2011年 02月 19日

猛ラッセルの大平宿・大原屋 -1

f0016656_0221420.jpg
2月12~13日に、尾澤さんに誘われて雪の大平宿に行ってきました。



f0016656_0273444.jpg
出発は11日の建国記念日に出社して、退社後に新宿から高速バスに乗って飯田に向かいましたが、大雪の影響で40分近く遅れて夜中に飯田のホテルに到着。

 雅ちゃんと合流して、翌日に尾澤さん家まで歩いて行きましたが、商店街は凄い雪でみなさん雪かきをしていました。

 尾澤さんが駅まで迎えに来てくれたので、御好意に甘えて尾澤さん家まで送ってもらいました。
f0016656_0321089.jpg
雪の道をギュウギュウ詰めの車で大平に向かって進み、ゲートの閉まった道路も尾澤さんの特権?・・・で、鍵を開けて先に進み、ゲートの先はホンマもんの雪道!

まさか、この先はこの車で行かんだろう!
・・・と思っていたら、尾澤さんは勢いをつけて直進!ラッセル車じゃないけれど、雪煙をあげながら雪をかき分けて、まるで何かのアトラクションのよう。。。

 結構、行けるもんだ・・・と感心。

自分は椅子にしがみついていたけれど、隣の雅ちゃんは「凄い!凄い! 運転したいわぁ〜!」

・・・と、大喜び!


車はしばらくして雪にハマり、役目を果たして身動き出来なくなったので、そこから歩いて行く事になりました。
f0016656_04335100.jpg
・・・こんな感じの道。

よく車で雪をかき分けて来られたもんだ・・・と、ビックリしました。
f0016656_0494787.jpg
ホントはもっと先まで車で行く予定でしたが、今回の大雪で予定よりも手前からのスタート。

 やっぱり、雪との関わりの少ない自分は、この雪に嬉しくて嬉しくて仕方有りません♪
f0016656_0542978.jpg
出だしはスネくらいのラッセル。

 食材をソリに乗せて、代わり番こに歩いていきます。
f0016656_0562785.jpg
この大雪に嬉しくって、ラッセルを買ってでました。

 折角だから雪を楽しみたいし、体力有り余ってますから!
・・・って、調子に乗って言いましたが、これは強がりでは無く本心で、後になって気付きましたが雪に憧れる都会人の傲慢な幻想だったのかも・・・

新潟に住んでいるよしづねさんと話したけど、今年の日本海側は大雪で毎日雪降ろしをしないと間に合わないらしい。
 相当の重労働なので、こんな風に自分が雪に憧れるって言うには、雪国に住んでいる人からしてみると、甘っちょろい!・・・って思われるかも。

実際、今回のラッセルで、しばらくラッセルはいいかな!
・・・って思わせるくらい、雪と共に生活する大変さを少しばかり思い知らされました。
f0016656_151418.jpg
尾澤隊長も元気にソリを引きずります!
f0016656_195927.jpg
勝負平(尾澤さん直筆の看板。達筆です。)

本来はここまで車で来る予定だったみたい。

ここから6キロ。

・・・結構ありますね!
f0016656_1111380.jpg
2年前に雅ちゃんと知り合った同じ時期は、岡谷の駅で野宿出来るくらい暖かい2月で、大平宿も殆ど雪が無かった印象があったから、今回のこの雪景色にはテンションが上がりました♪
f0016656_1151543.jpg
雅ちゃんと知り合ってから生活が大きく変わって、これからも大きく変わるので、黒戸尾根同様にお祈り&都合の良いお願いをして出発。
f0016656_1164757.jpg
ここから徐々に雪深くなっていきます。
f0016656_1185637.jpg
実際、歩いていると汗をかいて暑いくらい・・・
f0016656_1251595.jpg
だんだん雪深くなってきて、今度はしぃちゃんが先頭でラッセル隊長になりました。
f0016656_1272663.jpg
100キロのウルトラマラソンを走ったり、来週の東京マラソンを走る元気なしぃちゃん。
 ・・・でも、さすがに辛そうですが、「私は馬車馬だ!ひひひぃぃぃ〜ん」
・・・と、嘶きを上げて愉快にラッセルしていました!
f0016656_1312031.jpg
先頭は大変ですが、後続は助かります。
 こうも違うものか!・・・・と、やっぱりあるべきものはチームワークですね!(自分に一番欠けている物ですが・・・)
f0016656_1335680.jpg
・・・雪深い水墨画のような大平街道。
f0016656_137575.jpg
徐々に道路脇のガードレールが埋まるくらいの雪の量。

 新雪なので雪の量がそのまま深さになります。
f0016656_1403365.jpg
中盤以降は、自分が一番若いので、なるべく先頭を歩いてのラッセルを心掛けましたが、雪の下は道路なので均等に積もった雪の量。
 全てが均一なので、地形変化の有る尾根道のようなルー・ファイは関係なし!

結局は何処を歩いても一緒って感じでした。
f0016656_14599.jpg
途中、歩いていて明らかにパワーダウンを感じて、この日は何も食べていなかったから、これがシャリバテ?

・・・を初体験。

休憩させてもらって、パンをかじって甘いもの有りませんか?

・・・って言ったら、しぃちゃんが「チョコならあるよ」

・・・と、チョコを頂いたら、包装紙に包まれたチョコで、バレンタインのチョコでした!
普通の行動食のチョコならば遠慮しないで良かったけれど有り難くパクリと頂き、一気に元気にパワーが湧き上がりました!

 本当はバレンタインのチョコだったら、もっとスマートに食べたかったけれど、空腹で動けなくなって恵んで貰ったのがバレンタインチョコって言うのも、しぃちゃんには申し訳なかったです。
f0016656_1514121.jpg
飯田峠までの登りをこなして大平宿までの下りで楽が出来ると思ったらどっこい!
 ・・・さらに雪深くなっていきます!
f0016656_1532241.jpg
最後は、雅ちゃんラッセル隊長!

 頼りになる御方です。。。
f0016656_1542555.jpg
そして、なんとか日が暮れる前に大平宿に到着。
 
f0016656_1552377.jpg
静かで誰も居ない大平宿。
 トレースが無かったから、誰か居たら逆に驚きますけど・・・
f0016656_245086.jpg
雪がこんもり積もって良い感じ。
f0016656_25307.jpg
正直、あまりのラッセルの大変さに心が折れそうになりましたが、一歩一歩進んで、なんとか大平宿に着いた事の安堵感で一杯です。

・・・疲れました。
f0016656_27362.jpg
雪の中の尾澤隊長。
f0016656_292482.jpg
いっぱい動いて、お腹ペコペコ!
 これだけ疲れたら美味しいお酒が飲めそうです♪
f0016656_2103765.jpg
そして大原屋。

 ホント、お疲れ様です。
冷えてきたので、暖かい囲炉裏が恋しいです。
f0016656_2121017.jpg
囲炉裏の炎

文明の象徴の火。
 身も心も暖められて安心させられます。
f0016656_214447.jpg
親土楽の法被を着て、囲炉裏の炎を浴びながら、有次の器で日本酒を頂く♪

悶絶するくらい幸福の瞬間です♪
f0016656_2155893.jpg
あぐらを組むと、ラッセルで普段使わない筋肉を刺激したのか?プルプルと攣りそうになりながら肴を頂き・・・
f0016656_218017.jpg
磯自慢・水響華を頂きました♪

 なんも言えねぇ・・・くらい幸せ♪
f0016656_2195673.jpg
絶品おたぐり♪

これが酒に合うんだねぇ〜♪
f0016656_221855.jpg
囲炉裏を囲んだみんなの幸せな笑顔♪

 宴はまだまだ続きます・・・

続きはのちほど。。。

by amitsuka1210 | 2011-02-19 02:31 | 中央アルプス/木曽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/15532400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 猛ラッセルの大平宿・大原屋 -2      《速報》大雪の大平宿 >>