いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 05日

富士山で結婚式 1泊2日 1日目《0合目(浅間神社)→山頂小屋》

f0016656_22224139.jpg
7月30日の富士山山頂結婚式の為に29~30日と雅ちゃんと富士山に行ってきました。

・・・ちなみに自分は初富士山。。。

・・・って、いつもみんなにバカにされる。



f0016656_2224050.jpg
出発は28日木曜日の退社後に上京してきている雅ちゃんの車で富士吉田の浅間神社に向かいました。

夜の高速では大雨&雷で、天気予報もイマイチだったから、結婚式とはいえ富士山山頂!
・・・天気によっては延期も有り得るって感じでした。

富士吉田のローソンの駐車場で、ビールなどを購入してプチ宴会。
・・・のち、車中泊で翌朝の駐車場から見えた富士山のシルエットと山小屋の灯、夜行登山なのか?山頂まで光の帯がびっしりで驚きました。

・・・なにより、目に見える山頂までが遠い事!

・・・ホントに辿り着けるんだろうか?って。。。
f0016656_22313827.jpg
雅ちゃんは折角ならば0合目からのスタートが良いって、浅間神社からのスタートです。

考えてみれば、海からが0メートルなので海からも一瞬考えましたが、山頂で待機している神主さんとの予約時間に間に合わないので、自分の初富士山のスタートは富士吉田の浅間神社です。
f0016656_22344317.jpg
スタートは朝の5時。

わからないけれど漠然と10時間も有れば山頂まで行けるかなって感じで意気込みましたが、暫くは富士山の裾野?・・・をひたすら横移動って感じで、全く登っているって感じはしませんでした。
f0016656_2237922.jpg
全く人に会わなくて、自分の富士山のイメージはメジャーで凄い人!・・・って感じだったから、違う意味で焦りました。

今回からは話し合って雅ちゃんに先行してもらいました。

登った事は無いけれど、日常の生活の一部になっていた自分の富士山感はちょっと冷めていましたが、関西人の雅ちゃんは富士山に対する思い入れが自分とは違うので、張り切っている雅ちゃんを見ると、思い出の初富士山を堪能しなければ!
・・・って気持ちにさせられました。
f0016656_22401132.jpg
約1時間45分で馬返しって所に到着。

ここまで車で来られるみたいで、数台駐車していました。

なんと!雅ちゃんは今回、山スカートデビュー。

母親の事もあったし、自分の身の回りにも山スカの足音が聞こえてきます。
f0016656_22431446.jpg
この馬返しからやっと登り始めて、富士山に身体の一部に登っているって実感が湧きました。
f0016656_22445134.jpg
暫くすると1合目。

ここでおにぎり休憩をしました。

建物は倒壊しています。
f0016656_2246231.jpg
地図を見ると、どこまで省略されているのかわからないけれど、半分くらいかなって。。。

標高で言うと、馬返しから山頂までが、いつも行く竹宇の駐車場から甲斐駒山頂までと同じなので、なんとなく感覚的に先が読めてきました。

単純な比較だけどね!
f0016656_22571673.jpg
3合目でウイスキーのガソリン注入している時に、トレランの人が一瞬にして通り過ぎました。

この日、初めての登山者です。
f0016656_22585755.jpg
暫くすると文明の足音が聞こえてきて道路に出ました。
五合目駐車場の手前らしく今までの静寂から一転して人々の話し声が聞こえてきました。
f0016656_2311186.jpg
ここが5合目の佐藤小屋。

名前は聞いた事が有ります。

ここまで車で来られたら楽ですね!人の数も自分の想像していた富士山って感じに近付いてきて、この日初めて登山者と言葉を交わしました。

下から登って来たのか?
・・・って聞かれて、山頂結婚式の事を話したら、手放しで「めでたい!めでたい! おめでとう!」

・・・って、祝福してもらって、写真を撮るからそこに並んで・・・って写真を撮ってもらいました。
f0016656_2355466.jpg
皆さんの反応に自分たちが驚いて、祝福される嬉しさを感じたと同時に、籍は昨秋2010.10.10に入れているけれどこれから始まる富士山だけじゃない道のりの重みを少し垣間見た気がします。

「これからの二人の時間に比べたら、今回の富士山登山なんてたいした事無いよ!」

・・・と、送り出されて先に進みました。(感謝のひととき)
f0016656_23113018.jpg
五合目からは森林限界?を越えてか?表情の無い道を登って行きます。

この日は金曜日の平日で空いていたらしいけれど、富士山の登山者層の広さに驚かされました。

道が道なので、条件が悪くなければトレランも夜間登山頷けます。

・・・確かに混み合ったら大変そう。。。
f0016656_23151836.jpg
7合目でプチ渋滞。
f0016656_23155916.jpg
7合目でビール休憩をしようか?_・・・って決めていたけれど、7合目はたくさんの小屋があって折角休憩するのならば気分的に楽な一番上の小屋で休憩する!

・・・って、これが大当たりでした♪
f0016656_23185795.jpg
東洋館でビール休憩。

小屋の人に聞くと生ビールは東洋館だけらしい♪

・・・涸沢ってまではいかないけれど、飲み屋で言う小生ビールを飲み干して乾いた喉を潤しました♪
f0016656_2321528.jpg
気が付くと雲の上。

そんなにガッツリ登っている実感は無いけれど、ここで約3000m。

頻りなしに小屋が有るし、意外と登れちゃうもんだなぁ〜・・・って感じ!

下の駐車場から見たら、エライ遥か彼方に感じたもんだから。。。
f0016656_2325543.jpg
見上げる8合目からは雲が掛かっていて、風と霧雨の中を登って行きました。
f0016656_23262782.jpg
駐車場から休憩含めて8時間40分で山頂の小屋に到着しました。

天気はイマイチだけど、心地よい疲労感です。

道が道なので、人の少ない時期にその気になれば体力試しには良いかもです。

・・・でも、景色が見たかった!本当ならば駿河湾とかも見えるみたいだし、残念です。
f0016656_23323210.jpg
下界での夏バテのジャクイ男は何処吹く風!

めっちゃ食欲がありました!
f0016656_23334672.jpg
この後、展望も無くやる事がないので醸し人九平次を有次で飲んで、今回の為に単独で大阪から来てくれた雅ちゃんの飲み友のムカイさんと飲みながらお話をしました。
f0016656_23363265.jpg
夕食はカレー♪

食欲旺盛で、夜の布団も混雑していなくて広々と使わせて頂きぐっすりと眠る事が出来ました♪

夏バテから一気に自然のフィールドに来て元気を取り戻しました♪

ウソ臭いけれど、やっぱり健康優良児の自分!

・・・2日目に続きます。

by amitsuka1210 | 2011-08-05 22:49 | 富士山/伊豆/丹沢 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/16377168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 富士山で結婚式 1泊2日 2日...      《速報》富士山に・・・ >>