いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 07日

GW:穂高 2泊3日 2日目-1《涸沢〜北穂〜涸沢》

f0016656_22171319.jpg
5月2日~4日に雅ちゃんと行ってきた涸沢、穂高の2日目前半です。



f0016656_22204412.jpg
ちょっと二日酔いで、涸沢を出発したのが5時半。

 かな〜り遅い出発で、北穂沢を見上げるとすでに上部に人が見えました。
f0016656_2223222.jpg
涸沢小屋の所で県警?の人にいろんな注意をされて、身を引き締めて登って行きます。
f0016656_22244865.jpg
どうやら天気は良さそうで雪も締まっていて歩きやすかったです。
f0016656_22254624.jpg
登山者は少なめで、トレースもほぼ一ケ所にまとまっていて、逆にトレースを外すとクラストした雪の破片が下から登ってくる登山者への落雪になるんじゃないか?・・・って、気を付けながら登って行きました。
f0016656_222929.jpg
去年も一昨年も、この北穂沢は重い荷物を背負ってゼェゼェ言いながら登った記憶があったから、今回の空身での登りはそんなに苦にはなりませんでした。
f0016656_22312646.jpg
最後の方の急な斜面では気温がまだ低い事もあってクラストしていて、登りはいいけれど下りは注意が必要かな?・・・って思いました。
f0016656_22334877.jpg
松濤岩の手前の所。
ちょっと雪が堅めで、ズルっといったら止まらなそう。。。
f0016656_22373244.jpg
最後の登り。
ちょこんと出ているのが松濤岩。
 結構な斜面です。
f0016656_22394157.jpg
雪面はまだ締まっている感じ。

 ちょっと注意が必要でした。
f0016656_22404390.jpg
涸沢から約2時間で北穂北峰山頂に着きました。

やっぱりここからの景色はシャープで格好良いですね
f0016656_23441341.jpg
周りに居たお兄さんにシャッターを押してもらいました。

自分もたくさんシャッターを頼まれて、みなさんがこの素晴らしい景色の記念写真を撮りたがる気持ちは良く解ります。

自分も携帯待ち受け画面用に何枚も撮りました。
f0016656_22452315.jpg
んでもって槍。
やっぱり絵になる槍ケ岳♪
f0016656_22462265.jpg
西風ビュービューなので、風よけの為に小屋に降りました。
f0016656_22473375.jpg
毎度の事ながら凄い階段。
f0016656_2248217.jpg
小屋のベンチの所も人がおらず、東稜にも人影が見えず、静かな北穂高小屋から望遠ズームで槍ケ岳。
f0016656_22502325.jpg
さらにズーム。
あっちはスキーヤーが多いのかな?
f0016656_22511116.jpg
南岳からの下り。
f0016656_22515560.jpg
後立山の鹿島槍から白馬。
f0016656_22524462.jpg
・・・何処だろう?
水晶になるのかな・

・・・自分で撮って解らない。。。
f0016656_22554531.jpg
・・・これも、黒部五郎のカールになるのかな?

・・・完全にスキーヤーの世界ですね。
f0016656_22573237.jpg
これは笠でしょう。
・・・自分で撮ったのに今になって写真だけ見ても解らない。。。
f0016656_22585486.jpg
前穂高。
f0016656_22593172.jpg
携帯の電波が通じたので、それぞれメールをしたり、通話をしたりと便利になりましたねぇ〜。。。
f0016656_2304837.jpg
見納めに槍ケ岳。
f0016656_2313643.jpg
だいたい40分位、北穂でまったりして山頂を後にしました。
f0016656_2331719.jpg
行きよりも心なしか雪が緩んでたかな?

・・・でも慎重に下ります。。。
f0016656_2342943.jpg
松濤岩。

今回は南峰はパス。

ちょっとまだ雪が堅く締まっていて自分なりの危険察知能力が作動したので、安全に涸沢に下ります。
f0016656_2372750.jpg
日差しが強くなる中を下ります。

尻セードには無理な雪の堅さで、やろうものならば堅い雪面でレインウェアが破けてしまいます。
f0016656_2394217.jpg
慎重に、慎重に・・・
f0016656_23101878.jpg
トレースのルートが一ケ所だったので、トレースを外す事で堅い雪を落としてしまい、登ってくる登山者に落雪しないように気を付けましたが、結構上からも大きい雪のかたまりが転げ落ちてきてヒヤッとしました。

音が鳴らないもんだから、身体をかすめた時はビックリして、怖いもんですね。
f0016656_23142424.jpg
遠くに涸沢のテント村。

まだまだ高度感はありますね。
f0016656_23224569.jpg
この時間になって東稜に取りついている人が見えました。
後ろはピラミダルな常念。
f0016656_23244363.jpg
うわぁ〜、結構登ってきてます。

この辺りから気温の上昇で雪が緩んできてたので、尻セードポイントを伺いながら下りました。
f0016656_23273470.jpg
再びゴジラの背。
f0016656_2328126.jpg
やっとこさ、ルートを外れて尻セード。

子供のようにはしゃぐ自分です。
f0016656_23291924.jpg
前穂北尾根と雪崩れの跡。
f0016656_2330931.jpg
小豆沢にも結構登っています。

自分たちは涸沢ヒュッテに戻って、ビール&おでん休憩後の荷物を背負って白出コルまで登るので、涸沢で寛ぎ過ぎると動けなくなってしまうから、複雑な思いで小豆沢を眺めていました。
f0016656_23334175.jpg
雅ちゃんはレインウェアが痛むからって尻セードはやらない!って言っていて、いろんな斜面を遠回りで歩いたりして雪を楽しんでいました。
f0016656_23352478.jpg
そして気温も上がってきて、喉も良い感じに乾いて涸沢に戻ってきました。
f0016656_23362872.jpg
前半戦の北穂を終了したので、モーニングのビール&おでん

朝から最高のひとときです
f0016656_23475599.jpg
最近は雅ちゃんも自分のカメラで写真を撮ってくれるので、自分の写真以前よりも多くなりました。

アホ顔の自分ですが、ビールを飲んだら消費する!
・・・で、これから穂高岳山荘に向かいます。


・・・続きはのちほど。。。

by amitsuka1210 | 2011-05-07 23:54 |    ( 穂高連峰 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/15934032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GW:穂高 2泊3日 2日目-...      GW:穂高 2泊3日 1日目《... >>