2015年 07月 15日

那須ば成る 那須岳

f0016656_23243916.jpg
ど〜も嫁です。7/12(日)にカッチャンと那須岳に行ってきました♪

那須岳(なすだけ)
栃木県と福島県にまたがる那須火山帯南端の山の総称。
成層火山。日本百名山。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 7/11(土) 》

私は朝から《しげちゃんファミリー》と4人で奥多摩の三頭山(みとうさん)へ。
f0016656_5205933.jpg
お仕事のカッチャンは放置。しげちゃん母子との《夏の大冒険》予行演習を兼ねたハイキング。








色んなトラブルはあったけど、山頂で美味しいパスタを御馳走になったり、
普段なかなか経験出来ない親子登山に関われて楽しい“いちにち”でした。
f0016656_5211078.jpg









更に“いちにち”はつづく。

19時過ぎに三頭山より帰宅。程なくカッチャンもお勤め先から帰宅。
20時半過ぎ、夕飯のコンビニおにぎりを手にバタバタと自宅を出発。

普段は無言の車中が、この日は三頭山の出来事で会話は尽きる事無く、
23時過ぎ、登山口の《峠の茶屋駐車場:無料》に到着。
ここが車中泊地。1,462m。16℃位で寒かった。

結構な数の車が停まってたけど、広いので問題無し。トイレも綺麗。
この日は満天の星空で、天の川まで見える♪カッチャンは流れ星も見たらしい。

毎度のガソリン注入後、私は日付が変わる前に就寝zzz
カッチャンは星空撮影にお出掛け。
f0016656_238858.jpg
天の川かな?








『三脚無しでも撮るコツがなんとなく解ったよ♪』とカッチャン。何時に寝たん?
f0016656_2382246.jpg











《 7/12(日) 》

4時、起床。綺麗な朝焼け。天気、いいんでないか〜い♪
f0016656_2383797.jpg
真っ暗な中、既に歩き出している人が結構いてビックリ。







身支度等を済ませ、私達も明るくなった4時半過ぎ、出発っ!
f0016656_2384738.jpg









振り返って見る登山道。東側だから福島の街が見えとんかな?
f0016656_2385743.jpg









赤茶けた山が朝陽で更に赤く染まる。カッチャンは前夜の星空撮影の事もあり、朝からニコニコ。
f0016656_23992.jpg
後ろの建物は《峰の茶屋跡避難小屋 1,720m》。
ハッキリとコースを決めてなかったので、小屋前で長時間協議。決めてから登れっちゅう話。
しっかし風が強かった〜!!強風で有名な峠なんだそう。これなら虫の心配は無いわ。








『ロープウェイ乗り場から近い茶臼岳はすぐ混むかも』という事で、まずは南下しそちらへ。
f0016656_2391967.jpg
お鉢っぽいところを周回。お鉢というよりは、ただザレてる感じ。









6時前、《茶臼岳 1,915m》に到着〜っ♪
f0016656_2394042.jpg
那須岳という山は無くて、百名山としては茶臼岳、朝日岳、三本槍岳の3座を併せて那須岳と呼ぶ模様。








強風で三脚が立てられないのでツーショット写真は無し。
f0016656_2393052.jpg
那須岳神社にお参りして、次の朝日岳へ。








《峰の茶屋跡避難小屋》に戻り、北上しなければ。
f0016656_23101795.jpg










振り返って見る茶臼岳。
f0016656_23102785.jpg
『那須岳=茶臼岳の別称』ともいうらしく、噴煙を上げる象徴的な山です。








荒々しい。
f0016656_2310366.jpg









磐梯山の事もあり、混雑するかなと思ったけど静か。時間が早かったんかな?
f0016656_23104615.jpg









火山やね〜♡
f0016656_23105623.jpg









小さなアップダウンを繰り返し、朝日岳分岐をグイッと東へ登ると、
f0016656_2311584.jpg
写真は振り返って見る茶臼岳だけど。








7時前、2座目の《朝日岳 1,898m》到着〜っ♪
f0016656_23111518.jpg









ここも風が強くツーショット写真は無理。
f0016656_23112697.jpg









朝日岳から見る茶臼岳方面のパノラマ。
f0016656_23113662.jpg









さ、三本槍岳へ。
f0016656_23115972.jpg









眼下に湿地帯が見えてきた。清水平かな。
f0016656_2312965.jpg









7時半前、その清水平のシッカリと整備された木道を通過。
f0016656_23121930.jpg









北温泉分岐にはベンチもあって何人か休憩されていました。
f0016656_23122952.jpg
あとはシャクナゲが少し咲いていた坂道を西へ登りきり、








8時前、三本槍岳に到着〜っ♪・・・より、目に飛び込んだのがコチラの男性。
f0016656_23123824.jpg
じ、自転車・・・?何処走るん?







カッチャンは嬉し気に話し掛けていました。
f0016656_23124943.jpg
カッチャンが『トレーニングですね』というと、『サイクリングです』とキッパリ。
担いでるだけでも自転車と一緒ならサイクリング。冒険野郎、素晴らしい!








改めまして、3座目の《三本槍岳 (さんぼんやりだけ) 1,916.9m》到着〜っ♪那須岳最高峰。
f0016656_23125930.jpg
三座巡ったので、那須岳登頂という事にしまして、

日本百名山
克 : 45座目
雅 : 61座目

眺望抜群!山座同定盤で会津駒、尾瀬、飯豊・・・色んな山を確認出来ました。

ちなみに槍っぽく尖った山ではないのに三本槍岳という理由。
この山頂で3藩(会津藩、那須藩、黒羽藩)が領地を主張する為、
それぞれがを立てたという昔話が由来なんだそう。

山頂は風が強いので更に北へ進んで《鏡ヶ沼展望所》へ。
そう、ピストンではなく、周回です。レッツゴ〜ッ!!








鏡ヶ沼展望所から見る鏡ヶ沼越しの旭岳(赤崩山)。
f0016656_23131053.jpg
この尖った山の方が随分、槍っぽい。








飯豊連峰
f0016656_23132029.jpg









鏡ヶ沼のアップ。
f0016656_2314033.jpg









西に広がる尾瀬や会津駒のパノラマ。
f0016656_23141685.jpg









ナイスビュ〜♪
f0016656_23142723.jpg
なんとな〜く、四国の二ノ森〜石鎚山に似とる。








地図を見た時、『この西の稜線(流石山〜大倉山〜三倉山)は気持ちいいやろな〜♪』と思ったけど、
思った以上にいい感じ。
f0016656_23143989.jpg
さあ、鞍部の大峠を目指し、西へと下って行こう。おっ、赤い人が登って来よる。








8時半頃、その方と擦れ違いました。尻革を着けたオジサマ。
f0016656_23145049.jpg
この山域の常連さんみたいで、
 ・ここから先はお花畑で、この時期が一番いいよ♪
 ・下りより登りに使った方が花を堪能出来るよ♪
 ・大峠には50人位居るよ
等々、色々情報を頂きました。








進んで行くと仰る通り、お花畑に突入。ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)?
f0016656_2315015.jpg









ハクサンフウロ(白山風露)?
f0016656_23151178.jpg

f0016656_23153241.jpg









はて?
f0016656_23163747.jpg









トリアシショウマ (鳥足升麻)?
f0016656_23152162.jpg

f0016656_23164775.jpg









ミヤマシャジン(深山沙参)?
f0016656_23155447.jpg









ウスユキソウ(薄雪草)
f0016656_23161250.jpg

f0016656_23173143.jpg








シモツケソウ(下野草)?
f0016656_23162348.jpg









はて?
f0016656_23172093.jpg

f0016656_23175464.jpg









オダマキ(苧環)
f0016656_23183826.jpg









ニッコウキスゲ(日光黄萓)
f0016656_23165658.jpg

f0016656_2317924.jpg

f0016656_23181521.jpg









おっ!大峠が見えた!すんごい人!
f0016656_2318539.jpg









よ〜く見ると登ってる人も沢山。一面、ニッコウキスゲが咲いている模様。
f0016656_23182740.jpg
擦れ違ったご夫婦によると、今年はニッコウキスゲの当たり年だそうな。

9時半頃、その大峠 1,450mに到着。
丁度、団体さんはニッコウキスゲ満開の大峠山に向かったらしく、静まり返っていました。
私達はここから南下し、三斗小屋温泉へ。








この大峠〜三斗小屋温泉間。この様な簡単な徒渉が数回あります。
f0016656_23184967.jpg









下り始めの大峠付近は、熊が出そうな、虫が湧いてそうな・・・。
草が生い茂って鬱蒼とし、ジメジメ・ドロドロ・・・。
f0016656_23185913.jpg
で、この写真。よく見ると樹への落書きだらけ。。。何でこんな事するん。可哀想。。。








でも30分も下ると明るい森が現れたんでホッ。虫も大丈夫そう♪
f0016656_2319991.jpg
小さなアップダウンを繰り返します。








それにしても人が少ない。下り始めの大峠付近で単独男性に会ったのみ。
f0016656_23191969.jpg
地図には『熊出没注意』と書いています。鈴はつけとるけど。。。








カッチャンはこの様な撮影ポイントがあると立ち止まるけど、
f0016656_23195496.jpg
鬱蒼としたところは被写体が無いので、
ガンガン歩いてアッという間に見えなくなる役立たずです。








『こなに離れて歩きよって熊が出たらどうするんよっ!!』と一喝したら、
f0016656_23206100.jpg
『俺が背負い投げするから大丈夫だよ、雅ちゃんっ♪』って。。。
金太郎かっ!どうせなら白馬に乗って助けに来てくれ。王子様〜♡








稜線は青空一発なのに、谷底を歩いている私達。。。早く明るい所に出たい。
f0016656_23201548.jpg










カッチャンが目敏く見つけたギンリョウソウ(銀竜草)。
f0016656_23202943.jpg









11時前、ようやく《三斗小屋温泉 (さんどごやおんせん) 1,480m》に到着〜♪
f0016656_23203967.jpg
こちらは大黒屋さん。布団も干して清潔感バッチリ。








その横を抜け、隣の煙草屋さんの軒下でランチ。テントも3〜4張り可能みたい。
f0016656_23211229.jpg









毎度のお手軽カップ麺。今回は酸辣湯麺(サンラータンメン)。頂き物のビールと共に。ありがと〜♪
f0016656_23212367.jpg









カンパ〜イ♡
f0016656_23215520.jpg









食後はカッチャンの撮影タイム。
f0016656_23205038.jpg









泊まってみたいなあ、煙草屋旅館。。。勿論、今回も日帰り。見学に来ただけ。
f0016656_2321154.jpg









この山域には1泊で!とずっと言ってたけど、
全く来る目処が立たんので日帰りで来た次第。夏休み“も”吹っ飛びそうやし。
f0016656_232266.jpg









11時半過ぎ、さぁ、出発っ!ビールが効いて足が超重い。。。
f0016656_23221744.jpg
熊出没注意の樹林帯を《沼原分岐→姥ヶ平下分岐→ひょうたん池分岐 1,590m》と進むと、








どぉっわぁ〜っ!!!
f0016656_23223110.jpg
12時半過ぎ、突如、現れた茶臼岳。噴煙がっ!こういう景色が見たかったんよ♪








木道もシッカリしてるし、凄い火山湖が見えるのかも♡と思って、
少し逸れた《ひょうたん池》なる物を見学に。
f0016656_23224213.jpg
木道終点に行ったけど、茂みでよく見えんし、ひょうたんの形か解らんし、色も普通やし。写真無し。








13時前、姥ヶ平を通過し、
f0016656_2322512.jpg









噴煙立ち上る無限地獄(無間地獄、無言地獄)を目指します。ジリジリや〜。
f0016656_2323184.jpg









13時過ぎ、姥ヶ坂に到着。この辺りを無限地獄というのかな。
f0016656_23231134.jpg









間近に噴煙を見る事が出来ます。シューシューと音も凄い。
f0016656_23235144.jpg









うっわ〜っ!迫力満点。
f0016656_2324475.jpg









地球は生きとる。凄いな〜。
f0016656_23241613.jpg









火山っぽい岩。硫黄かな?昔はこの界隈で硫黄を採取してたそうな。
f0016656_23242814.jpg
写真では解らないけど、小さな岩の隙間からも小さな噴煙が上がっていました。








なんという事だ。このド迫力。
f0016656_23243916.jpg









この茶臼岳がこの辺りの火山では一番新しいんだそう。
f0016656_23244981.jpg
それでも1.6万年前活動開始だというんだからスケールの大きい話。
それって石器時代?縄文時代より古いよね?








さよなら。そろそろ噴煙も見納め。
f0016656_23245993.jpg









無限地獄を堪能し《峰の茶屋跡避難小屋》まで水平移動。
f0016656_23251153.jpg









朝日岳がど〜んっ!とお出まし。小屋が見えてきた。朝より人が多い。
f0016656_23252368.jpg









小屋付近で大休止後、14時前、駐車場に向け下山開始。
f0016656_23253275.jpg









左手には、朝、影で見えなかった朝日岳のガレた南斜面が大迫力でずっと見えます。
f0016656_23254455.jpg









朝とは違い、そこそこ登山者がいる中を黙々と歩き、14時過ぎに無事下山〜♪お疲れ様でした〜。
f0016656_23255483.jpg

f0016656_23513680.jpg
駐車場は車も増えて路駐もありました。さ、温泉行こ〜!








あっつい車中で検索し選んだのがコチラ。事前に調べて来いっちゅう話。
f0016656_2326697.jpg
登山口に近い、安い(休日@500)という事で。
温泉の質、雰囲気は抜群に良かったけど、検索不足で、シャンプー等が使用禁止だった。。。登山後やし。
でもまた今度は是非ゆっくり来たいと思えるいい温泉でした♪ちなみにドライヤーも無し。








夕飯は18時頃、とあるSAで二人して唐揚げ定食なんぞガッツリと。コンビニ唐揚げも食べとるのに。
f0016656_23261771.jpg
お気付きでしょうか。4人掛けテーブルに並んで食べるこのラブラブさ。暑いっちゅうねんっ!!
食後、東北道は少し渋滞したけど中央道ほどではなく、21時には帰宅しました♪








色々あって那須岳に決めたのは土曜の自宅出発直前でした。
下調べも足りんし、どうかな〜と思ったけど、シッカリ歩けて、火山も見れて大満足♪
虫も熊も大丈夫やったし♪

何よりあまり乗り気でなかったカッチャンが随分楽しかったご様子で。

克証言
1.まさか駐車場で星空撮影を楽しめるとは♪ (コツを掴んだみたい)
2.強風で発汗が少なく、体力が温存された♪ (快適登山だったらしい)
3.森林限界が低くて、早くから稜線歩きが出来て楽しかった♪ 
4.とにかく景色がドラマティックだった♡
等々。



さあ、次は今週末、巷でいう海の日の3連休。我が家にはあるん?
あるとしたら7/19(日)〜7/20(月)の1泊2日やけど、台風が。。。
しかも実家方面を直撃すると言よるし。
石鎚が守ってくれるけん、直撃は絶対無いけど。

ま、どこかに楽しく出掛けてワクワク出来たらええけどな。

以上、日帰りでも為せば成る!登山レポでした〜。

by amitsuka1210 | 2015-07-15 23:55 | 東北/北関東 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24245068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< トホホのホ…な海の日 @前穂高...      日本酒に乾杯〜♪ …な、雨の日曜日。 >>