いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 18日

結果オーライ???な唐松岳~不帰ノ嶮~白馬鑓温泉

f0016656_19261962.jpg

ど〜も嫁です。10/13(日)〜14(月)の1泊2日でカッチャンと北アルプス・唐松岳に行ってきました。



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪








私事ながら10月頭には私達の結婚記念日と私の誕生日があります。
それもあって、この時期は毎年、富士山に登っているのですが、今年は7月に登っている為、却下。

さあ、行き先をどうしたもんか。

『雅ちゃん♪俺のお気に入りのテン場でマッタリ登山をしない?』とカッチャンに提案されたのが、
北アルプス・白馬鑓ガ岳南にある天狗山荘でのテン泊登山。

なんでも水がタップリ、人も少ない・・・カッチャンにとっては一番のお気に入りのテン場らしい。
色々とコース取りは出来そうですが、我が家は1泊2日しか出来ません。

人混みを回避すべく選んだコースが、

《 黒菱駐車場(無料)〜唐松岳〜天狗山荘(幕営)〜猿倉 》。

山ディナーの献立をカッチャンにお任せし(買い出しは私の仕事)、
私も結婚三周年のお祝い用ケーキを焼いたりして。

意気揚々と出掛けた私達の運命や如何に・・・。








《 10/12(土) 》

10月だというのに日中はうだる様な暑さ。

『雅ちゃん、こんなに暑いけど、岳沢や槍岳山荘情報だと山は真冬になるから、装備はシッカリね。』
そう言い残し、カッチャンは出勤されました。

物好きなカッチャンは、行きもしないのに岳沢や槍ガ岳等、高いお山のスタッフブログをよく見ています。
ま、寒いのが大の苦手な私。ここは素直にアドバイスを聞き入れ、シッカリと装備をしました。

カッチャンの帰宅を待って、粘り強く歩けるように『ネバネバうどん』を夕飯に摂り、20時過ぎに自宅を出発!

高速は『関越道→上信越道』を使用。渋滞も無く、23時過ぎに猿倉最寄りのコンビニで車中泊。
ビールを飲んで早々に就寝zzz








《 10/13(日) 》

4時半起床。快晴!
コンビニ珈琲片手に黒菱駐車場(黒菱第3クワッド傍駐車場。水洗トイレ(無料)有り。飲用可能な水は無し)へ移動。

5時半過ぎに駐車場に着くと結構な車の数。
満車なんて有り得んと思っていたけど、下山後に得た情報によるとギリギリだった模様。危ない、危ない。
f0016656_20293861.jpg
若かりし頃、八方に滑りに来た事はあるのですが、このルートを歩くのは初めて。
カッチャン情報によると、この時期は山もリフトも大混雑するらしいので、
私達はリフトが動き出す前に自力でリフト最終地点の八方池山荘を抜けるのが狙いです。





6時過ぎ、歩行開始。無風快晴♪最高〜♡
f0016656_20294757.jpg






周囲にはこんな景色が広がっているんです♡ 山・・・雪、被ってるんすけど。。。
f0016656_2030097.jpg






天気、い〜んでないか〜い♪
f0016656_2030888.jpg






が、急です。かなり急です、このコンクリート?の道。しかも真っ直ぐに。
f0016656_20301592.jpg






写真では解らないけど富士山もチッチャク見えていたんです♪
f0016656_20302364.jpg






おっ!双次峰の鹿島槍と右に五竜。クッキリでんな〜♡今回は登らんけどね。
f0016656_2030882.jpg






標高を上げて鹿島槍のアップ。
f0016656_20301882.jpg






八方池山荘でトイレ(100円)を借りて、八方池を目指します。
f0016656_2030262.jpg






八方池へ下る階段。前日の?雪が溶けて凍ってパリンコパリンコでした。
階段はすっ転びそうで恐ろしいから間の土の上を歩行。
f0016656_20303491.jpg
にしても、稜線だけに雲がかかり始めたね。。。いや〜な予感。





8時前の八方池。池には波が立っていて、逆さに写った山は見られませんでした。
f0016656_20304329.jpg
にしても、完全に稜線は雲の中じゃよね。。。これって今から行く方角よね。。。





八方池をバックに。写真では解らないけど、かなり風が強くなってきました。
f0016656_20305083.jpg






立派な樹ですね。
f0016656_20305870.jpg






八方池。人が見当たらない。静かな山です。
f0016656_203169.jpg
でも帰宅してから知ったのですが、この日は物凄い人出だったみたいです。





樹々に若干の秋の気配が残っていますが、足元は雪が見え始めました。
f0016656_20312170.jpg






そんな私達ハイカーを尻目に軽快に登る爽やかなトレイルランナー。この人は超軽快、速かった。強者に違いない。
f0016656_20312836.jpg






我等ハイカーはエッチラおっちら進みます。
f0016656_20313868.jpg






どよ〜ん。予感的中。稜線は完全にガスの中。。。
f0016656_2031462.jpg






しかも風強〜っ!!!とにかく唐松岳頂上山荘を目指します。
f0016656_20325077.jpg






10時前、山荘に到着。真っ白〜。想像以上に雪山でした。。。
f0016656_2033776.jpg






本当はランチがてら、最高の景色を見つつ、ワイン片手に・・・と思って焼いてきたチーズケーキもどき。
牛乳パックに包む辺りが主婦らしい。ええ、私、牛乳大好きですから。
f0016656_20331530.jpg
3周年のロウソクまで用意したのですが、この天気では先行き怪しいので、小屋の受付前で立ち食い。
何故立ち食いかって?小屋で座って休憩するのには300円要るからです。。。

味は・・・美味しいに決まっています。ま、クックパッド様々です。なけりゃ料理なんて出来ません。





海老のシッポ。
f0016656_20332371.jpg
正直、先に進んでもな〜んも見えんし、撤退してもええんちゃう?と思っていました。





が、





唐松岳2,696mに到着。
f0016656_20333016.jpg
『なんだかウッスラと青空を感じるね〜。雲は薄いよ!きっと明日は晴れるよ!』と、カッチャン。





そしたらなんとお〜!!!
f0016656_20333790.jpg






目の前に凄い景色が広がり始めました♪行くしかありません。
f0016656_20334514.jpg






風は強いのですが、身の危険を感じる程ではありません。この時は。
f0016656_20335410.jpg






景色が足を進めてくれます。
f0016656_2034239.jpg






わおっ♡青空っ♡ 注:アイゼン未装着ですが、軽アイゼン携行。
f0016656_20341039.jpg






進行方向はドヨ〜ンとしているんですけどね。。。
f0016656_20342143.jpg






これから進む二峰と天狗ノ大下り方面。クリックすると大きくなります。
f0016656_20342893.jpg






振り返った三峰と唐松岳。クリックすると大きくなります。
f0016656_20344574.jpg






これから進む不帰の峰々。クリックすると大きくなります。
f0016656_20345811.jpg






11時半前、不帰二峰の頭2,614mに到着。カッチャン曰く、ここから先が核心部。
f0016656_2035675.jpg
私は2000年8月以来なので覚えとりません。。。





進みます。
f0016656_20351365.jpg






およよっ?!稜線のガスが抜けてきました♪
f0016656_20352340.jpg






でも雲の流れで風の強さを感じます。。。唐松岳山頂に登山者のシルエット。
f0016656_20353019.jpg






おっ!剱じゃ♡写真は無いですが、遠くに小さく槍も見えていました。
f0016656_2035387.jpg






さあ、核心部に突入です。
f0016656_20354771.jpg






手掛かり、足掛かりはあるので慎重に行けば大丈夫です。
f0016656_20355481.jpg






登って来た八方池から唐松岳の八方尾根全景。クリックすると大きくなります。
f0016656_2036228.jpg






天気がいいんだか、悪いんだか。。。
f0016656_20361212.jpg






凍ってはいないけど、雪で滑らないように慎重に。
f0016656_20362061.jpg






この梯子は手の鎖が無かったら私は無理ですね〜。特にこの日は雪で滑ったし。
f0016656_20362773.jpg






慎重に慎重に。
f0016656_20363725.jpg






カッチャンは大荷物なのに相変わらずスイスイ行ってましたけどね。
f0016656_20364420.jpg






核心部終了〜♪後は天狗ノ頭まで登り返しです。
f0016656_20365236.jpg






大荷物のカッチャンと天狗ノ頭。
f0016656_2037075.jpg
それにしてもだ〜れも歩いとらんね〜。
この日、不帰で擦れ違ったのは一人だけ。同じ方向に進んでいる人を私は全く見ませんでした。





剱をバックに天狗ノ大下りを登っている嫁。
f0016656_2037971.jpg






振り返って不帰、唐松、雲に隠れた五竜、遠くに槍ヶ岳、右に剱岳のパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_20371711.jpg






登るべしっ!
f0016656_20372536.jpg






14時半前、天狗ノ頭2,812mに到着。後は今日の幕営地・天狗山荘を目指すだけ♪ワイン、ワイン♪
f0016656_20373347.jpg
が、なんせここから風が超強〜いっ!!!





写真では全く伝わらないけど、また頬が黒く凍傷になるんちゃうかと思いました。
頬を押さえて、必死に歩きました。小屋までが本当に遠かった。
f0016656_20374138.jpg





風と格闘する事、十数分?、念願の天狗山荘に到着〜♪これでゆっくり休める〜♡
f0016656_20374964.jpg
と私が思っている頃、カッチャンは愕然としてたそうです。

な・な・なんとっ!!!
既に小屋閉め〜〜〜っ!!!




嘘やろっ?



嘘ではありません。確かによ〜く見ると、窓にもドアにも木が打ち付けられています。
9/24にとっくに閉めてたみたいです。









行きもせん小屋調べんと
他に調べるもんあるやろっ!


と、怒鳴った事は間違いありません。どうりで歩いている人が少なかった訳です。

さあ、どうする。。。

水場も池もバリバリに凍っています。
雪は溶かす程、積もってはいないし、風も相変わらず物凄く強い。。。





結論『これから2時間半下った鑓温泉でテン泊しよう』





もお〜、しゃ〜ねぇなあ〜。
f0016656_20375754.jpg
『これが可愛い山ガール相手じゃったら遭難騒ぎかもよ』と、恩着せがましく言っておきました。





天狗山荘から鑓温泉分岐までの稜線歩きが強風で辛かった&痛かった。。。
f0016656_20381292.jpg
とにかく風が無いところまで黙々と下山。
風が収まったところで同僚・薫さんから貰った結婚記念日祝いのドーナツが甘くて超美味しかった♡

カッチャンは『写真なんか撮る暇あったら・・・』と罵倒されると思い、山荘からは怖くて写真を撮れなかった模様。
にこやかにドーナツを食べている私を見て、意外と怒っていない事に安心したようです。





このような鎖地帯を抜けると、
f0016656_20381932.jpg






白馬鑓温泉のテン場が見えてきた〜♪テントも数張り見えます。小屋は解体されているけどもう安心♪
f0016656_20382737.jpg






16時半頃、鑓温泉に到着〜♪長い“いちにち”でした。
f0016656_20383617.jpg
数張りに見えたテントも全部で15張りはあったかな。





急いでテントを張り、とにかく宴開始!
f0016656_20384524.jpg
カッチャンが持って来た日本酒と、私が持って来たペットボトルの安ワイン。





ルネッサ〜ンス!
f0016656_20385344.jpg






寒いので私はホットワインでチビチビと。
f0016656_2039391.jpg






この日のメニューはカッチャンお手製のキムチ鍋や野菜炒め等。美味しゅうございました。
f0016656_20391515.jpg
さて、肝心の白馬鑓温泉。

透明なお湯なので、さすがに明るい時間は入れませんでしたが、宴後に月光の下、ノ〜ンビリ入りました♪
私達以外にも2〜3人、入れ替わり立ち替わり入っていました。

外宴で完全に冷えきった身体があっという間に回復♪
素晴らしい天然の温度調整、ちょっと熱めでしたが快適でした。硫黄臭もかなり強く、私好み♡

身体が温まった後は、ずっと足湯で月が山間に落ちる迄、お酒を片手にダラダラと話をして過ごしました。

有り難きかな、温泉パワー。爆睡の夜でした。








《 10/14(月) 》

5時半に自然に起床。無風快晴。
f0016656_20411594.jpg
起きた時、カッチャンは居なかったので、てっきり朝風呂に行っているのかと思ったら写真を撮っていたようです。
服を脱ぐのがメンドイって。私が男なら絶対入るけどな。





とにかく喉が渇いていたので、1本だけ余っていたビールで朝からウガイ。ルネッサ〜ンス♪
f0016656_20412651.jpg
時期によってはお風呂から御来光が見られるらしいのですが、この時期はちょっと右にずれているようです。





紅葉〜。温泉が湯気を上げながらガンガン山を下って行きます。源泉掛け流し川です。
f0016656_20413474.jpg






いい天気です〜。
f0016656_20414275.jpg






テン場の朝。
f0016656_20421652.jpg






温泉の模様。浴槽の中には座れる様に椅子も作られています。
f0016656_20431510.jpg






浴槽からはこのような景色。
f0016656_20432458.jpg






パンをパクつきながらテントを撤収し、7時過ぎに下山開始。
f0016656_20433310.jpg






躍動する温泉と山。波の様です。
f0016656_20434231.jpg






小日向山と白馬の下界方面。クリックすると大きくなります。
f0016656_20435259.jpg






秋ですね〜。風も無く穏やか・・・というか、暑かった。
f0016656_20435991.jpg






稜線には雲も無く、今日は風も無さそうです。
f0016656_2044791.jpg






鑓温泉と杓子岳方面。クリックすると大きくなります。
f0016656_20441633.jpg






ご機嫌なカッチャン。何を見て笑っとる?
f0016656_20442419.jpg






小日向コルへの登り返し。テン場も見えなくなりました。
f0016656_20443263.jpg






振り返った白馬鑓、杓子岳と色づくパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_204442100.jpg






8時半過ぎ、小日向コルに到着。ノンストップで進みます。
f0016656_2044519.jpg






白馬三山のパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_2045054.jpg






この日は連休最終日、流石に登って来る人は少なかったです。擦れ違ったのは4人位でした。
f0016656_2045910.jpg






カッチャンは二日酔いのせいか?いつもに比べ、随分、歩くのが遅かったです。
f0016656_20451722.jpg






そんなこんなでなんとか白馬鑓温泉登山口に到着し、
f0016656_20452457.jpg






10時に猿倉に下山しました。これにてお祝い登山、無事終了〜。
f0016656_20453234.jpg

f0016656_1915164.jpg






猿倉からはバス等、公共交通機関をを使って黒菱駐車場に戻る予定でしたが、
予定より早く下山出来た事もあり、高速の渋滞を避ける為、タクシーにて移動しました(6,000円弱)。
f0016656_20454025.jpg
ま、テン場代、水代・・・諸々節約出来たのでヨシとしましょう。という事で11時前には黒菱駐車場に到着。

タクシーの運ちゃん情報によると、私達の入山した10/13(日)は下界も天気が悪かったんだそう。。。
ホント、風が痛かった。何事も無く下山出来て良かったです。

あと、黒菱駐車場は大混雑で、かなり早い段階で満車になったんだそう。
現に私達がタクシーで戻った時も、駐車出来ずに車の列が出来ていました。恐るべし紅葉の時期。





下山後の小腹を癒す為、まずはコンビニへ直行。昔から運動後は積極的に牛乳を飲む私。
運動後の牛乳の効用を熱く語る私に触発されてカッチャンが選んだのは、
“プレミアム”カルピスソーダとダブルシュークリーム。。。
『雅ちゃん!これも乳製品だからいいよね♪』

はいはい。





温泉は運ちゃんにお勧めいただいた《ぽかぽかランド美麻(600円)》へ。
f0016656_20454892.jpg
空いていたし、ジェットバスが気持ち良かったです。





早く下山出来たし、早く帰宅を!と思って高速(上信越道→関越道)に乗り込んだのですが、
この日は数カ所で事故渋滞があり、帰宅出来たのは20時過ぎでした。

楽しみにしていた天狗山荘でのテン泊は空振りに終わり、稜線では強風に見舞われましたが、
入ってみたかった鑓温泉は満喫出来たし、終わってみたら楽しい連休でした。





が。





『雅ちゃん♪色々あったけど、結果オーライで良かったね♪』と笑う我が夫。

おんめ〜っ!!!
そりゃ、おめ〜の言う台詞、
ちゃうやろ〜っ!!

反省の色の全く無い、浮かれポンチな夫に呆れている嫁でした。
しかも帰りの運転は殆ど私がしました。全く頼りになりません。。。

by amitsuka1210 | 2013-10-18 08:09 |    ( 後立山連峰 ) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/20605141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小野 at 2013-10-18 17:58 x
こんにちは♪2度目のコメントです。

12土13日で唐松行かれたのですね!
私は14月15火で猿倉⇒白馬岳⇒白馬山荘泊⇒栂池とノンビリコースを歩いて来ました。

高原地図を見ると唐松から天狗当たりまでは破線ルートになってますし、この天候なので
相当大変だったのではないでしょうか。しかもあれだけの荷物で・・・。凄いです。

天狗山荘が閉まっていたとは。。。ぶちきれて良いポイントだと思います^^;
やっぱり鑓温泉は気持よさそうですね。また白馬目指す機械が有れば、私も行ってみたいと思います。

綺麗なお写真と読みやすい文章、今回も楽しませて頂きました。

ご結婚記念日とお誕生日、おめでとうございます!
Commented by amitsuka1210 at 2013-10-18 19:22
小野さん、こんばんは!雅です。

小野さんは平日絡みで白馬だったんですね。ええな〜、空いてる小屋に泊まれて。

天狗山荘が閉まってた時は・・・呆れましたよ。苦笑いするしかなかったです。テント持っててホント良かった。

鑓温泉は良かったですよ〜。殿方は気楽に入れるし、最高だと思いますよ。是非、行ってみてください。超お勧めです!

お祝いコメント、ありがとうございました。
(ヤマレコにコメントしなくてごめんなさい。)
Commented by chiaki at 2013-10-18 19:36 x
テントのポールを忘れたのかな?とか食糧?鍵をロックしちゃったとか?...とか想像していましたが、小屋締めだったんですね。
速報版で白馬鑓温泉はわかったんですけど。
山ガールだったら泣いていたかも知れませんね。
この時期に黒菱~唐松~白馬鑓温泉とはさすが、心技体、バッチリですね。
小屋がないと不思議な感じですが...鑓温泉は良いお湯ですよね。
雅ちゃんのセリフ...にうふふっ...です。
運転もお疲れ様でした。
Commented by amitsuka1210 at 2013-10-18 23:46
chiakiさん、こんばんは!雅です。
chiakiさんは金峰だったんですね。
毎度の事、『chiakiさんは何処行っとんやろね〜』と言っていた私達です。
カッチャンの大チョンボ…実はわざとじゃないかと疑って責めてる最中です。
だってねえ。
岩場に行きたい、ロングコース歩きたい、冬用シュラフは持っていない…怪しくないですか?今回のコース。
信頼関係の無い夫婦の実情でした(^_-)
Commented by ibiki at 2013-10-19 00:19 x
克ちゃん、雅ちゃん、こんばんは!ibikiです。
ご結婚三周年&お誕生日、おめでとうございます。

速報レポを見せてもろうちょったき、何があったか興味津々やったがです。雅ちゃんレポ、楽しく拝見しました。

克ちゃん、やってしもうたね~。 でも、テントと鑓温泉があって、よかったね。  イヤイヤ、心の広い雅ちゃんで本当によかったね。  (ウチの嫁ならどうなっちょたろう・・・・・・考えたくない)

不帰ノ嶮、行ってみたいなあ・・・ 鑓温泉、いいなあ。浸かってみたいなあ・・・ 
次のレポートも楽しみにしています。
Commented by amitsuka1210 at 2013-10-19 10:17
ibikiさん、おはようございます!雅です。
今回のカッチャンの大チョンボには呆れましたが、結果オーライで良かった?です。
っていうか、ミスを犯した者が、自分で結果オーライという図々しさに呆れません?ん?男とはそういうもの?
鑓温泉は良かったですよ!
女性が明るいうちに入るのにはかなり勇気がいると思いますが、殿方なら是非に!
また大きい台風が来ているみたいですね。
高知はよく台風が通るから気を付けてくださいね。
コメント、ありがとうございました。
Commented by yuka99 at 2013-10-19 16:27 x
雅さん、こんにちは‼
いつも楽しいレポ、ありがとう。
今回もすごいコース&まさかのハプニングでしたね^_^;
無事鑓温泉に着いて結果オーライだからこそ、しばらくはネタにしてあげてください(笑)
しかし、もし私達なら(雪の不帰ノ劍を通過する自信すらないですが)鑓温泉まで着けたかどうか…さすがのお二人です‼︎
鑓温泉は去年白馬岳の下山時に通過しましたが、同じ時期なので小屋はもうありませんでしたが、まだ明るかったにも関わらず何人か温泉に入っておられて、皆さん堂々と、モザイクお願いしますって感じでした(汗)雅さん夜は大丈夫でしたか⁇
今度はぜひ温泉につかりたいな。
私達も今年最後のテン泊、笠に向かいましたが、悪天候で夫が体調を崩して杓子平にて撤退、心残りな締めとなりました…
お決まりですが、笠新道は…
しんど〜かったです。
結婚記念日、お誕生日、ダブルでおめでとうございます‼
Commented by amitsuka1210 at 2013-10-20 09:25
yuka99さん、おはようございます。雅です。生憎な雨のお江戸です。
鑓温泉、見た(覗いた)事あるんですね。
私達が行った時も殿方が7〜8人は入っていて…ワイルドな光景が広がっていました。
でも時間によっては全く誰も入っていない時間があって。
19時には誰も居なかったのでユックリ浸かれました。
それに陽が落ちるとなにも見えないですしね。機会があれば勇気を振り絞って是非!
yuka99さんご夫婦は笠に行ってたんですね。私達も候補に入っていました。ニアミスだったかも?
途中撤退は残念でしたね。でも勇気ある撤退ですよ。それ、大事、大事。
コメント、ありがとうございました。


<< ほっこり七五三詣      《速報》 今年最後の? …テン... >>