2013年 05月 11日

2013GW後半:《かツみ君》と行く《かスみ沢岳》の巻 〜其の弐〜

f0016656_21452085.jpg

嫁です。カッチャンとGW後半5/4(土)〜5/5(日)に1泊2日で霞沢岳に行ってきたレポの“つづき”です。

“其の壱”はコチラ



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪





《 5/5(日:祝)こどもの日 》つづき

そろそろ核心部かな、恐らくK1ピーク最後の登りかなと目星を付け、ストックからピッケルにチェンジ。
f0016656_20191428.jpg






穂高連峰のパノラマ。左から西穂、奥穂、前穂。クリックすると大きくなります。
f0016656_20192419.jpg






綺麗な雪面。スキーしたなるな〜。
f0016656_20193223.jpg






はあ〜、しんど〜。
f0016656_20194257.jpg






8時半過ぎ、K1ピークに到着。正面には昨夏、登った笠ガ岳、眼下には上高地の赤い屋根が見えます。
f0016656_20203579.jpg






こんな小さなピークに幕営した人が居るんです。立派な雪壁跡。
f0016656_20204535.jpg
今から更にK2ピーク(右)、奥の霞沢岳(左)へと進んで行きます。遠くには御嶽山も見えています。





穂高連峰もバッチリ♪
f0016656_20205440.jpg






で、ここが今山行最大の核心部。K1ピークの下りです。これをクライムダウン。5m位でしょうか。
f0016656_2021293.jpg
上から覗き込んでも足元が見えません。カッチャンは相変わらずそそくさと下りて行きました。
下からカッチャンの指示を聞きつつ、ピッケルを刺し、アイゼンを蹴り込んで、慎重に下りました。
っていうか、この状況で写真なんか撮っとったんじゃ。おめ〜は心配じゃね〜のか?





ドッキューンッ!とハイテンション坊や。ズッキン、どっきん状態です。
f0016656_20211480.jpg






いんや〜、凄い景色ですな。
f0016656_20212211.jpg






歩いて来たK1ピークを始めとする稜線と穂高連峰とのパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_20213022.jpg






私の写っている角度が、前から、横から、後ろから・・・となっているという事は
カメラ小僧が激しく動き回っているという印。ご苦労さんです。わたしゃマイペースです。息苦しいのなんのって。
f0016656_20213814.jpg
っていうか、この写真、杖を付く老人じゃがね。





K2ピークも通過。残すは最終目的地・霞沢岳♪右奥に雪深い乗鞍も見えています。
f0016656_20214776.jpg






霞沢岳と焼岳♡のパノラマ。奥には乗鞍岳も。クリックすると大きくなります。
f0016656_20213145.jpg






同じ様な写真が続きますが、ホント、大展望地なんです。
f0016656_20213983.jpg






9時半、霞沢岳(2,646m)に到着〜♪200名山だそうです。
f0016656_20214716.jpg
ピークには男性が2人いらっしゃいました。静かなピークじゃ〜♥
お腹は空いていますが、後ろはまだまだ来そうにもないし、人が少ないうちに撮影タイム。





こどもの日なんで、穂高をバックに鯉のぼりと“こいのぼりチロル”を持ってパシャリ。
f0016656_21321880.jpg






焼岳もバックにパシャリ。ブル〜スカ〜イ♪
f0016656_20221072.jpg






こいのぼりチロル、かわい〜♡柏餅は潰れるので今回はやめました。
f0016656_20222235.jpg






親土楽手拭いでもパシャリ。
f0016656_20223386.jpg






前穂の奥明神沢のアップ。よ〜く見ると15人位の列が見えます。
f0016656_20232673.jpg
その列を遠望して『俺も今回、行きたかったのに。なんか悔しい。。。』とカッチャンがボソリ。
こんな素晴らしい状況やのに他人を羨ましがるなんて・・・アホちんがっ。バチが当たるで。





雪たっぷりの奥穂のアップ。すっごいな〜。
f0016656_20233544.jpg






西穂のアップ。西穂沢にも3人程、人が見えます。
f0016656_20234471.jpg






かっけぇ焼岳♡
f0016656_20235483.jpg






焼岳の超アップ。噴煙が上がっています♡オラ行きてぇ〜!
f0016656_2024351.jpg






乗鞍のアップ。
f0016656_20243133.jpg






御嶽のアップ。
f0016656_20244183.jpg






笠から穂高連峰のパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_2024511.jpg






岳沢のアップ。物凄いテントの数。涸沢みたい。
f0016656_20245935.jpg






奥穂〜前穂の吊り尾根のパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_2025982.jpg






先程より少し引いて見る前穂のアップ。人の列が30人位?
f0016656_20252027.jpg






乗鞍がひときわ雪が多かったです。奥には御嶽。
f0016656_20253481.jpg






山頂で撮影&エナジーチャージの大休止後、10時過ぎに下山開始。テントへ戻ります。
f0016656_20255664.jpg






今度は穂高を見ながらの下りです。
f0016656_2026692.jpg






少し雪尻も残っています。
f0016656_20261739.jpg






人が少ない(居ない)。この日、徳本峠〜霞沢岳間で出会ったのは15人位?静かな山行。
f0016656_20263053.jpg






焼岳と上高地。
f0016656_20263973.jpg






カッチャンは写真を撮りまくっていました。この世にデジカメがあって良かったね。
f0016656_20265019.jpg






それにしても顔が真っ黒。
f0016656_20271582.jpg






今年は行くぜ!焼岳!
f0016656_20265923.jpg






下りはあっちゅう間。それだけ傾斜がキツいという事かな。
f0016656_20271050.jpg






K1ピークに向かって続く雪尻と穂高。
f0016656_20275598.jpg






風紋と焼岳。
f0016656_2028882.jpg






来た道をどんどん下ります。
f0016656_2028206.jpg
ちなみにこのトレースは一般ルートではありません。徳本峠を使わず、沢をつめて登ってきた強者のトレース跡。
そんな人が2人程いらっしゃいました。





勿論、私達は一般ハイカーなのでノーマルルート。いんや〜、まさにスカイラインですな〜。
f0016656_20283273.jpg






お陽さま、ぴっか〜ん。
f0016656_20284015.jpg






でもシンド〜。ふう〜。
f0016656_20284875.jpg






下りに歩いてみて、『いんや〜、めっちゃ急じゃったんや〜。』と気付きました。
コケたらかなり下まで滑りそう。慎重に下ります。
f0016656_2029047.jpg






カッチャンは尻セードをしようとして、あらぬ方向に転倒し、
ペットボトルが上高地へ一目散に滑落して行きました。バチが当たったんじゃ!
ペットボトルで良かった。もっと慎重に動いて!ヒョコヒョコし過ぎ。
f0016656_20291138.jpg






もうちょっとで樹林帯に突入です。
f0016656_20293358.jpg






急ですな〜。下ってきました。
f0016656_20294496.jpg






でもまだまだ下ります。こんなとこ、よう登ったもんじゃ。
f0016656_20295254.jpg






ここでピッケルは収納。ストックに切り替えです。
f0016656_2030244.jpg






御嶽が霞んできました。
f0016656_20301569.jpg






そして樹林帯。誰やねん。
f0016656_20295383.jpg






13時、徳本峠小屋に帰着。テントもグッと減っていました。
f0016656_2030632.jpg






喉もカラカラ。まずはビールでうがい。
f0016656_20301512.jpg






残ったワインもお片付け。ブルーチーズと共に。
f0016656_20302490.jpg






で、テントを撤収し、14時過ぎに上高地を目指し下山開始。
f0016656_20303540.jpg






見上げれば正面に前穂や奥穂。
f0016656_20304543.jpg






アイゼンを着けてガシガシと下って行きます。
f0016656_20305722.jpg
でも急ぐ事はないのです。何故なら今日は上高地(小梨平)泊まりだから。





15時半、嘉門次小屋で初の岩魚♡900円。美味しいけどメッチャちっこい。。。
タイミング悪く1匹しか焼けてなかったので2人で分け分け、あっちゅう間に食べ終わりました。
f0016656_2031755.jpg






勿論、ビールも。各種メーカーがありましたが、イチロー好きの私は一番絞りを選択。
f0016656_20312294.jpg






食べ終わって、これにてGWの登山終了〜。
f0016656_20313330.jpg
このまま一気に帰宅するプランもあったのですが、朝イチの方が渋滞が無さそうだし、
翌日も天気が良さそうだし、食材も余っているので、上高地でゆっくりする事にしました。
私が嘉門次小屋でビールを飲みたがっていたからという説もありますが。

それなら徳本峠で連泊すればテントを張り直す手間も無いじゃん!

そうなんです。でもカッチャンのシュラフ対策では徳本峠が寒過ぎて寝られなかったのです。。。

ま、小梨平なら標高も低いし、翌朝ゆっくり出来るし、
人の少ない朝の上高地を堪能するのもいいかも♪と思い、泊まる事にしました。







という事で小梨平でテント設営完了。ここには食堂も温泉もありました、ビックリ。
f0016656_20314336.jpg
ゴミは捨てられるし、焚き火も出来るし、ワインも売ってるし、トイレは水洗だし・・・。
このロケーションならお子様連れにもいいでしょうね。





落ち着いたら即宴が我が家の流儀。まずは余り食材を炒めて、
f0016656_20315219.jpg






金ちゃんラーメンにON!
f0016656_2032382.jpg






すする。チョロチョロすする。大口でガッツク私とはドえりゃ〜違い。。。
f0016656_20321250.jpg






ペペロンペンネ。その他諸々、余り物を片付けていきました。
f0016656_20322015.jpg






ちなみに山頂に持って行ってた“こいのぼりチロル”の中身。かわい〜♡
f0016656_20322977.jpg
ベンチで宴を楽しんだ後、テントでチビチビ(克:日本酒、雅:味噌汁)やりつつ、早々に就寝しました。
風も無く、快適なテントサイトでした。ちょっと他人様の焚き火が煙たかったけど。。。








《 5/6(月:祝)振替休日 》

夜中2時〜3時の星空。勿論、カッチャンお一人で。穂高越しの星空。
f0016656_20324126.jpg

f0016656_20325283.jpg

f0016656_20325954.jpg

f0016656_2033863.jpg
寒空の中、1時間も。頑張ったね〜。
流れ星も沢山、見たそうです。願い事は出来なかったとの事、まだまだやね。

私も一瞬、トイレに起きたついでに一緒に星を見たけど、飽きて早々にテントに戻り、
夜中にお湯を沸かして味噌汁を飲んでました。
最近のマイブームは山味噌汁です。塩気が美味い♡





朝5時。今日も穂高はクッキリ♡
f0016656_20331815.jpg






テン場も動き始めました。皆さん、ごそごそ。
f0016656_20333513.jpg






私達も珍しく朝からガスを使ってノンビリと朝食。
余り物のポタージュと魚ニソですが美味いっ!!
f0016656_20334325.jpg






西穂かな?
f0016656_2033526.jpg






奥穂の筈。
f0016656_2034098.jpg






天狗のコルらしいです。
f0016656_2034922.jpg






西穂から天狗のコルのパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_20341858.jpg






西穂の峰々のアップ。
f0016656_20342787.jpg






等々、朝の展望も満喫したし、ほな帰りましょう。
テントを撤収し、6時半前、バスターミナルへ移動します。
f0016656_20343743.jpg






人の居ない静かな河童橋と焼岳。
f0016656_20345810.jpg






穂高よ、さよ〜なら〜!ありがとね〜。
f0016656_2035584.jpg
そして私達以外にだ〜れも乗っていない7時前のバスに乗り、沢渡へ。
駐車場の車もグッと減っていました。





後はひたすら帰るのみ。

諏訪湖SAで朝食(ってさっき山で食べたのに)に蕎麦を食べ、そのままハイウェイ温泉の一番風呂(9時)をGET!
小さいけど人が少なく快適でした。子供の日絡みで菖蒲も浮かんでいました。
f0016656_20351461.jpg
この後は中央道の事故渋滞に少し巻き込まれたけど、上手く一般道に回避して、13時には帰宅♪
帰宅後は二人で分担して片付け三昧。天気も良く捗りました。

実はGW前にようやく私の就職が決まり(って、近所のパート事務ですが)生活リズムが一変しました。
人生2社目の就職。前職が長かった事と、今回が全く異業種の為、
毎日てんてこ舞子さん、湯気を出して踊りまくってます。脳も老化しとるし大変。
それでもカッチャンが協力的で助かっています。

そんな事もあって、以前のようにギリギリまで一日中遊ぶと、
休み明けの慣れない仕事に響くので、暫くはお手柔らかな山をお願いしています。
そういう意味でも今GWはバッチグ〜の山行でした。

そして片付けが終わったら毎度の角上魚類へ買い出しに。
渋滞を避ける為、バイクに二人乗りして出掛けたのですが、道路が灼熱でした。夏です。

そんな角上魚類から帰ったら嬉しいニュースが飛び込んで来ました。

な・な・なんとっ!
富士山結婚式唯一の立会人・ムカキョンが結婚するというのです♪
しかも自身も富士山で結婚式するから参列してくれと♪

女だらけの関西飲み友の会、通称《おっさん会》の人気者、ムカキョンの結婚式♪
賑やかになりそうです♪

世界遺産騒ぎで山はごった返しそうですが、カッチャンと夫婦で参加したいと思って(願って)います。
今から楽しみでしょうがありません♪おめでと〜、ムカキョン!

以上、霞沢岳レポと近況報告でした。





あっ!題名の“克己”と“霞”を掛けた陳腐な駄洒落。
これは話術で笑いを提供出来ないカッチャンが、珍しく発した駄洒落を記念に借用したものです。
レベルが低くてスンマセン。カッチャン、頑張れっ!

by amitsuka1210 | 2013-05-11 21:22 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/19369164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2013-05-12 17:01 x
待っていました。
写真、凄い迫力満点ですね。
いいなぁ。雪の霞沢。
昨年の10月に霞沢岳は行ったけど小屋から往復は長かったし、雪の時はどんな感じなんかな?と思っていましたが、やっぱりK1の登り、下りは核心部ですね。
二人とも技術、体力、凄いですね。
しかも笹山ダイレクトから霞沢...体力がいるけどマニアックでいいです。
そして星降る夜だったのね。星の写真も素敵です。
小梨平での二人の朝食の様子の写真もいい感じです。
私はどっちも行けるかわかんないけど、楽しませて頂きありがとうございます。
私は今日は最高の天気なのに疲れがとれずに山は休んじゃいました。
Commented by amitsuka1210 at 2013-05-12 22:30
こんばんは、chiakiさん。雅です。
いつもコメントありがとうございます。
霞沢、素晴らしい展望でした♪
でもさっき、chiakiさんの10月のレポを見て、余りの景色の違いに驚きました。
山頂はあんなにハイマツだらけなんですね。
私達の体力(というか、私の体力)なんかよりchiakiさんの体力、バイタリティの方が凄いと思いますよ。
私なんて一人でテント泊なんかした事無いし。
chiakiさんも今日はノンビリされたんですね。
私達も今日は山はお休みでした。たまにはね(^_-)
でも来週は山に行きたいけどなあ。。。


<< ここ二週間の出来事。      2013GW後半:《かツみ君》... >>