いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 01月 14日

2011年初登山の石鎚山

f0016656_0274578.jpg
正月に雅ちゃんの実家の松山に行って3日に2011年初登山の石鎚山に行ってきました。



f0016656_0293578.jpg
当初の天気予報は下り坂で、3日に行くか?4日に行くか?迷ったけれど、どうせ行くのなら早い方が良い!・・・と3日の朝一に石鎚山に向かいました。

 朝って事もあって、スタッドレスの雅ちゃんの車も路面凍結でツルッと滑って、結構ビックリしました!
f0016656_0322534.jpg
スキー場が隣接しているのでロープウェーで上の神社までワープして、、お参りしてからキンキンに冷えた御神酒を頂いてから出発!

 雅ちゃんの地元の守り神の山。

立ち入らせて頂きます・・・と門をくぐりました。
f0016656_0352951.jpg
雅ちゃんは、もう何百回も四季折々登っているみたいだけど、自分は1年前の同じ日に登って以来2回目。

 四国でも、こんなに雪があるんだぁ〜・・・って言うのが正直な感想です。
f0016656_0374367.jpg
天気が悪いと思われていたけれど、思ったよりも良く、風も無く、快適に雪を感じながら幻想的な水墨画のような景色に、ハッと足を止めて見入ってしまいます。
f0016656_0395126.jpg
雪に埋没した鳥居を潜って登っていきます。

後ろを振り返ると瀬戸内海の海。

雪山と海って組み合わせは自分の場合、経験がないので新鮮に映りました。
f0016656_041531.jpg
空気がピーンと張りつめていて神聖な気持ちになります。
f0016656_0433476.jpg
かなり年配の方も登っていて、山と人々の生活の距離感の近さを感じました。

 ・・・とは言ったものの、雪のこの時期は結構大変だと思います。
それだけ一年の初登りに足を運ぶって事は特別な想いがこの山にあるんだと思いました。
f0016656_0474323.jpg
樹氷のトンネルを潜って・・・
f0016656_0485584.jpg
雪の積もり具合によっては結構怖い場所です。
f0016656_0494786.jpg
2時間くらいで弥山に到着!

ここでもお参りしました。
f0016656_0503583.jpg
そんなに詳しくないけれど、自分の思う石鎚山は写真でよく見る、この天狗岳のイメージ!

めっちゃハンサムな山です♪
f0016656_0522445.jpg
1年前は雅ちゃんの知り合いのカメラマンとの強烈なやりとりがあった天狗岳でしたが、今回は雅ちゃんの知り合いにも会わずに、ちょっと期待していた自分でしたが天狗岳に向かいました。
f0016656_0542885.jpg
雅ちゃん曰く、昔はヒョイヒョイって行っていたこの場所も、年々怖さを憶えるようです。

自分も去年よりはちょっとビビっていたかも・・・
f0016656_0561763.jpg
自分も雅ちゃんと知り合っていなかったら、四国のこの石鎚山に一生登らなかったと思うし、こういう縁によって、この素晴らしい石鎚山を知る事が出来て、改めて狭い行動範囲内に生きてきた事を実感。

 これからはいろんな事に目を向けて、外に外に広げていきたいと思いました!
f0016656_114492.jpg
天狗岳山頂。

石鎚はいろんなルートが有るらしく、自分は冬のロープウェーを使っての同じコースなので、周りの景色を見てしまうと、他のルートからもっとこの石鎚の違った側面を見てみたいと思いました。
f0016656_15375.jpg
丁度、風の通り道なので、止まっていると耳がちぎれそうになったので弥山に引き返します。
f0016656_161926.jpg
慎重に通過して・・・
f0016656_174640.jpg
改めて雅ちゃんが「私の山!」
・・・って言える山があるって事に羨ましく思いました。

なんでも、車のナンバーも富士山・3776の3776ならばその価値は解るけれど、お金を払って好きな数字の石鎚山の標高のナンバーにするくらいの登り慣れて、共に成長していった石鎚愛を羨ましく思いました。
f0016656_112176.jpg
自分にとって、そういう山は?

・・・って聞かれると、そんな親密な山は無いし、あえて言うならば最近は甲斐駒ケ岳かな?

・・・それも行っても年に4回くらいだけど。。。
f0016656_1141128.jpg
・・・でも、これからは一年の初登りはこの石鎚山になって、長い付き合いになりそうです。

・・・長い付き合いにならないと困るけれど。。。

カッコイイ山です、石鎚山!
f0016656_1162062.jpg
だんだん天気が良くなってきました。

 太陽も控えめで、焼ける事なく、風も微風でコンディションは最高です♪
f0016656_1185649.jpg
ここまで天気が良くなると、毎度の事ながら下山するのが勿体無いけれど、この素晴らしい景色を焼き付けて・・・
f0016656_1201656.jpg
神々宿る領域から、人々の生活の舞台へと下山していきます。

自分は雪山って行っても八ケ岳か南アルプスかだから、こんなに雪山と人々の生活が感じられる海の二つが同じ視界に映る事そのものが、ものすごく新鮮!
f0016656_1245535.jpg
帰りは雪と遊びながら・・・
f0016656_1253492.jpg
雅ちゃんは子供のように雪と遊んで・・・
f0016656_126331.jpg
雪に覆われた道を下山して・・・
f0016656_1271258.jpg
なんか、山の一部に溶け込んでいった雅ちゃんを後ろから追いかけました。
f0016656_12898.jpg

f0016656_13383474.jpg
2011年初登り、石鎚山!

素晴らしい幕開けの2011年第一段の石鎚山でした。



第二段の甲斐駒・黒戸尾根は延期になりましたが、お互いの好きな山をもっともっと理解したい、されたいと強く思いました。

外に、外に目を向けて生きます!

by amitsuka1210 | 2011-01-14 01:38 | 西日本 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/15329454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by O-zappaフミコ at 2011-01-19 12:47 x
おくればせながら、あけましておめでとうございますm(__)m
すっごい雪だらけですね~(当たり前?)

飯田は、他府県の雪景色をよそに、
まったく雪のないお正月で、
非常に穏やかで、すごしやすかったのですが、
雪のお正月に慣れているので、
なんとなく、正月感が湧かないままでした(^^ゞ

ちょっとだけ雪と戯れて、冬を感じたい今日この頃です。
Commented by amitsuka1210 at 2011-01-20 23:31
こちらこそ、あけましておめでとうございます。

えぇ〜!
飯田は雪が全く無いんですか?

2月にO-zappaお父さんに大平宿のお誘いを頂いたので、2年前は雪が殆ど無かったから、今年は雪がたんまりある中を大平宿まで歩いて囲炉裏を囲んでの大原屋を楽しみにしているんですが!

 ・・・雪が積もる事を祈ります。

都会暮らしの自分にとって、大平宿で過ごす事はかけがえのない時間なので、今年も大原屋、O-zappaお父さんには御世話になります。


<< とらやでnew登山靴♪      2011年正月休み >>