。     
雅ちゃんの足、赤いでしょ…    めっちゃ熱いんです!







f0016656_7491132.jpg

そんな感じで時間は過ぎ、普段のこの時期にずぶ濡れは致命傷になりますが、幸いにもズボンを脱いでのダイブと言う事もあって、下着、ドライメッシュ&アウトラストと言う事もあり、数時間で体温にて乾く事が出来ました。

まぁ、他に人が居なくてホントに良かったと思います。
周りから見れば、何やっとんじゃい!   …って感じでしたから。。。



…が、未だに温泉に浸かれず。。。     …ダイブはしましたけど。。。







f0016656_7492165.jpg

17時過ぎに薄暗くなり、寒くなったのでテントに避難。

テント内は空間が狭いので、すぐに暖まります♪    …温泉を目の前にしてテント内で暖まる図。







f0016656_7493087.jpg

ワインも進み、ご機嫌タイムの宴会は続きました♪









《11月23日》







f0016656_7494080.jpg

夜中にも何度も目を覚まし、温泉入浴を試みましたが熱過ぎて(痛過ぎて)入れず、オマケに足の強打にのたうち回りながら長い夜を過ごしました。







f0016656_7494976.jpg

手を突っ込むと入れそうですが、裸になって足を突っ込むと、スミマセン…って感じで怖じ気づいてしまいます。

これは足湯による火傷という事が後々判明。














f0016656_883479.jpg
それにしても枯れる事の無いこの温泉は凄いですね。

注文をつけるならば、あと2度程源泉温度は低ければ有り難いんですけど。。。






f0016656_750879.jpg
明け方は青空も覗かせて良い天気でした!

温泉入りた〜い!!










f0016656_7501738.jpg
ブルースカイ!


のんびり二度寝&三度寝して、贅沢にも「もう寝られない!」 
…っていうくらい、良く寝ました。









f0016656_7502725.jpg
結局、温泉は貸切でしたが、温泉三昧を目的に訪れた鑓温泉の湯船に浸かる事はありませんでしたよ。。。


なにやってんだろ。。。









f0016656_7503793.jpg
朝食はイカスミパスタ♪







f0016656_7504665.jpg
予報だと午後から雨なので、このまま下山していきます。






f0016656_7505669.jpg
結局、温泉掃除に来て温泉ダイブをして、宴会をした鑓温泉を後にする事になりました。







f0016656_751641.jpg
下山途中に、今回の山行に初めて他の登山者に会いました。






f0016656_7511647.jpg
所々にまだ花が咲いてたんです♪








f0016656_7512772.jpg
自分は、昨日の温泉ダイブの時の足の強打で靴が履けないくらい足が腫れ上がり、痛みで歩くのに苦労しました。









f0016656_7513646.jpg
天気はこんなんですが、良い感じなんですよ♪









f0016656_7514820.jpg
モノクロで撮ってみる。










f0016656_7515818.jpg
雅ちゃんも良い感じに一枚♪








f0016656_752725.jpg
晩秋、初冬の重厚的な風景です。









f0016656_7521883.jpg
水は沢山湧いていて、軟水なのか? すごく柔らかく美味しかったです♪








f0016656_7522888.jpg
この日も真っ白でしたが、小日向コル辺りでガスが抜け。。。








f0016656_7523935.jpg
振り返ると白馬鑓ヶ岳。

ここで軽装外人さんと挨拶を交わしました。
「ガンバッテ!」
…って言われましたが、そんなにクタクタに見られていたのかな?    

足の痛みは深刻でしたが。。。






f0016656_7525963.jpg
 
めっちゃ晴れてくれましたよ!

クリックすると拡大します。






f0016656_753980.jpg
わぁ〜、めっちゃ最高の景色♪









f0016656_7532026.jpg
白馬鑓ヶ岳。







f0016656_7533013.jpg
白馬岳。








f0016656_7533999.jpg
一瞬の青空での御褒美でした♪







f0016656_7534917.jpg
雲海も良い感じ♪








f0016656_7535895.jpg
今回は当初の目的の5分の1も達成出来ませんでしたが、こうやって歩いていると、そんな目的なんてどうでも良くなります。









f0016656_7541212.jpg
一年間頑張ったささやかな御褒美の時間なので、欲張らずに現状を謙虚に受け止める事とします。









f0016656_7542297.jpg
おそらく途中て挨拶したが異人さんがデポしたと思われる自転車。







f0016656_7543238.jpg
12時頃猿倉に戻ってきました。







f0016656_7544198.jpg
そして温泉目的で入山した今回の山行で、唯一の入浴が下山時のみみずくの湯っていうのも考えものですね。。。








f0016656_754523.jpg
ここでも鑓温泉での足湯による火傷から、普通の温泉も痛みが走る程の激痛を伴い、まともに湯に浸かれないという始末。。。

どんだけ〜。。。






f0016656_755114.jpg
湯上がりにうどんを食し。。。









f0016656_7551093.jpg

帰りの上信越道でのヘリ墜落の大渋滞で今年最後のテント泊が幕を下ろしました。

ホント今回は突っ込みどころ満載の山行でしたが、今年の山との関わり方を象徴する様な鑓温泉。
こんなんでも楽しく♪  自由に行動をモットーに、夫婦登山をしていきたいと思います♪

以上、踏んだり蹴ったりの鑓温泉レポでした。

by amitsuka1210 | 2015-11-28 07:38 |    ( 後立山連峰 ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24705788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2015-11-29 11:26 x
白馬鑓温泉って源泉は熱いんですね、知りませんでした。
テント場はお二人の貸切りでしたね。
足が腫れ上がったのは打撲でですか?
お大事にどうぞ。
山はいろんなハプニングがありますよね。
23日は長野は天気が意外と良かったんですね。
今年は11月なのに雪が無い、不思議な天候ですよね。
Commented by amitsuka1210 at 2015-11-30 07:45
chiakiさん、おはようございます。

自分たちも以前10月に行った時には普通に温泉に入る事が出来たんですが、今回は熱過ぎて無理でした。
折角の貸切だったんですが、結局温泉入浴出来たのが下山時の日帰り入浴という残念な結果になりました。

足は打撲で、今も引きずりながら歩いています。  全く踏んだり蹴ったりの今回の山行。。。

上空の寒気が南下してきてますので、一気に山の景色も変わってきますね♪
今年はあと一回くらいの日帰り登山になりそうです。

chiakiさん、コメントありがとうございました。


<< 祝・満一歳♪ 一升餅がてらの家...      ぶらり日曜散歩 >>