いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 24日

トホホのホ…な海の日 @前穂高岳  だけ?

f0016656_22262582.jpg
久しぶりの連休♪  …に、胸躍らせ雅ちゃんと前穂高岳に行ってきました。

写真の天気は良いですが、今考えると下山し終わったこの写真の時が一番天気良かった。。。



今考えると3月の中遠見テント泊以来の、久しぶりの連休登山!
自分はこの海の日連休に並々ならぬ期待を背負い、この日を待ちわびていました!!


2月中旬以降の仕事環境に、GWは無く、週明け月曜日を乗り越えるだけの気力が無いので、日曜日だけの遠出登山では帰りの渋滞を考えなければなりません。
…これって、なかなか欲求不満な日々を送っていました。。。

なんとなくお盆休みも無いかも。。。   そんな空気を察してか?
雅ちゃんが今回の海の日連休はカッチャンの行きたい所で良いよ!
…と、神の仏のお言葉を頂き、何処行っちゃろかなどいろんな妄想をしていました。



当初の天気予報も台風が過ぎ去り良いハズでしたが、予報は刻々と悪くなる一方。。。
始めの計画では、見所てんこ盛りのコースを予定してましたが悪天候では危ないし、安全なエスケープルートも少ないので、天気予報の悪化から予定は変わっていきました。
結局天気が悪そうなのは変わらず、天気回復の期待を込めて、最悪の状況でも最小限で対処出来る岳沢ベースの前穂、明神岳に行き先決定。。。

だいぶ予定は変わってしまいましたが、海の日連休を楽しむぞ〜♪








《7月19日》





f0016656_2227449.jpg
前置きは長くなりましたが、写真は朝の沢渡バスターミナルの駐車場。

ご覧の空模様。。。   大丈夫か? 天気は。。。








f0016656_22271991.jpg
駐車場はほぼ満車。

みんなこの連休を楽しみにこの場所まで足を運んできたんでしょうね!
そんな登山者を見ると、ちょっとした仲間意識を感じます。








f0016656_22273265.jpg
バスに乗り5時半頃の上高地。
ちょっとひんやりしていて、いつもの穂高連峰は分厚い雲の中。。。

登山届けを書いて、河童橋へ向かいます。








f0016656_22274416.jpg
この時間の河童橋はまだ静か。

うぅ、分厚い雲が気になります。。。









f0016656_22275479.jpg
お約束の梓川と焼岳を狙いましたがご覧の曇天。








f0016656_2228541.jpg
う〜ん、山の神様は微笑んでくれるのだろうか?

まぁ、雨が降っていないだけ有り難いんですけどね。








f0016656_2228142.jpg
そして岳沢登山口。

雅ちゃんとは初めての岳沢登山口です。








f0016656_2228258.jpg
晴れてはいないものの、しっとりとした感じで、これはこれで良い感じ。








f0016656_2228365.jpg
歩き始めてニッチャリしてきたところで、風穴の天然クーラー。

東京の猛暑に、この風穴が我が家にあれば …って思います。








f0016656_2229014.jpg
2000m以上は分厚い雲の中。。。








f0016656_2229957.jpg
そして8時に岳沢小屋到着。

自分も岳沢小屋になってからは初めて訪れました。
小屋にはテラスもあり、眺めもよろしく、水が豊富なので有り難いです♪








f0016656_22291859.jpg
小屋で受付を済ませ(テント代1000円)テント設営。

まだ雪も残っていて、ビールも冷やせる良い場所を雅ちゃんが見つけてくれました。









f0016656_2229289.jpg
9時頃準備を済ませて、「天気がイマイチだけど晴れるよ!   さぁ、張り切って行きましょう!」

…との掛け声に。。。

「全く興味無し、正直どうでもえぇ。。。」
…との雅ちゃんのクールな発言。。。


まぁ、この天気だしね。。。。  モチベーションは低めです。








f0016656_2229385.jpg
そして今年初?   …のシナノキンバイ?
ちょっと心が潤い、夏山の山歩きを実感♪    









f0016656_22294842.jpg
重太郎新道は傾斜も丁度良く、高度も稼げて、足場も安定していて非常に自分の足のスタンスにフィットして歩きやすい登山道です。








f0016656_2229589.jpg
晴れていれば眺めも非常に良く、高度を上げている実感が感じやすいと思います。

この日はちょっと風強し。。。








f0016656_22301290.jpg
上空には雲の層がありますが、テント場も見渡せますし、上高地も良く見えました。








f0016656_22302426.jpg
雅ちゃんは前穂高岳ではいつも曇っていて、展望を見られた事が無く相性が悪いらしい。。。

なんか今回もそのパターンになりそうですが、そこは楽しみにしていた海の日連休登山を楽しまないと♪   …ね。









f0016656_22305527.jpg
これまた今年初のコバイケイソウ♡









f0016656_2231694.jpg
自分自身が心から感動しないと、感動を伝える事が出来ませんから。。。

展望は薄いですが、このしっとりとした一期一会の景色にやっぱり癒されますし、これは自分自身が足を運ばないと見る事が出来ない風景ですからね♪








f0016656_22311713.jpg
風が強く、汗をかきやすい自分も涼しく、空荷という事もあり快適に登っていけます。








f0016656_22312961.jpg
この展望なので雅ちゃんを励まそうと、この景色から沸き上がる感動を伝えるんですが、 「オモロくない。。。 オモロい事言って。。。」   …と、バッサリ。。。


…自分は気の利いた面白い事も言えず、思い返せば雅ちゃんが一番楽しそうに笑いながら山登りをしていたのが、ヌッキーさんとの山歩きだったと思う。。。
今でも「ヌッキーとの山歩きは、よう笑ったわい♪」

…と、自分にも関西人の話の構成力があれば…  と、つくづく思います。








f0016656_22314178.jpg
雅ちゃんの話す、話のオチにも気付かずに「えぇ、そこを説明させるの〜 」

…って、ユーモア、笑いの薄い自分ですが、自然の中を歩くと例えつまらなくオチの無い会話でも、自然と感情が豊かになりいろいろな言葉が沸き上がってきます。。。

そんなつまらん自分を、雅ちゃんに弄られながら凸凹登山を楽しんでいます♪








f0016656_22315342.jpg
岳沢小屋ブログにも書いてありましたが、こんな感じに道が整備されていました。








f0016656_2232758.jpg
次第に風も強くなり、霧雨になってきました。

この時点で、明神岳ピストンはほぼ消滅。
奇跡は起きないのかな?   山の神様の御褒美は無いのかな?    …そんな事を思いながら登ってました。








f0016656_22322124.jpg
真っ白なこの場所を過ぎると。。。








f0016656_22323451.jpg
紀美子平。

皆さん荷物をデポしていました。


二人して「別に前穂に行かなくていいかな?  何度も来ているし、この天気。。。」

…そんな会話をしましたが、雅ちゃんと一緒の前穂はまだでしたし、ここでテン場に戻ったら今回のピークは無しと言う事になるので、残念な天気でしたが重い足取りで前穂山頂に向かいました。








f0016656_22332087.jpg
展望が無いので、足元の花に目をやります。

ウメ子も泣いているの?    …イワウメ。








f0016656_22333127.jpg
凛としたハクサンイチゲ。








f0016656_22334121.jpg
以前ならば立ち止まる事無くスルーしていましたが、花に興味を抱いてきたので、こんな天気でもキラキラ輝くものを見つけるアンテナは生きています♪










f0016656_22335189.jpg
そして前穂高岳山頂。

真っ白で何も見えず、風も強く三脚が立てられない為に記念写真は無し。
もちろん明神岳に行く事も無く、ほぼ1〜2分で撤収。。。    トホホ。。。








f0016656_2234221.jpg
下山とともに雨も強くなってきたよ…ウメ子!      …コッチが泣きたい気分です。。。









f0016656_22341454.jpg
足元も摩擦の得にくいツルッとした岩なので、鎖が無かったらちょっとコワイです。








f0016656_22342473.jpg
この辺りで横着しないで雨具の上下を着込みました。









f0016656_22343481.jpg
雨は強くなる一方。

まさかカッパを着て歩く事になるとは思いもよりませんでした。








f0016656_22344657.jpg
ホシガラス? が、仲良くいちゃついていて、ちょっと心が和みます。    …恋の季節なんでね♪   恋・恋・恋ですね。。。








f0016656_223575.jpg
カメラも一応防水使用なんですが、この雨でちょっと調子悪し。。。

ファインダーも曇って、ちょっと雨対策を考えなければ。。。
…これも経験値のひとつ。








f0016656_22351752.jpg
そして13時に雨のテン場に戻ってきました。

先にテントを張っていて良かった。。。







f0016656_22352827.jpg
ホントは外で景色を見ながら宴会をしたかったんですが、思わぬ形で宴会突入♪








f0016656_22353962.jpg
カメラが結露?していてモヤっています。

今回は日本酒4合、ワイン2本、ビールロング缶2本を持ってきましたが、当たり前ですが一晩で無くなってしまうようなザル夫婦です。









f0016656_22374265.jpg
13時過ぎから始めて、寝落ちしたのが22時過ぎ。

その間、雨は強くなる一方でテントに打ち付ける雨音に、声が聞き取れない程。。。
自分たちは飲んでいますが、周りのテントの方々はどうしているんでしょうね。








f0016656_2235573.jpg
小屋からテン場まで沢を横断するんですが、13時時点では完全に枯れていた沢が、夜、小屋のトイレに向かう時には大増水していて、本気で流されて遭難するかと思った!


…って、雅ちゃんが言っていました。







f0016656_6321322.jpg
結局雨は降りっぱなしで、ずっとテントの中で過ごしていました。

こういう時は、小屋素泊まりの方が良いねって言うのが二人の結論になりました。










f0016656_2236637.jpg
まぁ、こんな天気ですが、最近は帰宅が遅い場合は、夜一緒に食事を出来ない時期もあり、13時から22時まで密室のテントの中を、普段では話さない様な事も話せ、それもこれもこの雨が巡り会わせてくれたんだと思う♪

不思議と同じ山域の山々も、季節、天気など同じ状況が存在せず、常に一期一会なので、また発見を求めて訪れたくなります。


自分にとって、薄れゆく記憶の中にある家族で過ごした山の楽しかった思い出、心地よいノスタルジーを追い求めているのかな?


そんな雨の山行き記憶の一コマです。。。







《7月20日》





f0016656_22361757.jpg
雨は止んで昨日よりは天気が良さそうです。

でもこの日は、高速渋滞を避け、後片付けをする為に早々に下山します。







f0016656_2238789.jpg
朝のうがい♪

飲み過ぎたのか?   喉カラカラ。。。








f0016656_22381895.jpg
昨日よりも天気は良いものの、雲の動きは早く、稜線上では風が強そう。。。








f0016656_22383057.jpg
今回の雅ちゃんのベストショット。

桜と青空!   雅ちゃん、もっとカメラ使ってね!








f0016656_22384085.jpg
撤収の準備をしている脇を、多くの登山者が通過していきます。








f0016656_22385060.jpg
自分のカメラは雨にやられたのか? ダイヤルが反応しなかったりと、ちょいと故障気味。     …直ったけど、ちょっと不安材料。








f0016656_22385992.jpg
しばらくのんびりと、昨日見られなかった景色を眺めます。








f0016656_2239951.jpg
昨日は雨だったけど、これだけでも大収穫です!

東京に居たら病んでいただろうし、何を基準に物事を考えて比較するかですね♪








f0016656_22391925.jpg
確かに、久しぶりに大不発の今回でしたが、こうやって雨の恵みによって活き活きとした緑が見られる&感じられる。。。
嬉しいじゃないですか♪    …って、無理矢理ポジティブに強がってみる。



クリックすると拡大します。








f0016656_22393080.jpg


f0016656_22403194.jpg
青空にコンニチハ。

天気の巡り合わせは微妙ですね。
今回がこんなんだから、次は青空登山が叶いますかね?








f0016656_22404030.jpg
GWは駄目で、お盆休みはヤバそう。。。

しか〜し、秋には何とかなるかな?
GWの振替を取れれば!   …っていうのが今のモチベーション&シルバーウィークもあるんですね♪








f0016656_22405043.jpg
最近は我慢させたり、振り回してしまっているので、多くは望みませんが、昨夜の雨のテント内で話した想いを実現出来たらいいな。









f0016656_22405982.jpg
もっともっと楽しい思い出を共有出来ればと思います。


あくまで休日の余暇で、仕事に左右されますが、いろんな思いはこんな天気でしたが充分浄化されましたし、活力になります!










f0016656_22411063.jpg
そしてテン場を後にして、文明社会へと下山していきます。








f0016656_224120100.jpg


f0016656_2241296.jpg
昨日の大雨で川を渡れなかったのか? 小屋前の一等地にテントが張ってありました。

トイレも近いし羨ましい。









f0016656_22413965.jpg
続々と登って来る登山者と反対に、7時過ぎに下山。








f0016656_22414952.jpg
昨日は雨&強風で写真がブレブレだったので、気合いを入れて息を止めながら撮影。









f0016656_2241593.jpg
でも、結局はピンボケ写真。。。









f0016656_2242865.jpg
ひんやりしていた空気も、時間と共に蒸し暑くなってきます。


全体的に山の稜線付近は何処も雲に覆われていた印象。








f0016656_2242174.jpg
今回は天気に翻弄されて、読みが全くハズレ、消化不良は否めません。。。








f0016656_22423230.jpg
この日のミッションは、中央道の渋滞につかまる前に帰宅する!    …なので、景色を横目にそちら優先で。。。









f0016656_22424321.jpg
上高地もだいぶ近付いてきましたよ。








f0016656_22425245.jpg


f0016656_224358.jpg


f0016656_22431466.jpg
二人して、やたら花を撮っていました♪








f0016656_22432362.jpg
昨日、この陽射しが欲しかった。。。









f0016656_2243335.jpg
そして気持ちの良い中、上高地に下山。

この景色にちょっと複雑な心境ですが、次回に期待ですね!











f0016656_22435598.jpg
河童橋はまだ空いている時間帯です。

中国、韓国系の観光客が殆どでした。
しかも皆さん殆どの人がフルサイズのカメラで、凄い勢いを感じました。








f0016656_2244493.jpg
行きに撮り損ねた梓川と焼岳。








f0016656_22441478.jpg
バスターミナルもこの時間なのでこんな感じ。










f0016656_22442496.jpg
朝8時から入浴可能な、しもまき(500円)にて入浴。








f0016656_22443332.jpg
おそらく一番風呂♪

檜風呂? で気持ち良く汗を流しました。









f0016656_22444391.jpg
帰りの中央道は事故渋滞などで、結局思ったよりも早い時間での帰宅とはなりませんでしたが、濡れたテントなどその日のうちに乾かす事が出来、翌日の仕事に備える事が出来ました。。。


短かった癒しの時間。。。
訪れてしまう現実の文明社会。。。


…ボクの夏は終わってしまうのか。。。








f0016656_22445222.jpg
今回は残念な天気でしたが、久しぶりの連休を山で過ごせたので、枯れた心に栄養補給が出来ました。


やっぱり青空の山を見るとワクワクしますし、9月には休みが貰える(…かな?)と思うので、次回のテン泊登山に期待を込めて、この青空を見た時の高揚感を胸にとどめておきたいと思います♪


…以上、ちょっと残念だった(かなり残念だった)海の日前穂高岳レポでした。

by amitsuka1210 | 2015-07-24 07:43 |    ( 穂高連峰 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24273395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-07-24 08:47
おやおや ほんとにかなり残念でしたね。
でもまた、いいお天気にけることもあるさ!
シルバーウィークにはばっちりさっ!!
Commented by amitsuka1210 at 2015-07-25 08:28
palletさん、今度こそおはようございます。    …克です。

ホント、久しぶりに残念な山行でした。
どこも天気が悪かったみたいなのが、せめてもの救いです。。。

いろいろ強がってみたものの、やっぱり青空の稜線を歩きながら、夏山〜っていうのを思いっ切り実感したいものです!
なかなか思い通りにいかないですが、限られた時間を有効に使える様に、楽しみながら歩んでいきたいです♪

palletさん、コメントありがとうございました。
Commented by chiaki at 2015-07-26 13:06 x
何処の山に入ってういるかな?と思っていました。
北アの方が天気が良かったのかな?と思っていましたが...。
同じような感じでしたね。
私は穂高はすっかりご無沙汰しています。
毎年のように入っていたんですが..。

私も19日は降られました。
翌日は晴れましたが、越百山~南駒~ダムが昭文社の地図ではコースタイムが10時間50分だったにで、心配しましたが、大目に書いてあったようで...。
そして梅雨明けも意外と早かったので、ビックリしました。
私は7/22日から部署が移動になったので、又落ち着くまでが大変です。
Commented by amitsuka1210 at 2015-07-27 06:50
chiakiさん、おはようございます。

今回の海の日連休の天気の変化には振り回されましたね。
悪そうだけど、そうでも無さそう…に期待を込めて行きましたが、20日以外は何処も悪かったみたいですね。

自分たちも、chiakiさんの行かれたコースに空木を含んだ周回コースをいつも考えているんですが、今回は虫が多いかな?という漠然とした理由で持ち越しになりました。

自分も9月初旬まではあたふたして、それ以降は今までの分を取り返すべく、秋を満喫したいと思います♪

chiakiさん、コメントありがとうございました♪


<< 青空最高の国師ヶ岳、北奥千丈岳...      那須ば成る 那須岳 >>