いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 04日

久しぶりの中学校同窓会

f0016656_2245562.jpg
文化の日の連休は、地元中学校の同窓会があったので、胸ときめかせながら参加してきました♪



f0016656_226574.jpg
雅ちゃんは、「暫く、お暇をいただきま〜す♡」

 …と、一週間程故郷松山で過ごす為に帰ったので、久しぶりの一人の生活を満喫!と思ったけれど、文化の日の翌日の日曜日は、仕事がヤバそうだから実家からとんぼ返りで仕事って感じになるので、この日は一人の時間を満喫する為に、α77を持って、吉祥寺までスナップ散歩しました♪
f0016656_22111733.jpg
散歩するにはいい天気で、試しにローアングルで撮ってみたり…
f0016656_22114467.jpg
ちょっと警戒しているけれど、猫をこんな風に撮れるのもマルチアングルのこのカメラのお陰。。。

 始めは光学ファインダーじゃないこのカメラに拒否反応を示していたけれど、慣れてしまえば自由度が増して楽しいカメラです♪
f0016656_22145631.jpg
f0016656_22152134.jpg
のほほ〜んと吉祥寺散歩♪

 街のサイズも大きすぎず、ホント良い所ですね吉祥寺は♪
f0016656_22164869.jpg
軽く散歩を満喫してから、同窓会までの時間は友達と待ち合わせをして、軽く一杯引っ掛けてから同窓会に行こう!
 …と言う事になって、予定よりも早く吉祥寺散歩を切り上げて実家に向かう事にしました。
f0016656_22184693.jpg
その友達とも会うのは3年振りくらいだけど、よく酔っぱらった時には電話が掛かってくるので、今でも心の許せるマブダチです!
f0016656_22203966.jpg
東京駅ではビールを片手に旅気分で実家に向けての電車旅になります。

 その後、友達と日本酒2合程飲んでから楽しみにしていた同窓会に向かいました♪
f0016656_22221833.jpg
正直、緊張していたけれど、一緒に過ごした濃密な時間があるので、久しぶりのブランクなんて無縁なので、あの頃の呼び名、あだ名に瞬時に戻る事ができます!
f0016656_2225308.jpg
悪ふざけして、ケリを入れ合える友達はなんの気兼ねも無く有り難い存在だなぁ〜と思うし、自分の一番ダサイ部分を見られた上で、共に生活していたので何だか兄弟って感覚の方が近いのかも。。。
f0016656_22281456.jpg
載せられる写真はあまり無いけれど、100人近く来ていたから正直記憶も曖昧で、特に女性に「かつみ!かつみ!」

…と話しかけられても、男は覚えているけれど、女性は見分けがつけられないくらい綺麗になっていたし、ぼんやりとしか覚えていなかったけれど、自分の事を覚えていてくれていた事に心から嬉しかったし物凄く青春時代の淡いセンチメンタルな気持ちにさせてくれました。
f0016656_2233070.jpg
自然と笑みもこぼれて、中学以来、何十年後かに会えてお互いの変わったところも、変わっていない安心感もひっくるめて心の財産、糧になる思い出の時間を過ごす事が出来ました♪
f0016656_22355842.jpg
〆はやっぱりラーメンでしょ♪
f0016656_22361251.jpg
日曜日は最高の天気の中、指をくわえて東京の会社に戻って仕事をしていました。

 週末は雅ちゃんも戻ってくるので、紅葉トレッキングにでも行きたいと思います。

by amitsuka1210 | 2012-11-04 22:38 | 家族/仲間 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/18135326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろや at 2013-01-04 10:52 x
あけましておめでとうございます!
ようやくブログ拝見しました。
随分本格的な登山ですね~。
結局年末忙しく、登山靴購入してないですが今年は始めます!
Commented by amitsuka1210 at 2013-01-06 18:48
こちらこそ、あけましておめでとうございます。

 山好き夫婦なので、休みが少ないけれど行ける時には仲良く山遊びを楽しんでますよ♪

 ちょっと冬の山歩きデビューは寒いから無理をしないで、春先の5月くらいを目安にするといいんじゃないかな?
とらやデビューはいつになるのかな?
   
  ほな、またね!


<< 松山帰省&石鎚山東稜      雨の日曜日の過ごし方 >>