2014年 05月 30日

槍穂に乾杯の蝶ヶ岳〜常念岳♪

f0016656_2210568.jpg
5月24〜25日に雅ちゃんと蝶ヶ岳〜常念岳に行ってきました♪



f0016656_2293733.jpg
恐らく海の日迄は連休が無いので、この週は貴重な好天予報♪

 折角なので眺めの良い稜線にテントを張って美味しいお酒を飲みた〜い♪ 
…って事で、行き先を槍穂高の展望台・蝶ヶ岳ヒュッテに決定!


金曜は健康診断&仕事を終え、夜8時に自宅を出発し中央道に乗って北上!

 夜ご飯は談合坂SAで薬膳コラーメン(コラーゲン入りラーメン)で、「明日は肌がプルップルだね♪」
…って、雅ちゃんと話しながら、翌日の口臭の事を考えないでいいのでニンニクペーストをたっぷり入れて美味しく頂きました!  プルップルの美味でしたよ♪




f0016656_22174690.jpg
0時前、梓川SAに到着。

 毎度の就寝前のウイスキー♪左上のバリィさんがカワイイ♡
0時過ぎ就寝。。。




《5月24日》



f0016656_22193416.jpg
朝は5時前に目が覚めました。

 外は明るく好天予報とは裏腹にガス。
準備を済ませて三股には6時に到着。

 途中からガスは抜けてどっしりとした常念岳が姿を現し、テンションア〜ップ!!
駐車場では多くの登山者が準備をしていました。







f0016656_22252588.jpg
コンビニパンを食し準備をしましたが、雅ちゃんはゲイターを忘れてテンションダウン。。。

 そして準備を済ませて6時50分三股終車場を出発!楽しい登山になるかな♪





f0016656_22314812.jpg
登山届けもきっちり書きました。






f0016656_22324936.jpg
殆どの人は蝶ヶ岳方面に向かって行きます。

 もちろん我々も。。。



f0016656_2234274.jpg
しばらく歩いて行くと花が沢山咲いていました♪

 自分が目を奪われたのが、自分よりもお若い女性が重そうなコンタックスの中判カメラを持って、花を撮っていた姿には、男前やなぁ〜!
…って、キョロキョロと見入ってしまいました。  (話し掛ける勇気があれば良いんですけどね!  …チキン?




f0016656_22372967.jpg
図らずも、その女性が撮った同じ場所で、同じ構図とも思われる真似っ子状態での花撮影。




f0016656_2239015.jpg
もう花の季節になったんですね。



f0016656_22402160.jpg
この日の行程は蝶ヶ岳までなので、雅ちゃんには「写真を撮りながらゆっくり行くね!」

 …と、伝えていろいろ見回しながらの、のんびりハイク♪




f0016656_22424852.jpg
マイナスイオン♪  




f0016656_22435279.jpg
足元にはちっこい花♪





f0016656_22444981.jpg
雅ちゃん曰く、二つずつ咲いているからニリンソウなんじゃない?

…だって。



f0016656_22462345.jpg
暫くニリンソウ?の道を進んでいきました。




f0016656_22472012.jpg
最終水場の力水。
 小屋では1リットル200円だから、節約の為4リットル程担ぎ上げました。(殆ど雅ちゃんが持ってくれましたけど。。。)



f0016656_22495395.jpg
登って行く程、ニリンソウ?は少なくなっていき、最終ニリンソウかな?




f0016656_2250356.jpg
ゴジラみたいな木が出迎えてくれました♪

 何度見ても天才的なオブジェですね!





f0016656_22535689.jpg
なんか楽しい登山を満喫するんだぞ! …って後押ししてくれる様なキュートな存在感でしたよ♪






f0016656_22562383.jpg
暫く静かな針葉樹林帯を進んで行きます。



f0016656_22592821.jpg
休憩をしたら、そのすぐ先に休憩ポイントのまめうち平があり、そこを9時通過。
休憩したら、その先にもっといい休憩ポイントが! …って、よくある事ですね。





f0016656_2323346.jpg
1800mを過ぎてから雪がチラホラと現れます。
 半分以上登った事になるのかな?




f0016656_2343317.jpg
2000mを超えてから傾斜がキツくなります。
 荷物は重いけれど、この時はまだまだ元気です!






f0016656_2355018.jpg
途中のトラバースポイント。
 この辺りから下山して来る人と擦れ違いだします。





f0016656_2371867.jpg
常念〜前常念の稜線。
 前常念の所の雪の着き方によっては嫌な感じかな? …って思っていましたが、見た感じ心配無さそうですね。




f0016656_23102411.jpg
休憩していると下山者とも会話を交わして、昨日の蝶ヶ岳ヒュッテには藤井フミヤが泊まって、5曲歌った …とか、色々お話をさせて頂きました。

 ドキュメンタリーと言えども演出ありきなんだね。。。





f0016656_23123683.jpg
息を整えながら登って行きますが、なんか身体が重かった。



f0016656_23135687.jpg
登りはしんどいけれど、下って来る人とのちょっとした会話が、自分たちの進むべき先から下りて来る人の情報なので、勇気と元気を分け与えてもらいました。




f0016656_2317119.jpg
稜線上の小屋が見えてきて、もうチョイとは分かってはいるものの、なかなか一歩が出ません。



f0016656_23181081.jpg
登り優先で道を譲って頂いたものの「一歩が出ません。。。  どうぞ。。。」

 …と、譲ると「この先に絶景が待ってますよ!雷鳥もいましたし、富士山もうっすら見えました!」

 との励ましのお言葉。

自分も元気を貰えたので、今度逆の立場だったなら自分が登ってくる人を励まそう! …と思いました。





f0016656_2322176.jpg
すると、本当に雷鳥おった!!     こんにちわ♪





f0016656_23224634.jpg
逃げられない様に静かに望遠レンズに交換しての撮影。





f0016656_23235785.jpg
すると逃げるどころか雷鳥さんの方から近付いてきます!





f0016656_23245241.jpg
あまりに近付き過ぎになった為にピントが合わずに、自分が離れて距離を取っての撮影。





f0016656_23261038.jpg
夏毛に変わりかけていて、やっぱり雷鳥さんは可愛いし、テンション上がりますね!
 それだけで嬉しいものです♪





f0016656_2328741.jpg
同じ場所に居た二人組のお兄さんも必死に雷鳥さんを撮っていました。    ぶら下げたペプシがチャーミング♪





f0016656_23283711.jpg
12時20分、今日の目的地蝶ヶ岳ヒュッテに到着。

 & 今年初の至近距離での槍ヶ岳!   やっぱりこの景色って華がありますよね!




f0016656_23313827.jpg
テントはこの時点で5張り位だったので、平らな良い場所にテント設営。

 テントから顔を出すと、この絶景って最高のテン場です!
(トイレ代込み、一人700円)




f0016656_773463.jpg
テント設営&受付を済ませたら、もちろんコレ♡
 ルネッサ〜ンス♪




f0016656_795830.jpg
最高の景色を眺めながらの至福の一杯♪





f0016656_710201.jpg
今回は贅沢に金の食パン!
 初めて食べましたが、しっとりしていてめっちゃ美味!!





f0016656_7112318.jpg
目の前はこんな絶景!
 クリックすると拡大します。





f0016656_712316.jpg
他の皆さんはテント前での宴会でしたが、あそこからは山の上の方しか景色が見られなかったので、自分たちは場所を移動しての宴会。




f0016656_7144890.jpg
時間はたっぷりあるので、のんびり、まったり宴会タイム♪





f0016656_7152246.jpg
自分が持ってきた醸し人九平次を雪の中に放り込んで冷やして美味しく頂きました♪




f0016656_716518.jpg
こちらは雅ちゃんが持ってきたペットボトル赤ワイン。





f0016656_7171058.jpg
絶景をアテに極上の一杯ですね♪





f0016656_718358.jpg
ぽかぽか陽気の中、見上げるとハングライダーが気持ち良さそうに飛んでいます。
 皆さん見上げてハングライダーに向けて手を振ってました。





f0016656_7203751.jpg
太陽の周りにはうっすらと虹が。。。

 平和を感じるひととき♪





f0016656_7211279.jpg
普段の飲み会の場所が山の上に移動した感じ。
 なんてったって、やっぱり槍穂高には華がありますよね!





f0016656_723911.jpg
笹カマもぷっくら。





f0016656_723344.jpg
この時期は外にいても寒くないので一番快適かも。。。

 冬の時期は景色が素晴らしいけれど、なんせ風が強くて寒いし、夏は日陰が無いのでジリジリで無理。
やっぱり、雪も残っていて陽も長いこの時期が山の上での宴会の時期としては最適かも知れません。





f0016656_7264585.jpg
f0016656_729986.jpg
雅ちゃんがいろいろ用意してくれてました。 
 美味しかったよ♪





f0016656_729315.jpg
ご機嫌に準備のこのポーズ♪





f0016656_21505946.jpg
楽しい♪ 楽しい♪






f0016656_21514511.jpg
へいっ! お待ちどぉ〜!





f0016656_21523458.jpg
ベーコン炙って!





f0016656_21531834.jpg
暖かいので、良い感じにお酒も進み時間を持て余します。





f0016656_21543216.jpg
こんな感じの貸切で、天気も景色もお酒も全てが最高です!
 …でも、離れた場所での宴会だった為、人と交流はありませんでした。。。





f0016656_21563871.jpg
f0016656_21562544.jpg
こんなシチュエーションなので、何もかもが美味しい♪






f0016656_21571590.jpg
良い感じに時間が過ぎていきます。
 テントも大分増えてきましたね。







f0016656_21581629.jpg
f0016656_2158315.jpg
蝶ヶ岳ヒュッテのトイレ。
 男便って力強く書いてありますが中は非常に綺麗、清潔でした♪







f0016656_21594499.jpg
ひと段落したので撮影タイム!
 最近ご無沙汰の、華がある槍、穂高パノラマ。
クリックすると拡大します。




f0016656_2232783.jpg
槍ヶ岳。




f0016656_225639.jpg
前穂〜北穂。





f0016656_225589.jpg
北穂の小屋。
こうやって見ると北穂沢が壁に見えますね。




f0016656_2272766.jpg
結局、雪の時期に行けなかった乗鞍岳。




f0016656_2282185.jpg
同じくアプローチが遠く感じる御嶽山。




f0016656_2210088.jpg
f0016656_22101428.jpg
グラスを持ったまま、山頂で恒例の記念写真。
 雅ちゃん曰く、仲の良いフリだって。。。   仲良いんですよ、ホントに。。。




f0016656_2212395.jpg
f0016656_22124583.jpg
良い感じのほろ酔い気分で、テン場を見ると結構なテントの数になってました。




f0016656_22133049.jpg
テン場に人懐っこい雷鳥さんが現れて、皆さんで撮影タイム!




f0016656_22152899.jpg
なんだかんだ言って、結局は自分たちの宴会場の所に登場。 
 パシャリと一枚!




f0016656_2215423.jpg
時間と共に雲も出てきて、太陽も弱々しくなっていきます。




f0016656_22163956.jpg
日中は18℃で過ごしやすかったけれど、18時を回ると冷え込んで気温5℃。




f0016656_22195012.jpg
今回は星空撮影をしようといろいろ道具を持ってきて、レンズもピントを合わせてテープで止め、準備万全だったけれど天気はこんな感じで厚い雲に上空は覆われてしまってます。





f0016656_22213135.jpg
結局、星は見えなくて写真は撮れませんでしたが、同じく星空写真を狙っていたcanonの6Dの人とお話が出来たので有意義な時間を過ごす事が出来ました。

 



f0016656_22255567.jpg
結局、夕焼けも星も撮っちゃろう!   …と、何回か起きて外を見るものの、星は不発で、独りちびちびウイスキーを飲んでいました。
雅ちゃんは早々に就寝。





《5月25日》


f0016656_22261371.jpg
翌朝4時半の目覚めて外を見るとモヤってます。
 夜中はちょっと風が強かったけれど、思ったよりも暖かく、ぐっすり眠る事が出来ました。
ちなみに気温1℃。  トイレに行くのにテントから出るのが億劫にならない気温で、丁度良くシャキッと引き締まります!




f0016656_22364648.jpg
御来光も、弱々しい。。。





f0016656_2238851.jpg
昨日はアルコールを全部飲み干して、小屋にワインを買いに行ったものの飲まずに眠りこくってしまい、朝からそのワインを飲みました♪
 迎え酒ってやつ♪





f0016656_224005.jpg
雅ちゃんは、「天気はモヤってるし、別に常念まで行かんでもええんちゃう? はよ帰って、女子サッカーのアジアカップ決勝見ようや!」

 …って言っていましたが、まぁ、動ける体力があるうちは出来るだけ動こうよ!
と、説得して6時半蝶ヶ岳ヒュッテを後にしました。






f0016656_2243426.jpg
この前、父親に面会に行く時に母親と話したら「あなた達はまだ元気なんだから、行きたい時に行きたい場所に行った方が良いわよ! お母さんなんてもうこの歳だから行きたくても行けないから」

 …と、後悔も少しはある様な事を言っていたのを聞いて、自分たちも元気な時に行けるならばちょっとは酷使しても行った方が良いと思いました。





f0016656_22485591.jpg
f0016656_22492473.jpg
最高のロケーションなんだけど、残念な事にちょっとモヤってます。





f0016656_22505863.jpg
途中の横尾まで下る分岐で黄色い声をあげた若者達が槍ヶ岳を背景に写真を撮り合ってました。
 若いって素晴らしいね♪




f0016656_22532340.jpg
荷物は軽くなったハズなんだけど、何か身体が重い。。。
 GWの聖岳の時に比べたら全然軽いんだけれど。。。




f0016656_2254594.jpg
これから進む常念岳までの稜線。





f0016656_22555826.jpg
こんな感じで霞んでるけど、見えると見えないじゃ大違いで、やっぱり歩いていて気持ち良い♪
 クリックすると拡大します。






f0016656_2257559.jpg
蝶槍から先はあまり人と擦れ違わずに静かな稜線歩きでした。






f0016656_2258093.jpg
f0016656_22591085.jpg
f0016656_22592328.jpg
何回かピークを越えるアップダウンに息が上がるし、何気に踏み抜きによる体力の消耗がありました。





f0016656_2304943.jpg
f0016656_231323.jpg
f0016656_2311614.jpg
f0016656_2313043.jpg
秋に日帰りで三股から周回した時は、あっという間の周回で楽なイメージがあったけれど、日帰りとテント装備の違いがあるものの、こんな筈じゃ! …と、結構へろへろになりながら歩いていましたよ。

 最近、結構記憶のズレなのか? 体力不足なのか? こういう勘違い?が多い今日この頃。
コースメーキングの過信から、最近は雅ちゃんによく指摘されます。





f0016656_2365813.jpg
常念も大分近付いてきて、自分の汗の量がハンパ無く、帽子にしみ込んだ汗が蒸発して塩が出来ていて、それを見た雅ちゃんが「ニッチャリ小僧、凄い汗やん、ババコイ!ババコイ!」

「男の汁と書いて男汁(だんじる)。 雅ちゃん、塩切らしても塩には困らないよ〜! それに代謝が良いって言うんだよ!」

「嫌〜っ! もう絶対無理! これからは洗濯は別々じゃね!   …ババコイ!ババコイ!」

…こうやって、世の殿方は追いやられていくんですね。。。



f0016656_2313271.jpg
そんなやりとりの中、確実に常念岳に近付いて行きます。




f0016656_23172286.jpg
同じ条件でも雅ちゃんは汗を全くかきません。   涙も枯らし汗も枯らし、ドライな方です。。。




f0016656_2317595.jpg
同じく、汗っかきのババコイ自分。




f0016656_2319938.jpg
f0016656_23192291.jpg
常念岳の最後の急登。
 300〜400mを一気に登り詰める心臓破りの道。
いろいろ登山者を励ますペイントがありますが、気休めにしかなりません。。。   現実は厳しいですよ。




f0016656_2322055.jpg
何回か小刻みに小休止して。。。




f0016656_23224987.jpg
f0016656_2323583.jpg
やっとこさ、山頂が見えてきました。

 自分は超汗&空腹によるシャリバテ?で、結構バテバテでした。




f0016656_23243457.jpg
10時40分常念岳山頂。

 一人下山していったので、時間も時間だし貸切でした。






f0016656_23262174.jpg
歩いていて、遠くに雷鳥を沢山見て、山頂からも雷鳥さんが岩の上で休んでいたので、雅ちゃんがしきりに「カッチャン、雷鳥、雷鳥。」

 …と、うるさい嫁に言われて何度も雷鳥を撮らされました。




f0016656_23292838.jpg
槍〜大天井パノラマ。
 剱はガスの中。。。
 クリックすると拡大します。






f0016656_23302938.jpg
見納めの槍穂高。
クリックすると拡大します。




f0016656_23313236.jpg
11時10分下山開始。




f0016656_23325995.jpg
また雷鳥さん。    




f0016656_23335034.jpg
雪もグズグズで踏み抜き多し! 結局この二日間アイゼンは全く使いませんでした。




f0016656_23351497.jpg
常念小屋方面。




f0016656_2340780.jpg
モヤって残念ですが、槍も見えて良い感じの迫力でした♪





f0016656_2342419.jpg
f0016656_2342161.jpg
ここでも雷鳥さん。
 また雅ちゃんに頼まれて懲りずにパシャリと優しい夫です。。。

今回はオスの雷鳥さんしか見ませんでした。
 メスは子育てをしてるのかな?





f0016656_23434296.jpg
何枚か写真を撮り合いながら踏み抜きと格闘しながらの下山。



f0016656_23461923.jpg
この小屋から一気に激下り。



f0016656_23465822.jpg
この区間、変な雪の残り方だったら嫌だなって思っていましたが、雪は全くありませんでした。





f0016656_23485114.jpg
一気に下って、樹林帯は踏み抜き地獄でしたね。





f0016656_235034.jpg
この地点からひたすらジグザグの下り。
 常念岳までの登りは東側なので、午前中日射しを浴びながらの登りっぱなしは本当に大変だと思いました。
下りでさえヘロヘロでしたから。。。




f0016656_2351537.jpg
汗かき過ぎの脱水症状一歩手前の状態で三股の分岐に14時半到着。

 …本当に疲れました。



f0016656_23533239.jpg
14時50分に駐車場。



f0016656_23581369.jpg
帰りは、ほりでーゆ四季の郷の割引券をしっかり者の雅ちゃんが蝶ヶ岳ヒュッテで貰ってきたので、お安く入る事が出来ました♪

 高速渋滞は毎度の事で、小仏渋滞を避け柳沢峠経由でアジアカップ決勝キッフオフに間に合う21時45分に帰宅。  奇跡の運転は全て雅ちゃん頼みで、自分は助手席で眠ってたし。

 今回は最高の時期でのテント泊が出来、星空撮影は出来なかったけれど凄く楽しい山歩きを満喫した蝶ヶ岳〜常念岳レポでした♪

by amitsuka1210 | 2014-05-30 01:01 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/22148301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2014-05-30 18:45 x
上高地から蝶に登った時もニリンソウが沢山咲いていましたが、こちらのコースもニリンソウが咲くんですね。
バス代もかからないし、今度は私もニリンソウの時期にトライしてみます。
私は蝶だけのピストンだけですけれどね。
しかしデカザックで常念迄まわるとは...体力バッチリ!!!
雷鳥も良く撮れていますね。
槍ヶ岳の迫力ある写真、良いですね~。
雅ちゃんのつぶやき...うふっです。
星空は見られなかったみたいだけど、貴重な土日連休が天気が良くて、楽しめて良かったですね。
Commented by amitsuka1210 at 2014-05-30 22:49
chiakiさん、こんばんわ♪

 以前から槍穂高の展望台蝶ヶ岳ヒュッテに泊まってみたいと思っていましたが、めっちゃ良い場所でした♪
気温も丁度良く、雷鳥さんも沢山見掛けましたし、また訪れたい場所の上位に入ります。

我が家は節約家庭ですので、なるべく交通費、駐車場代の掛からない所を利用しますよ。(ケチでは無いですから!)

 結構若い方が多く、衣装もカラフルで華やかな蝶ヶ岳ヒュッテで、こんな所で一日中景色を眺めたり、本を読んだり出来たら贅沢だろうなぁ〜って思ってました。
これからは花咲く季節ですので、お目当ての花を見逃さない様にアンテナ張って過ごしたいと思います。(ツクモはあと3週間程でしょうか?)

 chiakiさん、コメントありがとうございました♪
Commented by yuka99 at 2014-05-31 11:50 x
克さん、こんにちは。
先週末はホントに天気が良く、山日和でしたね‼︎日曜はそうでもなかったんかな⁇
克さんご夫妻は蝶〜常念だったんですね。
あのライン、一度歩いてみたいのですが、登山口まで遠くてなかなか足が向きません…
二人の宴会、いつもとても楽しそうですね^_^最高の景色とご飯はやめられませんね‼︎
私は土曜日、日帰りで唐松岳…の予定でしたが、山荘前でタイムアウト、山頂を目の前に下山となりました(T_T)
春山は晴れていれば寒くも暑くもなく、快適ですよね。広いゲレンデ歩いてみたいでとっても気持ちよかったです‼︎
テントが何張りかあって、もしかして克さんご夫妻も…と思いましたが、唐松往復じゃ物足りないですよね^_^;
また綺麗な写真楽しみにしてますね‼︎
Commented by amitsuka1210 at 2014-05-31 21:11
yuka99さん、こんばんわ♪

 土曜日は凄く天気が良くて、目の前に槍穂高がど〜んと鎮座していて、それだけで最高の気分になりました♪
ホント、この時期は暑過ぎず、寒過ぎず、外で景色を見ながらのんびり過ごすのには最高の時期ですよね!

唐松岳も剱が眺められますし、良い場所ですよね!
自分は雪の時期の唐松を行った事が無いので、のんびり時期を狙って行ってみたいと思います。(長い人生ですから。。。)

 yuka99さんの富山側からだと、常念〜蝶は反対側になるので遠いんですね。
ここは常に槍穂高の景色を見ながらの稜線歩きになるので、何処を切り取っても良い絵になりますよ♪
今度、是非歩いてみて下さい!

yuka99さん、コメントありがとうございました。


<< 今日はサービスデー。。。      食べ過ぎ、飲み過ぎ後の反省ジョグ >>