いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 13日

心が晴れ渡る大絶景の笊ヶ岳

f0016656_22253257.jpg
5月10日の母の日に雅ちゃんと笊ヶ岳に行ってきました。

笊ヶ岳(ざるがたけ)
山梨県と静岡県とにまたがる赤石山脈白峰南嶺の標高2,629mの山。
日本二百名山及び山梨百名山。







考えてみたら4月26日に笹山に行って以来、世の中は華のGWで盛り上がっていたみたいですが、自分は今回の5月10日まで休み無しで働いていました。。。    ブツブツ ブツブツ。。。



会社の階段を登るのにも息があがるくらいに弱っていて、ゆっくり休みたい気持ちはあります。

…が、人間に本来備わっている野生の血を呼び起こさないと、なんかこのまま駄目になってしまいそうだったので、(別に生き急いでいる訳ではありませんが)密度の濃い時間を求めての今回の山行きとなりました。





f0016656_23103545.jpg
いつもの様に土曜日の退社後の20時に自宅を出発。

雨の中央道を走り、ヴィラ雨畑に22時半前に到着。




今回はウイスキーのロックが寝酒です。  気の利く雅ちゃんが氷を用意してくれてました。








f0016656_2310551.jpg
朝は4時起き。
駐車場に4時半頃到着しましたが、先客がいました。

その方と軽く挨拶をして、その後その人は自転車で出発して行きました。








f0016656_2311584.jpg
自分たちも準備を済ませて5時前に出発。

笊ヶ岳は二人揃ってのお初の山なので、ちょっとわくわく!!   テンションあ〜っぷ!








f0016656_23112019.jpg
今回の山行に至って、いろんな候補を雅ちゃんに言った結果、「いつも同じ所は嫌! 行った事無い所じゃないと嫌!」


…との事から、今回の笊ヶ岳。



本来は前回の笹山の時も、笊ヶ岳とどっちにしようか迷ったけれど、残雪期のお初の山はちょっと腰が引けるし、面識ある笹山に比べると登頂率が低いとの読みから、前回は笹山にした次第であります。








f0016656_23113912.jpg
正面の山が布引山でしょうか?
めっちゃ遠く感じるんですが。。。


笊ヶ岳のイメージは、日帰りではキツイとの噂を耳にして、しかも雪の残っているこの時期&2週間振りの運動となる現在の自分たちの体力で大丈夫だろうか?   ハードル高いかな?
…と、不安がよぎりました。










f0016656_2312513.jpg
前回の笹山とさほど地形が変わらないと思われる今回の笊ヶ岳。
その時の残雪状況や、それから2週間も高温の日々が続いているので、何となくイメージが沸きます。



それに、日も長くなったので何とかなりますかね!   …って漠然とした感覚。(そういう事を考えているだけで生き生きしてきます!)









f0016656_23115416.jpg
途中にいたカモシカ君。

何度も会いましたし、帰りにもビックリさせられました。
この辺りが縄張りなのでしょうかね?








f0016656_23121816.jpg
一応、想像力&驚きの妨げにならない程度の最低限の情報(駐車場、水場 etc...)を調べての今回の笊ヶ岳ですが、そのイメージトレーニングだけでも、日常生活を乗り切れるだけの喜びの糧になります♪   …どんだけやねん。。。








f0016656_23123020.jpg
実際に歩いていると空気が気持ち良いし、この場所にいられるだけで幸せなんですよね!








f0016656_2312434.jpg
あとは自分自身の中にある身体の反応に期待。

やっぱり、これが人間本来求めている自然の感覚なんでしょうかね。








f0016656_23125616.jpg
この時期は湿気も無く、日も長く、1日が快適で日の短い半年前に比べたら、1日そのものが、ホント得をした気持ちになります♪








f0016656_2313471.jpg


f0016656_2314456.jpg
横殴りの斜光に照らされた木漏れ日が輝いていて、こういう感覚もこの場所に足を運ばなければ感じる事が出来ません。


これだけでも感情が豊かになる感覚です♪   あぁ、素晴らしきかな人生♪









f0016656_23141434.jpg
途中、崖からのシャワーを浴びながらの歩行。








f0016656_23142596.jpg
どことなく、便ヶ島~西沢渡のガレを思い出します。









f0016656_23143935.jpg
キラ〜ン! 久しぶりの大自然はホント気持ち良いし、有り難いし、見えない力が体内から沸き上がります♪








f0016656_2314522.jpg
そして事前の情報の広河原にて徒渉。

いつぞやのジャンプによる徒渉失敗の代償から、潔く横着しないでの徒渉。








f0016656_231568.jpg
めっちゃ水が冷たかったです!

…これも青春なんですよね!    









f0016656_23151763.jpg
広河原の徒渉後、本格的な登りの始まり。


新緑の若葉が軽快に輝いていて、気持ち良い森歩きです!








f0016656_23152945.jpg
地面もフカフカで歩き易く、傾斜も先々週の笹山ダイレクト尾根のようなアホみたいな傾斜ではなく、自然な傾斜をジグザグに登っていく感じで快適でした。








f0016656_23154213.jpg
ショートカットになったばかりの雅ちゃんも「何の木やろ?  緑が気持ち良いわい♪」

…穏やかに登っていきます。








f0016656_23155785.jpg


f0016656_23161594.jpg
尾根が東側なので、陽が射し込み非常に明るく気持ち良く、湿気も無く爽やかに鳥のさえずりをBGMに登っていきました。








f0016656_23162636.jpg
ピンクテープも途切れる事無くあるので、迷う事はありません。


それにしても、光のシャワー&木漏れ日トンネルで、めっちゃ気持ち良い〜♪








f0016656_23163831.jpg
こんなのもありました。








f0016656_23263677.jpg
そして、なんと今年初めてのイワカガミとの御対面!


こんにちわ♪







f0016656_23165376.jpg
…を、撮影中の図。


他に登山者がいないので、登山道の真ん中で寝そべっても問題ありません。








f0016656_23184216.jpg


f0016656_23185626.jpg
尾根は広くて、どことなく日向八丁尾根の大岩〜烏帽子辺りの森と表情が似ています。








f0016656_23191098.jpg


f0016656_23192145.jpg
地図では桧横手山辺りですが、標識が見当たらず、気が付いたらその標高を超えてスルーしてしまった模様。


おそらく布引山手前辺りから傾斜がキツくなり、しんどい登りが続きました。









f0016656_23193685.jpg
すると視界が開き、稜線の気配が。。。


目の前には残雪の聖岳との御対面♪








f0016656_23194950.jpg
10時10分、展望の無い布引山山頂。








f0016656_232061.jpg
そこから残雪と狭い木々の隙間を下ってから、笊ヶ岳の登り返し。


この区間が結構大変でした。
踏み抜きを避けて樹林帯を歩くも、木の枝攻撃に遭い腕やすねは生傷だらけ。
何気に疲れる区間です。









f0016656_23201927.jpg
鞍部からの笊ヶ岳。


一般的な日帰り登山だったら、布引山まではキツいものの範囲内ですが、ここに来てこの布引山〜笊ヶ岳の登り返しが、日帰り笊ヶ岳はキツイ   …っていう意味を実感しました。








f0016656_23203435.jpg
そして11時35分に笊ヶ岳山頂♪


山頂には駐車場で挨拶をした自転車の方が寛いでいました。








f0016656_23204634.jpg
クリックすると拡大します



まずは上河内から塩見までのパノラマ写真!
広〜いし、爽快♪








f0016656_2321016.jpg
左に塩見、右に尖った北岳。








f0016656_23211752.jpg
写真に興味が無いと言い張っている雅ちゃんが、なにやら夢中に撮っています。








f0016656_23212987.jpg
小笊と富士山♡








f0016656_23214032.jpg
先程の方と山座同定の話をして、早々と下山していきました。

後で分かった事だけど、その方はヤマレコをされていて、しかも相当の日帰りロングコースを健脚のスピードで歩かれていました。



山頂は貸切になったので、のんびりタイム♪








f0016656_23215164.jpg
ちょっと風が冷たかったけれど、自分は南アルプス南部を東側から見た事が無かったので、稜線が解り易く、大感激!








f0016656_2322453.jpg
ってところで、望遠レンズに切り替えての撮影タイム♪








f0016656_23221583.jpg
荒川三山。    クリックすると拡大します。








f0016656_2322283.jpg
雪の少ない聖岳あっぷ。








f0016656_23223871.jpg
上河内岳あっぷ。








f0016656_23225068.jpg
塩見岳あっぷ。








f0016656_2323540.jpg
北岳。









f0016656_23232170.jpg
雅ちゃんと同じ構図の小笊と富士山。








f0016656_23233440.jpg
一通り撮影したので、ランチタイム♪










f0016656_23234887.jpg
& 恒例の記念写真。








f0016656_23235818.jpg
登ったは良いけど、日帰りなので帰らねばなりません。

山頂でのまったりタイムを過ごして12時30分、下山開始。








f0016656_2324105.jpg
布引山まで下って〜登り返し。   トホホ。。。









f0016656_23302692.jpg
足元はグサグサです。








f0016656_23303868.jpg
帰り道は行きの教訓からか、あまり荒れた樹林帯を歩く事無く、ちゃんとした登山道を歩く事が出来ました。








f0016656_23304890.jpg
布引山を過ぎると普通の登山道になって一安心。      下りっぱですけどね。









f0016656_23305931.jpg
それにしても、1日通して好天に恵まれました♪    良かった、良かった♪









f0016656_23311259.jpg
やっぱり天気が良いと、全てが気持ち良いし、全てに対して嬉しくなります♪








f0016656_23312530.jpg
バイカオウレン(梅花黄蓮)








f0016656_23313598.jpg
夢中に撮っている図。








f0016656_23314699.jpg
イワカガミ♪  …に、こんにちわ!








f0016656_23315768.jpg
お見苦しいですが、夢中に撮っている図2。








f0016656_23321514.jpg
これまた夢中に撮っている図3。









f0016656_2332274.jpg
こういう時に、バリアアングルは重宝します。








f0016656_23323747.jpg



f0016656_23332062.jpg
ホント、1700m付近に大量のイワカガミが咲き乱れていて、なかなか先に進む事が出来ませんでした。








f0016656_23334897.jpg



f0016656_233441.jpg
疲れている時に、花は一時の安らぎを与えてくれます♪


…癒しですね。







f0016656_23341729.jpg
場所に寄りますが、雪は過ぎ去って、これからは花の季節が一気に加速していくんでしょうね。









f0016656_23343051.jpg
花の群落を過ぎると疲労が目覚めて、このコースの長さを思い知らされました。



山の神からは脱水症状一歩手前でフラフラになって歩いていました。








f0016656_23344142.jpg
そして広河原。

行きの時よりも水量が多く感じます。      相変わらず冷たく、足を突っ込むのに躊躇する図。









f0016656_23345223.jpg
行きには無かった鹿の角。








f0016656_2335474.jpg
疲れていますが、ツルッとしない様に慎重に歩いて行きます。










f0016656_23351642.jpg
結局、この日に会った人は山頂で会った自転車の方と、下山時に檜横手山で会ったテント装備の感じの良いお兄さんだけの静かな山歩きを満喫出来ました。








f0016656_23352798.jpg
そしてクタクタになった17時半前に駐車場到着。
f0016656_18110879.jpg



足のダメージは笹山ほどでは無かったものの、長かったし疲れました。








f0016656_23353924.jpg
帰りはヴィラ雨畑(550円)で汗を流し、帰りの高速渋滞も殆ど無く、予定していたよりも早く帰宅する事が出来ました。




行く前は、ホントに歩けるかな?   …って不安もありましたが、いざ歩いてみると、明るく気持ちの良い尾根で、イワカガミにも会えて、山頂からの絶景に大感激の今回の笊ヶ岳。

筋肉痛にはなりましたが、笹山痛の免疫が出来ているのか? 思ったよりも早く治りました。
これからも少しずつだけど、歩ける身体を取り戻して、高山植物咲き乱れる山々を元気に歩き回りたいと思いました!


やっぱり、山はいいですね♪


…以上、絶景の笊ヶ岳レポでした。

by amitsuka1210 | 2015-05-13 23:28 |    ( 南ア南部 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/23998397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2015-05-14 20:19 x
激務、大変ですね。
しかし凄いです、笹山から1ヶ月あいての笊とは...。
しかも日帰りとは...すごすぎです。
私も笹山、笊と狙ってはいますが、いまだチャンスは訪れず。
ロング&ハードな所は年齢が進まない内に行きたいけれど、そういう山に限って登山口までのアプローチも遠い。
参考にさせて頂きます。




Commented by amitsuka1210 at 2015-05-15 07:19
chiakiさん、おはようございます。

笊ヶ岳、良かったですよ♪  山頂からの眺めは荒川〜上河内までの稜線が間近に見えて、最高の眺めでした♪
南アルプス南部を東側から見る事など無かったので、急登を登る価値ありです。  (歩きやすそうな秋は日が短いですが、今の時期は日が長いので。。。)

明るい森でしたし、もう花が咲き始めてるんですね。

考えてみたら、去年chiakiさんが鞍掛山にクモイコザクラを見に行った時期になりつつあるので、これからは花を求めての山歩きになりそうです♪

chiakiさん、コメントありがとうございました。

Commented by pallet-sorairo at 2015-05-16 17:45
こういうところへ日帰りで行ってしまうっていうところが
お二人のすごさですよね。
タイトルに偽りなしの「いちにち」が本当にすごいなぁと思います。
笊ヶ岳って言うと椹島から入るイメージなのですが…
どこから入るにしても私にはムリですが(^^;
雅さん、ショートカットとってもお似合いですね♪
Commented by amitsuka1210 at 2015-05-17 22:45
palletさん、こんばんわ。

今は空白のGWの件もあり、なにか心に残る思い出が欲しい衝動に駆られています。
多少、翌日に響いたとしても、なにか今の季節がそうさせても許してくれるような、ちょっと休日に限ってはアクティブな自分なんです♪

それに最近の日曜日の天気が良いもので、今日も(17日)ちょっとした冒険をしましたが、いろんな反省点がありました。
人生、いろいろですもんね。。。

レポは雅ちゃんにお願いしたので、今回のいろんな不満点をかかれそうで恐いですが、これも、人生いろいろですもんね。。。

palletさん、コメントありがとうございました♪


<< 薮漕ぎ のち 花と青葉 鶏冠山...      どこにも行けない2015年GW。 >>