いちにち

amitsuka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 19日

夏休み:奥穂〜西穂縦走 1泊2日 1日目《上高地〜前穂〜穂高岳山荘》

f0016656_094621.jpg

 8月15〜16日に行ってきた前穂ー奥穂ー西穂レポ一日目です。




f0016656_0114193.jpg

 今年は無しと思われたお盆休みが急遽もらえたので強行スケジュールで行ってきました。

 電車のチケットなんか取れるはずも無く、夜行でなく前日に行けるところまで行ったので、その日は新島々での屋外野宿で8月とはいえ、凍え死にそうな寒さで眠れぬ長い夜を過しました。
f0016656_0162139.jpg
上高地到着が15日の7時前で7時に準備を済ませて上高地を出発しました。
f0016656_0173862.jpg

 天気が良く、ご覧の景色で折角取れたお盆休みを満喫しよう!・・・とテンションが上がっていきます♪
f0016656_0195746.jpg

 焼岳。

河童橋は結構空いていました。
f0016656_0205096.jpg

 こんな風に、まったりと景色を眺めながらのんびりするのも良いと思うけれど、自分は先を急いで岳沢に向かいました。
f0016656_0233280.jpg

 前回は15年ぶり位の岳沢でしたが、今回は一ヶ月ぶりの岳沢です。
f0016656_0245157.jpg

 前回の岩しんさんとの海の日では、雨が降っていたけれど、景色を通り過ぎるたびにこの場所ではこんな会話をしたな!
・・・と、はっきりと記憶が残っていて、コースのどの辺りを歩いているかしっかりと把握出来ていたので、ペース配分が楽でした。
f0016656_0274370.jpg

 前回は雨雲で見られなかった天狗のコル付近。

 この青空がたまりません♪
f0016656_0285881.jpg

 天狗沢の位置からして岳沢跡の位置がわかるので、結局上高地から休憩無しで一時間で岳沢跡に到着しました。
f0016656_0305453.jpg

 日差しが強くなってきたので岳沢跡で小休止して日焼け止めを塗りました。

 そこで携帯チェック・・・
f0016656_0321343.jpg

 この日は雅ちゃんと穂高岳山荘で合流予定なので、雅ちゃんの行動が気になったけれど、彼女は前日に上高地から槍経由ー南岳泊で、この日の8時過ぎに見た携帯メールでは、すでにキレットを通過して北穂の小屋で牛乳を飲んでいたらしい。
f0016656_0355040.jpg

 ・・・この日差し、焼けます。。。

 アブがめちゃくちゃ多かったので小休止も程々、先を急ぎます。
f0016656_037754.jpg

 当初、雅ちゃんはキレット越えも北穂ー奥穂ルートも今回初めて歩くらしく、危ないって言うから自分が先に穂高岳山荘に着いたら迎えに来て・・・と言っていたけれど、この感じだと雅ちゃんの方が先に着いて、かなり待たせる事になりそうなのでちょっとペースを上げて出発。
f0016656_0402416.jpg

 それにしても、色に溢れている景色に、やっぱり天気良ければ全て良し!
・・・って実感♪
f0016656_0414923.jpg

 高度計を見ながら、どんどん高度を上げていき、前回と違って多くの登山者に会いました。
f0016656_0432031.jpg

 歩き始めて2時間でカモシカの立場。

 ・・・こころなしか、ちょっとバテてきたかも。。。
f0016656_0452080.jpg

 見上げると、天狗岳稜線上に多くの人が歩いているのが肉眼でわかります。
絶景だろうなぁ〜・・・と、元気注入されて紀美子平を目指します。
f0016656_0473097.jpg

 海の日の前回は、強風の中で全く展望のないまま気が付いたら紀美子平だったけれど、こうやって行き先が見えて、それがかなり先だとわかると疲れがどっと押し寄せて来ます。
f0016656_0495617.jpg

 最後の鎖場で、下山の人とのすれ違いで時間がかかりました。
f0016656_0512714.jpg

 そんな事をしていたら雲が湧いてきたので、鎖場を使わずにルートから外れて先を急がせてもらいました。
f0016656_0525621.jpg
紀美子平は凄い人。
たくさんの人が昼食タイムで、多くの人が荷物をデポして前穂山頂を往復してきたらしいです。

 自分は、前回の海の日に吊尾根に分岐って岩にペンキが書いてあったのが、前穂山頂と繋がっていると読んで、そのまま前穂山頂に向かいました。
f0016656_0563417.jpg

 上高地から3時間半で前穂山頂に着きましたが、願い届かずガスってしまいました。
f0016656_0581537.jpg

 丁度、北尾根から上がってくるクライマーがいました。

 ちょっと憧れ・・・
f0016656_0591818.jpg

 涸沢。

今年はこの時期にしては残雪が多いような感じがします。
f0016656_102375.jpg

 30分位粘ったけれど、天気の回復が見込めないので前穂山頂を後にしますが、方角的にこのガレ場を下ると分岐に合流出来そうな感じだけど、ペンキマークが無いし、ちょっと不安を抱えながら下って行きました。
f0016656_131199.jpg

ず〜っと吊尾根の上の方を歩くって感じで、一応登山道っぽいけれど、あまり歩かれていないのか?浮き石が多く歩きにくく疲れました。

 人が通っている道はやっぱり岩が安定していて歩きやすいので、正規の登山道の○のペンキマークを見つけた時はホッとしました。
f0016656_165567.jpg

 本当はここで合流すると思ったけれど、全然違う所から登山道に合流してしまいました。
f0016656_18860.jpg

 それまでが悪路だったから、普通の道はすごく歩きやすく感じました。
f0016656_19079.jpg

 そしてやっとこさ、奥穂山頂。
 展望なし。

 雅ちゃんを待たせている穂高岳山荘に急ぎました。
f0016656_1104541.jpg

 山頂手前のハシゴで渋滞。

 時間帯によっては、ここは大渋滞になりそうなので翌日はなるべく早く出発しようと思いました。

f0016656_1123285.jpg

 無事、雅ちゃんと合流できて、ビールで乾杯後、臥龍梅の純米吟醸を凍らせたサーモスの容器に入れていったので冷えた日本酒を有次のお猪口て頂き、雅ちゃんのワインも飲み、再会を祝して宴会をはじめました♪
f0016656_1163084.jpg

 ベロンベロンになって、外はガスって何も見えなくなったけれど、ご機嫌に酔っぱらって就寝しました。

 二日目はのちほど・・・

by amitsuka1210 | 2009-08-19 01:25 |    ( 穂高連峰 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/11760576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夏休み:奥穂〜西穂縦走 1泊2...      《速報》お盆休み登山。 >>