いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 21日

憧れの剱岳北方稜線 3泊4日 2日目《剱沢〜池ノ平小屋》

f0016656_14485268.jpg
8月12~15日に雅ちゃんと行ってきた池ノ平・剱・立山の2日目です。



f0016656_1451119.jpg
この日の予定は、渋滞する前に別山尾根を登って剱に行って、三ノ窓、小窓を経由してお気に入りの池ノ平小屋でチンネの湯に浸かりながら美味しい日本酒を飲む♪

・・・って言うのが当初の予定でした。

でも、テントから顔を出すと重っ苦しい雲が剱に被さっていました。
f0016656_14555094.jpg
 今回のルートは自分が「大丈夫!大丈夫!」
・・・って何度もなだめても、自分の大丈夫!・・・は当てにならないと雅ちゃんからも言われていたので、判断に迷いましたが、展望がなさそうなので、この日の北方稜線は止めて剱沢経由〜池ノ平に変更して翌日、登りの多い逆ルートに変更って事にしました。
f0016656_1532658.jpg
準備を済ませて5時頃剱沢を出発しました。
f0016656_1544826.jpg
 そして雪渓の取りつき。
思ったよりも人が多く、山の朝の行動は早い!
・・・を実感。

朝日が眩しく迎えてくれて、雪渓からのひんやりとした空気が心地良かったです♪
f0016656_1565231.jpg
軽アイゼンを付けて雪渓を下って行きました。

途中、天使の梯子と雅ちゃんのシルエット。
f0016656_158827.jpg
 平蔵谷。

平蔵のコルも雲の中。

行っていても何も見えず、翌日に持ち越して良かった・・・と自分の判断に納得。
 平蔵谷の源次郎の取り付きでは20人位の人が大渋滞で登り始めていました。
f0016656_1512111.jpg
真砂沢から登ってくるパーティー。
f0016656_1513303.jpg
長次郎谷も結構人が登って行きました。
f0016656_15141632.jpg
やっぱり上はガスの中です。
f0016656_1515773.jpg
前回訪れた秋の時期は雪渓が枯れていて、雪の上を歩いたのが長次郎谷と平蔵谷の間の区間だけだったので、今回のこの雪の量が自分の思い描いている剱沢の景色です。

・・・7月の海の日前後はもっとすごいんだろうなぁ〜。
GWは行く事無いけれど。。。
f0016656_15204216.jpg
約1時間半で真砂沢小屋に到着しました。
f0016656_15275118.jpg
真砂沢では、自分はジャンクで分かりやすい炭酸のコーラを・・・

雅ちゃんは大人らしくコーヒーを飲んで寛いでいました。

鉄アレイやボクシングのパンチを当てるのが有ったので、軽くじゃれて遊んでからトイレを済ませて出発!
f0016656_15304130.jpg
剱沢の雪渓とは大違いで、真砂沢〜二股の間は川岸を巻きながらの鬱蒼とした薮の中でした。
f0016656_15323911.jpg
真砂沢から1時間も掛からないで二股に到着。

ふと見上げると剱沢から見えたガスは消え去り、三ノ窓がくっきりと姿を現しています。
f0016656_15351723.jpg
水も冷たいし、景色も素晴らしいし、二股でこれから登る仙人新道に備えてのんびり休憩をしました。

 普段パソコンを見ない雅ちゃんが別件で何故かniwaさんのブログを知っていて、そこのリンクに自分のブログが貼ってあった事に驚いたらしいです。
 
 そして、「あのジャンプをやるから撮って!」
 
 ・・・と、珍しくリクエストがあったので撮ったけれど、なかなか難しく、これからは跳ぶ方、撮る方の練習が必要と感じました。
f0016656_15414537.jpg
二股からの仙人新道の登りは蒸し暑く、無風のサウナのようで、以前もそうだったけれど脱水症状手前になるくらいバテましたし、ひぃひぃ言いながら登っていました。

 途中のベンチに着く頃には、先程までの青空は消え去って、やっぱり八ッ峰はガスの中。。。
f0016656_1545411.jpg
あまりの蒸し暑さに心が折れそうになった頃に仙人池ヒュッテが見えて、もう登らなくて良いんだ・・・と気持ちをつなぎ止めました。

自分は汗をたくさんかいて、身体の欲するままに水分を多く補給しましたが、雅ちゃんは涼しい顔で補給した水分は500㍉ペットの半分。

 ・・・こんなにも違うんだね。
f0016656_1549464.jpg
登り切ってしまえば後は池ノ平小屋まですぐです。
f0016656_15504444.jpg
そしてお気に入りの池ノ平小屋♪

 この日の第一印象はテントが無い!

・・・それもそのハズ、この時の時間が10時半前で早く着き過ぎてしまい、何処かに遊びに行こうにも天気が悪いので受付を済ませて・・・
f0016656_15534399.jpg
早くも宴会を始めました♪

とっても静かな池ノ平小屋で、夕方までほぼ貸し切りでした♪

今回は、もこみちキッチンの影響で、ニンニク・鷹の爪・オリーブオイル・塩・黒胡椒の黄金コンビでの料理♪
f0016656_1558231.jpg
小屋の人もこの場所も物凄く穏やかで、この日は湯沸かし名人がおられて、「今、風呂沸かしてやんからな!」

・・・と、まだ早い時間だけどお風呂の準備をしてくれました♪

それまで料理を作りながら、のんびりとした時間を過ごしました♪
f0016656_1613778.jpg
お昼を過ぎると他の登山者も到着してきて、それでもほぼ貸し切りで、驚いた事に七丈小屋の管理人さんの知り合いという人に会いました。

 自分も黒戸尾根はホームにしていて、管理人さんからはパタゴニアのズボンをプレゼントされたり、雅ちゃんにプロポーズの日に小屋で御祝儀を頂いたり、それなりにシャイで綺麗好きの管理人さんを見てきましたが、なんせ秘密主義で謎の多い人なので共通の話題で盛り上がったし、凄い繋がりを感じました。

この素敵なおじさんたちも翌日自分たちと同じ北方稜線に向かうらしく、しかも60歳と70歳のテント泊での北方稜線!

・・・恐れ入りました。。。
f0016656_16204381.jpg
そしてこの日の一番風呂♪

まさにこの世の天国♪

ここは天国♪池ノ平です♪
f0016656_17402074.jpg
至福のお風呂タイムを満喫して再び宴会に突入♪

3時過ぎになると、北方稜線を数パーティが越えてきて賑やかになります。
f0016656_17431188.jpg
七丈小屋の管理人さんと同じ山岳会だったという、ウツミさんに自分と雅ちゃんの事を聞かれて、この前の富士山山頂結婚式の話をしたり、知り合ったきっかけや、尾澤さんに貰った熊の魔除け親土楽の法被とか、ご機嫌に話を聞いてもらって、小説が書けるくらいドラマチック・・・と太鼓判を頂きました♪
f0016656_17501270.jpg
しかも東京と大阪の別居生活。
 「へぇ〜♪そうなの〜♪」

・・・って、にこにこと微笑んだウツミさんの何とも言えない笑顔が忘れられません。
f0016656_1753376.jpg
結局自分たちは、10時半到着からず〜っと外でのんびり宴会♪

 いつもの飲み会が開放的な池ノ平に移動したって感じ♪

でも、出会う人々は皆、優しい目をしていて、屈託の無い笑顔で話しかけてくれてすごく穏やかな気分になりました♪
f0016656_1756425.jpg
一日目、二日目とほとんど運動していなくて、食べたり飲んだりしてばかり・・・

・・・三日目は頑張って北方稜線を越えていい運動をしてカロリー消費につとめます。
f0016656_17592183.jpg
天気予報は良いようなので安心して翌日を迎えられます。

 この日、北方稜線を越えてきた人にお話させてもらいましたが、ガスで視界が利かなくて大変だったみたい・・・

危うく自分もそのガスに巻かれるところでしたが、明日は明日!明日の天気に期待です!
f0016656_1824865.jpg
小屋の中ではすでに宴会が始まっていて、自分たちは静かな景色を眺めながらこの日二度目のチンネの湯に浸かりました♪
f0016656_1842514.jpg
八ッ峰モンローの唇に燃えるような夕空!
チンネの湯に♪・・・ここは天国か♪池ノ平♪

また訪れたいと思った二日目の池ノ平小屋でした♪


三日目に続きます・・・

by amitsuka1210 | 2011-08-21 18:11 |    ( 剱岳 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/16446249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 憧れの剱岳北方稜線 3泊4日 ...      憧れの剱岳北方稜線 3泊4日 ... >>