いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 06日

錦秋絶景山歩♪ 東・西鎌尾根から笠ヶ岳 3泊4日 (2)

f0016656_9728100.jpg
ど〜も嫁です。9/26(土)〜9/29(火)の3泊4日(小屋泊)で
カッチャンと《槍ヶ岳〜三俣蓮華岳〜双六岳〜笠ヶ岳》に行った2日目のレポです。

1日目(9/26土) : 上高地〜ヒュッテ大槍泊
2日目(9/27日) : ヒュッテ大槍〜槍ヶ岳〜樅沢岳〜三俣山荘泊 ★当レポ行程
3日目(9/28月) : 三俣山荘〜三俣蓮華岳〜双六岳〜笠ヶ岳〜笠ヶ岳山荘泊
4日目(9/29火) : 笠ヶ岳山荘〜抜戸岳〜新穂高温泉



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 










《 9/27(日) 》

寝坊して慌てたけど、予定通り5時半過ぎヒュッテを出発。
f0016656_8502271.jpg









曇天。。。だけど槍が見えているのでヨシとしましょう。
f0016656_8503355.jpg









穂高方面は微妙な感じ。風強そう。
f0016656_8504535.jpg









迫る槍ヶ岳
f0016656_8505930.jpg









御来光は無理っぽい。ちなみに昨夜、カッチャンは目的の星空撮影はせず。
f0016656_851998.jpg









ヒュッテで『今夜は月明かりで撮れない』という情報を得たみたいやけど、
f0016656_8511821.jpg
そもそも起きる気力が無かったのでは?大丈夫なんかいね、この先。。。







常念岳と蝶ヶ岳
f0016656_8512772.jpg









さあ、槍の肩(槍ヶ岳山荘)までもうすぐ!槍は見え隠れ中。
f0016656_8513697.jpg









6時過ぎ、肩に到着〜。
f0016656_8514594.jpg









結構ガスり気味だったので暫く様子見。テラスで朝食に豚骨ラーメンなんぞ。 具ナッシー。。。
f0016656_8515591.jpg
風があって寒いし、なかなかお湯が沸かんし、辛かった。。。








ので、完成後、山荘内の誰も居ないキッチン槍(火気厳禁)に持ち込んでストーブの横で食しました。
f0016656_852570.jpg
食後もちょっと様子見。こんな天気なら無理して登らんでええけど、








二人で槍に登るのは初めてやし、久々なので一念発起して7時過ぎ、空荷で歩行開始。
f0016656_852149.jpg









この時間に穂先を目指していたのは私達を含めて5人のみ。
f0016656_8522392.jpg









おっ!下界が見えてきた♪小槍越しの紅葉。
f0016656_8523451.jpg









7時半前、《槍ヶ岳 3,180m》に到着〜♪何年ぶりじゃろ〜。何度目じゃろ〜。
f0016656_8524321.jpg
空いてたら肩から山頂まで片道30分も掛からんのに、最近は渋滞で3時間も待つ事があるらしい。








カッチャンは『ちょっと偵察に行ってくる♪』と北鎌方面を少し下って行きました。
f0016656_8525722.jpg









これから向かう穂高方面はガスの中。キレットでは風の影響が一番恐いし、今回はデカザックやし。
f0016656_853672.jpg









不安やな〜。2009年に一人でキレット行ったのは小ザックやったし、天気良かったし。
f0016656_8531528.jpg
カッチャンはこんな天気でも行く気満々やろけど。








雲と雲の間の層にいる私達。平べったい青空、頑張れ〜!
f0016656_853258.jpg









とりあえず記念撮影。二人揃っての日本百高山59座目
f0016656_8533579.jpg









これから天気はどうなんやろ〜。
f0016656_8534584.jpg









風がなぁ〜。
f0016656_8535722.jpg









北鎌方面。偵察に行ったカッチャンの感想は。。。
f0016656_85496.jpg
ご想像通り、かなり楽天的なものでした。『全然問題無いよ〜、雅ちゃん♪』だって。。。








静かな山頂。こなに人が少ないのに私なんてオドオド歩いてたけど、
f0016656_854198.jpg
これが渋滞の時期って、この狭い山頂はどうなってるんやろ。。。恐い、恐い。








山頂から見る常念岳と蝶ヶ岳。こちら(東側)は比較的展望良ろし。
f0016656_8543154.jpg









西側はこんな感じ。どよ〜ん。
f0016656_8544186.jpg









肝心の穂高方面(南側)は雲が飛び散ってるや〜ん!明らかに風強いやろ〜!
f0016656_8545219.jpg
ていうか、小雪が舞い始めてビックリ!すぐやんだけど。








山頂を30分程堪能して、8時前、下山開始。視界は開けてきたみたいやけど。。。
f0016656_8561657.jpg









山頂からずっと協議中の私達。
f0016656_856253.jpg









『キレットはやめて、西鎌経由で笠に行こうや』という私と、
f0016656_8563576.jpg









『大丈夫、行けるよ!何だったら南岳停滞でもいいし』とまで言うカッチャン。
f0016656_8564488.jpg









挙げ句の果てには真逆の『このまま常念岳〜蝶ヶ岳〜上高地にする?』と言い出す始末。
f0016656_8565462.jpg









『何でそこまで西鎌尾根に行きたがらんのよっ!!!』と切れたのは言う迄もありません。
f0016656_857467.jpg
肩の小屋に戻ってもあ〜だこ〜だ。。。
今度は私がカッチャンの気持ちを汲んで『ほな南岳まで行こうや』、
カッチャンが『もういいっ!西鎌を下ろう』の言い合い。
喧嘩をやめて〜♪二人を止めて〜♪








結果は。
f0016656_8571222.jpg
表題通り、8時半前、私念願の西鎌尾根を下りました〜♪ ホントは登りに使いたかったけど。








行動に移すと切り替えのいいカッチャンは御機嫌に歩いて行きます。
f0016656_8572282.jpg
『雅ちゃん、小槍に登るツアーも人気らしいよ♪結構高いらしいけど。』とか饒舌。








小槍で踊ってみたいね♪ こんな踊りじゃいかんやろ。
f0016656_857312.jpg









目指す笠ヶ岳
f0016656_8574115.jpg









なんだか素敵な尾根じゃないですか〜、西鎌尾根♪
f0016656_8575050.jpg









凄っ!噴煙??湯俣?噴煙の大きさにビックリ。
f0016656_858093.jpg
全く知識に無かったので得した気分♪








笠を見ながらサクサク下ります。
f0016656_858951.jpg
と言いつつも、この日は結構、一面真っ白にガスったり、急に視界が開けたり。目まぐるしかった。








『西鎌にして正解だね♪』とご機嫌カッチャン。拍子抜けする位、切り替えが早い。
f0016656_8581886.jpg








初日、山ヤ女子達とタクシーを同乗出来たのも運が良かった♪
f0016656_8582943.jpg
あの日、上高地〜沢渡間の往復バスチケットを買ってたら、この変更は無かったかも。
(当コースに変更=新穂高温泉下山=上高地は通らない=復路のバスチケットが無駄=私がムッとする)








今回はこうなる運命じゃったんよ♪いい谷ではございませんか〜♡
f0016656_8583853.jpg
硫黄尾根の茶色さが目を惹く。紅葉も写真よりずっと鮮やかだった。







いいね〜、恐怖感の全く無い穏やかな山行。ボンヤリしてコケても擦りむく程度。
f0016656_8585047.jpg
キレットじゃこうはいきません。またいつかね、カッチャン。








私でも写真を撮りたくなる。
f0016656_8585921.jpg









この色とりどりの山肌♡これを二人じめ♪
f0016656_859897.jpg









周囲には殆ど人が居ません。
f0016656_8591769.jpg









サイコ〜やね♪『山には神様が居るからね、御褒美だよ♪』とカッチャン。
f0016656_8592642.jpg
御褒美なら貴方の行きたかったキレット方面に行けた筈・・・とは申しませんでしたが。








我が家のアーティストが撮った、1本ポツンと立っている木。
f0016656_8593646.jpg









お互いパシャパシャ撮りまくり。
f0016656_8594645.jpg









この谷をアップで撮ると、
f0016656_90741.jpg









これまたカラフル〜♡凄いな〜♪
f0016656_8595741.jpg









ただ前述通り、これ以上ガスる事もしばしば。そうなると黙々山歩。
f0016656_901842.jpg









なので、一瞬でも切れ間があると、
f0016656_902937.jpg









『うわっ、見てっ!』っと、
f0016656_912182.jpg









撮りまくっちゃうんですよね〜。
f0016656_912949.jpg

f0016656_913948.jpg









腰痛のせいか、絶景のせいか、今山行はカッチャンと歩く距離感が近かった。
f0016656_914931.jpg









いつもこんな感じで歩けたらな。
f0016656_92045.jpg
腰痛はハヨ治してもらわにゃいかんけど。








コチラは外人さん親子4人パーティ。ようこそ日本へ。
f0016656_921070.jpg
皆さん、ドイターのザックだったからドイツ人かな、なんて。








山の晴れは金。頑張れ、青空!
f0016656_921973.jpg









秋色のチングルマ。カッチャンは腰痛なので今山行は私が花撮影担当?
f0016656_922915.jpg









10時過ぎ、右俣乗越に到着。
f0016656_924051.jpg









何気に疲れます。
f0016656_924985.jpg









写真を撮りながらユックリ行きましょ〜。
f0016656_925979.jpg









眼下には噴煙は上がってるけど、硫黄の匂いは全くしませんでした。
f0016656_93893.jpg









硫黄尾根のパノラマ 【写真クリックで拡大可能】
f0016656_931894.jpg
カッチャン曰く、夏の時期の記録は見ないけど、雪の時期は利用者がいるんだそう。








見慣れん凄い景色やね〜。
f0016656_933443.jpg









あ、またガスってきた、の繰り返し。
f0016656_93465.jpg









11時、硫黄乗越に到着。まだ双六小屋まで2時間も掛かるんか。。。
f0016656_935537.jpg









何気に遠い。。。
f0016656_94532.jpg









と思ったら、程なく11時半過ぎ、《樅沢岳 2,754m》到着〜♪
f0016656_94164.jpg
残念ながら真っ白やけど、二人揃っての日本百高山60座目GET!








ここから双六小屋は近いらしいけん、お腹も空いたし早いとこ参りましょう!
f0016656_943026.jpg









お〜、鷲羽岳がカッコイイ♡
f0016656_943921.jpg









ちょっと秋色探し。苔?が面白かったので。
f0016656_944912.jpg

f0016656_95190.jpg









おっ!双六小屋じゃ♪
f0016656_951339.jpg









右手には本日の最終目的地の三俣山荘も。鷲羽岳が目を惹きます。
f0016656_952538.jpg
っていうか、私は笠に行きたいとは言ったけど、三俣山荘まで行くとは思ってませんでした。 双六泊でええやん。
ただそれまで拒否ると色々ねえ・・・と思い、そこは黙って従った次第。








鷲羽岳をバックに御機嫌のカッチャン。
f0016656_953935.jpg









双六小屋〜鷲羽岳のパノラマ
f0016656_955198.jpg
【写真クリックで拡大可能】








絶景じゃ〜ね〜♪
f0016656_96257.jpg









12時過ぎ、双六小屋に到着し、持参ビールでカンパ〜イ♪
f0016656_963743.jpg
泊まる訳ではありません、ランチです。








奮発した高級パテを安いフランスパンに乗せて。ワインは夜まで我慢。
f0016656_964659.jpg
ビールが常温だったので飲めるかなと思ったけど、
かなり美味しく感じ、結局2本とも開けてしまった。。。








ので、結果、この重そうな足取り。。。やめときゃええのに。
f0016656_965715.jpg
かなりのんびりランチをして、13時前、双六小屋を後に。








ふうぅ〜ぅっ。
f0016656_97656.jpg









三俣山荘までは巻道ルートを選択。
f0016656_971812.jpg









この日はガスの動きが激しかったので、
f0016656_9728100.jpg









双六岳、三俣蓮華岳の登頂は明日の好天に期待。 写真は鷲羽岳。
f0016656_973797.jpg








シラタマノキ(白玉の木)
f0016656_974753.jpg









深紅の紅葉
f0016656_975721.jpg









綺麗やな〜♪
f0016656_98638.jpg









紅葉越しの燕岳と大天井岳
f0016656_981517.jpg









槍方面は全く見えず。キレットに行かんで正解じゃったろ?な〜んて。
f0016656_982447.jpg









びゅ〜りぃふぉ〜♡
f0016656_983357.jpg









もう全く急ぐ事はありません。
f0016656_984394.jpg









どなに時間が掛かっても16時には山荘に着く筈。
f0016656_985349.jpg









あれが明日登る三俣蓮華岳かな?あの鞍部に山荘がある筈。
f0016656_99247.jpg









紅葉を愛でながら進みます。
f0016656_991269.jpg









この辺りを香港の方と抜きつ、抜かれつ。
f0016656_992157.jpg










硫黄尾根と北鎌。遠くに大天井。相変わらず槍の穂先は見えず。
f0016656_993024.jpg









黄金色の景色を抜け、
f0016656_993978.jpg









14時半、三俣峠を通過。山荘迄あとちょっと!
f0016656_994813.jpg
抜きつ抜かれつしてた香港の方々は、このまま黒部五郎小舍に向かわれた模様。健脚〜。








私達は素直に三俣山荘へ。
f0016656_995762.jpg









カッチャンの腰(背中)も本日の限界にきている模様。
f0016656_91075.jpg
15時が迫るとに限界印のカラータイマーがピコンピコン鳴るらしい。








ここを下り切れば、
f0016656_9101697.jpg









山荘が見えた〜♪この調子なら憧れの展望食堂で珈琲タイムが出来るかも〜♪
f0016656_9102438.jpg
予定通り14時半過ぎテン場に到着。二人して水場で洗髪してスッキリ♪

そしたら近くにいたペルー人?らしき人に声を掛けられたカッチャン。
黒部五郎と間違って三俣に来たらしく、どう行けばいいか聞かれている模様。
英語も出来ず困ってらして、カッチャンも一緒になってアッチコチ走り回ってました。
私は水場で荷物番。








で、結局、今宵のお宿・三俣山荘に到着したのが15時Over = オーダーStopでOUT。。。
f0016656_9103392.jpg
しかも山荘前には残念なお知らせだらけ。ビールが無いとな。やけど大丈夫。
ちゃんと履いてますから。じゃなくて、ちゃんと持ってますから、アルコール。

ちなみにここに来たのは2013年夏以来。








今日も風が無いので外でカンパ〜イ!
f0016656_9104378.jpg









さあ、居酒屋克己の開店で〜す♪まな板を忘れたけどね。
f0016656_9114374.jpg









お得意の炒め物祭り。絞ってるのはニンニク。
f0016656_9115356.jpg









アスパラや舞茸も入って彩り豊かな炒め物♡レモン汁を効かせるのがカッチャン流。
f0016656_912222.jpg
美味しゅうございました。








槍は見えんけど素晴らしいロケーション。風が無いから更に最高。
f0016656_9121030.jpg









この日からは節約素泊まりなので、このままダラダラと夕飯に突入。
f0016656_9122258.jpg









わおっ!槍が見えてきた〜♡なっがい北鎌。16時半頃の様子。
f0016656_9123193.jpg









次第に太陽は三俣蓮華岳方面に沈んでいき、
f0016656_912391.jpg









寒くなってきたので山荘で宴の続きを。ここは自炊場。
f0016656_912584.jpg









2Fの展望食堂からは夕飯のいい匂いが♡どんなメニューなんやろ〜。
f0016656_9124951.jpg
ここは女性スタッフが圧倒的に多く、皆さん、感じが良くて可愛いらしい♪
この山荘に泊まるのは始めてやけど、凄く家庭的で居心地いいし、かなりお気に入り。








なんじゃ、この人は。弱々なお腰を暖めてるんだそうです。
f0016656_9131243.jpg
ザック背負っとったら?ちなみにここは談話室。








コチラは18時過ぎの空模様。月が綺麗〜♡
f0016656_9132261.jpg









この頃になると山荘の夕飯提供も終わり、なんと、展望食堂も談話室として開放されました♪
f0016656_9134088.jpg









奥では大きくなった娘ちゃんがお母さんに甘え中。可愛い♡
f0016656_9133191.jpg
偶然にもこの日から入山された模様。コウヤ君にも会えました。








再び自炊場に移って宴は続く。
f0016656_9134916.jpg









あ、コウヤ君♡コチラもお母さんに甘え中。大きなったね。
f0016656_914036.jpg
こんな雰囲気、人柄がこの山荘の雰囲気を良くしているんでしょうね。
そしてこの日も広々としたスペースで20時頃、就寝zzz
f0016656_17144741.jpg
つづきはまた後日。

関係無いけどノーベル賞の受賞が続いてますね♪
カッチャンもノーベル芸術賞みたいなん、取らんかな〜。って、そんなんあるんかな。
せいぜいノーベルの飴ちゃん舐めて虫歯になるくらいやろな。


by amitsuka1210 | 2015-10-06 21:40 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24532880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2015-10-07 19:47 x
天気は良かったみたいですが、克っちゃんのギックリ腰、大変でしたね。
でも荷物を背負って良く歩きましたね。
雅ちゃん、写真のセンスありますね。
克っちゃん先生が良いからかな~。
紅葉も綺麗で良かったですね。
しかし微妙な気持ち(紅葉は綺麗だけれど、ギックリ腰が...)で続きを楽しみにしています。
Commented by amitsuka1210 at 2015-10-07 23:31
chiakiさん、こんばんわ。   克です。
久しぶりの連泊縦走登山は腰痛でしたが、天気にも恵まれ、紅葉もピークで楽しい稜線歩きを満喫出来た充実の山歩きでした♪

ホントは、憧れの北穂高小屋でのワイン&涸沢での紅葉を楽しみにしていたんですが、予定変更の西鎌〜笠の稜線は絶景で至福の時間を過ごす事が出来ました♪
…午後になると腰痛の許容範囲を越えて失速しましたが、素晴らしい景色に元気を与えてもらい、ホント思い出に残る秋山登山でしたよ♪

レポは雅ちゃんにお願いしているので、また覗いてくださいね♪

chiakiさん、コメントありがとうございました。


<< 錦秋絶景山歩♪ 東・西鎌尾根か...      錦秋絶景山歩♪ 東・西鎌尾根か... >>