いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 23日

結婚記念日に富士山《5合目:須走口往復》

f0016656_18212829.jpg
引越のゴタゴタで更新が遅れましたが、10月10日の結婚記念日に雅ちゃんと富士山に行ってきました。。。



f0016656_18231473.jpg
 一日自由な時間が出来たので、最近はめっきり山に行けてなかったから雅ちゃんと日帰りで何処に行こうか?
…と、計画を練って、当初は八ヶ岳か瑞牆、金峰山辺りかな?…と考えていたけれど、富士山なんてどう?
…と話したところ、雅ちゃんの東京生活の初登山が富士山っていうのも良いね!…って事で、天気も良さそうなので富士山に決定!

 前日に道の駅須走で車中泊をして、朝一に五合目駐車場に向かって、振り返ってみると素晴らしい景色がそこにありました!
f0016656_23214647.jpg
自分は富士山結婚式以来の富士山!
 前回の山頂結婚式の時は天気が悪くて視界ゼロの真っ白の世界でしたが、この日に限っては天気は大丈夫そうです!
f0016656_23245637.jpg
関西で生活していた雅ちゃんにとっては、日帰り富士登山は考えられへん…って。いざ雅ちゃんの東京生活の第一歩の登山、富士山山頂を目指します!
f0016656_23293624.jpg
須走口の五合目からは、樹林帯を歩いて、前回の富士山に比べては一般の登山道らしくて気持ちよく登って行きました!
f0016656_2333148.jpg
五合目から暫く登った所に若いカップルが居て、女の子は写真好きらしく日の出の写真をカメラで撮っていて、男の子は後ろに隠れてケーキを用意していました。

 話をしてみると、彼女の誕生日らしく、ロマンチックに富士山御来光でのバースデーケーキらしく♪初々しく感じました!
f0016656_23364835.jpg
風は少しあるものの、山頂は見えるので、気持ち的にすぐに山頂に行けそうな感じになります!
f0016656_23381892.jpg
前回の富士山結婚式の時は五合目からはハゲ山だったけれど、須走口からは樹林帯が色付いていていい感じでした♪
f0016656_23461177.jpg
後ろを振り返るとこんな感じ!

めっちゃ気分が上がりました♪
f0016656_23465932.jpg
須走口で唯一営業していた小屋。
f0016656_23474710.jpg
遥か眼下の山中湖。
f0016656_23482578.jpg
変化に富んだ黒戸尾根が大好きな自分にとって、あまり変化の無い登りですが、見下ろす雲の表情は素晴らしいものがあります!
f0016656_23501546.jpg
急ぐ事なく、ランチ休憩を含めて4時間で山頂に到着しました。

結構、行けるもんやね!
…って、雅ちゃん。。。
f0016656_2352772.jpg
山頂からは前回見られなかったお釜が見られました!
f0016656_23531930.jpg
…が、風が強く寒く、そんなに防寒装備をしていなかった自分は、想像以上の体感温度の低さに身の危険を感じる程の寒さ!

久しぶりに身の危険を感じました!
f0016656_23555297.jpg
普通に凍っている池!

剣が峰に向かいます。
f0016656_23563513.jpg
それまであまり人に会わなかったけれど、剣が峰には若いパーティーが居て、シャッターを押してもらいました。

風の通り道の関係か?剣が峰では暖かく山頂ランチを堪能♪
f0016656_23583615.jpg
あとはお鉢巡り…
f0016656_23591768.jpg
凄い雲の中を下山していきます。
f0016656_23595958.jpg
帰りは吸い込まれるように砂走り!
f0016656_0118100.jpg
一気に下れて良かったけれど、スパッツが無いと靴の中は砂だらけで、体は砂まみれ!

貴重な体験でしたが、今後の対策が必要な砂走りでした!
f0016656_032684.jpg
今回は雅ちゃんの東京生活初登山の富士山!
f0016656_1230527.jpg

雅ちゃんに「関西では考えられへん!」
…って思ってもらえる関東の地の利を活かした登山をこれからも続けていきたいと思います!

来週は親族の集まりの温泉ツアーで前半戦は、雅ちゃんに身近な山を案内したいと思います!

by amitsuka1210 | 2011-10-23 18:28 | 富士山/伊豆/丹沢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/16726163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大菩薩へ・・・      恐怖と感動と憧れと感謝と・・・... >>