いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 07日

GWは肉フェス in 聖岳 (2)

f0016656_23324574.jpg

ど〜も嫁です。5/3(土)〜5(月)の2泊3日でカッチャンと聖岳に行った2日目以降のレポです。



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










《 5/4(日) 》

周囲の物音で自然に起床。今日もいい天気の模様。5時に空荷で聖岳に向け出発!
f0016656_23115849.jpg









まずはトレースに乗っかり、昨日の薊畑まで登り返し。
f0016656_2312752.jpg









振り返ると南岳〜上河内岳〜茶臼岳〜光岳のパノラマ。
f0016656_23121674.jpg









昨日とは打って変わって雪が締まって歩き易い。
f0016656_23122851.jpg
カッチャンは終始ニッコニコ。浮かれポンチになりそうな嫌な予感。。。








今から登る聖岳(右)、更に奥の兎岳(左)。兎岳といえば2012年夏が懐かしい。
f0016656_23123665.jpg









兎岳のアップ。カッコイイ。
f0016656_23124544.jpg









富士山も見えてきました
f0016656_23125352.jpg









トレースに乗って黙々と。
f0016656_2313257.jpg









振り返ると、堂々とした上河内岳下の谷に、聖平小屋の赤い屋根が見えます。
f0016656_2313121.jpg
『下りはこの谷をそのまま詰めて、小屋に帰れるんじゃない?』とカッチャン。かもね、か〜もね、そうか〜もね♪








上河内岳〜茶臼岳〜光岳のパノラマ。
f0016656_23131981.jpg









もうすぐ小聖岳。
f0016656_2314315.jpg









6時半前、その小聖岳2,662mに到着。風雪に耐えた看板は判読不能。
f0016656_23141397.jpg









小休止がてら朝食を摂った後、先へ。
f0016656_23142172.jpg









青空の下、黙々と標高を上げていきます。
f0016656_23151068.jpg









このようなナイフリッジっぽいところも慎重に。
f0016656_23152013.jpg









日焼け対策もバッチリ、かな。
f0016656_2315257.jpg









太陽びっか〜ん。上から下から紫外線の嵐です。
f0016656_23153547.jpg









さあ、この辺りから今まで以上に慎重に。滑ったら大変です。
f0016656_23161924.jpg









富士山も応援してくれています♪
f0016656_2318813.jpg









高度感を感じる写真ですね。
f0016656_23182380.jpg
この頃、カッチャンは空荷の身軽さに羽根が生え、景色と高度感に酔いしれ、私の存在を完全に忘れ去り、
スキップするかの如く、サッサと先に行ってしまいました。








その証拠がこの写真。中央の豆粒みたいな人が私。この緊張感のある登りでこの距離感・・・。
f0016656_23183112.jpg
ありえんじゃろ〜っ!








あえぎ、あえぎ、一人で緊張感や不安と戦っている私の遥か彼方で、
挙動不審なカッチャンが撮っていたのがこちら。
f0016656_2318413.jpg
『雅ちゃ〜ん♪雷鳥さんがいるよ〜♡』とまさに上からイラッとするハイトーンボイスが。
『知っとるわい!』カッチャンの動きを見たら雷鳥さんの存在はすぐに解りました。私も見たかったな〜、生雷鳥さん♡








カッチャンは私の気持ちに気付く事無く、その後、この別パーティの男性達と競う様に先を行ってしまいました。
f0016656_23185049.jpg








そんなご機嫌なカッチャンが撮ったご機嫌な一枚。
f0016656_2319017.jpg









私との距離感。もはや私と判別するのも難しい。
f0016656_2319944.jpg










聖岳山頂から撮った赤石岳等のパノラマ。遠くに中央アルプスも綺麗に見えます。
f0016656_23192875.jpg









カッチャンより遅れて8時前、私もようやく聖岳3,013 mに到着。
合流直後、怒りに震えている私の背中。大噴火直後の写真。
f0016656_23193516.jpg
写真だけ見れば景色に酔いしれている背中・・・って感じでしょうが。








さ、言いたい事は言ったので気を取り直して。立派な赤石岳。
f0016656_2319453.jpg









真っ白な奥聖岳方面と赤石岳のパノラマ。
f0016656_232073.jpg









富士山をバックに《仲のいいフリ》登頂記念写真。
f0016656_2321372.jpg








山頂の標識は雪の下。賑わう山頂。と言っても人の少ない静かな山頂でした。
f0016656_23211867.jpg









《仲のいいフリ》登頂記念写真2。上河内岳をバックに。
f0016656_2321253.jpg









山頂でゆっくり撮影会をし、8時過ぎ下山開始。
f0016656_23213418.jpg








富士山はずっと綺麗に見えていました。登っていた人も多いんでしょうね。
f0016656_23214859.jpg









小屋に戻ってから再び登り返す予定の上河内岳〜茶臼岳等。なっがいな〜。
f0016656_23215518.jpg









山頂での噴火が効き、下山はカッチャンも近くを歩いていました。これがパーティじゃろ!ま、すぐに忘れるんやろけど。
f0016656_2322379.jpg









上河内岳〜茶臼岳のパノラマ。富士山も見えています。
f0016656_23221056.jpg









目の前は大展望ですが、気を引き締めて。
f0016656_23221846.jpg









ナイフリッジっぽいところも慎重に通過。
f0016656_23222726.jpg









グングン下って行きます。
f0016656_23223684.jpg









結局、行きに見付けた沢を下って行きました。
f0016656_23224917.jpg
ノートレースでしたが、雪質もいい感じで、快適にかなり早く下る事が出来ました。カッチャン、グッジョブ!








9時半、小屋に帰着。誰も居ません。喉渇いた〜!
f0016656_2323110.jpg









で、カンパ〜イ♪やっぱこれじゃね〜♪
f0016656_23231184.jpg









ラーメンの昼食?です。
f0016656_23232077.jpg








う〜ん。。。まずそう。オサレな山ランチには程遠い。
f0016656_23232963.jpg









食後、身支度を整え、11時、小屋を後に《上河内岳のその先(適当幕営地)》を目指し出発!
f0016656_2323405.jpg






先が思いやられますが、つづく。

by amitsuka1210 | 2014-05-07 23:11 |    ( 南ア南部 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/21980890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GWは肉フェス in 聖岳 (3)      GWは肉フェス in 聖岳 (1) >>