2013年 05月 10日

GW前半、急登の後の笹山大展望♪

f0016656_232331.jpg
4月28〜29日に雅ちゃんと行ってきた笹山(黒河内岳)レポです。



f0016656_2333536.jpg



本来ならば今年のGWは入れ替えで後半の五連休にする予定でしたが、嬉しい出来事があり、急遽カレンダー通りの休みになりました。

 …とはいっても、土曜日出勤なので前半は一泊二日。



どこさ行こか?



…雅ちゃんが行きたがっていた北アルプスの蝶ヶ岳に決めていましたが、26〜27日と大雪が降ったらしく、ネットで見た大雪の扇沢の映像に雅ちゃんはビックリ!!


 「ノーマルタイヤで行けるんかいな?」

という不安もあり、土曜日の会社から帰宅後、上高地での入山規制を知らされて、出発一時間前に目的地を急遽アプローチの心配のいらない南アルプスの笹山に変更して、奈良田目指して車を走らせました。



f0016656_23112937.jpg
夜中の南アルプス街道は鹿の群れが沢山居て、車に突っ込んで来ないかビクビクしながらの運転でした。



翌朝は7時前に奈良田を出発!


 準備をしていたら、トラックに乗ったおじさんに「何処に行くんだ、笹山は雪煙が見えたから風も強いし、新雪だから一般登山道じゃないし白馬でも雪崩があったっていうから、ちゃんと登山届けを出してから出発した方がいい。。。」


…との御指導を受けて、登山届けを持参していなかった自分たちを心配して、念の為にって車のナンバーを聞かれ、雅ちゃんが故郷愛媛の石鎚の事を話した時、一瞬おじさんの目尻が緩んで、その優しさを感じて出発しました!



f0016656_2318236.jpg


 このコースは数年前に出来た登山道らしく、自分たちの持っている地図にはコースタイムなどが載っていなく、等高線を頼りに進みましたが、ちゃんと標識も赤テープもあって、想像していたよりもちゃんとした登山道でした。



f0016656_23203994.jpg


 正直、のっけから登山道を見つけられず迷いそうになりましたが、いきなり鉄パイプの手すりのある杉林の急登に汗が噴き出し鼻っ柱をへし折られます!


f0016656_23262229.jpg


今回の目的は、景色の良い稜線でテントを張って、美味しいお酒を飲む♪

…なので、なんやかんや言っての大荷物!


ここは水場が無いので水も背負って、お酒も宴会食材なども含めての久しぶりの大荷物で、お互い約体重の半分の荷物を背負ってのこの急登を登りましたが、知らないってすごい事ですね!

 こんな急な登りぱなしだと知っていたならば、荷物の分量を変えていましたよ!!



f0016656_23322546.jpg
初見の場所だったので、今回も必要な時に無いと困るワカン持参で行きましたが、結果的に今回もただの荷物に終わってしまいました!



f0016656_2311118.jpg
雅ちゃんに指摘されたんだけど、「カッチャンのザックの胸の紐、ボインボイ〜ンで何か変よ(笑)」


…確かに以前から気にしていて、ザックを背負ったままのツーショットでは、胸の下の紐が胸を押し上げて、なんか変な胸の膨らみになるので紐を外して撮影していましたが。。。

 雅ちゃんが、紐の位置を変える事が出来るって言って…



f0016656_23143845.jpg
…このように修正出来、長年の悩みのボインボイ〜ンが解消されました♪


良かった♪良かった♪


…って、「何でそんなん気付かなんだ?」

と、雅ちゃんに笑われました(笑)



f0016656_23164381.jpg
ここまでは重い荷物もなんのその…待ちに待った楽しいGWなので元気一杯です♪



f0016656_23213168.jpg
展望の無い急登をひたすら登ります!



f0016656_23222025.jpg



…雅ちゃんもひたすら登る。。。



f0016656_23232035.jpg
しばらくして稜線が見えてきたけれど、ホントにあんな所まで辿り着けるんだろうか?


…と、初見で先が読めないので遥か遠い所の様に感じます。



f0016656_2325435.jpg
奥に写っている二人組は、ほぼ同じ時間に出発した男女ペア、カップル?


 すごく話し易く感じのいい人達で、秋にもこの笹山に来ていると言うのでこの先の状況などを教えてもらいました。


f0016656_23281637.jpg
そして2000mを越えた辺りから足元には雪が。。。



f0016656_233016100.jpg
場所によっては圧迫した狭く急な木々の間を這い上がるので、息も上がるし歩き辛いです!



f0016656_23315057.jpg
ホント、登りっぱなしでふくろはぎがパンパン!


 黒戸尾根などは足休めもあるし、足裏が足と垂直な形で踏み出す事が多いけれど、ここは足裏が斜めったままで斜面を上がるので、ふくろはぎからは乳酸菌が出まくり!!


 …ちょっと展望が開けて、休憩ポイントっぽい。



f0016656_23354373.jpg
そこは北岳ど〜ん!



f0016656_23364569.jpg
ここで休憩していたら、先程の二人組が上がってきて…

「これはめっちゃしんどい登りですね〜! こりゃバテますよ! 」


「冬装備で水も担いでいるので荷物が重いですよ!! 秋に来た時って、こんなに登りがキツかったかな?」


 …と、談笑を横目にちょっとバテ気味だけど、高度計では確実に高度を上げているので、エネルギーチャージをしてから再び登り始めます。



f0016656_2339422.jpg

暫く急登が続いてから2300m辺りを横移動するといった感じで、尾根筋が解り辛くトレースが無かったら迷ってしまいそうな区間でした。



f0016656_2241308.jpg
途中から、狭い木々の間をすり抜けていくので、木の枝が丁度肩や顔の位置にあるので、洋服やザックに木の枝が引っ掛かり、服は痛んでしまいました。

雪が無かったらこれらの木の枝は頭の上で、服が痛むといった心配は無いと思いますが、雪のあるこの時期には着ていく服には注意が必要です。



f0016656_22451355.jpg
2300m付近を横移動すると展望の利く尾根になって、稜線の気配を感じる事が出来ます。



f0016656_2247154.jpg
ここにきて、たっぷり雪の被った悪沢岳が見えます。



f0016656_22473558.jpg
ここから目指すべく稜線は見えているけれど、この登りが身体に堪える。

雅ちゃんにもシンドイ登りです。。。


きっと富士山が応援してくれてるよ♪



f0016656_2249552.jpg
駐車場からヒ〜ヒ〜言いながら登り続ける事7時間半、午後2時半にやっと笹山南峰に到着。

 始めは白河内岳付近にテントを張ろうと思ったけれど、丁度南峰にテントが一張りあったので、誘惑に負けてとにかくテントを張ってのんびりとビールでも飲もう♪


…って事になって。。。



f0016656_2253307.jpg
あまり考える事無く、速攻テント張り!


しかしその後、北峰に行ってみたらコッチの方が地面が露出しているし眺めも良かったので、先程南峰に張ったばかりのテントを北峰まで移動。


始めから横着しないでテントを畳んでから移動していればそんなに時間を要する事はなかったけれど、面倒臭がった故に手間取って移動に1時間半も掛かってしまいました。




f0016656_0262988.jpg
…そしてこれが今夜のマイホーム♪


眺めはめっちゃいいです!



f0016656_22581248.jpg
テント場からの眺め。


右が北岳。

真ん中が農鳥?



f0016656_2342452.jpg
悪沢岳のパノラマ。(クリックすると大きくなります)


左奥が聖になるのかな?



f0016656_2361185.jpg
雪がてんこ盛りの塩見と蝙蝠。
(クリックすると大きくなります)


関東に住んでいる自分にとっては、物凄く遠くに感じる山々です。



f0016656_2382191.jpg
めっちゃ絶景で風も無く穏やかな陽気にテンションあ〜っぷ♪

 ご機嫌雅ちゃんもイエ〜イ♪

恒例の記念写真をパシャリ!



f0016656_23101445.jpg
遠く富士山と、今夜のマイホーム♪

 果たして冬用シュラフじゃない自分はぐっすり眠れるだろうか?



f0016656_23112469.jpg
今回は、ビール、日本酒、ワインなどいろんな食材を苦労して担ぎ上げてきたので、寝床も確保出来た事なので腰を据えて安心して美味しいビールにありつけました♪

 やっぱ、苦労した分だけの始めのグビグビっとした一口がたまらんですたい!!



f0016656_23143460.jpg
この前、新しく購入したおニューのガスバーナー。(雅ちゃんは衝動買いって言うけれど。。。)


ちょっとウキウキ♡


f0016656_23161574.jpg
まずは空腹を癒すパスタをぺろり♪



f0016656_23165838.jpg
今回、雅ちゃんが山でピザを焼きたい♡って、なんやら粉に水を入れてこねだしました。



f0016656_2318316.jpg
…こねてから、延ばして。。。


f0016656_2319660.jpg
ソースを塗って。。。



f0016656_23194792.jpg
じゃ〜ん♡

「雅ちゃん、すげ〜!ピザみたい!!」


…「って、ピザだし。。。」


冷静な雅ちゃんを横目にかなり感動!



f0016656_23213010.jpg
ピザ生地を焼いて。。。



f0016656_23222092.jpg
ここで秘密兵器のトーチ登場!!


…のハズが、火力が安定しないし、カードリッジ内の気化していない液体の噴射など暴れまくって、危うくテントに火が燃え移りそうになるハプニング!


 自宅ではちゃんと出来たんだけど。。。。

…って、後でメーカーに問い合わせて疑問が解決しました!



f0016656_2325243.jpg
そんなハプニングがあってもんで、山での初トーチは残念な結果になりましたが、ピザはめっちゃ美味しかったですよ♪



f0016656_23265536.jpg
その後、日本酒のアテに笹カマを焼いたり。。。



f0016656_23273198.jpg
ワインのアテのソーセージ。


夜には寒くなったのでホットワインにしたり、夜は自分は寒かったけれど雅ちゃんのスーパーシュラフでは大丈夫だったみたい。


夜中は結構な強風でした。






《4月29日》



f0016656_23294188.jpg
f0016656_23295271.jpg
なんと御来光の瞬間は見逃してしまいましたが、キ〜ンと張りつめた静かな一日のはじまりです。



f0016656_23321957.jpg
月とテントと悪沢岳。


最高のシチュエーションの寝床でしたよ♪



f0016656_2333302.jpg
北岳方面。



f0016656_23342094.jpg
塩見。



f0016656_23344192.jpg
悪沢。



f0016656_23352060.jpg
これぞ日本の夜明け!富士山♪


 富士山大好きの雅ちゃんも喜んでいました♪



f0016656_23361688.jpg
f0016656_2336514.jpg
今回は、この景色を見たくて急登を登って来たので大満足です!


f0016656_23375263.jpg
北峰の北側には昨日の二人組がテントを張っていて、お兄さんと挨拶をしました。


人が少なく、ほぼ貸切でホント静かです。



f0016656_23402413.jpg
f0016656_23403367.jpg
雅ちゃんはいったんテントに戻ったので、自分はしばし神々しい景色を堪能&撮影タイム。



f0016656_23415018.jpg
中央アルプス。



f0016656_23421869.jpg
笊が岳?


行った事の無い山々が続きます。。。



f0016656_23424948.jpg
塩見〜悪沢のパノラマ。
(クリックすると大きくなります)



f0016656_23435195.jpg
富士山方面の東の空。
(クリックすると大きくなります)



f0016656_23445999.jpg
テントと富士山。



f0016656_23453344.jpg
富士山あっぷ。



f0016656_2346544.jpg
ここから望遠レンズでの撮影で塩見山頂あ〜っぷ!



f0016656_23465613.jpg
コチラも塩見あ〜っぷ!



f0016656_23474971.jpg
悪沢パノラマ。
(クリックすると大きくなります)



f0016656_23491939.jpg
中央アルプスパノラマ。
(クリックすると大きくなります)



f0016656_23494697.jpg
北岳あ〜っぷ!

いつも見ている北岳よりも尖って感じます。



f0016656_235111.jpg
富士山。



f0016656_23515560.jpg
f0016656_23521099.jpg
f0016656_23521656.jpg
…その他いろいろ撮って。。。



f0016656_23532222.jpg
またしても記念撮影。


 本当ならば、折角稜線まで上がったので天気も良いし白河内とか探検したかったけれど、雅ちゃんが翌朝から慣れない仕事があるのでこの日は早めに帰宅したいとの要望から、今回は稜線で景色を堪能&美味しいお酒&ピザを充分満喫出来たので渋滞前に帰宅出来る様に早めに下山の準備を始めました。



f0016656_235765.jpg
そして7時に下山開始。



f0016656_23572238.jpg
折角稜線まで上がって、すぐに下山っていうのは割に合わないので、次回は白峰三山とセットとか稜線歩きを満喫できるコース歩きをしてみたい♪


f0016656_23593152.jpg
本当ならば富士山が見えるハズだけど、ちょっと空がモヤってきました。



f0016656_005795.jpg
行きには無かったビバーク跡。


f0016656_01623.jpg
行きは登りっぱなしって事は、帰りは下りっぱなし。

黙々と下っていきますが。。。



f0016656_024442.jpg
なんせ荷物が重くてめっちゃ膝のサスペンションが破壊されました。



f0016656_031461.jpg
途中からはまさに苦行。。。



f0016656_041350.jpg
最後のこの鉄パイプのギザギザ道にとどめを刺されて。。。



f0016656_043477.jpg
山頂から下り始めて3時間。


ボロ雑巾の様にくたびれて登山口に戻ってくる事が出来ました。



f0016656_062653.jpg
登り7時間半

下り3時間。

荷物が重装備でなかったならば、こうも痛めつけられる事は無かったと思うけれど、まさに急登の笹山ダイレクト尾根恐るべし!


f0016656_082645.jpg
f0016656_082328.jpg
入山者も少なくて、稜線からの景色は素晴らしく極上だけど、宿泊施設が無い為に担ぎ上げる荷物も自然と多くなるので、この時期の大門沢経由は無理なので一泊で下山ピストンするっていうのはちょっと割に合わない感じ。

 ならいっそのこと、日帰り軽量化の行動力の方がいいかもね。。。



f0016656_011264.jpg
最近は軽量日帰りばかりだったので、重装備の歩きっていうのはホント久しぶりだったから、一時はどうなるかと思った。。。

 初見の先の読めないコースで、雪って事も考えると、結構キツかった今回の笹山ダイレクト尾根…
f0016656_19055301.jpg





f0016656_0135692.jpg
帰りは奈良田のツルッツルの温泉に浸かって疲れを癒し…


f0016656_0144927.jpg
渋滞にもつかまりましたが、明るいうちに帰宅出来て後片付けも済まして、疲れながらも晩酌が出来ましたが、ホント骨の随まて疲れが染み込んだGW前半の笹山ダイレクト尾根レポでした。


結果的に疲れの取れないままのGW後半に突入する事になりました。



その後半の霞沢岳レポは雅ちゃんにお願いしました。


 

by amitsuka1210 | 2013-05-10 07:22 |    ( 南ア南部 ) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/19348208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiaki at 2013-05-11 08:19 x
凄い景色ですね。
写真、迫力があるし、本当に上手です。
重い荷物を背負いあげただけのご褒美がありましたね。
いいなぁ。こういうマイナーで静かな山に入れるのって凄いです。
初見の山に重い荷物を背負って、克っちゃん頼もしいよ。
克っちゃんも凄いけど、雅ちゃんも体力あるね。
笹山ダイレクトは狙っているけど、登れる体力と同行者をみつけなくっちゃ。
雪の霞沢レポも楽しみにしています。
Commented by amitsuka1210 at 2013-05-11 23:23
chiaki さん、コメントありがとうございます。

笹山ダイレクトは途中まで完全な樹林帯で展望が望めませんが、稜線は静かな時間と大展望が望めると思います♪

 人が入っていないって事は、それだけしんどいという理由があるからだと思いますが、天気に恵まれて一日目に稜線まで登り切ったなら、二日目は燕〜常念みたいな感じのウキウキ空中散歩が満喫出来そうです。(行っていないし、見た感じですが。。。)

一泊だと勿体無いくらいに思える苦しい急登ですが、是非行ってみてください♪

自分も燃え尽きたけれど消化不良なので、今度は白峰三山とセットで満喫してみたいと思います♪
Commented by ootajirotaro at 2013-05-19 23:48 x
はじめまして。笹山つながりでたどり着きました。笹山お疲れ様でした。素晴らしい眺望でしたね。自分は昨秋に登ったのですが、ガスで何も見えず。。。こちらのブログの写真を見て、あのへんではこんな感じだったのかぁ。。。と改めて想像しております。また、行きたいな。他のレポも楽しくて、また訪問されてください。。。ではでは(^^)
Commented by amitsuka1210 at 2013-05-20 22:42
ootajirotaroさん、はじめまして克です。

笹山ダイレクト尾根、ホントきついですよねぇ〜!
自分たちの時は、展望バッチリで特に塩見が目の前にあって存在感抜群でしたよ♪

せっかく苦労して登ってもガスって何も見えないのは悔しいですよね。

是非、また今度苦しい尾根を登りきって、絶景を眺めながら美味しいビールでも飲んでください♪
秋の時期もすごく良さそうですね!
 
 コメントありがとうございました!


<< 2013GW後半:《かツみ君》...      《速報》GW後半の霞沢岳 >>