いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 19日

薮漕ぎ のち 花と青葉 鶏冠山から甲武信ヶ岳

f0016656_881728.jpg
ど〜も嫁です。5/17(日)にカッチャンと鶏冠山〜甲武信ヶ岳に行ってきました♪

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)
山梨県(州)・埼玉県(州)・長野県(州)の県境にある標高2,475mの山。
奥秩父山塊主脈中央。日本百名山。甲武信岳(こぶしだけ)とも呼ぶ。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 










《 5/16(土) 》

20時過ぎ自宅を出発。勝沼ICで高速を降り、22時に車中泊地《道の駅みとみ》に到着。23時過ぎ就寝zzz
f0016656_7593382.jpg











《 5/17(日) 》

5時頃の《道の駅みとみ》。まずまずのお天気。身支度、朝食を済ませ、
f0016656_75944100.jpg









西沢渓谷駐車場(無料)に移動。車も結構停まってました。
f0016656_7595347.jpg
赤い道路の下に見えるギザギザがまず目指す鶏冠山(とさかやま)。さて、どうなる事やら。








5時半前、歩行開始。暫くは遊歩道で西沢渓谷に向け水平移動。
f0016656_80333.jpg
甲武信ヶ岳に登る《近丸新道入口》や《徳ちゃん新道入口》も通過します。








鶏冠山も随分大きく見えだしました。
f0016656_80115.jpg
山頂付近の岩峰が鶏のトサカに見えるから鶏冠山なんだそう。山梨百名山。








二俣吊橋を渡ったところに鶏冠山への標識。6時頃こちらを通過。
f0016656_802220.jpg









で、6時過ぎ、冷水にシャキッと目覚めの徒渉。おはよ〜♪痛いっちゅうねんっ!!
f0016656_803196.jpg
優しいカッチャンは私の靴も持って♡コケたら私の靴も道連れにする為に違いない。








先週の笊ヶ岳に続き、2週連続の徒渉。
f0016656_804292.jpg
カッチャンは以前、鳳凰二山で徒渉失敗し、激しい腰痛になったので徒渉だけは結構慎重。








徒渉が終わると一気に高度を上げていきます。
f0016656_805148.jpg









結構、急です。でも明るい鶏冠尾根♪
f0016656_8133.jpg









緑が活き活き♡
f0016656_81139.jpg
朝の西沢渓谷沿いの朴葉の青さ、大きさに目を奪われました。写真とは関係無いけど。








花の季節になってきました。キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)かな。
f0016656_812247.jpg









それらを撮る為、必死の図。息しとる?
f0016656_813180.jpg
帽子には既に凄い汗沁み。。。まだ歩き出して2時間程、涼しい7時半なんですけど。。。








ミヤマスミレ(深山菫)かな?
f0016656_814172.jpg









見上げると青空。
f0016656_815022.jpg









今日は富士山は見えるかな。私は甲武信と相性があまりよろしくないので。
f0016656_81581.jpg









シャクナゲ(石楠花)も現れはじめました♪
カッチャンが ↓ この写真、『おじいさんの横顔みたいだね♡』って。えらいショボクレとるね。
f0016656_82874.jpg
今回、『甲武信にシャクナゲを見に行こうよ♪』と言われ、こちらに来た訳ですが、
カッチャンの本当の目的はシャクナゲではなく、コチラ ↓ ↓ ↓








岩稜コース。。。写真は第1岩峰かな?鎖があるのでまだ安心。
f0016656_821867.jpg









振り返ると、
f0016656_822739.jpg









うっすら富士山。
f0016656_823641.jpg









とにかく安全によじって行きましょう。
f0016656_824741.jpg









カッチャンは鎖に触れず登ろうとされていた模様。
f0016656_82579.jpg









私は富士山に見守られつつ、手段を選ばず登ります。
f0016656_83896.jpg









鶏冠山が正面に。右奥が通過する木賊山(とくさやま)。甲武信はまだ見えず。
f0016656_832082.jpg









富士山もさっきより少し大きい。薄いけど。
f0016656_833278.jpg










ホッと一息。
f0016656_835316.jpg










でも今日の核心部はまだまだ先。。。右の高い山が鶏冠山。
f0016656_841056.jpg









第1岩峰、第2岩峰までは割とシッカリした鎖があるので、
f0016656_843172.jpg









慎重に登って行けば、
f0016656_844114.jpg









私でもなんとか大丈夫。
f0016656_845175.jpg









で、ここが核心部・其ノ壱《第3岩峰》。鎖はありません。
f0016656_85577.jpg
ご覧の通り、右手に巻き道はあるんですが、








ねえ。。。
f0016656_852553.jpg









カッチャンが登らん訳無いやん。。。これが第一目的やもんね。
本人はシャクナゲが第一目的だと言い張るが。嘘つき。
f0016656_854637.jpg
しかも初めて自発的に、私の過去(沢登熱中時代)の遺産(シュリンゲ等)を持参して挑んでます。
 ↑ ↑ ↑ この写真。《雅》を踏みつけて。憂さ晴らしか。 ↑ ↑ ↑








えぇえぇ、カッチャンはフリーで安定感抜群にスイスイと登って行きましたよ。
f0016656_853564.jpg









で、私。『雅ちゃ〜ん、大丈夫だよ〜♪』の言葉を信じトライ!
f0016656_851574.jpg
するも、一段上がったところですぐに危険と判断。シュリンゲを即要求。全く信用ならんっ!!








カッチャンはシュリンゲを使った事無いので、上の狭いテラスで準備に四苦八苦。
下から大声であ〜だこ〜だと指示を出す私。。。
f0016656_855718.jpg
残置支点を使って、なんとかスルスルとオレンジの物体がやって来ました。ホッ。








2度程、支点を付け替えて、
f0016656_861836.jpg









9時、鶏冠山(とさかやま)頂上標に到着〜♪本当の頂上はここではなく、もっと上らしい。
f0016656_86303.jpg
って、カッチャンはこの標識を見事にスルー。大声で呼び戻して記念撮影。
この先、大丈夫か?








写真だけ撮って先へ。行程はまだまだ長いのです。。。
f0016656_864984.jpg
しかもこの鶏冠山(とさかやま)〜木賊山(とくさやま)間は核心部・其ノ弐。
トサカとかトクサとかヤヤコイ。。。








何が核心部なのか。《超ヤヴァイ薮ヤブ》なんです。。。写真はまだ穏やかな9時半頃の模様。
暫くは踏み跡もシッカリしてるし、『これ、ほんとにバリエーション?』と思う位。
正面のなだらかなのが木賊山。左の少しザレた尖った山が最終目的地・甲武信ヶ岳。
f0016656_87267.jpg
でもどのレポを見ても、この《鶏冠山〜木賊山》間で薮に巻かれて道迷いをすると書いているのです。








なのでカッチャンには先程の頂上標スルーの事もあり、
f0016656_871310.jpg
『急いで行かんでええけん、ルーファイをシッカリしてよ!』と大きな釘を刺しときました。








で、この写真が10:44の模様。木賊山、近そうに見えるんやけどなあ。
f0016656_872282.jpg
とりあえず、尾根を外さない様に、木賊山の位置を確認しつつ、アップダウンを繰り返しました。








で、こちらがその1時間後、11:44の模様。残雪に足跡一杯の一般道と合流。
f0016656_873154.jpg
ルーファイに必死だったカッチャンは、この1時間、薮漕ぎの為、全く写真を撮っていません。
それでも何回かルートロストし、私も2度程、切れました。恐〜。
シャクナゲ・ブッシュが痛いのなんの。今、あっちこっちローラ状態です。傷だらけの。








11:46、展望の無い木賊山(とくさやま)2,469mに到着〜!
f0016656_874246.jpg
ベンチもあるけど、ここでランチも暗いしねえ、という事で一気に甲武信に向う事に。







木賊山を下って、甲武信への最後の登り返し。
f0016656_875593.jpg









それまでの道があまりに酷かったので、この最後の登りですら快適、快適〜♪
f0016656_88510.jpg









12:18、賑わう甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)2,475mに到着〜♪
f0016656_881728.jpg
何度か来ているのでツーショット写真は無し。愛も冷めたのね。








風の強い山頂を後にし、少し下った富士山のウッスラ見えるところでカンパ〜イ!
f0016656_883037.jpg

f0016656_885076.jpg

f0016656_891195.jpg









ランチは毎度のお手軽カップ麺。
f0016656_88403.jpg
A型カッチャンはキッチリ3分計ってルンルンで頬張った瞬間、
『かたっ!雅ちゃん、これ5分だよ〜!!』と私に対し文句を。そんなん知らんがね。








そんなカッチャンの帽子。汗沁み、かなりヤヴァイ。。。
f0016656_88591.jpg









ノンビリとランチ後、13時、さ、下山しましょ。木賊山への登り返し。
f0016656_892176.jpg









ビールが効いて足が超重い。。。
f0016656_894278.jpg









13時半前、やって来た鶏冠尾根方面への看板。通行止とありますがコッチから来ちゃった。
f0016656_81071.jpg
登りは大丈夫でも、ここから下るのはかなり大変でしょうね。。。私は絶対ご遠慮します。








写真中央の濃い緑の尾根が、その登ってきた鶏冠尾根。
f0016656_8102182.jpg









14時頃通過した1,800m付近のシャクナゲが見頃でした。
f0016656_8103239.jpg









撮る人。
f0016656_8104294.jpg

f0016656_8105269.jpg









観るだけの人。
f0016656_811189.jpg

f0016656_8111050.jpg









楽しみ方は人それぞれ。さ、下りましょ。
f0016656_811193.jpg

f0016656_8112935.jpg









14時半前、《近丸新道》と《徳ちゃん新道》の三叉路に到着。
f0016656_8113881.jpg









私達は左手の近丸新道へ。
f0016656_811468.jpg









いんや〜、新緑が素晴らしい♪
f0016656_8115752.jpg









先週の笊ヶ岳も新緑が綺麗やったけど、この時期、短い期間の楽しみ。
f0016656_8121125.jpg
肉眼でも緑が、空気が、キラキラしてます。








15時、徒渉ポイントに到着。でもここは2m弱の鉄の橋が掛かっているので靴は脱がなくて大丈夫。
f0016656_8122350.jpg









汗かき坊やの水浴び。右隅に写っているのが渡った橋。
f0016656_86792.jpg









対岸に渡るとまたこのマイナスイオンたっぷりの緑♡眩しい〜♪
f0016656_8123260.jpg









鮮やか〜♡
f0016656_8124132.jpg
と、ここで、カッチャンが『聞いた事無い』と言うので学習コーナー。

目には青葉 山ホトトギス 初鰹

「青葉・ホトトギス・初鰹」は夏の季語。
最初の「目には」だけ詠んで、後の「(耳には)ホトトギス」、「(口には)初鰹」を省略している、
江戸時代の俳人・山口素堂の名句。

初鰹、はよ食べんとね♪そっち?







あとはトロッコ道の様な水平歩道をひたすら登山口へ。
f0016656_8124997.jpg
何カ所か崩落してたけど、慎重に行けば大丈夫。








ツツジもお見送り。
f0016656_8125995.jpg









15時半前、近丸新道入口に到着し、
f0016656_813821.jpg









15:45に駐車場に戻ってきました〜♪登山終了〜♪
f0016656_8131834.jpg

f0016656_16481156.jpg









温泉は帰り道にあったコチラ。入口が既に4Fで、温泉は1Fの河原傍に下るという面白い造り。
f0016656_8133069.jpg
@500でシャンプーとボディーソープ付き。空いてたし、汗を流せたらいいので、ま、良し。








あとはコンビニで小腹を癒しつつ、高速渋滞を避け柳沢峠経由で帰路に。
f0016656_8133939.jpg
途中、毎度の丸亀製麺で夕飯を摂り、20時過ぎに帰宅した次第です。
折角、温泉で汗を流し、快適な涼しい車内で清潔に過ごしたのに(しかもずっと助手席で)、
↑ 上の熱いうどんで大汗をかいてたニッチャリ野郎。。。






で、ここ最近、ハードな山行続きの我が家。

それもこれも、GW返上で働いたカッチャンがあまりに気の毒だったので、
『ま、付き合ってもいっか。』と割と素直に従った訳ですが。

さすがに私、今山行で思いっきりブチ切れまして。

暫くは私の要求する《穏やかでワクワクする山行》が 何本か 続く予定です♪
3つ(笹山笊ガ岳、今回の鶏冠山)も貴方の希望に応えたもんね。

それに応えんと日帰り甲斐駒には行きませんのでカッチャン、よろしく。

以上、傷だらけのローラがお送りした《鶏冠山〜甲武信ヶ岳》レポでした。

by amitsuka1210 | 2015-05-19 18:37 | 奥秩父/奥武蔵 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/24020042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-05-20 15:25
鶏冠山がほんとにトサカみたいなんだって
初めてしかと見させていただきました!
で、甲武信へもすんなりと甲武信に行くんじゃなくて
こんなところを行っても「いちにち」なんですね!!
パワフルなお二人の山歩き、毎回ほんとに見逃せません(^^。
Commented by bebe at 2015-05-20 20:59 x
いやーウケたー!すごい冒険山行、面白い♪
毎回 実は思っていましたが、写真にこっそり入れている「雅」の一文字が何とも良い味を醸し出していますよね。(°∀°)
それに、最後の しばらくは穏やかなワクワクする山行っていうのがまたツボに入ったみたいです。
頑張れ!克ちゃん、応援しています!笑
しかし健脚なお二人だこと。お見事でした♪
Commented by amitsuka1210 at 2015-05-21 08:26
palletさん、おはようございます。雅です。
鶏冠山、私は全く知りませんでした。
薮漕ぎが多いと知ってたけど、あれ程とは思わず、
カッチャンもずっと平謝りです。
でもこれで暫くはもっと穏やかな《いちにち》を過ごせそうです♪
週末、晴れんかな♪
Commented by amitsuka1210 at 2015-05-21 08:33
bebeさん、おはようございます、鬼嫁です。
写真のアチコチに現れる『雅』、かなりシュールでしょ。。。
もうちょいカッコヨク・・・ねえ。ま、今更ええんですけど。
bebe夫婦のコラボ登山や大人キャンプ、いつも指をくわえて見ていますよ。
私もそんな穏やかな山に行きたぁ〜〜〜いっっ!!
Commented by chiaki at 2015-05-25 12:11 x
笹山、笊、ときて鶏冠山...すべて私が登りたい山です。
鶏冠山のとしょうと岩場が気になっていたので、様子がわかって良かったです。
大三峰は迂回路もあるんですね。
しかし、二人ともさすがです。
Commented by amitsuka1210 at 2015-05-26 08:41
chiakiさん、おはようございます、雅です。
最近、極端に静か“過ぎる”山ばっか行ってたので
chiakiさんの“バッタリ山”続きを羨ましく見てました。
ところが先日行った山は偶然にも“お山開き”の山で、
あまりの人混みに少々戸惑いつつ歩きました。
人気の山は人が多過ぎるし、誰とも会わない山は寂しいし。
ワガママですね。


<< エンヤ〜♪ 会津磐梯山はぁ〜宝...      心が晴れ渡る大絶景の笊ヶ岳 >>