2014年 09月 19日

小屋で会いましょう & 五竜岳〜唐松岳〜白馬三山縦走

f0016656_2156795.jpg

ど〜も嫁です。
9/14(日)〜15(月)の1泊2日で、カッチャンと北アルプスの五竜岳〜唐松岳〜白馬三山に行ってきました。
白馬三山(しろうまさんざん)・・・白馬岳、杓子岳 、白馬鑓ヶ岳の総称。

注:パノラマ写真はクリックすると拡大します。
  また、花の名前は間違っている可能性大ですのでご容赦ください。




♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 9/13(土) 》

先週同様、早々に退社してきたカッチャンを待って19時過ぎに自宅を出発。
f0016656_21535173.jpg
関越道、上信越道を経由し、23時頃辿り着いたのが五竜岳の登山口・エスカルプラザ。
ところがトイレを見付けられず、手前の《道の駅 白馬》まで戻って車中泊しました。ほぼ満車でギリギリ駐車。










《 9/14(日) 》

朝6時頃の《道の駅 白馬》。昨晩より車が減っていました。皆さん、行動が早い!
f0016656_2154230.jpg









慌ててエスカルプラザへ。車だと5分位。近いんです。空は雲多めだけど大丈夫でしょう♪
f0016656_21541525.jpg
ここの駐車場は巨大で無料。施設の開館時間になれば綺麗なトイレもあります。
私の車の真ん前が愛媛ナンバーだったのに超驚いた。凄い偶然。








ゴンドラの運行開始は7時半なので、朝食を摂りつつノンビリ準備。秋桜ゆらゆら、秋ですね〜。
f0016656_21542440.jpg









運行開始30分前にゴンドラ乗り場で並んでいると、後ろに続々と長い列が出来ました。
f0016656_21543287.jpg
この写真では並んでないみたいやけど。早めに並んで良かった〜。登山届もここで提出。








私が列に並んでいる頃、カッチャンはノンキに一人でこの様なお花の写真を撮っていました。
f0016656_21544082.jpg









7時半、乗車。10分弱の空中散歩。雲海が広がっていました。
f0016656_21544993.jpg
ゴンドラは950円。手荷物が10kgを越えると200円プラス。私達はキッチリ徴収されました。








終点は《白馬五竜高山植物園》。でもゆっくり見ている暇はありません。
f0016656_21545797.jpg
チラ見しつつ先を急ぎます。やって今日の行程は長いもん。。。








晴れるかなと思ったけど、標高の高い場所は殆どガス。。。
f0016656_215554.jpg









好天に好転する事を信じて登りましょ〜!
f0016656_21551554.jpg









雲海〜。
f0016656_21552373.jpg









遠見尾根を進みます。花も沢山咲いていました。
f0016656_21553121.jpg
が、ちょっと下の植物園であんなに沢山、色んな種類の花が咲いてたら、直後に写真を撮る気も失せますわな。








ちょっと紅葉っぽい写真。でもホントの紅葉にはまだまだ遠い。
f0016656_21554058.jpg









黙々と高度を上げていきます。
f0016656_21554846.jpg









10時半、五竜山荘が見えた!青空が嬉しい♪
f0016656_21555944.jpg









11時前、唐松岳への分岐にザックをデポして眼下の五竜山荘へ。
f0016656_2156795.jpg
ここのトイレから見る展望は凄いんです。昔と全然変わらずで嬉しかった♪
是非、座ってみてください。








五竜のテン場。張った事は無いけど素晴らしいロケーションっぽい。
f0016656_21561610.jpg
カメラの絵画モードで撮るとこんな感じになるらしい。








元気出せっ、太陽っ!晴れてくれっ!
f0016656_21562510.jpg









11時過ぎ、五竜山荘を出発し、五竜岳を目指します。空荷で楽々〜♪振り返っても唐松岳は全く見えず。。。
f0016656_21563591.jpg









前方は若干渋滞気味。
f0016656_21564337.jpg
『ここから難所になるから』、『ストックは気を付けて』等々、アドバイスを頂いたりしました。








で、もうすぐ山頂♪でも周囲は真っ白〜。展望無し。
f0016656_21565189.jpg









標識前は撮影渋滞中。
f0016656_2157188.jpg









12時前、五竜岳2,814mに到着〜!私達は初登ではないので、裏に回りヒッソリと登頂写真を。
f0016656_2157923.jpg
中に五竜が百名山完登になる方もいらっしゃった模様。おめでとうございます。








山頂はアッチ。
f0016656_21571821.jpg









展望も無いので、写真だけ撮って早々に下ります。急がねば。
f0016656_2157353.jpg









どうやらこのガスは取れない模様。残念。
f0016656_21574470.jpg









トウヤクリンドウ(当薬竜胆)。
f0016656_21583999.jpg









13時前にデポ地に戻り、軽く昼食。ガソリンも注入。後ろにはタンクトップの元気な外人さん。
f0016656_21585040.jpg
『寒くないのかな〜』というカッチャンの独り言に、『寒くないよ。下りたら温泉♪』と流暢な日本語で返されました。







ほな本日の最終目的地、唐松岳頂上山荘を目指しましょ〜!間違えて逆走中の写真。カッチャンのせい。
f0016656_21585935.jpg









景色はこんな感じ。残念ながら剱や立山等の稜線は全く見えません。。。
f0016656_21591521.jpg









こうなると気分を上げてくれるのは雷鳥さんでしょう♪
f0016656_21592759.jpg









キョロキョロしながら歩いたんですけど居ませんでした。。。
f0016656_2159362.jpg









岩稜帯を黙々と。
f0016656_21594448.jpg









雲湧く谷。
f0016656_21595285.jpg









おっ、小屋やっ!でもここには2000年に大縦走した際、雨中テン泊の辛い思い出が。。。
f0016656_220024.jpg
だけど今回は3度目の利用で初の小屋泊やも〜ん♪








14時半過ぎ、唐松岳頂上山荘に到着〜♪って、宿泊受付が長蛇の列。。。30分は並んだかな。長かったし、寒かった。。。
f0016656_2201074.jpg
でも小屋側もスムーズに手続き出来る様、小屋外で宿泊者名簿を書く様にしてました。ご苦労様です。
私達は離れの北館、素泊まり@6,700にてチェックイン。とりあえず荷物を部屋に置いて、








生ビール@900にて、かんぱ〜いっ♪って、コップが3つ?
f0016656_2201822.jpg









実は今回、私の故郷の山友・ニッシンとの《小屋で会いましょう》企画。
どっかのブログタイトルみたいな企画名。。。chiakiさん、ごっつぁんです(笑)。
f0016656_2203136.jpg
この連休、何処行こかと考えてたところ、ニッシンより『雅ちゃん、何処かの山頂で落ち合わん?』とのお誘いが♪

【 ニッシン = 私の現車購入キッカケ人 = カッチャンと知り合うキッカケ人 】
という背景があり、カッチャンもずっとニッシンに会いたがっていたので即OK!
車を買い替えてなかったら、私は一人で冬に大平宿まで遊びに行かなかった筈。

ただ、私達の休日と、彼女の車の移動距離等々、色々考えると一緒に歩くのは時間的に無理。
そこはキッパリ割り切って、楽しい小屋タイムを満喫しよう!じゃ、何処に集合する??
結果、意外にもニッシンは唐松に登った事が無いと言うのでコチラでの集合と相成りました。ちゃんちゃん♪








でも、小屋は火を使い辛い、自炊室が不便等々、カッチャンの事前情報があったので、今回はこの様な夕飯。
ちょっとゴミが大きかったけど美味しかったね♪
f0016656_2204023.jpg
他にも毎度のアボカドや、ウインナー等、それなりに持ってたのですが、話に夢中になり全く食べず。
いつもならそそくさと自炊室に行ってウインナーをボイルしたり、黙々と尽くすカッチャンも、
後で聞くと『楽しくて席を離れたくなかった』と空気を読まずに居座り続けやがりました。
なのでニッシン持参の美味いナッツ類をツマミに、カッチャンは冷酒、私は安ワインを飲み続けた次第。
ゴメンね、ニッシン。








ふと外を見ると、『わ〜おっ!剱〜ぃ♡』。18時頃の小屋の外の景色。勿論、私達は小屋内で鑑賞。
f0016656_2205047.jpg









明日は展望がありますように。。。
f0016656_2205912.jpg








唐松岳そばに沈む夕陽。おやすみなさいzzz
f0016656_221983.jpg









とはならんて!まだ宵の口でんがな。でもお酒の苦手なニッシンはビール1杯で珈琲にチェンジ。
f0016656_2211797.jpg
それでも吞み助夫婦と消灯直前迄、付き合ってくれました。

消灯直前、大混雑を想像しつつ北館自室に戻ると奇跡が♪

3畳程のスペースに8人位でギュウギュウに寝るのかなと思ってたのに、
同区画の方が何かの理由で移動されたという。
ニッシンの女性専用区画でも6人で狭かったというのに、4人で1区画を使用!
このミラクル♪持ってるね〜♪快適に寝た次第でございます♪










《 9/15(月)敬老の日 》

2日前に猿倉から入山したニッシンは、5時半前、八方尾根を元気に下って行きました。
f0016656_2212769.jpg
また《小屋で会いましょう》♪いや、《山で会いましょう》!








その頃の東の空。右端にちっちゃく富士山も見えています♪
f0016656_2213741.jpg









大炎上の朝焼け。
f0016656_2214514.jpg









快晴とはいきませんが、剱もバッチリ♪
f0016656_2215360.jpg









さあ、そろそろ私達も行きましょか。
f0016656_222213.jpg









でも前夜、殆ど食べなかったので超空腹。小屋のご飯とお味噌汁の匂いに惹かれつつ、
f0016656_2221092.jpg
魚ニソとコーラを朝食代わりに立ち食いし、5時半過ぎ出発!買い食いするチューボーかっ!








唐松小屋よ、さよ〜なら〜。
f0016656_222194.jpg









で、6時前、唐松岳2,696mに到着〜!雲多しだけど高曇りなので稜線はクッキリ。
f0016656_2222747.jpg









五竜、立山、剱のパノラマ。
f0016656_222363.jpg









これから向かう白馬岳方面のパノラマ。
f0016656_222449.jpg









写真だけ撮って、早々に先へ。
f0016656_223452.jpg









唐松山頂にはそこそこ人が居たのですが、白馬方面へ向かう人は少なかった。
f0016656_2232341.jpg









今から向かう天狗ノ頭と不帰二峰方面。
f0016656_2233256.jpg









雲海の手前にニッシンが下っているであろう八方尾根。八方池が見えます。
f0016656_2234016.jpg









八方尾根のパノラマ。
f0016656_2234933.jpg









不帰三峰に気付かぬまま、6時半頃、不帰二峰を通過。
f0016656_224484.jpg









慎重に、慎重に。
f0016656_2241522.jpg









でも約1年前に来ているので何となく覚えているもの。
f0016656_2242440.jpg









そういや、こんなんもあったな〜。
f0016656_226187.jpg









出発時間が早かったせいか、擦れ違う人も少なく、タイムロス無く進めました。
f0016656_226122.jpg









ヘルメットを被っている人が結構居ました。推進してるんですね。
f0016656_226221.jpg









小屋でヘルメットをレンタル?販売?してたし。
f0016656_226259.jpg









そんなこんなで地図上は《天狗ノ大下り》ですが、私達的には大登りに到着。背後には剱。
f0016656_2261281.jpg









グイグイ登って行くと遠くに槍や穂高も見えています。
f0016656_2262023.jpg









勿論、五竜、唐松、そして昨日は見えなかった鹿島槍も。
f0016656_2262935.jpg









大パノラマじゃ〜♪
f0016656_2263940.jpg









四国愛丸出し。四国限定・道後温泉バージョンで水分補給も忘れずに。
f0016656_2264742.jpg









8時半過ぎ、天狗ノ頭2,812m到着〜!
f0016656_227066.jpg









ニッシンに会う為、今山行は一張羅でお出ましのカッチャン。
f0016656_227940.jpg
昨晩は色気づきおって、頭に手拭いを巻いとりました。さ、放っといて先行こ。








9時前、カッチャンお気に入りの天狗山荘に到着〜!
f0016656_2272261.jpg









今回はまだ営業中。水も流れていました。
f0016656_2273182.jpg









という事でこちらの自炊室をお借りして大休止。ラーメンタイム。
f0016656_2281959.jpg









カンパ〜イ♡朝9時ですが。。。
f0016656_2282864.jpg
唐松山荘より100円ダウンの@800。








ぶっ
f0016656_2283879.jpg









ふわぁ〜っ♪ ゴメン、ぼけてしもた。。。わざとやけど。
f0016656_2282941.jpg










昨晩、食べなかったウインナーと玉子しか入ってません。ワイルドだろ〜。ふるっ。
f0016656_2291794.jpg
調理中、私が水をひっくり返す大チョンボをやらかしましたが、美味しく頂きました。








実は天狗山荘に入る直前、ガスで一面真っ白になったので、この先どうしたものかと思ってましたが、
f0016656_2293362.jpg
食事中にガスは取れ、視界が開けていました。よって初心貫徹、10時前、白馬岳を目指して歩行開始。







チングルマ(稚児車)。
f0016656_22104970.jpg









真っ白な白馬鑓ガ岳。登りますな〜。。。
f0016656_2211039.jpg









左手には富山湾。寿司食いてぇ〜♡
f0016656_22111166.jpg









どちらを見ても大パノラマ。
f0016656_22112179.jpg









10時半過ぎ、白馬鑓ガ岳2,903mに到着〜!
f0016656_2212772.jpg









鑓ガ岳から振り返って見るパノラマ。
f0016656_22121841.jpg









三角点タァ〜ッチ!
f0016656_22122314.jpg









早々に先へ。白馬山荘が近付いてきました。
f0016656_221304.jpg









しか〜し。カッチャンは白馬三山をやる気満々。杓子岳にも登らねばなりません。。。
f0016656_22131045.jpg









イワベンケイ(岩弁慶)の紅葉。
f0016656_22131931.jpg









黙々と。
f0016656_22133091.jpg









おぉ〜っ、切れ落ちてますね〜。
f0016656_2214342.jpg









11時半前、杓子岳2,812mに到着〜!でも白馬岳まで1時間は掛かる。。。
f0016656_22144457.jpg









そんな私達を励ましてくれたのは雷鳥さんではなく、こちらの方。
f0016656_22145474.jpg









猿の大群。
f0016656_2215420.jpg









頑張って登りましょ〜!うっき〜!
f0016656_22151325.jpg









村営頂上宿舎との分岐に荷物をデポし、空荷で辿り着いたのが憧れのコチラ。ええなあ、ケーキセット。
f0016656_22153536.jpg
何度か前を通った事はあるけど、中に入った事がありません。。。ここでディナーを食べるのが夢。今回も通っただけ。








重い足取りで最後の登り。
f0016656_22154441.jpg









13時前、白馬岳2,932mに到着〜!
f0016656_22155385.jpg









白馬から見る剱。
f0016656_2216193.jpg









黒部ダム。
f0016656_2216942.jpg









富山湾。
f0016656_22161869.jpg
カッチャンがこれらの写真を撮っている時、山岳救助隊?の方に『(ここに)カッパを持っていますか?』と、
注意を受けました。貴重品しか持ってません。申し訳ございませんでした。








さ、気を取り直して下山しましょ。
f0016656_22162951.jpg









連休最終日ですが、登って来る人も結構居ました。
f0016656_22163815.jpg









雪渓が凄い迫力で落ちています。怖い、怖い。
f0016656_22164671.jpg









黄色い花の群落。ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)かな?
f0016656_22165684.jpg









ミヤマオダマキ(深山苧環)。
f0016656_2217113.jpg









ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)。
f0016656_22171863.jpg









さあ、雪渓に突入。軽アイゼンは持っていますが、そのままドロップイン!
f0016656_22172891.jpg
結果、残念ながら、カッチャンも私もゴール間際で1回ずつ大ゴケ。。。
でもカッチャンはストックも無しやから凄いバランス感覚やと毎度毎度、感心します。








15時前に白馬尻小屋まで戻ってきました。ゴールはすぐそこ!生ビール@700に惹かれる。。。
生ビールの価格も着実に下山。
f0016656_22173765.jpg









猿倉発のバスは諦めていたのでカッチャンはノンキに写真なんか撮りながら下山。
f0016656_22174694.jpg









15時半過ぎ、猿倉荘に到着〜♪登山終了〜!よう歩きました〜。すぐさまタクシーをGET!
f0016656_22175521.jpg

f0016656_18451182.jpg
タクシーの運ちゃんが相乗りを捕まえたので、少しお安く3,400円でエスカルプラザに戻れました♪








温泉はエスカルプラザ近くの《白馬かたくり温泉 十郎の湯》へ。2時間600円。
f0016656_22182464.jpg
こじんまりとしているけど、泉質は少しぬるっとしていて良かったです。疲れそうで長湯はしませんでしたが。









入浴後、急ぎ牛乳を摂取!富より健康、ねえ。富も健康も!がええな♪
f0016656_22183563.jpg
カッチャンは何を勘違いしとんのか、乳酸菌摂取!と思っとるようですが、目的はタンパク質摂取です。。。

夕飯は、どこのSAも混んでいると踏んでコンビニでGET。
最寄りの東部湯の丸SAで食べようとしたけど混雑で座れず、外で食べました。しかも肌寒い中、冷たい麺。
でも楽しかったね〜、カッチャン♪

高速は勿論、渋滞しましたが中央道程ではありません。
二馬力を発揮し、運転を交代しながら22時に自宅に戻った次第です。疲れた〜!!!




〜感想〜
空荷ですが、相変わらずの長い行程で終盤は疲労困憊。
でもそこそこ天気に恵まれ、充実した小屋タイムを過ごせて楽しい“ふつか”になりました♪

で、今週末。偶然にも二週連続で友人と合流登山の予定なのですが天気が心配。。。
行くかどうかまだ解りませんが、楽しい休日に出来たらなぁ。

以上、楽しい合流登山レポでした。





ところでカッチャン。

最近、私ばっかレポ上げよるけど、これが続く様ならブログタイトルをone dayに変えて私のブログにするよ。

by amitsuka1210 | 2014-09-19 18:04 |    ( 後立山連峰 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/22953235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2014-09-23 19:50 x
相変わらずにロング&ハードな山行をなんなく歩いて、さっすが体力バッチリ、健脚ですね。
リンクをありがとう、嬉しいです。
同じ剱を眺めていたんですね。
この時期の雪渓はどんな感じなんかなぁって思っていたので、様子が分かって良かったです。
松田牛乳、私も薬師の湯で飲みましたよ~。
Commented by amitsuka1210 at 2014-09-23 23:16
chiakiさん、こんばんは、雅です。
この週末は何やら東北の渋そうなところに行ってたんですね。
勉強不足で山名を見ても全く解りませんでした。。。
レポ、楽しみにしています。
私達はさっきカッチャンが速報を上げたのですが
涸沢メインで周遊してきました。
3日間とも最高の天気で満喫出来ましたよ。
レポは私が上げるのでブログ名が変更になっていると思います(笑)。
Commented by chiaki at 2014-09-24 06:04 x
休みが取れたんですね。
涸沢~穂高...天気が良くて良かったですね。ご褒美がでましたね。
私は22はどうしても休みが取れない日と23が仕事だったので。
当初は東北が天気が良かったので遠征をしましたが...
本当は私は大天井岳でテント泊がしたかったんですけどね。
東北の山も紅葉が始まっていて和賀岳は良かったです。
しかし一泊二日の東北遠征は遠かったです。
レポ、楽しみにしています。
Commented by amitsuka1210 at 2014-09-24 19:45
chiakiさん、こんばんは、雅です。
なんとっ!東北に1泊2日で行ってたんですか!!
てっきり『chiakiさんも連休が取れたんやね〜♪』って言ってたんですけど。
紅葉の季節ですね。穂高も日を追う毎に色合いが違っていました。
カッチャンは今回、久々の大好きな岩場系の山なので
写真を千枚位?撮ったって言ってました。
写真の整理だけで大変って。私もレポ、早めに頑張ります!


<< 《速報》 思わぬご褒美の涸沢周遊♪      2014 駒ヶ岳巡り 第三弾 ... >>