2009年 01月 31日

甲斐駒ラッセル 1泊2日 2日目-1

f0016656_23434836.jpg

 甲斐駒の二日目レポですが、二日目を一気にやってしまうと長くなりそうなので前半はメインディッシュ手前までの八合目までレポです。



f0016656_2346535.jpg

 昨日、七丈小屋の管理人さんに脅されたので、夜が明けて明るくなってから出発しようかどうか迷ったけれど、やっぱりここまで来たら御来光の赤の世界を雪の斜面で感じてみたい!
 ・・・と思い、まだ暗い5時30分過ぎにヘッドランプを付けて出発しました。

 
f0016656_23492739.jpg

 解っていたけれど第二小屋からいきなりの腰ラッセル!

 樹林帯を登って行くので吹きだまりがあって、場所によっては胸まで沈んでしまいます。

 ルートは、とにかく登れば八合目までの稜線に出るからひたすら雪に埋もれながら登って行きます!
 ・・・そん時に目印になるのが動物の足跡!


f0016656_23525536.jpg

 動物には解っているのか?
・・・かなりの確率で吹きだまりを回避しているトレースに、自然の摂理を垣間見たような気持ちになりました。

 
f0016656_23562551.jpg

 黒戸尾根を登り始めて、始めは膝ラッセルだとマジィ〜!
・・・て感じだったけれど、ラッセルを続けていくうちにコツを掴んで股下ラッセルだったら普通!・・・と思えるほどたくましくなりました!

 股下までだったら、足下を踏み固めて次の一歩を這いつくばって進む事が出来るけれど、胸まで沈んでしまうと完全にお手上げ状態で、いったん後退してルートを変えてもう一回って感じです。

 北アルプスとかは、もっと雪が深いから胸ラッセルまで沈んでしまうとどうやって進むんだろう?
 ・・・と疑問が膨らみます。


f0016656_031975.jpg

 そして太陽が顔を出してきました。

 本当ならば稜線で拝みたかったけれど、かなりラッセルには苦労させられました。


f0016656_054270.jpg

 ・・・そして何を隠そう、今回の秘密兵器!
 
 わかんが大活躍してくれました!



f0016656_07436.jpg

 年末に来た時に八合目までならば地形的にわかんがあるとラッセルが楽そう!

 ・・・と睨んでの投入!

 大正解でした!

f0016656_084880.jpg

 そして赤の世界!

 でも、西の方から黒い雲が流れてきてます。

f0016656_0111850.jpg

 今回の山旅が今までで一番キツかったと思います!

 それまでの体力的、精神的にキツかった出来事は・・・

1、岩しんさんと槍の肩でのテント泊していていた時に台風直撃を喰らって、テントのポールがへし折られ、テントを見捨ててずぶ濡れの中を、槍ケ岳山荘に非難して寒さの中を夜が明けて受付が開始されるまで身体が冷えないように玄関で腕立て伏せをして乗り切った時。

2、岩しんさんと、みぞれまじりの雨の中ビニール袋をかぶって走った三浦市民マラソン。

3、岩しんさん達と剱沢から阿曽原までの灼熱地獄の中をポンコツになってしまった身体で10時間近く歩いた時・・・

 ・・・こうやって振り返ってみると、辛い行程の時ってほとんど岩しんさんと一緒です。


f0016656_0214210.jpg

 でも、そうやっていろんな辛かった事を経験していると、多少の事では動じない図太い神経を持ち合わせる事になるし、今回のこの苦しいラッセルも自分のそれらの経験を底上げしてくれます。


f0016656_0245864.jpg

 結局は自分の判断で行動して、

 自分の判断で荷物の量を決めて、

 自分の判断で、天気を読み、ルートを決めて行動する。
全ては自分次第、判断を誤って周りに迷惑をかけたら叩かれるのは自分自身だし、リスクを冒して達成した時の喜びを感じられるのも結局は自分の判断!


f0016656_0343846.jpg

 ・・・そう考えると、七丈小屋の管理人さんに言われて、「ハイ解りました!」

 ・・・って八合目で引き返すのは何だか違うような気になって、気持ちが前向きになっていきます。


f0016656_0371598.jpg

 まずは、自分自身が実際に目で見て体感してみない事には、何も始まらない気がします。
 管理人さんは、自分を心配しての言葉だと思うけれど・・・


f0016656_039306.jpg

 ここまで来てみて明らかに雪の量を含めて年末に来た時とは全くの別物の様相です。


f0016656_04034100.jpg

 どっちかって言うと、不安を感じるよりもほんまもんの雪を感じて気持ちが高鳴るって感じ!
 何よりも、頭の中には甲斐駒山頂にいる自分の姿しかイメージ出来ないし、妙な勘違いと、根拠の無い自信が自分の中にあります。


f0016656_044165.jpg

 その2つの要素って、何かにチャレンジする時に大切な事だと思います!

 ・・・ホントの勘違いって事もあるけれど・・・

 そんな事を考えながらようやく八合目です!


f0016656_0472210.jpg

 年末には30分で来られたけれど、今回は1時間40分。
・・・そう考えると頂上まではかなりの時間が掛かりそうです。


f0016656_0485992.jpg

 なんか天気もすっきりしません。

f0016656_0493687.jpg

 そして一番気を付けないといけない場所を目で確認します。

 右上の剱の刺さっている岩を過ぎる所までが危険ポイントなどで、こうやって見る限りなんとかなりそう・・・


f0016656_052456.jpg

 秋から、もうこのルートは往復含めると6回歩いているので、気分はホームグラウンド!
 不安よりも馴染の安心感の方の割合が大きく、実際見てみてちょっとだけ気持ちにゆとりが生まれました。

f0016656_0553470.jpg

 ・・・期待と不安を抱いて八合目を出発します!

 ・・・続きはのちほど。

by amitsuka1210 | 2009-01-31 13:41 |    ( 甲斐駒:小屋泊 ) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://amitsuka.exblog.jp/tb/10241579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 甲斐駒ラッセル 1泊2日 2日目-2      甲斐駒ラッセル 1泊2日 1日目 >>