いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 10月 01日

SW:剱岳 2泊3日 2日目-2〜3日目《剱岳〜雷鳥沢ヒュッテ〜室堂》

f0016656_0132689.jpg

無事締め切りあ〜っぷ出来たので、忘れないうちに、雅ちゃんと行ってきた剱岳2日目後半と3日目の下山レポです。



f0016656_016155.jpg
結局山頂付近に2時間近く居て、お腹が空いたので別山尾根を下山していきます。
f0016656_0173573.jpg
自分の中で、剣山荘まで1時間くらいで下山出来るかな?
 ・・・お腹空いてるけれど、剣山荘でビール飲みながらおつまみを頂こうかな?
・・・という感じだったけれど目の前には、いきなりの行列が出来ていました。

 その先の平蔵の頭にも人の列!

 ・・・連休だから、混むとは解っていたものの、ここまでとは。。。
f0016656_020435.jpg
下山のヨコバイルートとタテバイから登ってくる人が交差する場所で、登りと下りの順番で通る道なので、なかなか進みません。
f0016656_0215774.jpg
見下ろしてみると、タテバイの順番待ちなのか? 平蔵のコルにも行列が出来ていました。
f0016656_0262841.jpg
剱は一般登山道としては、カニのタテバイ・ヨコバイなどのスリルある場所を楽しめますが、やっぱり危険とは隣り合わせです。

 ちょっと前の団体さんの年配の女性がヨコバイで「きゃー、怖い〜!」

・・・ズルッ! 

 鎖のしなる音がして、滑落〜?

・・・って焦ったけれど、周りの人の方が焦って、いろいろ声を掛けていました。

高度感に慣れない人は、岩、鎖にしがみついて足下の視野が狭くなってテンパるパターンが多いみたいです。
f0016656_0325859.jpg
それぞれ楽しみ方はあるけれど、それなりの積み重ねも必要なんじゃないかなぁ〜
・・・って、偉そうに言ってるけれど、確かにここ2~3年は見た目で判断しちゃいけないけれど、ちょっと危なっかしい人を見る機会が多くなったと思います。

 ・・・自分も人の事言えたもんじゃなく見た目は危なっかしく見えるけど。
f0016656_0383233.jpg
こうやって、鎖が無かったら、こんな所とてもじゃないけれど通れないから、先人達が整備してくれたおかげで、こうやって安心してレジャーとしての登山が出来る事を感謝しないと・・・と思った。

 ・・・にしても、最近は山、山小屋、交通機関など明らかに登山者に対してキャパオーバーを感じる最近の連休時の人気の山スポットです!
f0016656_0422350.jpg
ヨコバイ通過後の梯子の下降。
f0016656_0474052.jpg
やっぱり渋滞はヨコバイでした。
 慎重に通過する場所で時間を要するので、ヨコバイ通過後は少し流れてきます。
f0016656_0502593.jpg
ここを下ると平蔵のコル。

去年のSWに来た時は雨の中で、人にも合わず貸し切りだったので、静かな早月尾根から来た事もあって、別山尾根は正直ここまで人が居るんだぁ〜・・・と、驚きました。
f0016656_0534853.jpg
これから山頂に向かうタテバイの渋滞。

 ・・・なんでも、1時間半待ちだったとか。
f0016656_0545861.jpg
平蔵の頭に向かい・・・
f0016656_0554455.jpg
平蔵の頭から振り返って剱本峰。

 タテバイは大変な事になってます。
f0016656_0582778.jpg
天気が崩れると言われた日なだけに、この天気には救われましたし、もしも雨の中の渋滞待ちになっていたら少々不貞腐れていたかも・・・

 ・・・雨ならこんなに人はいないかな?

お腹が空いて動けなくなりそうなので先に進みました。
f0016656_121670.jpg
平蔵の頭を過ぎると人もまばらになりました。

 後は前剱の下りです。
f0016656_14252.jpg
下りルートは前剱をトラバースしていきます。
f0016656_152393.jpg
前剱の下りも、落石を誘発しちゃいけないので、おとなしく順番で歩いていきました。

 前の二人組の会話に聞き耳を立てていたら「もうちょっと丁寧に下れない?歩き方が雑だよ!」

・・・と山岳部の先輩らしき人から後輩へのダメだしに、自分が指摘されたみたいに何故か?丁寧に歩かないきゃ!
・・・て、余計に集中して歩いて自分自身、精神的に疲れました。

 厳しい世界ですね。
f0016656_1103186.jpg
結局、山頂から剣山荘まで二時間も掛かりました。

 剣山荘も大賑わい!

 取り合えず生ビールでしょう♪
f0016656_112922.jpg
剣山荘で寛いで、翌日は立山三山を歩いて雄山神社でお払いしてもらおうと思ったので、今日は剱御前に泊ればいいかな?
・・・って無計画に、剣山荘を後にしました。

振り返ると剱と八ッ峰。

ホント、男前です剱岳!
f0016656_1154288.jpg
今回は携帯の待ち受け画面用の撮影の為に、前倒しでDoCoMoに機種変更したのに、ほとんど携帯で撮影していない!

 ・・・と焦って、ガスが迫ってくる剱を雅ちゃんと二人でムキになって撮っていました!
f0016656_120846.jpg
ポツポツと雨が降ってきた中、剱御前が見えてきました。
f0016656_121675.jpg
周りの人が、白馬鑓を見て「あそこだけ雪山?」

・・・って騒いでいました。

 展望は最後まで良かったです♪
f0016656_1225231.jpg
剱を振り返って、雅ちゃんはビールを、自分はウメッシュを飲んでのほほ〜んと寛ぎましたが・・・
f0016656_1241595.jpg
この混み混みシーズンは予約が無いと泊れないらしい。
・・・明日の立山の事を考えると雷鳥沢に下るのは勿体無いけれど、泊れないので雷鳥沢の宿を期待して下っていきました。
f0016656_12656100.jpg
雷鳥沢でも泊れなくって室堂方面を彷徨うのは嫌だったので、時間的に早めに下った方がいいかな!
・・・と、雅ちゃんに、ギアを変えて早めに下ろうか?

・・・と雅ちゃんに先に行ってもらいました。
f0016656_129632.jpg
そしたら、雅ちゃんの早いこと、早いこと!

 危うく振り切られそうになって、本気の雅ちゃんを思い知らされました。
f0016656_1302379.jpg
そして、あっという間に雷鳥沢のテン場。

 色とりどりのテントに、山ガール?
スカート姿の女性がたくさんいました。

 このテン場は広くて水もあって、温泉もあってすごく良い印象を持っています♪
f0016656_132493.jpg
温泉♪ビール♪を求めて雷鳥沢ヒュッテに向かいました!
f0016656_1342773.jpg
宿は取れたので、まずは温泉に入りながら景色を堪能して汗を流しました♪
f0016656_1354960.jpg
・・・風呂上がりは生ビールでしょう♪

 ・・・なんか、飲んでばっかいるけれど、最高の一杯♪で、宿も決まったので完全に寛ぎモードです♪
f0016656_1373679.jpg
お腹が空いたので、ビール、日本酒を飲みながら最高のシチュエーションの中での夕食の準備をします♪
f0016656_139978.jpg
デパ地下で買った、奮発の高級ベーコン♪
f0016656_1395811.jpg
きのこ類も炙っていただき・・・
f0016656_1404770.jpg
今回の当たりで、ガーリック、バター、醤油のソースには何でも合う♪

 かなりガーリックの匂いをまき散らして、「なんか良い匂い!」

・・・と。他の登山者に言われてニンマリ♪
f0016656_1432148.jpg
いつものポトフと・・・
f0016656_1435758.jpg
炒め物。

 飲みながら、景色を見ながら、会話をしながら、時間を持て余しながら、贅沢な時間を過ごしていきました♪
f0016656_1452395.jpg
結局、宴は消灯前まで続きました・・・
f0016656_146645.jpg
翌日は霧雨で、こんな感じ。

 立山はまた今度にして、取り合えず朝風呂に行きました♪
f0016656_1473986.jpg
風呂上がりの朝ワイン♪
雅ちゃんの指輪が輝いています。

なぁ〜んか、大人の休日って感じ♪
f0016656_149189.jpg
後は、霧雨の中地獄谷を通って・・・
f0016656_1495145.jpg
室堂から富山に下山しました。
f0016656_1504251.jpg
富山では、去年と同じ、黒光りするカウンター席で今回の旅の〆の飲み会を始めました♪
f0016656_152193.jpg
ぷりっぷりのホタルイカ♪

東京で食べるのとは全く別物で絶品でした♪
f0016656_1532483.jpg
富山湾の宝石の白エビ♪

めっちゃ美味し!!
f0016656_1541948.jpg
結構長く居たので、かなりサービスをしてくれて、結構飲んだし、今回の宴会登山の良い締めくくりになりました♪

 久し振りの早月尾根に独身最後の雅ちゃんとの登山!
肝心な所では天気に恵まれて、一生の思い出になる楽しい時間を過ごす事が出来ました!

やっぱり剱岳は男前でした!

by amitsuka1210 | 2010-10-01 02:09 |    ( 剱岳 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/14702113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 独身最後のタイムアタック甲斐駒...      SW:剱岳 2泊3日 2日目-... >>