いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 02月 19日

初めての第二小屋 @黒戸尾根

f0016656_2256325.jpg
2月14〜15日の雅ちゃんと黒戸尾根に行ってきました。



本来なら2月は尾澤さんの大平宿ツアーに声を掛けて頂いたけれど、仕事の関係で確実に土曜日を休めるか不明だった為に、お誘いを断っていました。。。

ところが、状況が変わって急遽休める空気だったので、建国記念日との入れ替えで14〜15日に黒戸尾根に行ってきた次第であります。。。




《2月14日》





f0016656_22363233.jpg

いつもは車中泊からのスタートですが、金曜日の夜に「崖の上のポニョ」がTVでやっていて、思わず雅ちゃんと見入ってしまい出発は土曜日の朝一。

写真は7時前のべるが通りから眺める甲斐駒ケ岳。
分厚い雲に覆われて、風が強そうです。








f0016656_22364645.jpg
駐車場はガラガラだった為に、念の為スノーシューを持っていく事にしました。

出発は7時半頃。。。     同泊する静岡のお兄さんと殆ど同じスタートになりました。








f0016656_22365644.jpg
思ったよりも天気が良さそうだし、久しぶりの七丈小屋泊を楽しみに、ザックの中には余計な食材やらを詰め込んで、張り切って出発しました♪








f0016656_2237820.jpg
予報だと翌15日は風が強いらしいので、安全登山を祈ってお参り。。。








f0016656_22372277.jpg
雅ちゃんは、ちょっと睡眠不足気味だったみたい。     ポニョ可愛い♪ ポニョ♪ ポニョ♪ …と夢中になって見ていましたからね。。。








f0016656_2238165.jpg
歩き始めは寒かったですが、登り始めるとすぐに汗をかいてしまいます。    ←自分だけ? 異常な汗の量に雅ちゃんもビックリだったらしい。。。








f0016656_22382613.jpg
先行トレースは2〜3人くらい。

気持ちの良い森歩きです♪








f0016656_22383864.jpg
相変わらず風が強そうな雲の姿です。








f0016656_22384970.jpg
笹の平分岐点からの横手方面。

15日の下山時にはトレースがありました。








f0016656_2239153.jpg
結構な雪の量&スノーシューなどの荷物で、いつもよりもペースは遅いです。








f0016656_22392148.jpg
トレースはあったものの、風で薄ら消え掛かり、思ったよりも踏み抜きます。

ここでこんなんだったら、この先はどんだけの雪なのか? ちょっと不安がよぎりました。








f0016656_22393580.jpg
八丁登り手前までは、踏み抜きも無く普通に歩けます。








f0016656_22394799.jpg
その後、刃渡り手前の展望の良い場所で大休止。

途中で引き返してくる登山者の話を聞きましたが、二人程先行の人がいる模様。
トレースはあるけれど、風で消えたり、踏み抜きも酷かったので途中から早めのスノーシュー装備となりました。








f0016656_224019.jpg
そう、今日はバレンタインデーなので、雅ちゃんからの義理チョコ?  …を頂きましたよ♪

カルヴァドスとウイスケがベストマッチ♪








f0016656_22401493.jpg
なんだかんだ言って感謝してますから。。。    これからも末永くよろしくね!








f0016656_224231100.jpg
再出発して刃渡りから眺める八ヶ岳。

風はありますが天気は良いんです。








f0016656_22424272.jpg
刃渡りから刀利天狗までの階段&鎖の登りで、スノーシューでは歩き辛いから外そうと思ったけれど、面倒なのでそのまま直登。

傾斜がキツいと前爪が食い込まずに、ズルズルと滑って、鎖を掴んでの強引の力業で腕がパンプ!








f0016656_22504510.jpg
ハァハァ言いながら、何とか登り切って刀利天狗に到着。    ←横着者の代償。








f0016656_2243454.jpg
先行トレースはツボ足で深く沈み込んでもおかまいなしに、力強く突き進むパワフルなトレースで、それを見ただけでその人の凄さがわかります。

自分たちはトレースの上をスノーシューで踏み固めて進む感じでしたが、それでも沈み込みは酷く体力消耗。

バテた自分を追い越して、雅ちゃんが先に進み道を作ってくれました。








f0016656_22431776.jpg
そんな雅ちゃんに遅れて、やっと五合目。

風が痛くバラクラバ装着して、ここからはスノーシューからアイゼンに履き替えてスタートしました。








f0016656_22434190.jpg
五合目から七丈小屋まではすぐなんですが、慣れないスノーシューでの細いトラバースとか、普段使わないストックでの腕の疲労など、かなりの疲労蓄積。

最近よくあるパターンで、気持ちとは裏腹に身体がバテる感じ。








f0016656_22435471.jpg
五合目からも思ったよりも雪が多く、登山道の表情がいつもとは別物でした。








f0016656_2244618.jpg
結構荷物も重かったし、早く暖かい小屋で宴会したい♪

…気持ちが後押ししてくれます。








f0016656_22442125.jpg
丁度この辺り手前で若い登山者が下山していき、時間的に15時前にこの場所から下山?


…と、疑問に思いましたが、後で分かった事だけどこの人が日帰りの先行トレースの人だったみたい。
ホント、見事な力強いトレースでパワフルな人を想像していたけれど、若くてスマートな青年でした。   凄い人がいるんだね。。。








f0016656_22443552.jpg
息をあげながら慎重に通過していきます。








f0016656_2245655.jpg
そういえば、この日は菓子パン一つとチョコ一片しか食べていなかったので、シャリバテ…という事で強がってみる。。。

でも、ホントに何か知らないけれど身体が動かなかったです。。。    …歳? 運動不足?








f0016656_22451746.jpg
そして15時30分にやっと七丈小屋に到着。

もう動けない。。。








f0016656_22455128.jpg
今回はお初となる第二小屋です。

管理人さんに新年の挨拶をして、今回相談事があったのでいろいろお話をさせて頂き、ハッピーバレンタインを祝ったり、とにかくお腹ペコペコなので今宵の酒のアテ。。。

生ダコをトーチで炙り、焼きダコにして。。。








f0016656_224602.jpg
こんな感じで、取りあえずお刺身&日本酒で乾杯♪   ペコペコです。









f0016656_2246119.jpg
ルネッサンス〜♪

やっぱ、こうでなくっちゃね!








f0016656_22462218.jpg
お刺身を食べて空腹も満たされたので、お次は赤城高原SAで購入した雅ちゃんの大好物のモツ煮♪








f0016656_22463237.jpg
お腹もひと段落したので、同泊の人達と会話をしました。

翌日が誕生日の静岡のお兄さん、遠く奈良から来ているお兄さん、川崎のお兄さんの5人です。

静岡のお兄さんと奈良のお兄さんがワンゲル出身で、いろんな道具の話をしていて楽しかったです。
最近のウルトラライトとか。。。 管理人さんも昔はクライミングの時は軽量化に走り、ガス無しでの山登りとか、自分たちとは対極にある楽しい話にお酒が進みます♪








f0016656_22464289.jpg
初めての第二小屋で、やっぱり第一小屋の方が玄関、土間が広くて快適に思います。
しかし、管理人さんにぬかりは無く、毛布の畳み方などの清潔感は流石です!


静岡のお兄さんは話好きらしく、話を振ってくれたりと普段あまりコミュニケーションを取れない自分たちは快適に山小屋空間をホロ酔い気分で楽しめました♪







f0016656_22465394.jpg
夜、星を撮ろうにも街の灯りすら見えない天気。。。

翌日はこんな天気だったら、行かなくて早めに下山かな〜?
…と、いろんなお話をして、結局話が弾んで就寝は21時頃。







《2月15日》





f0016656_22473042.jpg
翌朝はご覧の天気。

展望ゼロに吹き荒れる強風もあって、普段なら行きたがる自分も、さすがにこの条件での御来迎場までの稜線の状態や、9合目からの北側斜面の修行のような歩きが安易に想像出来たので、撤収〜!

早く下山して美味しいものでも食べよう♪   …に切り替わりました。


今日が誕生日の静岡のお兄さんも、冬の甲斐駒5連敗?らしく、しきりに行きたがっていましたが、やっぱり辛いだけでは良い思い出が出来ないし、仕方無く天気の良い次の機会を狙って下山していきました。








f0016656_22474011.jpg
管理人さんに挨拶をしようと声を掛けたけれど、昨日は飲み過ぎたのかな?   …全く返事が無く、今回はちゃんと届け物を渡したので、今度雪の無い時期に回収に来たいと思います。








f0016656_22475035.jpg
なんだか最近はピークを踏む事無く下山が多い気がする。。。  気のせい?

今回は違う目的での七丈小屋だったので、一応目的達成したから良いけれど、ちょっと消化不良気味は確か。。。








f0016656_2248079.jpg
小屋から歩いてすぐに雅ちゃんのアイゼンが外れ、装着し直してすぐの鎖場で再び外れるというアクシデント!!

雅ちゃんの右足のアイゼンがありません!!








f0016656_22481245.jpg
ヤバイ場所で外れたのでヒヤッとしましたが、これが強風の寒い稜線だったら装着するのにも時間が掛かって指先がヤバイ事になるし、事前にフィット出来るように調整しておかないと!

雅ちゃんはしきりに、ごめんねって言いながら調整していました。








f0016656_22484131.jpg
その後も何度も外れたので、ホントこんな場所でよかった。   以後気を付けるように。。。








f0016656_22485140.jpg
後ろは相変わらずの強風!








f0016656_2249243.jpg
昨夜も降雪があったらしく3人程下山しているのにも関わらず、踏み抜きは酷かったです。








f0016656_22491371.jpg
取りあえず5合目まで戻ってきました。









f0016656_22492583.jpg
5合目にテント張っていた3人パーティーは10時リミットで山頂を目指しましたが、どうだったんだろう?








f0016656_22494822.jpg
稜線はこんな感じだもん!

風も強いし、展望も無いし、修行ですね。








f0016656_22495881.jpg
気を取り直して、刀利天狗までの樹林帯。

ズボズボ踏み抜きます。









f0016656_2250954.jpg
下山はもっと楽になると思ったけれど、北側の樹林帯の踏み抜きには体力を奪われました。








f0016656_22502095.jpg
刃渡りでもよろめく程、風強し。








f0016656_22501712.jpg
風が強くて休憩場所が無かったけれど、やっと樹林帯での休憩タイム♪

そうなれば、ウイスケとチョコでしょ♪








f0016656_2250561.jpg
笑ってるけど、この踏み抜きいつまで続くんだろう…と、ちょっと不安。    のんきなもんです。。。








f0016656_2251781.jpg
踏み抜いて、抜け出した次の一歩も踏み抜いて   …の繰り返し。

スノーシューを履けばいいんだけど、もうすぐ終わるだろうと横着して、結局履かずじまい。








f0016656_22511887.jpg
ここらで登ってくる人ともすれ違いましたが、登りはまだまだ先は長いし大変ですね。









f0016656_22513031.jpg
もう、ぐっちゃぐちゃのヤケクソです!








f0016656_22514166.jpg
潜っては立て直し、よろめくの繰り返し。









f0016656_225233.jpg
自分は疲れてしまい、雅ちゃんの方が元気に突き進みます。








f0016656_22521392.jpg
下りはコースを考えず、楽しく下って行きます。

我が道を行く雅ちゃん。   置いて行かないで下さい!








f0016656_2252224.jpg
笹の平からは非常に歩きやすい普段の登山道になって、やっと踏み抜きから開放された感じ。








f0016656_22523510.jpg
黒戸の巨木たちに下山の挨拶をしながら歩いていました。    感謝、感謝ですね。









f0016656_22524638.jpg
この辺りから気温も高く、汗をかきながらの下山です。








f0016656_22525877.jpg
この木も男前の立派な巨木です♪








f0016656_22531013.jpg
そして12時半過ぎに吊り橋に戻ってきました。








f0016656_22532374.jpg
結局、小屋までしか行っていないけれど無事下山の挨拶。
f0016656_16293839.jpg








f0016656_22533599.jpg
今回は車中泊スタートでは無かった事もあり(睡眠不足)、思ったよりも雪が多く、身体も重くて、ホント疲れました。


小屋では、管理人さんに挨拶も出来て、毎度のビールをゴチしてもらい、久しぶりに他の登山者ともコミュニケーションがとれてホント楽しかったです♪

最近の運動不足からか、結構疲れたので、残りの雪山シーズンは楽して良い景色を見て楽しむ♪   …方向で行きたいと思います。



長く続けるのには、辛い、厳しい、ではなく、程よく辛くてご褒美の楽しさだから、そんなスタンスでやっていきたいな。    (でも、次はピークを踏みたい!)


以上、雪満喫の黒戸尾根第二小屋レポでした。

by amitsuka1210 | 2015-02-19 07:16 |    ( 甲斐駒:小屋泊 ) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/23677281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2015-02-20 20:02 x
相変わらずに凄い体力、気力。
踏み抜きは体力が入りますよね。

私は軽い所ばかりです。

今年こそは黒戸尾根を!と思ってはいますが。
徐々にメンタルを鍛えて行きたいと思っている所です。

いつもお二人のレポで楽しませて頂いています。
Commented by amitsuka1210 at 2015-02-21 22:53
chiakiさん、こんばんわ。

最近は運動不足で今回の黒戸尾根は、ホント疲れました。
踏み抜きって、予測出来ないときに踏み抜くと、ダメージがかなり大きいです。   
わかっていたら、心構えが出来ている為に踏みとどまれるんですが。。。

chiakiさん、黒戸尾根行きましょうよ♪
空いている時期の小屋泊でしたら、そんなに大変じゃありませんし、食材担ぎますから任せて下さいね♪

chiakiさん、コメントありがとうございました。



<< 迷宮。。。      雪満喫の平標山 >>