いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 28日

2013年 登り納めの甲斐駒ケ岳

f0016656_22002637.jpg
ど〜も嫁です。ご無沙汰していましたが、元気にしております。
12/22(日)〜23(月)の1泊2日で、カッチャンと今年3度目となる甲斐駒ケ岳に行ってきました。
写真はマタギ風ファッションのカッチャン。ナウシカか?



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪










この時期は毎年、日光澤温泉に行っていたのですが、諸般の事情により今回は甲斐駒へ。
それならばとchiakiさんとのコラボ登山を企画したのですが、残念ながらタイミングがあわず。

という事で、毎度の二人だけの普通の登山でしたが、色々と考えさせられる、
ある意味、思い出に残る登山となりました。

注:文中にある横長のパノラマ写真はクリックすると全て拡大します。カッチャンの自信作ですので是非クリックしてご覧下さい。










《 12/21(土) 》

買い出し等を済ませ、のんびりと15時過ぎに自宅を出発。
この日は《道の駅 信州蔦木宿》で温泉に入って車中泊するだけ。
f0016656_22082564.jpg
時間帯割引にピッタリはまり、500円/人で入浴し、全日本男子フィギア(ショート)を見たりしながら、
閉館22時ギリギリまでプチ居酒屋?プチ温泉宿?気分を味わっていました。ま、寝るのは極寒の車なんですけど。

それにしても羽生結弦君のショートプログラムは素晴らし過ぎるっ!
真央ちゃんとのオリンピック・アベック金メダルの期待大です。








《 12/22(日) 》

道の駅を後にし、コンビニで朝食を調達してから登山口に着いたのが7時過ぎ。
雪の時期なのにまたしても結構な車の数。ビックリ。
f0016656_22113444.jpg









気休めにこんな物を飲んで7時半過ぎ、歩行開始。
f0016656_22114852.jpg









毎度の竹宇駒ヶ岳神社を抜け、
f0016656_22141612.jpg









吊り橋を通過すると、
f0016656_22143771.jpg









徐々に雪山に。
f0016656_22150139.jpg









天気はまずまず。同じ時間帯に登っていたのはご夫婦、単独男性、テン泊男性ペア・・・だったかな。
登山口の車数の割には静かな山行でした。
f0016656_22184812.jpg









甲斐駒本峰方面は残念ながらガスの中。。。
f0016656_22190264.jpg









9時半過ぎ、横手との分岐。
f0016656_22192815.jpg









真っ白〜。またこの季節がやって来ました。
f0016656_22201125.jpg









夫婦揃って、登山をするのは1ヶ月強ぶりなので異常に身体が重い。。。
f0016656_22203455.jpg









おっ、富士山♡
f0016656_22205757.jpg
樹々の葉が落ちているので、かなり低い所からでも富士山がチラチラ見えていた印象。
富士山は比較的ずっと綺麗に見えていたのですが、








八ヶ岳はずっと雲の中。
f0016656_22212119.jpg









雪はあるけど、トレースがシッカリしているのでワカンは必要無さそう。。。
f0016656_22214564.jpg









毎度の刃渡りや刀利天狗・・・を過ぎ、13時前、五合目に到着。
アイスの方達のテントが沢山張っていました。あの登山口の車の量はアイスの方達のもの?
f0016656_22220180.jpg
この直前、『めっちゃ健脚な人がこっちに向かって来るなあ〜。』と見たら、
なんと、長靴を履いた七丈小屋の管理人さん。カッチャンは大慌て。
『宿題届けに来たのに、下山しちゃうんですか〜っ???』
管理人さんにとってスペシャルゲストを迎えに行く最中だった模様。








おっ!山頂方面が見えてきた♪風が半端無く強そう。。。大丈夫か、明日。
f0016656_22222444.jpg









さあ、一気に七丈小屋を目指します。まずはなっが〜い梯子。
f0016656_22235681.jpg









この橋を通過したらグイッと登り返して、
f0016656_22241338.jpg









14時、今宵の宿・七丈小屋に到着〜♪管理人さんは不在だし、だ〜れも居ません。
f0016656_22252756.jpg
暖かくて、清潔で、お湯はいつでも沸いていて・・・。
こんな快適な小屋が、寝具持参なら素泊まり3,500円。私達にとっては大好きな小屋。








小屋の前から見る富士山とオベリスク。第二小屋をちょっと登れば北アルプスも見えます。
f0016656_22260849.jpg









さあ、宴っ、宴っ♪
f0016656_22550856.jpg
お楽しみの冷え冷えの冷酒とサーモン刺身。その他にもウインナーやハンペンを炙ったり、








クリスマス直前だけにチキンなんぞを炙ってみたり。
f0016656_22263720.jpg









そうこうしているうちに、管理人さんがスペシャルゲスト2人を伴って小屋に戻ってきました。
f0016656_22262468.jpg
そして『はいっ、クリスマスプレゼント』とおもむろにくださったワインとハム。美味♡

この女性ゲスト2人が素敵な方で。ガツガツしていない大人というか。。。
管理人さんと3人で、とても山とは思えない優雅な感じで会話と雰囲気と食事、
まさに山ディナーを楽しんでらっしゃいました。

そのうちに私達も加わり、カッチャンは管理人さんに宿題を渡していました。
出来栄えは素人の私には解りませんが、管理人さんは喜んでくれていた模様。
カッチャンは肩の荷が下りたのか、その後、管理人さんとバンバン叩き合うような変な《酔っぱ》に。

22時になったところで宴はお開き。山にしては珍しくかなり遅い消灯。
スペシャルゲストの為せる業です。





ところが事件はここから起きました。

小屋を広々と使って寝ていたら、ガラガラッとドアの音。10人程の人がバタバタとなだれ込んで来て。。。
アイスクライミング中に雪崩が起きたらしく、女性の怪我人が出ている・・・等々の状況報告が。
怪我人の名前(愛称)を聞いて、一人で驚いていました。

何もする事の出来ない私は成り行きを呆然と見ていましたが、そのうち寝ていました。
ちなみにカッチャンは飲み過ぎてこの記憶が全く無い。。。










《 12/23(月)天皇誕生日 》

6時起床。快晴。
f0016656_22270368.jpg
目覚めると、4人だけだった筈の宿泊客が8人程に増えていて、カッチャンは驚愕。
ほじゃけん、飲み過ぎじゃっちゅ〜のっ!!もお〜っ!!!








前夜の遭難騒ぎの事もあり、私は気が重かったので早く家に帰りたかったけど、
f0016656_22271661.jpg
カッチャンは酔っぱで昨晩の事件を何も知らないので、この天気にご機嫌。








6時半頃、小屋もザワザワと動き出しました。救助隊も早々に動き出す模様。
そんな中、私達は7時過ぎに山頂を目指す為、出発。
f0016656_22273717.jpg
昨日とは打って変わって、八ヶ岳が綺麗。風は今のところ無さそう。








富士山方面には薄雲が掛かっていますが、山の稜線は綺麗に見えています。
f0016656_22284441.jpg









昨日同様、重い身体。ムチ打って8時過ぎに八合目に到着。先行に2パーティ程、見えました。
f0016656_22290432.jpg
この頃、ヘリコプターが頭上を何度も旋回していました。怪我人を捜していた模様。








無事、怪我人を引き上げたヘリ。このような光景が2回、見られました。怪我人1名って聞いてたのに何でやろ。
f0016656_22292166.jpg









私達は気を引き締めて先へ。
f0016656_22293617.jpg









トレースはシッカリしています。
f0016656_22295526.jpg









でも雪の状況で難易度が随分変わります。
f0016656_22301827.jpg









この日は雪の状態、風の状況、・・・色々と恵まれていました。
f0016656_22303588.jpg









時間が経つに連れ、甲斐駒上空にも薄雲が広がり始めましたが、
f0016656_22305218.jpg









態勢に影響はありません。地道に標高を上げて行きます。
f0016656_22311332.jpg









この難所も慎重に通過していきます。でも下山を考えると不安でした。
進む事ばっか見ている、突っ込みがちのカッチャンに何度も下山の確認をしました。
f0016656_22313482.jpg









2本の剱とオベリスクと富士山。甲斐駒らしい景色。
f0016656_22332670.jpg









富士山とオベリスクのアップ。
f0016656_22335053.jpg









九合目を通過し最後の登り。背後には八ヶ岳。
f0016656_22340493.jpg









ちょっとドンヨリしてきたかな〜。
f0016656_22341665.jpg









もうすぐ山頂。祠付近に3人見えます。
f0016656_22342972.jpg









曇天ですが大パノラマが。富士山、鳳凰三山、北岳、仙丈・・・。
f0016656_22344493.jpg









はあ〜、長かった〜。あとチョット。
f0016656_22345699.jpg









9時半過ぎ、甲斐駒ケ岳2,967mに到着〜。先行者も下山してしまい、貸切状態の山頂。
f0016656_22352769.jpg









真っ白な北アルプスの大パノラマ。
f0016656_22353946.jpg









更にアップ。双耳峰の鹿島槍を起点に山座同定。
f0016656_22355589.jpg









こちらは南アルプス。尖った北岳〜真っ白な仙丈。
f0016656_22361186.jpg









言わずもがなの富士山〜。今年は世界遺産認定おめでと〜。
f0016656_22362306.jpg









八ヶ岳方面のパノラマ。
f0016656_22365520.jpg









そしてまた北アルプスのパノラマ。
f0016656_22382770.jpg
と、ここで嫁、気付く。中央アルプスの写真が無いやん、カッチャン!
ど〜せ、中アには全く行った事無いけん、撮る興味が沸かなんだんやろ。
後で解った事ですが、この頃?、尾澤さんが中ア・木曽駒に居た筈。








雪たっぷりの仙丈。
f0016656_22391481.jpg









御嶽。行ってみたい。よろしく、カッチャン。雪が無い時でえ〜よ。
f0016656_22393508.jpg









北岳。今年、カッチャンにロングコースを提案されたけど、タイミングが会わず行けませんでした。
f0016656_22420812.jpg









さ、そろそろ下山しましょか。
f0016656_22424749.jpg









10時前、山頂を後に。結局、この日はこの後、誰も来ませんでした。
f0016656_22503092.jpg









天気は下り坂なんかな?
f0016656_22525765.jpg









おNEWの帽子に、おNEWの靴に、尾澤さんから頂いた尻革・・・を身にまとい、ご機嫌なカッチャン。
f0016656_22531662.jpg
でも靴が全然馴染まず、下山は時間が経つに連れ大変そうでした。はよフィットさせんとね。








難所も無事通過し、後は小屋を目指すだけ。登っている最中のヘリの爆音はもうありません。
f0016656_22534037.jpg






11時頃、小屋に帰還。小屋では5名が談笑していました。
(管理人さん、ゲストの女性2人、ヘリで運ばれた女性と一緒にビバークしていた男性2人)
f0016656_22553479.jpg
カッチャン曰く、怪我をされた女性+仲間の男性1人は、去年、この小屋で隣に居た人達だったらしい。
何かのご縁だったのかな、早く怪我が治りますように。

皆さんの話を聞きつつ、私達は小屋で売っている賞味期限切れの百円ラーメンを昼食に。
生卵は管理人さんの差し入れ。いつもありがとうございます。








私達がラーメンをズルズルやっている横で、管理人さん+ゲストさん達はオシャレなランチ。
珈琲なんか豆からガリガリ。登頂にこだわる事も無く、ガツガツしない、大人な登山で裏山C♡
f0016656_22555564.jpg









下山間際、その美味しい珈琲をご相伴に預かりました。美味しゅうございました。
f0016656_22560805.jpg









かなりノンビリしましたが、皆さんに今年初の『良いお年を〜』とご挨拶をし、12時過ぎに小屋を後に。
f0016656_22535443.jpg









長い長〜い黒戸尾根の下山道ですが、レポは短く。はい、いきなり15時半過ぎ下山完了〜。
カッチャンは靴擦れがひどいらしく、何度も靴紐を結び直していました。
f0016656_22540734.jpg
f0016656_16294418.jpg
駐車場に着いたら山梨県警のおまわりさんが。前日の雪崩事故の件を色々尋ねられました。








下山後の温泉は《むかわの湯(@700)》に。
f0016656_22545798.jpg
いつも黒戸尾根登山口の売店に温泉割引券を置いてるのですが、冬だからか、ありませんでした。
売店のお母さんが可哀想に思ったのか《ゆべし》をくれました♪ほっこり♡

帰りは大渋滞かと思ったら、全く無し。

温泉に入って、丸亀製麺で夕飯を食べて・・・でも、21時には家のソファーに座っていました♪
渋滞無しってなんてトゥバラティ〜♡そして筋肉痛はハンパ無いっす。さすが黒戸尾根。

以上、納登山・甲斐駒レポでした〜。
chiakiさん、こんな感じでしたよ。またいつかご一緒しましょ〜。またお誘いしますね。





2013年、今年もよく山に行きました。というか、お互い、独身の頃より行っています。
恐らくこれが今年最後の登山になると思います。これからも元気に行って帰ってこられますように。

by amitsuka1210 | 2013-12-28 14:16 |    ( 甲斐駒:小屋泊 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/21165296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2013-12-28 19:46
今年一年、いつもお二人仲良く登られる山レポを楽しませていただきました。
ありがとうございました♪
>これからも元気に行って帰ってこられますように。
これ、ほんとにそうですね。
私が行くような小さな山でも、同じ気持ちで出かけます。
お二人が登られるような山はなおさらですね。
来年はどんな山に行かれるのかな…
レポがいまからとっても楽しみです。

良いお年を!
Commented by amitsuka1210 at 2013-12-28 20:57
palletさん、こんばんは!雅です。コメントありがとうございます。
今回は事故直後の騒然とした現場を目の当たりにしたので、
なんというか、本当に安全登山をしたいなと思いました。
あくまでも余暇ですしね。楽しく過ごしたいです。
来年は・・・といってもあと数日ですね。
馬年だけに、駒ヶ岳巡りをしよう!と言っているのですが、
我が家のツッコミ野郎、いけいけドンドン野郎が乗りが悪く、
どうなりますやら。。。
palletさんも良いお年を!
Commented by chiaki at 2013-12-28 22:46 x
私は今日まで仕事で夕方から忘年会でした。
明日から5迄休みですが、無理のない山に行こうと思っています。

事故なく怪我なく、無事下山で良かったです。
迫力のある写真、素晴らしいです。

1年あっという間ですね。
良い年が迎えられますように。

Commented by amitsuka1210 at 2013-12-29 10:56
chiakiさん、おはようございます。雅です。
忘年会、お疲れ様でした。カッチャンも昨晩、忘年会でした。
私達も5日迄休みですが、山は年明けに日帰りで行ける…かな。
今夏、chiakiさんに出逢ったお陰で、違った楽しみが出来ました。
来年もよろしく願いします。


<< 2013年を振り返って      《速報》冬至の甲斐駒ケ岳 >>