2013年 06月 27日

本気撮りの白馬岳

f0016656_21114757.jpg

嫁です。6/23(日)にカッチャンと北アルプスの白馬岳(しろうまだけ)に行ってきました。



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪




この時期に一部の地域でしか咲かないというツクモグサ(九十九草)。
見たいと思いつつタイミングが合わず見逃す事、数年。

ところが今年はやけにカッチャンが気合い十分。
『意地でも撮ってやる!!』と意気込んでいました。とっていいのは写真だけ〜。

そんな事で先週、『少々、雨が降っても横岳(南八ヶ岳)にツクモを見に(撮りに)行こう!!』
と、車中泊までして出掛けた訳ですが、やっぱり雨にはモチベーションが上がらず、
コンビニ珈琲だけ飲んで撤退した次第です。

今年もツクモは無理か・・・と諦めかけていたのですが、
山で会いましょう》のchiakiさんにアドバイスを頂き、急遽、白馬岳まで足を延ばしてました。

さて、その成果は・・・。



それではNHK朝ドラ《あまちゃん》のウニ《本気獲り》ならぬ、
我が夫・カッチャンの写真《本気撮り》をご覧ください。

注:花の名前は間違っている可能性大です。








《 6/22(土) 》

不安定な天気が続く中、カッチャンの心は全く白馬のツクモグサからブレなかったこの週末。
私はさんざん、『最近、雨が続いたけん、雪渓は危ないんちゃう?ツクモは来年でえ〜やん。』と言ってました。

ま、先週がかなりの不発だったし、私も諸般のモヤモヤが積もってたんで、
とりあえず白馬方面に出掛ける事にしました。

そんなこんなで朝イチで都議会議員選挙の不在者投票もキッチリ済ませ、
カッチャンの帰宅を待って20時過ぎに自宅を出発!

今回、高速は『関越道→上信越道』という初挑戦のルートを利用しました。
思ったよりもスイスイと進み、長野ICで降車後、車中泊地点に到着したのは23時過ぎ。

登山口(猿倉)手前のコンビニの片隅でヒッソリと車中泊したのですが、寒くもなく快適でした。
翌日のスーパームーン(でっかい月が見れたらしい)の予兆を感じる事は出来ませんでしたが。。。








《 6/23(日) 》

4時“前”起床!!
寝とらんっちゅうねんっ!!寝不足が一番堪えるっちゅうねん、中年だけに。。。スンマセン。

睡眠4時間程度ですよ!無理よ、無理っ!わたしゃ最近、7時間寝とるんよ!
えっ、カッチャン!アンタが一番、よう知っとんじゃろ???

ということでスキッと起きられない私はカッチャンに起こされました。

そのままそそくさと登山口に移動。意外と車は少なかったです。
f0016656_21101569.jpg

車を何処に停めるか、若干揉めましたが、バスの走っていないこの時期は、猿倉荘前に停められました。
綺麗な水洗トイレもあります。





嫁にぎり(ちらし寿司)を食べつつ諸準備をし、5時過ぎ、歩行開始。
f0016656_21102424.jpg






天気はまずまずの模様。雪が多い。さすが北アルプス。
f0016656_21103263.jpg






これは自然な滝ではありません。堰堤越しの滝もどき。上手に撮れとるやん!
f0016656_21104065.jpg






紫陽花も咲いています。
f0016656_2110502.jpg






去年の笠ガ岳以来のキヌガサソウ(衣笠草)とのご対面も。
f0016656_21105767.jpg







花を愛でつつ、ダラダラと林道を歩いた後、大雪渓がお出迎え。
f0016656_2111553.jpg






6時前に白馬尻小屋に到着。まだ準備中の模様。トイレだけは使えました。
f0016656_21111378.jpg






ガソリンを注入して、いざ出陣っ!ちなみにアイゼンはしていません。
足元には気味悪い、嫌な亀裂が入っています。
f0016656_21113196.jpg






クレバスを避けつつ、歩を進めます。
f0016656_21114073.jpg






でも下部では結構、こんなところが多いんです。クリフハンガー(映画)を思い出しました。
f0016656_21114757.jpg






ちなみにわたくし、白馬岳は2000年8月以来、2度目。
f0016656_21115546.jpg

歩行したルートは友達と二人、テン泊で、
《猿倉→白馬→五竜→鹿島槍→扇沢→(アルペンルート)→室堂→立山→剣→室堂》。
すっかり記憶の飛んでいる箇所も多々ありましたが、懐かしく色々な事を思い出しながら登っていました。
今では考えられない重さを背負っていた当時。そんな馬力、今はありません。。。





いや〜、久々の雪山・・・というか、しっかり雪山です。
f0016656_2112345.jpg

服装は春夏兼用といった感じですが、靴は冬靴、アイゼンは12本爪を持参しました。





白馬大雪渓を歩行中、振り返るとご覧の景色。多分、戸隠方面。
f0016656_21121160.jpg






天気はいいんだか、悪いんだか。
青空は見えていましたが、冷たい風はずっと吹き下ろしていました。天然クーラーです。
f0016656_21122286.jpg






台風一過だから?雲が面白い。
f0016656_21123138.jpg






傾斜がキツくなってきたところでアイゼン装着。左手からは音を立てる落石も見られました。怖い、怖い。
f0016656_21123813.jpg






時間的に?雪面は締まってる感じはなく、ザレています。ズルッズルッと滑ります。
f0016656_21124626.jpg






躍動する雲好きのカッチャンは、本領発揮で雲の写真を沢山、撮ってらっしゃいました。
f0016656_21125728.jpg






凄い雲の動きやね。傾斜の強さもよく解るいい写真です。ってあんた、上から目線で誰やねん!
f0016656_2113611.jpg






それの横バージョン。私はさっきの方がええな。
f0016656_2113142.jpg






これは私の身体とストックの角度で斜度の迫力を感じる、とまあ、偉そうに解説。
f0016656_21133159.jpg






ミヤマキンバイ(深山金梅)。
f0016656_21132281.jpg






ようやく傾斜が緩くなり安全地帯?に突入。赤にマーキングされたルートまで辿り着きました。
f0016656_21133937.jpg

ここに辿り着くまでに、アイゼンを外して夏道を使ったりしました。ピッケルを持って来なかった事を反省。
チェーンスパイクらしき男性はこれよりウンと下でもプチ滑落されていました。





カッチャンが好きそうな鋭利な岩峰。杓子岳方面。
f0016656_21134830.jpg






振り返ると雲が湧いています。
f0016656_21135647.jpg

f0016656_2114574.jpg






もうすぐ村営頂上宿舎。
この日は小屋開けの準備のせいか、ひっきりなしに荷揚げのヘリが飛んでいました。ご苦労様です。
f0016656_21141781.jpg






小屋のウンと手前でアイゼンを外し、小屋はスルーし、9時過ぎに稜線に到着!剱岳もお出迎え♪かっけ〜♡
f0016656_21142557.jpg






ツクモグサを探しつつ歩を進めます。見えるのは白馬山荘と白馬岳。
f0016656_21143247.jpg






ハクサンイチゲ(白山一花)。
f0016656_21142285.jpg






剱も見えています♡
f0016656_21143018.jpg

でもこの日のカッチャンはいつもと様子が違いました。
いつもなら望遠レンズに切り替えて、剱と愉快な仲間達(その他諸々の山)ばっか撮るはずなのに、
マクロレンズで花を撮るのに夢中なんです。



以下、《本気撮り》のカッチャンが撮った花達。



まずはウルップソウ(得撫草)。満開ではありませんが、株は沢山ありました。
f0016656_21144453.jpg

f0016656_21145324.jpg






ハクサンイチゲ。
f0016656_2115111.jpg






剱もまだなんとか。
f0016656_21151063.jpg






風が強く寒いので、着足してから白馬山荘前に荷物をデポし、山頂を目指します。
f0016656_21152165.jpg






空荷だから楽々♪10時前、白馬岳2,932mに到着!静かな山頂です。
f0016656_21152934.jpg

f0016656_21153616.jpg






とりあえず山頂で証拠写真。私達以外に2人しか居ませんでした。
f0016656_21154959.jpg






白馬岳山頂より見る更に北の山々。穏やかな表情にかなり興味をそそられました。私には未知の世界。
f0016656_21155791.jpg






で、こちらが目的のツクモグサ(九十九草)。。。探すまでもなく、至る所にありました。
f0016656_2116640.jpg

でも全てがこのような状態で、咲き終わっているのか、蕾なのか。
素人の私達にはサッパリ解りませんでしたが、聞くところによると、まだ蕾で、早かったようです。





で、まだ10時前。『時間も早いし、もうちょっと北に行ってみよう!』とカッチャン。
『もうちょっとって何処迄よ!?カッチャンのもうちょっとは信用ならん。』という事で、
往復30分を条件に北へ歩を進めました。
f0016656_21161570.jpg

決め台詞は『北に行けば《雷鳥坂》ってルートもある位だから、雷鳥に遭う可能性も高くなるよ。』でした。
ほな、行ってみよかね〜♪と、『雷鳥さんや〜い♡』とハイマツに声掛けをしつつ進んでみましたが・・・、





全く気配は感じられず。更に下りそうなのでこの辺で撤退。証拠写真のみ撮影。
f0016656_21162389.jpg

カッチャンはすっかりあまちゃんにハマって一人で“J”ポーズ。私は最近ちょっと冷め気味です。





小蓮華方面。
f0016656_21163248.jpg






そしてまたツクモグサ。群落は沢山ありました。
f0016656_21164228.jpg






北から見る白馬岳へと続く道。
f0016656_21165127.jpg






ハクサンイチゲ。かわいい♡
f0016656_21165979.jpg

f0016656_2117697.jpg

さあ、お腹も空いてきたし、白馬山荘に引き返そう♪

でもカッチャンはピークへ引き返す迄の稜線上、ツクモグサの《本気撮り》をしたいという事で、しばしお別れ。
私は一人で先に『雷鳥さんや〜い♡』と言いつつ、山頂を目指しました。

山頂もドンドン近付き、『やっぱおらんわ。。。』と思ってふと右手を見たら・・・








おるや〜んっ♡♡♡
f0016656_21171534.jpg

山頂北部直下に一匹だけ気高く岩の上に佇んでらっしゃいました♡
すぐに居なくなるだろうと、凝視していたのですが、微動だにしません。
ほな、携帯で写真を・・・と思って起動させても、私の携帯では大きく撮れず。。。

よっしゃ!こうなったら。

『もしもし、ここに雷鳥がおるよ〜!』と小声でカッチャンに電話。

爺・克己は携帯の万歩計機能を活用していて、日帰りの山では携帯の電源は入れっぱなんです。

程なくして小走りでやってきたカッチャンに撮ってもらった唯一の雷鳥写真が上記です。
この一枚を撮った直後、雷鳥さんは思いっ切り羽ばたいてどっかへ行きました。あんなに飛べるもんなんじゃ〜。





で、ビックリする事に、カッチャンは雷鳥を撮った後、
空腹の私を放置し、再び北へと花を撮りに戻って行きました。





その成果がコチラのツクモグサ。開こうとしている途中かな?執念で探して撮ったようです。
f0016656_21174578.jpg






その他にもミヤマキンバイや、
f0016656_21175414.jpg






ハクサンイチゲも。
f0016656_2118391.jpg






その間、私は白馬山荘前のベンチで空腹を抑え、カッチャンの帰還を震えながら待っていました。
カッチャンもようやく撮影から戻ってきたのでランチ♪
と言っても甲斐駒に続き、最近、我が家でブーム?の団子と珈琲ですが。
f0016656_21181146.jpg

今回は変わり種。左から、いそべ、ずんだ、レモン、マンゴー味の団子4兄弟。





克己ブレンドが出来上がるのを待ちます。
f0016656_211823100.jpg

f0016656_2118315.jpg






レモン味を食べてこの表情♪僕ティン、美味そやね〜♪
f0016656_211839100.jpg






寒いので要らなかったのですが、折角、2本も持ってきたのでコイツを半分こ。
f0016656_21184885.jpg

f0016656_21185561.jpg






冷えたビールにシッカリ身体も冷えきったので、食後は早々に下山。
カッチャン再び本気撮りモード。ウルップソウとハクサンイチゲのコラボ。
f0016656_2119890.jpg






ハクサンイチゲの群落。
f0016656_2119186.jpg






その頃には剱等、山はすっかり雲の中でした。今回、山の本気撮りは出来なかったそうです。
f0016656_21192692.jpg






イワベンケイ(岩弁慶)。
f0016656_21194020.jpg






ウルップソウとハクサンイチゲ。
f0016656_21195246.jpg






では雪渓を下りましょう。
f0016656_2120488.jpg






上空は雲の流れが速く、時々青空も見えたけど、殆どガスっていました。
f0016656_21201863.jpg






こちら白馬岳に現れた、私の白馬に乗った王子様〜♡白いタイツが似合いそ〜。
f0016656_21202728.jpg






この辺りは傾斜も緩いので適当に下っていきました。
f0016656_2120359.jpg






夏道そばの雪渓を下降中。空気がよどんでいる感じで、行きとは違い、かなり蒸し暑かったです。
f0016656_2120431.jpg

とはいえ傾斜もあるので止まって上着を脱ぐ事も出来ず、とにかく下りました。





青空は上空のみ。
f0016656_21205335.jpg






尻セードをするような雪質ではありません。石(岩)も多いですし。
f0016656_2121438.jpg






面白い雲。
f0016656_21211472.jpg






ガス〜っ。
f0016656_21212283.jpg






蒸し暑い中をひたすら下ります。
f0016656_21213364.jpg






いくつもクレバスも越えねばなりませぬ。気持ち悪〜っ。
f0016656_21235294.jpg






カッチャンは相変わらずこんな感じ。危ないけん、やめとき言うのに。
f0016656_21242485.jpg






こんな写真も撮ってらっしゃいました。
f0016656_21243593.jpg






そんな冷や冷やに付き合っとれん。白馬尻小屋も見えているので私はサッサとそちらを目指します。
f0016656_21244494.jpg






白馬尻小屋でアイゼンを外し、洗わせていただきました。
f0016656_21245264.jpg

駐車場迄、再び花を探しながら歩きます。





ニリンソウ(二輪草)。
f0016656_2125285.jpg






サンカヨウ(山荷葉)。
f0016656_21251463.jpg






キヌガサソウ。
f0016656_21252349.jpg

f0016656_2125357.jpg






シラネアオイ(白根葵)。
f0016656_21254215.jpg






紫陽花。
f0016656_21255158.jpg






徒渉用の橋を渡って、
f0016656_21262823.jpg






車を停めている猿倉荘へ。
f0016656_21271849.jpg






赤く縁取られたモミジ。
f0016656_21281959.jpg






途中にある鑓温泉への道。私は行った事ありませんが、カッチャンはお気に入りの温泉だそうです。
f0016656_21283424.jpg






14時前、猿倉荘に到着。登山終了♪
f0016656_21284546.jpg






温泉は猿倉近くの《おびなたの湯(500円/人)》に入りました。
f0016656_21285580.jpg

露天しか無いですが、いい泉質で気持ち良かったです。カッチャン曰く、夏場は虻が多いそうです。





夕飯は上信越道の横川SAで美味しく頂き、あとは若干の渋滞に巻き込まれましたが、
中央道程の渋滞ではなく、20時過ぎに帰宅出来ました。残念ながら東京に近付くに連れ雨でしたが。。。
f0016656_2129347.jpg

前日に車中泊とはいえ、白馬岳を日帰り出来るなんて、凄い地の利だなあと改めて思いました。
でも日帰りで行くのはやっぱ勿体無いな。お金が。

肝心のツクモグサは殆ど蕾だったので、来年は?ピッとパッと開いたツクモグサを見たいなあ。

それでも《花より団子》を卒業し、《花も団子も雷鳥も・・・》の盛り沢山な楽しい白馬岳レポでした。

by amitsuka1210 | 2013-06-27 21:41 |    ( 後立山連峰 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/19889035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2013-06-28 19:52 x
リンク、どうもありがとうございます。
雪渓、下の方は亀裂が入っていますね。
私も白馬岳が気になっていて、昨年は花の開花が遅かったみたいですが、今年はウルップソウが気になっていて今週29、30で行こうか?と思っていましたが、天気も微妙だし雪渓の落石も怖いし。
違う所に日帰りにしようか?と思っています。
日帰りはもったいないなぁと思う気持ちも分かりますよ~。
健脚で体力があるお二人だから日帰りできるんですよ。
いつか又ゆっくり泊まりで行けますよ。
写真、本当に素敵です。
Commented by amitsuka1210 at 2013-06-28 21:55
chiakiさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。雅です。
黒斑山といい、今回の白馬岳といい、
chiakiさんには陰ながら?お世話になっています(^_-)
ところで今週末は天気がイマイチみたいですね。
我が家は天気予報とカッチャンの仕事の状況で今週末は山は厳しそうです。
Commented by akko-kornblume at 2013-07-01 20:38
雅ちゃん、こんばんは~♪

じぇじぇじぇ、白馬日帰りとはなんて健脚なお二人だこと!
え、日帰りってもう一回見返してしまいましたよっ!
いつもながら写真が素晴らしい。迫力ありますね~。
そしてお花も超かわゆいです。克ちゃんって何者か?(笑)

二人とも本当に元気で羨ましいです。
上信越道から帰ってきたのは正解かも知れないですね。
もうこの先は中央道は酷いからね。
我が家も今週末は関越だったので、帰りが安心でした。中央道嫌い(笑)
素敵な景色をたくさん見せてくれてありがとう~♪
Commented by amitsuka1210 at 2013-07-01 21:13
矢車草さん、こんばんは。
コメントありがとうございます、雅です。
白馬、夏道の記憶は遥か彼方なので定かではないのですが、
冬は直登だから意外と早く登れるかもです。
でもやっぱ日帰りは勿体無いですね、縦走したいです。
高速は関越、上信越は使えますね。我が家も北上していきたいです。
まずは直近の海の日ですね。天気がいいといいですね。


<< 《速報》甲斐駒周回      《速報》花を目当てに山歩き♪ >>