いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 11日

2013GW後半:《かツみ君》と行く《かスみ沢岳》の巻 〜其の壱〜

f0016656_2012883.jpg

嫁です。カッチャンとGW後半5/4(土)〜5/5(日)に1泊2日で
北アルプスの霞沢岳(かすみさわだけ)に行ってきました。



♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪ 〜 ♪





夫婦揃って、久しく覚えも無い程のガキンガキンな激しい筋肉痛に襲われた笹山登山明けのGW後半。

カッチャンの空想では《前半:蝶ガ岳〜常念岳》、《後半:前穂高岳》の予定でしたが、
天候と筋肉痛を考慮すると、行き先がなかなか決まりませんでした。

そんな中、出発前日にカッチャンが提案してきたのが今回の《霞沢岳》。

『いいね〜♥めっちゃ渋いセレクトや〜ん♪』二つ返事で決定しました。








《 5/3(金:祝)憲法記念日 》

昼過ぎに自宅を出発。雲は多めの晴れ。
車中泊気質の私達、いつもは夜中に移動する事が多いけど、この日は日中の移動。
折角だからとドライブ気分を盛り上げる為&渋滞の気晴らしの為、マックに寄って飲み物購入♪
f0016656_2149534.jpg
私はチョッピリ大人なアイスカフェラテ、僕ティンは想像通りのマックシェイク・ストロベリー味。





お山の前に鋭気を養う為?GW後半、第二の目的をまず実行。
昨年のGWにフラれた松本市内の山女や(やまめや)に今回はちゃんと予約をして18時半過ぎ入店。
f0016656_21532393.jpg






にこやかな大将。尾澤さんの高校山岳部のお仲間。いい雰囲気のお店です♪
f0016656_21551913.jpg






モツ煮に、
f0016656_21555573.jpg






馬刺しに、
f0016656_2156569.jpg






串焼きに、
f0016656_21561418.jpg






お蕎麦にと・・・、
f0016656_21562431.jpg
調子に乗り過ぎて、想定外(内?)の食べ過ぎ、飲み過ぎによる“大”予算オーバー。
翌日からの山は、場合によっては徳本峠(とくごうとうげ)小屋泊まりにしよう・・・と思っていたけど、
考える余地も無く、山女や退店時にテント泊が決定しましたorz
そして毎度の車中泊。この日は山女や最寄りのコインパーキング。慣れたものです。。。








《 5/4(土:祝)みどりの日 》

快晴。6℃。早朝、松本より沢渡(さわんど)へ移動。快適ドライビング♪ピラミダルな常念岳が解り易い。
f0016656_221110.jpg
沢渡の駐車場に車を停め、8時過ぎのバス(片道1,200円)で上高地へ移動。
出発が遅い為、時間的に登山者は少なく、一般の観光客が多くて満席でした。
写真は無いけど、車中から見える焼岳が印象的♡今年、是非登りたい山です。





9時頃、上高地に到着。出発時間が遅いせいか、思った以上に登山者が少なかったです。
f0016656_2222673.jpg






出発を待つザックと鯉のぼり。
f0016656_2243520.jpg






身支度を整え、9時半頃、この日の幕営地・徳本峠に向け歩行開始。
f0016656_2244784.jpg






とはいえこの日の歩行時間は短く、ガイドブック上は3時間半の行程。
未だ激しい笹山痛(筋肉痛)を引きずっている身体には丁度いい筈の短い行程。
f0016656_8173511.jpg





だもんで河童橋付近でプチ観光客気分。焼岳がかっけぇ〜♡
f0016656_8175161.jpg






観光客相手のカメラマンに図々しく写真を撮ってもらいました。穂高は風が強そうです。
f0016656_818294.jpg






小梨平には沢山のテント。GWらしさを感じられました。
f0016656_2052457.jpg







10時過ぎ、明神館でも休憩。上高地より人口密度が高かったです。
f0016656_207326.jpg






これからの本格登山に備え、“マエケン体操”中。カッチャ〜ン、この写真じゃ解らんよ〜!
f0016656_208329.jpg






明神館を過ぎて暫く行くと徳本峠の分岐。あっちだよ〜。
f0016656_20101573.jpg






分岐から暫くは地味ぃ〜で平坦な林道を黙々と。
さっきまでの喧噪は何処へやら、殆ど人に出会いません。
f0016656_20112470.jpg
この静けさはカッチャンには想定内だったので今回もワカンを持参。結果、不要でしたが。





振り返ると明神岳と前穂高岳。
f0016656_20113583.jpg






嫁です。
f0016656_2011448.jpg
分岐から20分も歩くと雪の道に。それからはず〜っと雪面。太陽も燦々。
『こりゃ〜、上から下から灼かれる〜っ!』
既にお肌の曲がり角を曲がり切ったお肌ですが防御。人目を気にしている場合ではないのです。





本当に静かな登山道。これでGWの北アルプスなんですよ。
f0016656_20115896.jpg






進行方向(徳本峠方面)は御覧の雪景色。
f0016656_20121965.jpg






振り返ると明神岳や穂高連峰が見える素晴らしいロケーションです。
f0016656_20122710.jpg






峠が近付くに連れ、斜度がキツくなってきます。軽い行程を選んだつもりですが笹山筋肉疲労には堪えます。
危険な箇所は無いけど荷物も重いのでアイゼンを装着しました。
f0016656_2012363.jpg






そして12時半過ぎ、徳本峠小屋に到着♪疲れた、疲れた。
f0016656_20124599.jpg
外見は古そうですが、中は綺麗なんだそうですよ。





まずはテント設営。小屋からスコップを借りて嬉っそ〜にひたすら作業をする我が家の働く男。
f0016656_20125533.jpg






今回もアルコールはたんまり♡超やっすいワインも瓶ごと歩荷。私が。
f0016656_2013821.jpg






お家も出来上がり♪ご近所さんも10張弱ありました。
f0016656_20131853.jpg
ちなみにこの右端の雪壁が働く男作。
男はかなりご満悦でしたが、私は風が吹いたらテントを押し潰すんちゃうかと心配しました。





早速、宴会開始♪まずはパンにアボカドサラダをオンっ!うまし♡
f0016656_20132795.jpg






燃える男は外で調理。超寒がりな私はテントの中。
f0016656_20133835.jpg






ま、こんな感じで作業しています。カッチャンが。
f0016656_20134610.jpg






次はベーコンや野菜を炒めてらっしゃいます。私は作業指示をするだけ。監督ですから。
f0016656_20141270.jpg






『凄いよっ、ちゃんと使えるよっ♪』の図。嬉っそ〜にトーチで炙り中。
f0016656_2014214.jpg
笹山で暴発したトーチもコツさえ掴めば問題無しでした。良かった、良かった。





出来上がったのはグラタンもどきです。これもパンにONして食す。ぐわし♡
f0016656_20143119.jpg






カッチャン差し入れのブルーチーズも美味かった♡
f0016656_20163956.jpg
でもやっぱり疲れが溜まっていて、この後、珍しく1時間程仮眠・・・のつもりが3時間も仮眠。





夕方は雲が増え、小雪もパラつき、山は見えなくなってしまいましたが、夜には満天の星空でした。
f0016656_20144597.jpg
ま、明日の天気は大丈夫でしょうと私は再び本格的に就寝。
カッチャンは夜中に度々起きて星空撮影をしていたようです。
が、ここにその写真が無いという事は、満足いくものは撮れなかったようです。お疲れっした〜。








《 5/5(日:祝)こどもの日 》

夜は明け、雲ひとつ無い快晴♪風も無さそう♪笹山痛もようやく無くなっていました。
f0016656_20153414.jpg






ほな行きましょか〜!アイゼンを装着し、空荷で5時半前、霞沢岳を目指し出発っ!
f0016656_20152387.jpg






少し行ったところで7〜8人の人集りがありました。穂高の展望地のようで、皆さん、撮影をされていました。
地図で言うスタジオ・ジャンクションかな。この写真はスタジオ・ジャンクションとは違います。
f0016656_20163082.jpg
私達はピークを目指すので先を急ぎスルー。
カッチャンがサングラスをテントに忘れ、引き返すハプニングもありましたがorz





朝イチなので雪も締まっていてガシガシと登っていきます。荷物が軽いってトゥバラティ♡
f0016656_20165379.jpg






6時半前、ジャンクションピーク(2,428m)に到着。穂高連峰の大展望地です♡
f0016656_2017256.jpg
テントも張っていました。この地点で登っている登山者は私達以外に2組(6人)。
下っている人が結構居たのはここにテン泊してたのかな。





前穂や明神がそそり立っています♡
f0016656_20175034.jpg
こんな景色を見ながら大休止。のんびりと朝食(パン)を頬張りエナジーチャージ。





ジャンクションピークからは暫くこの樹林帯。歩き始めでルートロストorz
f0016656_20175973.jpg






雪もタップリ。ひたすら登ります。
f0016656_2018832.jpg






嫁です。今日はシックな黒の装い。怖いって。
f0016656_20181784.jpg
バラクラバ(目出し帽)なんて滅多にしないから息苦しいのなんのって。
でも日焼けをする訳にはいきません。嫁に行けなくなってしまいます。





だってこの天気ですよ〜。樹林帯を抜けると上から下から直射でジリジリです。遮るものがありません。
f0016656_20182881.jpg






あの尖ったK1ピークを目指します。
f0016656_20183774.jpg





左から、霞沢岳、K2ピーク、K1ピーク・・・かな。
f0016656_20184999.jpg






登ります。
f0016656_2018595.jpg






登ります。
f0016656_20191167.jpg






登りま〜す!
アムロ、行きま〜す!
f0016656_20192145.jpg






穂高連峰のパノラマ。クリックすると大きくなります。
f0016656_2019155.jpg






暫く登りが続くので、“つづき”は深呼吸をしてから“其の弐”を御覧ください。

by amitsuka1210 | 2013-05-11 13:30 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/19348014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2013GW後半:《かツみ君》...      GW前半、急登の後の笹山大展望♪ >>