いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 03月 18日

谷川の勇姿を拝みに白毛門

f0016656_2204066.jpg
3月15日に雅ちゃんと白毛門(しらがもん)に行ってきました。

久しぶりに心震える様な景色を目の当たりにして、自然の偉大さに触れたのであります。。。




最近の自分の生活は、  食事
            通勤
            仕事
            入浴
            睡眠

…のみの生活に感じられて、余計な事はスルーしてしまい、感情が無機質になり掛かっている生活を送っていて、せめて休日だけは喜怒哀楽を吸収しなければ!   …と、疲れているけれど、(週末だけは東京を脱出したい!)& 山に行きたい病に襲われました。。。     病気?


でも、翌日の仕事の影響のない程度に帰還出来る山を探して、この谷川岳の展望台の白毛門に行く事にしました。





《3月14日》




f0016656_21412050.jpg
会社から帰宅して20時に自宅を出発。


関越道を走りながら聞こえてきたラジオで、山形弁に吹き替えて歌っている歌手の歌声に興味津々の雅ちゃん。

車中泊する下牧PAでは、先程の山形弁の歌姫をユーチューブで検索再生して、ウイスキー片手にご機嫌の雅ちゃんでしたが、スイッチが入ってしまいエラく気に入ったらしく、きりが無いのでそんな雅ちゃんを放置して自分は早めの23時前に就寝。。。








《2月15日》




f0016656_21413962.jpg
朝、土合駅に向かい準備を済ませて6時半に出発。


…の前に、土合駅のトイレに行きましたが、皆さんは駅内でテントを張っていたり、トイレも暖かく綺麗で快適に駅泊なされていた様でした。








f0016656_21415120.jpg
そして登山開始。

山の天気はA予報でしたが、こんな感じの空の下をスタート。








f0016656_2142564.jpg
今回初めての白毛門。

お初の雪山は緊張するんですが、この日は前日の入山者がよほど多かったのか、完全な道が出来上がっていました。


さすがにこの橋だけはトレース無し。








f0016656_2142181.jpg
雪は締まっていて歩き易く、この感じだとスノーシューの出番は無さそう。。。








f0016656_2142303.jpg
木の根元が熱でツリーホールが出来ています。

もうすぐ春なんですね♪








f0016656_21424178.jpg
そしていきなりの急登!

えぇ〜!    一気にふくらはぎがパンパン!!








f0016656_21425667.jpg
こうやって自然の空気に触れて、呼吸する事によって浄化されていく感覚。    あぁ、生きているって素晴らしきかな人生は♪








f0016656_21431032.jpg
天気はあいにくですが、樹々の隙間から現れる光景に目を奪われます。








f0016656_21432236.jpg
傾斜がキツくなったので早々にアイゼン装着!


後ろがロープウェイですね。








f0016656_21433511.jpg
しっかし登りっぱなし!


疲れるけれど、無機質になり掛かっていた感情に変化が生まれてきました。









f0016656_2143488.jpg
身体も暖まってぽっかぽか。


やっと身体も目覚めて、天気はこんな感じですが、ここにいるだけで幸せ♪
よほど自分は日常生活にストレスを抱えているんでしょうかね?








f0016656_2144296.jpg
振り返って谷川方面。

正面の尾根が日本三大急登の西黒尾根でしょうか?










f0016656_21441342.jpg
こっちが東尾根と一ノ倉の絶壁。

神々の宿る聖域。。。
…そんな光景でした。









f0016656_21442825.jpg
急登がひと段落して、目線は松ノ木沢ノ頭。








f0016656_21444093.jpg
雪屁もモッフモフに発達しています。








f0016656_21445782.jpg
歩き始めて1時間半くらいだったので一本入れようと休憩!

…と、トレースから外れて荷物を降ろそうとすると、ズボっと踏み抜き。








f0016656_2145946.jpg
すると雅ちゃんは助けてくれる訳でもなく、「カメラ貸して、写真撮ったげるわい♪」

…と、笑いながらのショット。


雪の下がどうなっているのかお初の場所なので解りませんが、結構この様な場所がたくさんありました。
下手したら一人で脱出出来ませんからね。









f0016656_21455911.jpg
それ以降、あまりトレースから外れないように歩きました。


ほっこりする静寂の風景♪








f0016656_21461360.jpg
振り返ってだいぶ登ってきました。

急登なので効率良く高度を稼ぐ尾根です。









f0016656_21462685.jpg
8時半過ぎ、松ノ木沢ノ頭。

テントも張ってあって、天気が良かったら谷川岳を眺めながら最高のテント泊が出来そうな場所でした。



白毛門はガスの中。。。








f0016656_21464351.jpg
松ノ木沢ノ頭からはピッケルを使用。

途中にテントが4〜5張りあったので、そのテント泊の登山者が下山してきました。
山頂は真っ白で何も見えず、これからの方が天気回復して良いと思うよ!   …と、声を掛けられました。








f0016656_2147476.jpg
こんなんだけど、ホントに天気回復なんてありえるんだろうか?

…と、山頂を見上げる。








f0016656_21471777.jpg
チラッと谷川方面が見えてきました♪








f0016656_21473247.jpg
こんなのがあったり、結構クラックがあったり、トレースが巧くそれらを回避していましたが、もしNOトレースならば注意が必要ですね。








f0016656_21474489.jpg
風も吹き付けてきて、ちょっと寒くなってきました。








f0016656_214816.jpg
晴れていたら大展望なんでしょうね。


でも、気持ちの良い雪歩きなんです♪









f0016656_2148156.jpg
そして9時半に山頂らしき所に到着。




初めての山なので、山頂と判断出来ずに、後続の登山者に「ここが山頂なんですか?」

…と聞いたところ 「私も初めてなので解りませんが、今、GPSで調べてみます」
と調べてもらい、GPSでは山頂はあと20m先らしい。。。









f0016656_21482929.jpg
早速、行ってみるものの、その先は地雷地帯で、トレースも薄くなり、先程の所が山頂と断定。








f0016656_21484413.jpg
って事で、恒例の記念撮影。


今年は曇天率が高い雪山歩きです。。。








f0016656_214931.jpg
山頂で粘ってみたものの、風も強く、寒くなり、休憩出来る様な状況では無かったので、山頂を後にしました。








f0016656_21492199.jpg
こんな感じ。

行きの時よりも視界は悪く、風も強くなってきました。








f0016656_21495289.jpg
危険な地雷が沢山あるので、トレースから外れないように下山していきます。








f0016656_21501069.jpg
風がめっちゃ痛い。








f0016656_215024100.jpg
ここまで来ると風も弱くなり、視界も開けてきました。








f0016656_21511068.jpg
振り返って白毛門山頂。

真っ白ですね。










f0016656_2151365.jpg
暫く下山していき、ランチの出来そうな場所を探しながら歩いて行きました。








f0016656_21515282.jpg
丁度、松ノ木沢ノ頭に張ってあったテント脇が風も無く、谷川方面の展望が抜群だったので、ここでランチにします♪

今日の山ランチは、コンビニで買った野菜たっぷりチャンポン♪









f0016656_215255.jpg
気温は0℃。

もう冬の寒さによる恐さ、痛さなどは過ぎ去って、春山感覚で安心して休憩をとる事が出来ます。








f0016656_21525157.jpg
大迫力の一ノ倉。








f0016656_215341.jpg
右下に人が写っていますね。








f0016656_21531857.jpg
なんか登ってみた感じ、下山はあっという間だと思うので今回ホットワインはさすがに止めておきました。








f0016656_21532961.jpg
だんだんとガスが抜けて、青空を顔を出す中、スキーヤーが登ってきます。








f0016656_21533519.jpg
青空と共に気温も上昇!
ジリジリです!



トレースのステップを崩さないように、脇にそれて尻セード♪







f0016656_2153521.jpg
なんか久しぶりの青空の雪山にテンションが上がります。


山頂に着くのが1時間遅かったら、山頂での大展望を味わえたんですけど。。。








f0016656_21543144.jpg
そして、やっと谷川岳が姿を現しました!

すげー迫力!  東尾根からの登山者の列がはっきり見えますね。








f0016656_2154452.jpg
この迫力はモノクロの方がシンプルに映えます。


まさに神が宿る山ですね!








f0016656_21543553.jpg
ちなみにカラー写真。

ちょっとイマイチです。。。








f0016656_21545517.jpg
この絶壁!

標高はそんなに高く無いけれど、壁の高低差がハンパ無く高いから、迫力が凄まじい!
あまりこの様な景色を見る事が無いので、衝撃と震え、久しぶりに痺れる景色を目の当たりにしました!








f0016656_21551185.jpg
折角なので展望の谷川をバックに記念写真!     仲の良いフリ?









f0016656_21552357.jpg
何枚か撮っていると、何故かこの様な感じに。。。。      嫁のいびり?









f0016656_21553269.jpg
いつも辛気臭く下を向いていると、こうやって雅ちゃんのやり方で叱咤激励をしてくれます。

本人は叱咤叱咤で激励なんかしていない …と言いますが、全くブレる事無くイジってくれるので、とても助かっているし、感謝しています。




こんな事されて感謝しているって変ですが。。。








f0016656_21554493.jpg
こうやって仲の良いフリ写真をパシャリと。。。



今こうして見てみると、とんでもなくアホ夫婦ですね。。。

まぁ、雅ちゃん曰く、これもプレイですから。。。








f0016656_21555947.jpg
何はともあれホント、素晴らしきかな谷川岳です!








f0016656_21561261.jpg
東尾根。


山頂では何も見えなかったけれど、こうやって大迫力の景色を眺められて元気が出ましたし、やっぱり足を運ぶ事によって得られる事の大切さを実感しました。


ホントは疲れ切っていて、休日はゴロゴロとしていたい欲求もありましたが。。。










f0016656_21562633.jpg
雅ちゃんもこのくらいの雪山歩きが丁度良いって満足していました。


雅ちゃんの心情写真?








f0016656_2156458.jpg
自分にとって自然が先生なので、この感情を濁す事無く日常に還元出来るようになれれば …と思うと同時に、いつもいじってくれる雅ちゃんにも感謝。


自分の心情写真?








f0016656_21573047.jpg
結局12時30分には下山出来、帰りの高速渋滞も無く、寄り道しても15時半には帰宅出来ました。


翌日に疲れを残さず、雪山を歩いてこの時間に自宅にいる幸せ。。。
いつもこのくらいなら丁度良いんですけどね。



思っていたよりも得た事の多い今回の白毛門に大満足♪


週末からの連休は、またのんびり展望宴会テント泊をしてみたいと天気予報と睨めっこ中。。。
週末晴れないかな。


以上、こころが満たされた白毛門レポでした。

f0016656_17444658.jpg


by amitsuka1210 | 2015-03-18 07:24 | 上信越/谷川 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/23785569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-03-19 21:02
すごい! 一ノ倉沢。
こういう雪景色が見たかったの。
白毛門の夏道は木の根っこだらけでとっても歩きにくかった。
ここは絶対雪の時のほうがいいはず…とは思っていたけど
私にはとても行けないので、ここで見せていただけて嬉しいです。
それにしても仲のよろしいことで、
ツリーホールよろしくお二人の周りもみるみる雪解けしたのでは(^^!??
Commented by amitsuka1210 at 2015-03-19 23:22
palletさん、こんばんわ。

白毛門は木の根っこだらけなんですか?
結構、雪の下は空洞があったので、歩いていていつ踏み抜くのかおっかなビックリでした。

でも、すんばらしい景色でしたよ♪
ホント、久しぶりに景色を見てこころが震えました!! 

自分たちは仲が良いと思っていますが、雅ちゃん曰く、そういうプレイだそうなので、これからもアホ夫婦を暖かく見守っていて下さい。。。

palletさん、コメントありがとうございました♪


<< 小春日和の展望テント泊 @中遠見山      真っ白じゃんか登山 in 横岳 >>